普通 郵便 切手 いくら。 封筒の切手代・はがきの切手代はいくら?切手の値段や種類についても解説

ハガキ切手代は2019年現在いくら?料金値上げいつで交換はできる?

普通 郵便 切手 いくら

普段と違う雰囲気の会社の飲み会。 飲み会で盛り上がるゲームと言... 普通郵便とは? 普通郵便を定義すると、速達、書留では送らない第一種郵便物、第二種郵便物となり、別名普通扱いとも呼ばれ、逆に速達、書留で送ることを特殊扱いと言います。 この辺はよく勘違いされることが多く、定形郵便が普通郵便だと思っているようですが、上記の通りそれは完全な誤りであり、定形郵便や定形外郵便で分けるようなことはしません。 地方の郵便局ではあまり見られませんが、大きな都市の郵便局に行くと普通郵便課があり、普通郵便というのは郵便局の中でも使用される言葉であります。 また、郵便局のサービスとしてゆうメールがありますが、これは正確に言えば普通郵便と仕分け、配達されるため、郵便局ではほぼ普通郵便として扱われるようです。 普通郵便は、料金が安いのが特徴となっており、街中のポスト、郵便局の窓口にて出すことができます。 郵便局の窓口を出す際は、普通郵便として送りますと言いましょう。 配達の仕方としては2通りあり、家の郵便入れに入る場合は直接入れることになっていて、入れられない場合は直接手で渡すこととされています。 この際、特に印鑑などはなくても受け取ることが可能です。 配達曜日は、月曜日から土曜日までであり、それ以外の曜日には基本的には配達は行っておりませんが、年末年始となると年賀状等の関係から日曜日・祝祭日であっても配達を行うようにしています。 普通郵便の到着日数は? 郵便を出したのはいいが、その配達日が気になる時もあるでしょう。 特に大事なものを送る際には、普通郵便となると特に心配になってしまいます。 ですから、なるべくそのようなものを送る際には速達として送った方がよいでしょう。 ただ、速達を利用する方は少なく、現に郵便局のコールセンターでは頻繁に今出そうとしている郵便の到着日に関する問い合わせが最も多いと言われます。 逆に言えば郵便サービスは多くの方が利用しており、到着日も重視されている方が多いとも言えるでしょう。 そのため、もし到着日を重視するなら、普通郵便ではなく、少し高くなっても速達として送った方が賢明と言えるでしょう。 普通郵便の封筒の切手料金は? 封筒で郵便物を出す際に何円分の切手が必要なのか迷われることもあるかと思われます。 はがきなら簡単ですが、封筒となると定形と定形外が存在し、料金に関しても素人からすればややこしい部分もあります。 料金はサイズでも重さでも変わるものであるので、不足のないよう気を付けたいところでしょう。 料金に関しては定形郵便と定形外郵便で分けられていて、定形郵便では25g以下の場合、82円となり、50g以下の場合は92円です。 一方、定形外郵便は最大4kgまでとなっており、4kgの料金は1180円です。 ちなみに、定形外郵便で一番安いのは50g以下の120円であり、また、定形外郵便、定形郵便ともに、日本全国どこで出そうと料金が変わることはないので、定形郵便の場合は最大92円を出せばどこであっても配達を行ってもらえます。 もっと詳しく知りたい場合はAMAZONで本を買おう! 普通郵便に関する200kオススメの書籍はココから検索!.

次の

履歴書郵送の切手料金はいくら?切手の値段から貼り方まで| type転職エージェント

普通 郵便 切手 いくら

ハガキ切手代は2019年現在いくら? 郵便料金値上げ後の新料金について、調査してみました。 ハガキの料金*2019年10月現在• ハガキ切手代2019年値上げで切手やはがき交換はできる? 切手、はがき、レターパックは、郵便局の窓口で新料金のものに交換することも可能ですが、交換手数料が発生します。 切手・はがきは1枚5円、レターパックは1枚41円の交換手数料が発生します。 例えば、82円切手1枚を84円切手1枚に交換する場合、 新料額との差額2円(84円-82円)+所定の手数料(5円)=7円 負担が多くなって損してしまいます! 旧料金の切手・はがき・レターパックは、不足分の切手を追加で貼って郵送することができますので、追加で差額の切手分を貼って利用した方がよさそうですね。 また、旧料金の切手については、郵便局で切手で支払いが可能な郵便系サービス(ゆうパック、高額な定形外など)の料金の支払いに利用することができます。 その場合は郵便窓口で手続きが必要です。 ハガキ・切手代の値上げに世間の声は? ハガキや切手代が値上げされたことについて世間の声はどういったものがあるでしょうか。 調査してみました。 料金不足だと差出人に戻ってくるパターンと受取人に届いて不足額を払うパターンとあり、受取人が不足分を払うのも失礼にあたりますし、だからといって金額が金額だけに受取人が差出人に請求するのも大変ですよね。 新料金が浸透するまでは、ちょっとしたトラブルの原因になりそうです。 ファンレター返信用にファンシーな切手を用意しておいたのに、郵便料金値上げで人相の悪い禿げ頭のじいさんの一円切手を大量に横に貼り付けなければならない僕の憤りについて。 わざわざ切手買うのも郵便局に行くのも面倒でどうしようかと思っています。 煩わしいです。 どうしても切手を大量にはることになり、見栄えもあまりよくないですよね。 たかが数円、されど数円です。

次の

普通郵便の到着日数は?普通郵便の封筒の切手料金は?

