ロブルッチ 声優。 【鬼滅の刃】柱の声優一覧!プロフィールや経歴まとめ

サイファーポール

ロブルッチ 声優

元ガレーラカンパニー1番ドック木びき・木釘職職長。 CP9最強の実力者で、実質的なリーダー格。 道力4000。 常に沈着冷静で、CP9の「闇の正義」に基づき行動し、任務遂行のためならいかなる犠牲もためらわない冷酷な性格。 地位や権力には興味がなく血を見ることを好み、「殺しが正当化される」という理由でCP9に在籍している。 上司であるスパンダムに対しては比較的 忠実ではあるが、政府が認めた「長官の命令」として割り切っているだけで、内心では彼を完全に見下しており、スパンダムとの上下関係が逆転したCP-0では彼を邪魔者扱いしている。 シルクハットを被っており、肩にはいつもハットリという鳩を乗せている。 新世界編では振り子のように揺れる特徴的な顎ひげを生やしている。 動物系悪魔の実「ネコネコの実 モデル"豹(レオパルド)"」の能力者の豹人間。 クマドリ同様「生命帰還」も使うことができ、通常は大柄となる人獣型の姿を普通の人間の大きさに変えることができる。 人獣型では、豹ならではの鋭い爪や強靭な尾や足に六式を組み合わせて攻撃し、獣型では鋭い牙を攻撃手段とする。 また、六式を極限まで極めており、六式の最終奥義「六王銃」をCP9で唯一使える。 幼少期より政府の英才教育を受け、13歳の時には既にCP9に在籍していた。 その当時から、ある王国が海賊に襲われて降伏寸前だった時、「王国の兵士として弱者は罪。 海賊に屈服し、王国を危機に陥れてしまうような弱い兵士は生きている資格が無い」という極論により、人質の兵士500人を皆殺しにするという冷酷さを見せている。 この際、海賊の船長の怒りを買い、砲撃を浴びて背中に世界政府のマークに似た5つの傷を負うが、船長の首を取り一件を治めた。 その実力から、「闇の正義」を天職とするCP9でも歴代最強の冷酷な「殺戮兵器」と称されており、海軍上層部や七武海のくまからも高い評価を得ている。 7年前、古代兵器「プルトン」の設計図を入手するべく、カクらと共に造船会社「ガレーラ・カンパニー」に潜入。 潜入中は地声で喋らず、ハットリを使って腹話術で喋っていた。 ガレーラの屋敷で正体を明かし、アイスバーグを尋問。 その際、わずかな情報からアイスバーグとフランキーの関係を暴く。 さらに、同じく屋敷に乗り込んできたルフィ達を「六式」で圧倒し、ルフィとゾロを裏街まで吹き飛ばし、ロビンとフランキーをエニエス・ロビーに連行する。 エニエス・ロビーでは当初スパンダムから護衛に指名されたが、途中でロビンを追って来たルフィと対峙する。 激しい死闘を繰り広げ、ギア2・ギア3を駆使したルフィを後一歩まで追い詰めたが、ウソップの声援により再び立ち上がったルフィ渾身の「ゴムゴムのJET銃乱打」を受けて敗北する。 その後が描かれた表紙連載『CP9の任務外報告』では、ルフィとの戦いによるダメージで意識不明となっていたが、ブルーノらに助けられエニエス・ロビーから脱出。 その後たどり着いたセントポプラでの治療の結果、意識を取り戻し退院する。 その際、セントポプラを襲撃したキャンディー海賊団を仲間達と迎え撃つも、自身の過剰なる制圧により町民達から恐れられる結果となり、キャンディー海賊団の海賊船で故郷に帰還する。 そして、スパンダムが差し向けた海軍の追手を退け、電伝虫で「いずれ必ず戻ります」とスパンダムに報告し、船で何処かに消えた。 新世界編では、CP-0の一員になっている。 ドレスローザ編では、ドレスローザに赴き、ドンキホーテファミリーの密売のリストを回収しようとしたが、先に革命軍に盗まれ入手に失敗する。

