コントラ ローグ コープス。 Game Soft (PlayStation 4) / 【PS4】Contra Rogue Corps 魂斗羅 ローグ コープス 〔GAME〕 :9960549:HMV&BOOKS online Yahoo!店

KONAMI PLJM

コントラ ローグ コープス

概要 [ ] 用の『』以来10年ぶりの新作でもあり 、令和最初の『魂斗羅』シリーズでもある。 シリーズ初の: Dの作品 シリーズ恒例の横スクロールや縦スクロール、奥方向への3Dステージ、トップビューステージなど、多彩な視点など、シリーズ恒例の要素が取り入れられた一方、360度自由に動き回ることを可能とした俯瞰視点や、最大8人までプレイできる対戦モードなど、シリーズ初となる要素も導入されている。 なお、本作は、ビルやランスといった従来の『魂斗羅』シリーズのキャラクターとは別の時代および世界で行われている作戦という設定である。 ストーリー [ ] エイリアン戦争が終結し、人類が詠歌を堪能していた頃、突如生物に汚染された都市「ダムドシティ」が出現し、それと同時にそこに生息していたエイリアンに似た存在「フィーンド」が人類に牙をむき始めた。 そのダムドシティに「ローグコープス」と呼ばれた者達が依頼を受け降下した。 登場人物 [ ] ローグコープス [ ] カイザー 本作の主人公。 本名「マックス・ドイル」。 かつて最強の兵士「魂斗羅」たちを率いて戦った元エリート軍人だったが、フェニックス将軍によって大統領殺害の汚名を着せられた事によってお尋ね者となる。 ミス・ハラキリ 本作のヒロインである金髪の美女。 本名「スウィーツ・マンソン」。 かつて強力なエイリアンとの戦いで双方は瀕死の重傷を負うが、生き残るためにそのエイリアンを腹部に寄生させる。 しかしそのエイリアンは自分勝手かつ、隙あらば彼女の肉体の主導権を奪おうとするため、普段は「ムラマサ」という特殊な刀を腹部に刺す事で活動を抑制しており、この事がの由来となっている。 ハングリービースト 本名「クルト・シュタイナー Kurt Steiner 」。 フェニックス将軍によって口封じとして爆発寸前の施設に閉じ込められるが、処分されかけていたジェントルマンの協力もあってその脳をジャイアントパンダ型サイボーグに移植した。 しかし、その影響なのか思考や言動が獣と同等と化してしまう。 ジェントルマン 本名「不明」。 ブレインバグタイプのエイリアンで 、紳士的な言動と行動を心掛けている。 クルト・シュタイナー博士の手によってサイボーグ製の四肢を追加されている。 エアロキャプテン 本名「リリィ・パンツァー」。 ローグコープスの移動手段である輸送機「ギロチン号」のパイロット。 その他 [ ] フェニックス将軍 本作の黒幕である連合軍の軍人。 ダムドシティとフィーンドを利用して進める計画のために大統領を殺害し、その罪をカイザー達に擦り付けた。 開発 [ ] 本作のプロデューサーである中里伸也は、『魂斗羅』シリーズに長年携わる中でシリーズに思い入れを持つようになり、シリーズの復活を考えていた。 