中国 ハンタ ウィルス。 【中国】 ハンタウイルスによる死者発生が新たなウイルス流行の懸念を呼ぶも、人から人へは感染せず

中国、コロナウィルスに続き、ハンタウィルス発生…1人死亡!

中国 ハンタ ウィルス

天安門で警備にあたる中国警察も当然ながらマスク姿。 「中国政府の生物兵器」説がネット上にまん延している。 中国・武漢が発生源とされるこの疫病は、すでに日本でも感染者を出して、人々を恐怖に陥れている。 東日本大震災後の福島原発事故でも同じことが起きたが、人々が恐怖するときには「デマ」が拡大しやすい。 今回の新型コロナウイルスにもさまざまな「噂」が飛び交っているが、なかでも筆者が気になったのは、「 中国軍が開発した生物兵器だ」というものだ。 国際的な主要メディアはほとんど採り上げていないが、ネットではかなり広く拡散しており、筆者にも複数の知人から「本当か?」といった問い合わせが来ている。 それだけではない。 複数のメディアからも「この(生物兵器)説にはどれくらい信憑性があるのか?」という問い合わせまで筆者にきた。 「そんな可能性もあるかもしれない」くらいに思っている人は相当数いると感じている。 武漢に病原体に関する研究施設が置かれていたことがデマ情報の「それらしさ」を高める一因となった模様だ。 世界各国の関連研究機関で 研究されている主な生物兵器に、コロナウイルスの名前はない。 また同時に、「高い感染力と低い毒性」をもつインフルエンザウイルスも含まれていない。 一般的に、病原体を「兵器として使用」する際に重視されるのは 強い毒性だ。 例えば、アメリカ疾病管理センター(CDC)がの「カテゴリーA(最優先病原体)」にリストアップしているのは、以下のものだ。 また、毒性は低いが「適度な」感染で標的をしぼりやすい「カテゴリーB(第二優先度)」には、以下がリストアップされている。 Q熱リケッチア、ブルセラ菌、ベネズエラ・ウマ脳炎ウイルス、コレラ菌、サルモネラ菌、赤痢菌など さらに、病原体の入手や運用が容易な「カテゴリーC(第三優先度)」には、ニパ・ウイルスやハンタ・ウイルスなどが含まれる。 いずれのカテゴリーにも、コロナウイルスやインフルエンザウイルスの名前は見当たらない。 まったく研究されてこなかったということはないだろうが、 現実に兵器としての使用に向いていないのだと思われる。 生物兵器に限らず、新兵器の研究開発においては一般に、実用性の高いものからまず採用されるものだ。 とりあえず研究してみるといった程度のものに、予算がつくことはほとんどない。 もちろん、いまはゲノム編集などの遺伝子改変技術がきわめて高度化しているので、感染力の強い病原体を選んで、その毒素を強化することで実用性を高める、といったこともある程度まで可能だ。 しかし、今回の新型コロナウイルスについては、ゲノム編集の痕跡などは発見されておらず、自然発生のものとみられている。 生物兵器として人工的に開発されたものである可能性はほとんどない。 海外メディアの「生物兵器」報道を精査してみた 英タブロイド紙デイリー・メールの当該記事。 Screenshot of Daily Mail ではなぜ今回「新型コロナウイルスは生物兵器だ」との説がネット上に飛び交っているのか。 この"疑惑"を早い段階で発信したメディアは、英タブロイド紙だ。 タイトルがものすごく長いのだが、「 中国は武漢にSARSやエボラの研究施設を建設。 アメリカのバイオセーフティ専門家は2017年、同施設からのウイルス流出の可能性を警告。 新型コロナの感染拡大との戦いのカギはそれだ」という記事(1月23日付)。 デイリー・メールはいわゆる「飛ばし(=根拠の薄弱な記事)」が多いことで知られる。 しかし筆者が読んだところでは、この記事は「飛ばし」が比較的少ない健康面の担当記者が書いており、よく調べられている。 同記事は、 新型コロナウイルスの発生源とされる武漢の生鮮市場から約30キロの位置にある「武漢病毒研究所」が、危険な病原体研究を行う施設であり、今回はそこから流出したのではないかという疑惑を紹介している。 権威ある科学誌ネイチャーが掲載した中国の病原体研究施設に関する記事。 Screenshot of Nature そこで引用されているのが、世界的に権威ある科学誌が2017年2月に掲載した「 世界で最も危険な病原体を研究する態勢を整えている中国の研究施設の内幕」という記事だ。 