リアム・ギャラガー。 リアム・ギャラガー 『Why Me? Why Not.』 王座の上に胡坐をかいてなんかいられない、俺は王座を打ち破りたいのさ

リアム・ギャラガー、兄ノエルにオアシス再結成を打診したチャリティ・イベントの開催有無についてコメント(download.pocketinformant.com)

リアム・ギャラガー

イングランド・マンチェスター出身。 元オアシス、元ビーディ・アイのヴォーカリスト。 18歳のときにストーン・ローゼズの影響を受けて音楽に開眼。 1991年、兄ノエルが既に始動していたバンド、オアシスに加入。 オアシスは労働者階級を中心に、急速人気を獲得。 瞬く間にブリット・ポップ・ムーブメントの文字通り中心的存在となった。 リアム本人としても、音楽性、ヴォーカリストとしてのカリスマ性のみならず、常に話題をふりまくその奔放な立ち振る舞い、歯に衣着せぬ言動、不遜な態度などでも有名である。 実兄であるノエル・ギャラガーとの不仲は誰もが知ることであり、この不仲が主要な原因のひとつとなって、オアシスは実質解散に追い込まれたとされている。 オアシス解散後に、2010年、ビーディ・アイを結成。 2枚のアルバムをリリースし、日本でもSUMMER SONIC、FUJI ROCK FESTIVALに加え、単独公演も実施した。 ファッション・ブランド「Pretty Green」を立ち上げ、ここ日本でも2012年に旗艦店を東京・青山にオープンさせ、各地に店舗を構えている。 ビーディ・アイ終了後、音楽活動に関しての一報が待たれていたが、ついに、ソロ・アーティスト リアム・ギャラガーとしてシーンに帰還。 昨年はソニックマニア、サマーソニック大阪に出演し大きな話題となった。 今年に入り各国の主要フェスに出演し一層その存在感の大きさを示している。

次の

download.pocketinformant.com: アズ・ユー・ワー: 音楽

リアム・ギャラガー

MTVアンプラグドには、1996年にオアシスとしてたった一度だけ出演した経験がある。 しかしその時、リアムが喉の不調を訴えて出演を急遽見合わせる形に。 3名のバッキングコーラス隊と、総勢24名からなるアーバンソウルオーケストラによる大規模な演奏を背負い、リアムがステージに立つと、1曲目の「Wall of Glass」から会場の空気は凄まじく昂ぶってゆく。 彼のソロキャリアの中でも個人的なフェイバリットであるという「Once」、よりシンプルなアレンジとなった「Now That I've Found You」など、彼の喉の調子は最高であり、ヴォーカルは一層輝きを増している。 Now That I've Found You MTV Unplugged 何よりも今作の注目ポイントは、オアシスの元ギタリストであるボーンヘッドが、「Some Might Say」「Stand By Me」「Cast No Shadow」、そしてオアシスのデビューアルバムかつUKロックの金字塔『Definitely Maybe』収録の「Sad Song」でゲスト参加していることだろう。 その楽曲を今回リアムが初めてヴォーカルをとる。 これはファンなら聴き逃せない1曲だろう。 アルバムからの先行シングルとしてリリースされているのは「Gone」。 スタジオヴァージョンからエレクトリック部分をそぎ落としたこのヴァージョンには、楽曲が持つ叙情的で映像的な面がよりダイナミックに協調されている。 Gone MTV Unplugged 今作について、リアム本人は次のように語っている。 「MTVアンプラグドという場所でパフォーマンスできたことを名誉に感じる。 観客も盛り上がったし、俺たちのサウンドも素晴らしかったから最高の経験になったのは間違いない。 このレコードもエンジョイしてくれ」。 国内盤CDには、ボーナストラックとして「Greedy Soul」が追加収録される。 収録曲 01. Wall Of Glass 02. Some Might Say 03. Now That I've Found You 04. One of Us 05. Stand By Me 06. Sad Song 07. Cast No Shadow 08. Once 09. Gone 10. Champagne Supernova 国内盤ボーナストラック 11. Greedy Soul スーパーソニック 2020 開催! 昨年、20周年のアニバーサリーイヤーを東京・大阪共に完全ソールドアウトで幕を閉じたサマーソニック。 MORE ARTISTS TBA!

次の

リアム・ギャラガー『Why Me? Why Not.』を考察「ボーカルの進化が導いた新境地」

リアム・ギャラガー

イングランド・マンチェスター出身。 元オアシス、元ビーディ・アイのヴォーカリスト。 18歳のときにストーン・ローゼズの影響を受けて音楽に開眼。 1991年、兄ノエルが既に始動していたバンド、オアシスに加入。 オアシスは労働者階級を中心に、急速人気を獲得。 瞬く間にブリット・ポップ・ムーブメントの文字通り中心的存在となった。 リアム本人としても、音楽性、ヴォーカリストとしてのカリスマ性のみならず、常に話題をふりまくその奔放な立ち振る舞い、歯に衣着せぬ言動、不遜な態度などでも有名である。 実兄であるノエル・ギャラガーとの不仲は誰もが知ることであり、この不仲が主要な原因のひとつとなって、オアシスは実質解散に追い込まれたとされている。 オアシス解散後に、2010年、ビーディ・アイを結成。 2枚のアルバムをリリースし、日本でもSUMMER SONIC、FUJI ROCK FESTIVALに加え、単独公演も実施した。 ファッション・ブランド「Pretty Green」を立ち上げ、ここ日本でも2012年に旗艦店を東京・青山にオープンさせ、各地に店舗を構えている。 ビーディ・アイ終了後、音楽活動に関しての一報が待たれていたが、ついに、ソロ・アーティスト リアム・ギャラガーとしてシーンに帰還。 昨年はソニックマニア、サマーソニック大阪に出演し大きな話題となった。 今年に入り各国の主要フェスに出演し一層その存在感の大きさを示している。

次の