また、2010年代後半から、にシリーズの一作である『魂斗羅スピリッツ』が移植されたり、といった現行のハードウェア向けに復刻版が発売されたことから、中里はシリーズの復活の可能性を感じ、企画を進めた。 コナミ社内では今『魂斗羅』を出しても売れるのか疑問視する声があった一方、積極的に売り出そうという声が多く寄せられ、開発に踏み切った。 開発にあたり、中里は横スクロール作品である『』の雑魚戦の面白さを表現することを意識した。 加えて、開発体制が大掛かりだったことから、スタッフ全員がコンセプトを理解できるよう、説明には動画が用いられた。 中里は、2人プレイで楽しめることが『魂斗羅』シリーズの魅力だと考えており、本作の開発に当たっては4人で協力プレイできるようにするということを最初の目的に掲げた。 縦または横のスクロールで4人プレイをしようとすると、誰の弾か見分けがつかなくなることから、自分の立ち位置をわかりやすくするために、俯瞰視点が用いられた。 『スーパー魂斗羅』など、シリーズの一部の作品ではトップビューステージが採用されていたものの、俯瞰視点の導入は本作が初めてであり 、中里は俯瞰視点にしたおかげでジャンプも可能となり、さらにアクション性が高まったとファミ通とのインタビューの中で述べている。 加えて、カメラが自由に動くようにした。 対人戦の一つである「100%エネミート」は『魂斗羅』らしいひとひねりを加えるために導入に至った。 それよりは、突き抜けたバカさ加減を入れて気持ちよく遊んでいただければと。 (後略)」と述べるように、本作はブラックユーモアが多数使われた。 同様の理由で、フィニッシュムーヴで吹き飛んだ敵がカメラにぶつかる演出が取られた。 キャラクター設定 [ ] プレイアブルキャラクターは主人公のマッチョマンであるカイザーと、美女のミス・ハラキリ、謎めいたロボットのジェントルマン、そしてパンダのサイボーグであるハングリービーストという4人の個性的なキャラクターが作られた。 中里は『』を意識してキャラクターを作ったと前述のインタビューの中で述べており、ハングリービーストは驚きを持たせるためにパンダにしたと振り返っている。 また、4人プレイ時に役割分担をさせたくないという中里の考えから、キャラクターのカスタマイズ性が高められた。 脚注 [ ]• 任天堂ホームページ. 2019年11月4日閲覧。 ファミ通. com. 2019年11月4日閲覧。 電撃オンライン. 2019年11月4日閲覧。 蚩尤 2019年8月20日. イード. 2019年11月5日閲覧。 電撃オンライン 2019年8月20日. 2019年11月5日閲覧。 CONTRA: ROGUE CORPS. 2019年11月4日閲覧。 イード. 2019年11月5日閲覧。 勝田哲也 2019年6月17日. GAME Watch. インプレス. 2019年11月5日閲覧。 注訳 [ ]• それ以前にの審査を受けたタイトルはA(全年齢対象)かB(12歳以上対象)かC(15歳以上対象)となるよう制作されていた。 日本国外で発売されたものを含めると『』が初めてであると指摘するメディアもある 外部リンク [ ]• (公式サイト)• (steam).