普通 郵便 切手 いくら

封筒の切手代はいくら 封筒には、定形、定形外と種類があります。 さらに定形外の中には規格内と規格外という括りがあります。 細分化されていて、それぞれ郵送料金が異なります。 それぞれの郵便区分ごとに切手の料金はどう変わるのか具体的にお伝えします。 切手の金額は封筒のサイズでなく重量や厚みで決まる 封筒に貼る切手の料金は、封筒のサイズというよりは、重さや厚みによって変わってきます。 まず、定形郵便と定形外郵便(規格内・規格外)のサイズと重量、厚さの規定を日本郵便の公式サイト を基にまとめてみました。 郵便の規格について 長辺 短辺 厚み 重さ 定形郵便 23. 定形郵便の切手の料金は84円から では定形郵便の切手代は、いくらでしょうか。 長辺 短辺 厚み 重さ 定形郵便 23. 5cm以内 12cm以内 1cm以内 50g以内 定形郵便は、切手の料金は次のように区分されています。 定形郵便の重量と料金 重量 9月30日まで 10月1日から 25g以内 82円 84円 50g以内 92円 94円 主婦の場合、あまり郵便を使うことがありませんが、 ・仕事で書類を送る機会が多い ・就活や転職活動などで履歴書を企業に送る機会が多い ・役所によく書類をよく送る人 このような人たちは、2円上がっただけでも負担ですよね。 しかし距離に関係なく一律で同じ料金なので、良心的と思っておいた方がいいのかもしれないですね。 また、以下は定形郵便の封筒の種類と寸法です。 角型2号・・・A4用紙が折らずに入るサイズ。 長形3号・・・A4用紙が三つ折りで入ります。 長形4号・・・B5用紙が三つ折り、または四つ折りで送れます。 文房具店なので、手に入りやすいサイズです。 定形外郵便(規格内)の切手の料金は120円から 続いて定形外郵便(規格内)です。 長辺 短辺 厚み 重さ 定形外郵便 規格内 34cm以内 25cm以内 3cm以内 1kg以内 定形外郵便(規格内)の中で、切手の料金は次のように区分されています。 定形外(規格内)郵便の重量と料金 重量 9月30日まで 10月1日から 50g以内 120円 100g以内 140円 150g以内 205円 210円 250g以内 250円 500g以内 380円 390円 1Kg以内 570円 580円 重量か厚み、どちらかがオーバーすると定形外郵便(規格外)となります。 よく見ると料金が変わらないものもありますが、10月からの新料金になると5円〜10円もアップします。 私はフリマアプリで、送料込みの出品にしているので値上げが痛いです(涙 定形外郵便(規格内)で送れる封筒サイズを一覧にしました。 切手の料金は次のように区分されています。 定形外(規格外)郵便の重量と料金 重量 9月30日まで 10月1日から 50g以内 200円 100g以内 220円 150g以内 290円 300円 250g以内 340円 350円 500g以内 500円 510円 1Kg以内 700円 710円 2kg以内 1,020円 1,040円 4kg以内 1,330円 1,350円 値上がり幅が10円〜20円となっています。 大きいですね。 定形外郵便(規格外)は以下のような封筒があります。 規格内と規格外の料金差 規格内と規格外で料金に差がありますね。 規格内と規格外で10月1日からの新料金を並べてました。 規格内・規格外の郵便料金の差 重量 料金 規格内 規格外 差額 50g以内 120円 200円 80円 100g以内 140円 220円 80円 150g以内 210円 300円 90円 250g以内 250円 350円 100円 500g以内 390円 510円 120円 1Kg以内 580円 710円 130円 80円から130円も差があります。 郵便物が一つなら、それほど気にならないかもしれませんが、10個だと1000円、100個だと1万円程度の差となります。 大きいですね。 同じ重さでも規格外の封筒に入れて送ると、無駄なお金がかかりますね。 なるべくコンパクトにして規格内に収め、送料を抑えるようにしてみてくださいね。 規格内と規格外で料金が違う理由 なぜ、規格内と規格外でこれほど料金に差があるのでしょうか。 簡単にいうと、人件費絡みです。 規格内・・・送り主がポストに投函できて、郵便屋さんも送り先のポスト投函で済む 規格外・・・送り主が郵便局で局員に対応してもらわなければならない。 また、受け取りが必要なため、不在票の投函や再配達の可能性がある レターパックの方がお得なケースもある レターパックは、郵便局が販売する、厚めの専用封筒です。 販売料金に郵便料金が含まれていて、全国一律料金で送ることができます。 通常の郵便と比較した場合、 ・重量が500g以上、4Kg以内 ・レターパック専用の封筒に入る なら、郵便よりレターパックの方が、全国一律520円 10月1日から で送れるのでお得になります。 速達の切手の料金 速達料金は、上記でご紹介した郵便料金に「速達料金」が加算されます。 速達も重量によって加算される料金が異なります。 速達料金 重量 9月30日まで 10月1日から 250g以内 +280円 +290円 1Kg以内 +380円 +390円 4Kg以内 +650円 +660円 例えば、定形郵便25g以内、82円切手で送れる封筒を速達で送りたい場合は82+290=372円になります。 不安なら郵便局に持ち込もう 郵便局にある重りは厳密です。 1gでもオーバーすると、次の重量区分の切手料金になることもあります。 その場合、郵便が手元に戻ってきてしまいます。 急ぎだったら、最悪ですね。 多めに切手を貼ってポストに投函すれば、問題ありません。 しかし家庭ならともかく、企業で毎回そんなことをしていたら、コストの増大に直結します。 不安な場合は、切手を貼らずに郵便局へ持ち込んで対応してもらってください。 その方が悩む時間も無く、確実で早いですからね。 まとめ いかがでしたでしょうか。 2019年10月1日からの郵便料金をお伝えするとともに、封筒のサイズや規格についてもお伝えしました。 10月1日以降に、値上げ前の料金で郵便を出すと、料金不足で戻ってきます。 忘れずに、値上げ後の料金分の切手を貼ってくださいね。

次の