デイリー・メールは、信頼性の高い専門誌でも紹介された施設が武漢に存在することを指摘し、「現時点では、この施設が今回の感染拡大と関係があると疑う理由はない」という専門家の意見を紹介した上で、同施設で行われた動物実験が流出に関係している可能性を否定することはできないとの見方を提示したにすぎない。 あくまで可能性のひとつとして示しているだけで、扇動的な内容とまでは到底言えない。 英タブロイド紙デイリー・スターの当該記事。 Screenshot of Daily Star また、同じく英タブロイド紙も似たような記事を同日掲載している。 「 コロナウイルスは世界で最も致命的な疾患のための秘密研究施設で始まったとの指摘」との記事だが、同紙はその後、その疑惑には根拠はなかったとして立場を修正。 「まだ論争はあるが、動物市場が発生源だとされている」との訂正文を掲載している。 その後さらに直接的な疑惑を提示したのが、米紙だ。 「 ウイルスが発生した武漢に、中国の生物兵器計画とリンクする2つの研究施設」という記事(1月24日付)がそれだ。 同紙は統一教会(世界平和統一家庭連合)が発行する政治的右派のローカル紙。 しかし、記事を執筆したビル・ガーツ記者は、右派つながりでアメリカの情報機関に太い人脈を持ち、安全保障分野の内幕ストーリーでは実績のあるベテラン記者だ。 米紙ワシントン・タイムズの当該記事。 Screenshot of Washington Times ガーツ記者は1月24日の記事を皮切りに関連情報を次々と執筆している。 彼がそれらの記事で主張しているのは、武漢には2つの研究施設(うち1つは前述した「 武漢病毒研究所」で、もう1つは「 武漢生物製品研究所」)があり、いずれも中国軍の生物兵器研究に関与している疑いがあるということ。 だから、今回の新型コロナウイルスがそうした生物兵器研究計画のなかで生み出された可能性は否定できないというわけだ。 ただし、ガーツ記者の記事にはいずれも「断定できない」と明記してあり、記事タイトルや筆致ではかなり疑惑を強調してはいるものの、デイリー・メールと同じようにあくまで可能性のひとつとしている。 なお、同記事で疑惑を証言しているのは、 イスラエルの生物兵器専門家であるダニー・ショーハム氏。 ショーハム氏の証言は「中国がSARSやコロナウイルスなどを生物兵器として研究開発している」ことを独自の見解として述べた上で、武漢にある2つの研究施設が「生物兵器開発に関与しているとみられる」「SARSの研究をしている」ことを根拠に、「生物兵器として開発された新型ウイルスの可能性がある」と指摘する内容だ。 しかし、ショーハム氏もやはり可能性のひとつとしているだけで、疑惑を断定はしていない。 なお、ショーハム氏は自身が主張する中国の生物兵器研究開発疑惑について、根拠の希薄さを検証した米紙の取材を拒否している。 米誌フォーリン・ポリシーの当該記事 Screenshot of Foreign Policy さらに、米誌は、1月29日付の記事「 武漢のウイルスは研究施設でつくられた生物兵器ではない~陰謀論はコロナウイルスよりも速く拡散する」で、中国の生物兵器研究開発疑惑を完全否定している。 上の記事では、2017年にロシア政府の宣伝報道機関であるラジオ・スプートニクで、ショーハム氏が「IS(イスラム国)が、西側諸国に潜むスリーパーセル(潜伏工作員)に化学兵器の技術を移転した可能性がある」との トンデモ説を示唆した前歴が指摘されている。 もっとも、ガーツ記者が書いたワシントン・タイムズの記事でも、ショーハム氏はあくまで可能性のひとつとして指摘したとされており、具体的な根拠となる情報があるわけではないことが明記されている。 疑惑を断定していない。 生物兵器と断定しているメディアは少ない 新型コロナウィルスの見えない影におののく市民。 通りは閑散としている。 ところが、これらの記事を根拠に数多(あまた)の陰謀論サイトが「やはり中国軍の生物兵器だった」と扇動的に拡散した。 陰謀論の拡散ケースとしてはよくあるパターンだ。 新型コロナウイルス生物兵器説は、典型的なフェイク情報拡散の仕組みで誕生した、根拠なき陰謀論である。 何か裏づけとなる決定的な情報がスクープされるような状況の変化でも起きない限りは、無視するのが賢明だろう。