次の

『CONTRA: ROGUE CORPS』海外のレビュースコア&評価コメントまとめ

コントラ ローグ コープス

そこは「フィーンド 悪鬼 」と呼ばれる不気味で残忍なクリーチャーたちがはこびる狂気に満ちた世界だった。 混沌の中現れた5人のならず者たち・・・「ROGUE CORPS」。 お世辞にも正義の味方には見えない彼らの目的は人類の平和か、はたまた「ダムドシティ」に埋蔵されたお宝を狙った一攫千金か・・・ともあれ世界の命運は彼らに託された。 従来シリーズと比較して、 武器・キャラクター強化等のやり込み要素が非常に充実しており、リプレイ性の高いゲームとなっています。 また、全ミッションについて 最大4人までの協力プレイが可能。 対戦モードに至っては、 最大8人での白熱するオンラインバトルを楽しむことが出来ます。 本ゲームの出来は 非常に悪く、マゾゲーマーに勧めることさえできません。 プレイすることは拷問であるため、ジュネーブ条約を実質的に破っていることになります。 混乱を招くアップグレードシステム、再利用される敵の数々、そして何度も同じようなことを繰り返す戦闘などが含まれています。 装備についても、どのパーツをアップグレードしたらダメージを軽減できるか、適切な組み合わせなのかを示す指標が一切ないため、 何も分かりません。 協力プレイモードでは、 画面があまりにもゴチャゴチャしているため、自分がどこにいるのか、今何が起こっているのかを判断することも出来ません。 グラフィックもPS2レベル、サウンドトラックも何とも言えない出来になっています。 消費者がこのゲームをプレイしたいだろう、と考えているコナミの楽観主義を賞賛すべきです。 どんな価格でも購入はオススメできません。 キャンペーンモードで協力プレイができない• ローカル協力プレイでは、画面上で何が起こっているのか分からなくなる• 敵キャラクターの頻繁な使いまわし• グラフィックが悪い(PS2並み)• 全体的にバランスが未調整• ミッションはほとんど退屈• 扱いづらいアップグレード要素• 以上が、『』についての海外メディアの感想となります。 中々辛口のレビューが多かった印象です。 まず本作の良い点としては、 伝統的な魂斗羅シリーズのゲーム性や、ユーモア要素が引き継がれていることです。 楽しいキャラクター達によって織りなされる物語は、大半がばかげており、 良い意味でのバカゲーとなっています。 また様々な難易度オプション、Coopモード、PvPモード等の実装により、 何十時間もプレイし続けられるコンテンツ量になっているとのことです。 一方で、グラフィックについては PS2レベル、サウンドトラックについては聞こえづらかったり、"MGSシリーズ" や "サイレントヒル" の パクリに聞こえる曲が流れているとのことで低評価を付けられています。 また、敵キャラクラーが頻繁に使いまわされる点や、折角のアップグレードシステムが非常に扱いづらい点についても、どのレビュアーも不満を述べています。 そして楽しいはずの協力プレイも、一つの画面上で複数人のキャラクターが大量の敵キャラに紛れて動き回るため、 自分がどこにいるのか、何をしているのかが分かりづらいとされています。 以上のように、多くの欠点が指摘されているゲームとなってしまいました。 リリース年• 2019年 87• 2020年 69• 対応機種• iOS・Android 10• PC 105• PS4 108• Switch 74• Xbox One 84• レビュー点数• 49点以下 1• 50点以上 4• 60点以上 17• 70点以上 55• 80点以上 65• 90点以上 11• ジャンル• RPG(ロールプレイング) 32• VR対応 9• アクション 70• アドベンチャー 42• シミュレーション 7• シューティング 23• ストラテジー・戦略 9• スポーツ 9• その他 20• ホラー 9• レーシング 11• 音楽・リズム系 3• プレイ人数• シングルプレイ専用 76• マルチプレイ対応 74• -, , , , , -, , , , , , , , , , , ,• リリース年• 2019年 87• 2020年 69• 対応機種• iOS・Android 10• PC 105• PS4 108• Switch 74• Xbox One 84• レビュー点数• 49点以下 1• 50点以上 4• 60点以上 17• 70点以上 55• 80点以上 65• 90点以上 11• ジャンル• RPG(ロールプレイング) 32• VR対応 9• アクション 70• アドベンチャー 42• シミュレーション 7• シューティング 23• ストラテジー・戦略 9• スポーツ 9• その他 20• ホラー 9• レーシング 11• 音楽・リズム系 3• プレイ人数• シングルプレイ専用 76• マルチプレイ対応 74•