次の

関智一

ロブルッチ 声優

元ガレーラカンパニー1番ドック木びき・木釘職職長。 CP9最強の実力者で、実質的なリーダー格。 道力4000。 常に沈着冷静で、CP9の「闇の正義」に基づき行動し、任務遂行のためならいかなる犠牲もためらわない冷酷な性格。 地位や権力には興味がなく血を見ることを好み、「殺しが正当化される」という理由でCP9に在籍している。 上司であるスパンダムに対しては比較的 忠実ではあるが、政府が認めた「長官の命令」として割り切っているだけで、内心では彼を完全に見下しており、スパンダムとの上下関係が逆転したCP-0では彼を邪魔者扱いしている。 シルクハットを被っており、肩にはいつもハットリという鳩を乗せている。 新世界編では振り子のように揺れる特徴的な顎ひげを生やしている。 動物系悪魔の実「ネコネコの実 モデル"豹(レオパルド)"」の能力者の豹人間。 クマドリ同様「生命帰還」も使うことができ、通常は大柄となる人獣型の姿を普通の人間の大きさに変えることができる。 人獣型では、豹ならではの鋭い爪や強靭な尾や足に六式を組み合わせて攻撃し、獣型では鋭い牙を攻撃手段とする。 また、六式を極限まで極めており、六式の最終奥義「六王銃」をCP9で唯一使える。 幼少期より政府の英才教育を受け、13歳の時には既にCP9に在籍していた。 その当時から、ある王国が海賊に襲われて降伏寸前だった時、「王国の兵士として弱者は罪。 海賊に屈服し、王国を危機に陥れてしまうような弱い兵士は生きている資格が無い」という極論により、人質の兵士500人を皆殺しにするという冷酷さを見せている。 この際、海賊の船長の怒りを買い、砲撃を浴びて背中に世界政府のマークに似た5つの傷を負うが、船長の首を取り一件を治めた。 その実力から、「闇の正義」を天職とするCP9でも歴代最強の冷酷な「殺戮兵器」と称されており、海軍上層部や七武海のくまからも高い評価を得ている。 7年前、古代兵器「プルトン」の設計図を入手するべく、カクらと共に造船会社「ガレーラ・カンパニー」に潜入。 潜入中は地声で喋らず、ハットリを使って腹話術で喋っていた。 ガレーラの屋敷で正体を明かし、アイスバーグを尋問。 その際、わずかな情報からアイスバーグとフランキーの関係を暴く。 さらに、同じく屋敷に乗り込んできたルフィ達を「六式」で圧倒し、ルフィとゾロを裏街まで吹き飛ばし、ロビンとフランキーをエニエス・ロビーに連行する。 エニエス・ロビーでは当初スパンダムから護衛に指名されたが、途中でロビンを追って来たルフィと対峙する。 激しい死闘を繰り広げ、ギア2・ギア3を駆使したルフィを後一歩まで追い詰めたが、ウソップの声援により再び立ち上がったルフィ渾身の「ゴムゴムのJET銃乱打」を受けて敗北する。 その後が描かれた表紙連載『CP9の任務外報告』では、ルフィとの戦いによるダメージで意識不明となっていたが、ブルーノらに助けられエニエス・ロビーから脱出。 その後たどり着いたセントポプラでの治療の結果、意識を取り戻し退院する。 その際、セントポプラを襲撃したキャンディー海賊団を仲間達と迎え撃つも、自身の過剰なる制圧により町民達から恐れられる結果となり、キャンディー海賊団の海賊船で故郷に帰還する。 そして、スパンダムが差し向けた海軍の追手を退け、電伝虫で「いずれ必ず戻ります」とスパンダムに報告し、船で何処かに消えた。 新世界編では、CP-0の一員になっている。 ドレスローザ編では、ドレスローザに赴き、ドンキホーテファミリーの密売のリストを回収しようとしたが、先に革命軍に盗まれ入手に失敗する。