次の

新型コロナの次は「ハンタウイルス」中国で別の感染症死亡報道

中国 ハンタ ウィルス

ハンタウイルスを媒介するネズミ(写真:CDC) の抑え込みに成功したとされるで、別の感染症が報告され、騒ぎになった。 雲南省臨滄市の健康委員会は、3月23日、出稼ぎに出ていた男性労働者が、を媒介とする「ハンタウイルス」に感染し、発症からわずか3時間ほどで死亡したことを報告した。 バスで移動中に具合が悪くなったとされ、発熱の症状がみられる同僚2名も検査に回っている。 このニュースを受け、ツイッターでは《コロナより糞やべぇ》《3時間後に死ぬとか映画やん もうやめてくれ》などのツイートが流れたが、ハンタウイルスとは、一体どういった病気なのか。 医学博士で、WHO諮問委員を務めたこともある左門新氏がこう語る。 「ハンタウイルスによる疾患には、実は2種類あります。 先日中国で発生したのは、アジアや欧州で確認されている腎症候性出血熱と呼ばれるもの。 もう一つは、主に北南米で確認されているハンタウイルス肺症候群です。 どちらも、基本はネズミのようなげっ歯類の糞尿や唾液から飛沫感染するんですが、致死率が格段に違う。 前者は6~15%程度と、そう高いとも言えないレベルですが、後者は36%。 これは感染症のなかでも、かなり高い数値といえます」 今回、雲南省で起きた事例は、前者の「腎症候性出血熱」だ。 症状としては、突然の発熱や頭痛、顔面紅潮、点状出血など。 その後に重症化すると、腎臓への障害が起こり、腎不全に至る。 「雲南省で起きたのは、重症化して腎不全に陥ったケースです。 ただ、多くの人はそこまで至らずに治ります。 ハンタウイルス自体は特に新しいものではなく、中国でも毎年4万人程度の感染者が出ています。 有効なワクチンも開発されており、パンデミックの心配は特にないと言っていいでしょう」(左門氏) ハンタウイルス感染症は、日本では1970年代以降、確認されていない。 しかし、新型コロナ以外にも警戒しなければいけない状況は、日本も中国と変わらない。 東京都感染症情報センターでは、東京都における各種感染症の患者数が各週ごとに公開されている。 これを見ると、新型コロナの裏で、さまざまな感染症がはびこっていることがわかる。 2019年12月30日から2020年4月12日までの累計を見ると、当然最も人数が多いのは「新型コロナウイルス」の2249人だが、次いで多いのは「結核」の700人だ。 新型コロナほどではないが、2020年が始まってわずか3カ月半と考えると、決して少なくない印象を受ける。 以下、「梅毒」363人、「百日咳」179人、「エイズ」91人、「侵襲性肺炎球菌感染症」84人、「E型肝炎」52人、「アメーバ赤痢」42人と続く。 人数は少ないが、「コクシジオイデス症」「ジアルジア症」など聞いたこともない病気も並んでいる。 当たり前だが、怖いのは新型コロナウイルスだけではない。 必要な予防策はそれぞれ異なるが、手洗い・うがいなどの基本を丁寧に続けていくしかない。

