棺桶 ダンス。 棺桶ダンスのBGM(Astronomia?)って一体何?作者は?実はパクられまくりですごかった!

【ミーム解説】Coffin Danceとは

棺桶 ダンス

棺桶ダンサーズが葬式を盛り上げる!? Photo YouTube お揃いのコスチュームでめかし込んだヒップでクールな一団と、周りを囲む観衆。 お祭りか!? ダンスコンテスト!? いや、これはガーナのお葬式を撮影した一コマ。 黒服の一団が担いでいるのは棺桶。 その中には本物の遺体が安置されている。 そして、大音量で流される陽気なダンスミュージックにあわせてステップを踏む男たち。 Photo YouTube というのも、 ここ数年、ガーナの葬式では葬式のために家族がダンサーを雇って、故人を陽気に送り出すのが流行しているらしい。 日本だけでなく、大半の国や地域では、悲しみに暮れしんみりと死者を送り出すもの。 しかし、ガーナでは ダンスイベントのようなノリで参列者たちも踊りだしてGOGOヘブンな状態なのである。 ダンス葬ブームのきっかけとは ダンサーたちが葬式で踊るのはガーナに古くからある文化ではなく、ここ数年に話題となり始めた新興ムーブメント。 注目を集めるきっかけとなったのは、2015年に、あるブロガーの男性が義理の母親の葬儀に参列した時のこと。 そこで棺桶ダンサーを初めて目撃! その異様な光景を撮影してYouTubeにアップしたところ話題となり、再生回数は60万回を突破。 これは驚きの体験だったね。 いい意味で嬉しく思ってるよ。 ガーナではビッグビジネスとなっているとか… ほとんどの人は、ダンサーを希望するよ笑 ベンジャミン・アイドゥさんは、ガーナで棺桶ダンサーのビジネスを始めたブームの仕掛け人。 最近では男女100人のダンサーを雇用して、ダンスレッスンで優秀な従業員を育成。 さらに、より葬式のエンターテイメント性を向上させるため、ダンサーがパフォーマンスの時に着用する衣装にも、大きな投資を行っているとか。 この棺ダンスがバッチリ決まると、葬式の参列者から歓声が上がることもあるそうなので、改めて、日本との文化の違いに驚かされる。 日本でもフラッシュモブや派遣ダンサービジネスはあるけど、ダンサーを使うシーンは限られておりビジネスとしては大きくなりにくい。 そんな常識をぶち破って 日本初のダンスダンス葬儀カンパニー を起業するなら、今がチャンスかもしれないぞ!w.

次の

Tik TokやYouTubeなどネットで話題の棺桶ダンスとは?元ネタを調べてみた

棺桶 ダンス

Contents• TikTokで流行っている棺桶ダンスとは?【おもしろgif動画】 TikTokやYouTubeで急に流行り出した棺桶ダンス。 初めてみたときは、びっくりしてしまいました。 流行っている棺桶ダンスはこちらです。 — Coffin Dance bot bot93290029 一人でわろてる — Kazuya Yamaguchi Kaz512uyA 事故が起きた動画を貼った後、この軽快な音楽の棺桶ダンスを貼ってSNSに投稿するのが流行っています。 棺桶を持って踊るという習慣が日本にはないのでびっくりしますよね。 しかもこんな明るい曲のお葬式もないので、新鮮です。 スポンサーリンク 棺桶ダンスの元ネタや曲名は? 元ネタもこんなにノリノリの曲だと思いましたが、ちょっと違いました。 元ネタはこちらです。 元ネタ 最近、ガーナのお葬式では 葬式のために家族がダンサーを雇っているそうです。 平均以上生きた故人を陽気に送り出すのが流行しているとのこと。 元ネタの曲は思ったより静かでしたが、踊りは本家の方が激しかったです。 こんなに大盛り上がりでお葬式をしているなんて、素晴らしいですね。 曲名・原曲 この中毒性のある曲名が気になって調べて見ると 「Astronomia( アストロノミア)」という曲でした。 海外のTony Igyという音楽家が作曲したそうです。 こちらが音源です。 スポンサーリンク 棺桶ダンスフリー素材は? こちらがフリー素材として載っていたので、投稿したい方は参考にしてみてくださいね。 棺桶ダンスが流行っている理由はなぜ? なぜ棺桶ダンス(コンフィダンス)が流行ったのかなと思いました。 どうやらこの中毒性のある曲が理由のようですね。 それに 悲しいことも楽しいダンスで明るく前向きに変えていて、気分が上がる動画が流行った理由かもしれません。