次の

サイファーポール

ロブルッチ 声優

眉毛と顎髭が音記号のような曲線を描いており、2年後の新世界編で登場した際にはさらに髪も伸び、髭も振り子のような形になっています。 さらに背中にはかつての敵から受けた砲弾により負った傷があり、この傷跡が奇しくも世界政府のシンボルと酷似したような形になっています。 性格は非情にして冷酷、世界政府の指名には忠実に従うもののそれは自身の内に秘める殺し屋気質を満足させるための手段と考えている様子で「ここにいると、殺しさえ正当化される」と純粋に殺しをしたいから居る、というような口ぶりです。 そのため、任務遂行に関して喜ぶこともなく、長年暮らした街にも、共に同じ釜の飯を食べた仲間たちにも一切興味がなく情も湧かないと言い放っています。 しかし、殺しと言ってもそれはあくまでも任務の上で合法と認められていなければならないという信念はあり、が任務に背き感情で殺しをしようとしたところを制裁します。 これも、世界政府による忠義心というよりは、自身の快楽を求める場所を守るために行った行動のように思え、あくまでも海軍に追われてしまう疎ましさは避けたい様子、あくまでも合法として正当化される殺ししかしないという事でしょうね。 そして傷ついたロブ・ルッチを治療するべく縁もゆかりもない街セントポプラに立ち寄ります。 そこで担ぎ込まれた病院無償でかくまってくれ、さらには治療費捻出のため仲間たちがあらゆる興行や仕事をこなし治療をすることになります。 目が覚めたロブ・ルッチは病院の院長と深く握手を交わしセントポプラを襲撃しにきた海賊を撃退するという善行を働きます。 しかし、過剰なまでの正義に街の人々からは疎まれる存在となり、街を出ようとしますが一人の女の子が感謝の花を一輪渡してくれます。 そして遂に故郷にたどり着いたロブ・ルッチ率いるCP9は追手が故郷にまで攻め入ってくると「故郷に騒ぎは持ち込ませない」とばかりに撃退します。 スパンダムに自身の生存や必ず帰還する事を伝えますがCP9の抹殺を目論むスパンダム父子ですが、そんなことも知ってか知らずかCP9は故郷を後にします。 故郷には美しく植えられた一輪の花がその行方を優しく見守ってくれていました。 この扉絵シリーズからもロブ・ルッチの心情は麦わらとの敗戦後に確実に変わっていると思われます。 世界会議 レヴェリー ではあまりそのような心情は読み取れませんでしたが、いずれはルフィと共闘?なんてことがあったら嬉しいですね。 ロブ・ルッチの名シーン・名セリフ ロブ・ルッチの名シーンや名セリフをご紹介していきます。 ガレーラカンパニーでのキャラクターからは一変したロブ・ルッチの正体が読み取れます、その正体は殺戮中毒で任務によって合法的に殺人を楽しむ姿が見て取れます。 そんなロブ・ルッチもルフィとの対戦に敗退し、仲間からの恩、他人からの恩、そして感謝を受ける事で明らかにその心情は変わったと感じられます。 世界会議での騒動もまだ明かされておらず、再登場も確実にあると思いますのでそこでロブ・ルッチがどのように変わったのかとても興味が湧きますね! ロブ・ルッチのまとめ 初登場時や本性をさらけ出したロブ・ルッチを見て背筋が凍る思いをした読者も多いとは思いますが、あれだけの悪の要素を兼ね備えた人物でさえワンピース内では正義と呼ばれている実態が実に面白いですね。 実際に合法となる殺しがあっていいのか?と訴えているようで、それがまたワンピースのおもしろいところですね。 それでもロブ・ルッチは再登場が必ずあると信じ、またどのように心情が変化したのか楽しみに待つこととしましょう!.

次の