次の

魂斗羅ローグコープスの攻略情報

コントラ ローグ コープス

概要 [ ] 用の『』以来10年ぶりの新作でもあり 、令和最初の『魂斗羅』シリーズでもある。 シリーズ初の: Dの作品 シリーズ恒例の横スクロールや縦スクロール、奥方向への3Dステージ、トップビューステージなど、多彩な視点など、シリーズ恒例の要素が取り入れられた一方、360度自由に動き回ることを可能とした俯瞰視点や、最大8人までプレイできる対戦モードなど、シリーズ初となる要素も導入されている。 なお、本作は、ビルやランスといった従来の『魂斗羅』シリーズのキャラクターとは別の時代および世界で行われている作戦という設定である。 ストーリー [ ] エイリアン戦争が終結し、人類が詠歌を堪能していた頃、突如生物に汚染された都市「ダムドシティ」が出現し、それと同時にそこに生息していたエイリアンに似た存在「フィーンド」が人類に牙をむき始めた。 そのダムドシティに「ローグコープス」と呼ばれた者達が依頼を受け降下した。 登場人物 [ ] ローグコープス [ ] カイザー 本作の主人公。 本名「マックス・ドイル」。 かつて最強の兵士「魂斗羅」たちを率いて戦った元エリート軍人だったが、フェニックス将軍によって大統領殺害の汚名を着せられた事によってお尋ね者となる。 ミス・ハラキリ 本作のヒロインである金髪の美女。 本名「スウィーツ・マンソン」。 かつて強力なエイリアンとの戦いで双方は瀕死の重傷を負うが、生き残るためにそのエイリアンを腹部に寄生させる。 しかしそのエイリアンは自分勝手かつ、隙あらば彼女の肉体の主導権を奪おうとするため、普段は「ムラマサ」という特殊な刀を腹部に刺す事で活動を抑制しており、この事がの由来となっている。 ハングリービースト 本名「クルト・シュタイナー Kurt Steiner 」。 フェニックス将軍によって口封じとして爆発寸前の施設に閉じ込められるが、処分されかけていたジェントルマンの協力もあってその脳をジャイアントパンダ型サイボーグに移植した。 しかし、その影響なのか思考や言動が獣と同等と化してしまう。 ジェントルマン 本名「不明」。 ブレインバグタイプのエイリアンで 、紳士的な言動と行動を心掛けている。 クルト・シュタイナー博士の手によってサイボーグ製の四肢を追加されている。 エアロキャプテン 本名「リリィ・パンツァー」。 ローグコープスの移動手段である輸送機「ギロチン号」のパイロット。 その他 [ ] フェニックス将軍 本作の黒幕である連合軍の軍人。 ダムドシティとフィーンドを利用して進める計画のために大統領を殺害し、その罪をカイザー達に擦り付けた。 開発 [ ] 本作のプロデューサーである中里伸也は、『魂斗羅』シリーズに長年携わる中でシリーズに思い入れを持つようになり、シリーズの復活を考えていた。 また、2010年代後半から、にシリーズの一作である『魂斗羅スピリッツ』が移植されたり、といった現行のハードウェア向けに復刻版が発売されたことから、中里はシリーズの復活の可能性を感じ、企画を進めた。 コナミ社内では今『魂斗羅』を出しても売れるのか疑問視する声があった一方、積極的に売り出そうという声が多く寄せられ、開発に踏み切った。 開発にあたり、中里は横スクロール作品である『』の雑魚戦の面白さを表現することを意識した。 加えて、開発体制が大掛かりだったことから、スタッフ全員がコンセプトを理解できるよう、説明には動画が用いられた。 中里は、2人プレイで楽しめることが『魂斗羅』シリーズの魅力だと考えており、本作の開発に当たっては4人で協力プレイできるようにするということを最初の目的に掲げた。 縦または横のスクロールで4人プレイをしようとすると、誰の弾か見分けがつかなくなることから、自分の立ち位置をわかりやすくするために、俯瞰視点が用いられた。 『スーパー魂斗羅』など、シリーズの一部の作品ではトップビューステージが採用されていたものの、俯瞰視点の導入は本作が初めてであり 、中里は俯瞰視点にしたおかげでジャンプも可能となり、さらにアクション性が高まったとファミ通とのインタビューの中で述べている。 加えて、カメラが自由に動くようにした。 対人戦の一つである「100%エネミート」は『魂斗羅』らしいひとひねりを加えるために導入に至った。 それよりは、突き抜けたバカさ加減を入れて気持ちよく遊んでいただければと。 (後略)」と述べるように、本作はブラックユーモアが多数使われた。 同様の理由で、フィニッシュムーヴで吹き飛んだ敵がカメラにぶつかる演出が取られた。 キャラクター設定 [ ] プレイアブルキャラクターは主人公のマッチョマンであるカイザーと、美女のミス・ハラキリ、謎めいたロボットのジェントルマン、そしてパンダのサイボーグであるハングリービーストという4人の個性的なキャラクターが作られた。 中里は『』を意識してキャラクターを作ったと前述のインタビューの中で述べており、ハングリービーストは驚きを持たせるためにパンダにしたと振り返っている。 また、4人プレイ時に役割分担をさせたくないという中里の考えから、キャラクターのカスタマイズ性が高められた。 脚注 [ ]• 任天堂ホームページ. 2019年11月4日閲覧。 ファミ通. com. 2019年11月4日閲覧。 電撃オンライン. 2019年11月4日閲覧。 蚩尤 2019年8月20日. イード. 2019年11月5日閲覧。 電撃オンライン 2019年8月20日. 2019年11月5日閲覧。 CONTRA: ROGUE CORPS. 2019年11月4日閲覧。 イード. 2019年11月5日閲覧。 勝田哲也 2019年6月17日. GAME Watch. インプレス. 2019年11月5日閲覧。 注訳 [ ]• それ以前にの審査を受けたタイトルはA(全年齢対象)かB(12歳以上対象)かC(15歳以上対象)となるよう制作されていた。 日本国外で発売されたものを含めると『』が初めてであると指摘するメディアもある 外部リンク [ ]• (公式サイト)• (steam).

次の