次の

驚異の棺桶パフォーマンス!ガーナの葬式ではアゲアゲなリズムとダンスで故人を祝福!

棺桶 ダンス

近頃インターネットでよく見かける棺桶ダンス、「原曲が気になるけどわからない!」という方も多いのでは? 原曲の正体についてインターネットではいろいろな説が出回っているらしいです。 というわけで、棺桶ダンスの原曲について調べてみました! その結果、インターネットとの関わりが深い、歴史のある曲だということがわかりました!• そもそも棺桶ダンスって? 棺桶ダンスとは葬式で棺を担いで踊るガーナ人の動画に、陽気なEDMをあわせた動画のことです。 などを地としてインターネット全体に広まったようです。 陽気なBGMと動画を悲惨なアクシデントの動画などに合わせることで、ギャップを生み出しているそうです。 死が身近に感じられる今、こういった死生観がこれから流行るかもしれませんね! 原曲は? ロシアのプロデューサーTony IgyによるAstronomiaという2010年の曲だそうです! いかがでしたか? Vicetone説? これはどうやら『Tony Igy - Astronomia』のVicetoneによる2014年のリミックスのようです。 ならTony Igy - Astronomia Vicetone Remix と表記するべきでは? 私はオリジナル版の方が、のリードが少し間抜けな感じでかっこいいので好きですね。 ただVicetoneのリミックスのアゲアゲな感じも棺桶ダンスにはよく合うような気がします。 比較的無名なTony Igyに比べてVicetoneはめちゃくちゃ大手のEDMプロデューサーなので、リミックスの方が原曲だと思ってしまうのも仕方ないですね。 現在確認できる最古(2月26日)の『Astronomia』+棺桶ダンスの動画()にはTony Igyによるオリジナル版が用いられています。 しかし、現在はVicetoneによるAstronomiaのリミックスも用いられることが多いようです。 この流行によってVicetoneのリミックスの方が Musicのランキングの上位に上がったことに関してTony Igyも。 ということで、棺桶ダンスにはTony IgyのAstronomiaと、Vicetoneによるリミックス版の両方が用いられているようです。 いかがでしたか? Stephan F説? ところがどうやらで数千万再生されている上の動画はどうやらStephan Fによる『Astronomia 2K19』という曲を使ってるらしいです。 これもどうやら『Astronomia』のリミックスのようです。 オリジナルやVicetoneのリミックスと比較してみると確かに違う曲ではありますね。 音は2019年にアップデートされているかというと、むしろベタな感じになっちゃってるような……。 あと原曲の製作者に対するクレジットとかがないのが少し気になります。 棺桶ダンスで用いられている曲は主に上の3つのどれかのようです。 ただ、他にもAstronomiaのリミックスはやで検索するとたくさん見つかります。 2020年に入ってからは、棺桶ダンスのの流行で沢山のリミックスが作られていますが、それ以前にもリミックスが沢山作られていたようです。 元からみんなに愛されている曲なんですね。 皆さんも好みのAstronomiaを見つけてください! それではまた〜 という感じできれいに終わりたいのですが…… 説? そもそもこの曲のタイトルは『Astronomia』ではないとの説もネットで見かけます。 で1500万再生されているこの動画は、この曲がによる『Welcome to 』であるとしていますし、同じように主張している人がでも多くいるようです。 といえば、世界でも最も有名なDJの一人です。 当然のdiscographyを調べてもそんな曲は出てきませんが。 『Welcome to 』はがやっていたパーティの名前だったのですが、なんらかの勘違いで『Astronomia』の曲名だと思われたのかもしれません。 自分の曲がの曲だと勘違いされて広まっていたら、それはそれで嬉しいような気もしますが。 丸パクリの数々 どうやら探してみると他にも説が沢山あるようです。 DJ Koltsov - Storm ではDj Koltsovによる『Storm』という曲だという説が出回っていました。 2010年に動画が上がっているので、これがで一番古いからこれが本物だ、ということらしいです。 内容は全く『Astronomia』と同じですが、ちょっと早回しになっているようです。 