次の

中国で新しいウイルスか?ハンタウイルス

中国 ハンタ ウィルス

以下が、3月27日午前 9時までの 24時間の感染確認者数の状況ですが、アメリカは、 24時間で感染確認数が 1万7000人以上も増加しており、感染確認者数で 1位となっています。 ・ さて、世界中でいろいろな病原体が拡大しつつあり、前回の以下の記事では、ポーランドでアフリカ豚コレラが検出されたことを取り上げました。 そんな中、数日前、中国で「ハンタウイルス」感染が発生し、ラジオフリーアジアによれば、1名が死亡したと報じられています。 ハンタウイルスは、以下のような病原体です。 ハンタウイルス感染症 ハンタウイルスは人に急性かつ高熱を特徴とする疾患を引き起こす。 それらは、症状の特徴から腎症候性出血熱 HFRS とハンタウイルス肺症候群 HPS と呼ばれ、両疾患を合わせてハンタウイルス感染症と総称する。 ハンタウイルス肺症候群 HPS は、発症後急速に呼吸困難を起こして高い死亡率(当初は50%以上)を示す急性の熱性疾患として、1993年、米国南西部の砂漠地帯で突然出現した。 様々な種類のネズミが自然界では自然宿主となっているが、感染げっ歯類は全く病気を起こさないが終生持続感染し、糞尿や唾液中にウイルスを排泄する。 それらの飛沫が感染源となって他のネズミや人に呼吸器感染若しくは経皮感染を起こす。 これまでの流行状況から人から人への感染は一般には起こらないと考えられている。 () 危険度を示すバイオセーフティーレベルは最も高い 4(BSL4)から 3に相当すると、国立感染症研究所のには書かれています。 感染すると、場合によっては致命的ですが、先ほどの説明にありますように、「人から人への感染は一般には起こらない」とされているため、基本的には、人間集団の中のエピデミックとなることはないとされています。 ただ、国立感染症研究所によれば、 > 1993年、米国南西部で肺水腫を伴う急性の呼吸困難による死亡がナバホインディアンのあいだで複数報告された。 と、「複数」とあり、人から人への感染の可能性がないものではない可能性があるようです。 ハンタウイルスの発生についての報道をご紹介します。 いろいろなものが中国で発生します。 陝西省政府のウェブサイトは、死亡した人の核酸からハンタウイルスが検出されたと声明を出した。 テストは陽性で、現在、死亡した人物と接触した他の人々の核酸テストを行っている。 出稼ぎ労働者は、山東省に仕事で向かっていたが、寧山県を通過したとき、電車の医療スタッフはその人物が体調不良であることに気づき、助けを求めて医療機関に電話をした。 電車の同乗者は、運転手 2名、医療スタッフ 1名、移民労働者 30名であったと報告書は指摘している。 発症した人物は、郡病院の救急科に搬送された。 同時に、同じ車内の他の労働者 29人全員に対して、医学的観察措置が実施された。 医学的観察とは、感染症の患者または感染症の疑いのある患者と密接に接触した人に対して、想定される潜伏期間に基づいて検疫措置を講じ、健康状態、および感染の可能性があるかどうかを観察することを指す。 寧山県は、山東省と雲南省の関連市町村に、ハンタウイルスの症例についての通知を発行した。 ハンタウイルスにより引き起こされる疾患は、腎症候群を伴う出血熱である腎症候性出血熱とハンタウイルス肺症候群に分類され、げっ歯類を介してヒトに伝染する致命的な感染症だ。 これは、バイオハザードレベル 4のウイルスとして分類される。 この疾患は発症が早く、進行も早い。 ハンタウイルスによるヒト感染の潜伏期間は通常 7〜14日であり、時には 4日と短いこともあれば、2ヶ月と長いこともある。

次の