Russian here. And I try to explain the real trues about this amazing track. So sit down kid and listen story. It all began in 2010. Tony Igy Anton Igumnov , he was 18 at this moment, produced this track at popular, at that time, - Promodj, for free, just to everyone can check his tune. 9 years ago this tune was amazing and was picked up by many of DJs and this track was hit of summer 2010 and for couple years forward. So people didnt know real artist. Some of really jerks want glory and change name of track of their owns like Dj Next. Yes. In 2011 on all mobile phones it was called Dj Next - Hit Leta summer hit. In foreign countries it was fake called by … And its not by Vicetone. It was just remixed in 2017 or 2018 by him. Just only after 2012 when we start to be more accuracy, more intelligent in internet and became smart we really found the real producer. Too show you proof use this link You can see that the post of this track was on 24 March 2010. Much way earlier then fake and Dj Next. Why I tell you all this. Because I like true. And hate all fake… Thank you. U can check his 2nd really amazing tune Tony Igy - Pentagramma 2011. It was so popular too. And had same story. 訳: 俺はロシア人だ。 このすごい曲についての真実を説明しよう。 座ってよく聞きな。 2010年に全ては始まった。 当時18歳のTony Igy(本名:Anton Igumnov)は、自分の作った曲をみんなに聞いてもらうために、その頃ロシアで流行っていたウェブサイトPromodjにこの曲を投稿した。 9年前としてはこの曲はすごかったから多くのDJに取り上げられたし、2010年の夏から数年間めちゃくちゃヒットしたんだ。 ただ、ロシアではとかの問題が多いくて、この曲は『ID(訳注:IDとは曲名・アーティストがわからないときに使われるー)』『pizdatii leta(訳注:ロシアの?なので意味はわからない)』『クールな曲』『Dj Next』『夏のヒット曲』だとかいうファイル名で共有されたんだ。 だから2011年頃にはほとんどの携帯電話で『Dj Next - Hit Leta summer hit 』とかいうファイル名で保存されていた。 あと他の国ではの曲だとかいうデマが広まった。 あとVicetoneの曲ではない、あれはただのリミックスだ。 2012年頃になってようやく本当のプロデューサーがわかるようになった。 証拠に、Tony Igyが初めて投稿したpromodjのリンクもある。 投稿日が2010年の3月24日になってるだろ、他のDj Nextだとかだとかの偽物のリンクより古い。 なんでこんなことを伝えるかって? 俺は真実が好きだからだ。 そしてフェイクが嫌いだ。 ありがとう。 彼の他のすごい曲『Pentagramma』(2011年)も聴いてやってくれ。 この曲も『Astronomia』と同じようにクレジット無しで色んなの動画やに使われていると思う。 伝えてくれてありがとう。 俺もフェイクが嫌いだ。 リミックスできちんとTony Igyにクレジットがついていなかったりするのもこういう経緯があるからなのかもしれません。 Tony Igyも当時ロシアでなくやオランダあたりで活動していたら、正しく評価されてMartin Garrixみたいな売れっ子になっていたかもしれませんね。 今もTony Igyは活動しているので興味を持った方はぜひ…… toriyasutori.

次の