スウィート ヒア アフター 映画。 映画『ヒア アフター』あらすじネタバレ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

スウィート ヒアアフターのレビュー・感想・評価

スウィート ヒア アフター 映画

ヒア アフターのネタバレあらすじ:起 フランス人の女性ジャーナリスト、マリー(セシル・ドゥ・フランス)は休暇を利用して、恋人でテレビ局ディレクターのディディエ(ティエリー・ヌーヴィック)と一緒に東南アジアのリゾートへ遊びに行きました。 マリーは土産を買うため一人街に出たところ、突然津波が襲いかかり、マリーは巻き込まれてしまいます。 溺れゆくなかでマリーは臨死体験をし、不思議な光景を目の当たりにしていました。 マリーは間一髪で地元住民らに助けられ奇跡的に一命を取り留めますが、フランスに帰国してテレビの仕事に復帰するもどうしても臨死体験が頭から離れられず、以前のように仕事がはかどらなくなっていました。 ディディエはマリーの身を案じて番組を休むよう提案、マリーはかねてから興味のあった執筆活動を開始することになります。 ヒア アフターのネタバレあらすじ:承 ロンドンに住む一卵性双子の兄弟(フランキー・マクラレン、ジョージ・マクラレン)、おしゃべりな兄ジェイソンと無口な弟マーカスの母親はヘロインとアルコールに溺れ、福祉施設のスタッフが定期的に様子を見に来ていました。 母親の誕生日が近づいたため、ジェイソンとマーカスは誕生日プレゼントとして写真館で撮影した兄弟の写真をプレゼントします。 母親は大変喜び、今度こそ立ち直ろうとしたその矢先、ヘロイン中毒用の薬を買いに行ったジェイソンが交通事故に遭い死亡してしまいます。 マーカスは兄に会いたい一心で複数の霊能力者に頼みますが、どれも偽者ばかりでした。 すっかり心を閉ざしてしまったマーカスは児童施設へ、母親は更生施設へそれぞれ入所することになります。 ヒア アフターのネタバレあらすじ:転 サンフランシスコに住む霊能力者のジョージ・ロネガン(マット・デイモン)は、幼い頃に病を患ったのがきっかけで霊能力が身に付き、相手の身体に触れることで相手の過去の経験や死者との交流ができるようになっていました。 ジョージの兄ビリー(ジェイ・モーア)は弟の才能に目を付け、本を執筆させたりテレビに出演させたりと金を稼がせてきました。 しかし、恋愛など人間らしい生活ができないジョージは次第に自らの霊能力に嫌悪を覚えるようになり、今ではその能力を使うのをやめて工場で働きながら静かに暮らしていました。 しかし、弟の才能を惜しむビリーはジョージにその能力で人助けをしろと言い続けていました。 ヒア アフターの結末 マリーは自らの臨死体験を本として発表しようと思い付き、臨死体験を研究しているルソー博士(マルト・ケラー)に相談しながら執筆を進め、「ヒアアフター」というタイトルで完成させ、ロンドンで出版記念イベントを行うことになりました。 偶然にもマリーの書いた本を手にしたジョージは彼女に興味を持ち、一路ロンドンへと飛びます。 一方、里親が決まったマーカスでしたが、未だに兄の死から立ち直れず引きずっていました。 そんな時、マーカスはロンドンに着いたジョージと対面、兄と交信させてほしいと頼みます。 ジョージは「兄はもう君を助けてやることは出来ないから頑張るように言っている」と告げ、マーカスは施設に入所している母親に会いに行きました。 イベント会場でマリーと対面したジョージでしたが、握手をしても何故か彼女のことを霊視することはできませんでした。 ジョージはマリーに何かを感じ取り、手紙を書いて会ってほしいと頼みます。 そして待ち合わせのカフェにマリーがやってきました。 ジョージはマリーとの幸せな未来が見えたような気がしていました。

次の

映画『ヒア アフター』予告編

スウィート ヒア アフター 映画

スクールバス転落事故が起こった小さな町をめぐる謎めいた物語を、独特の美学で描き出す神秘性あふれる人間ドラマ。 監督・脚本は「エキゾチカ」の。 製作はエゴヤンと。 製作総指揮はと。 原作はベストセラー作家、の名作『この世を離れて』(邦訳・早川書房)。 さらにドイツの童話『ハメルンの笛ふき』が引用されている。 撮影は「エキゾチカ」の。 音楽は「エキゾチカ」「カーマ・スートラ」「百合の伝説」などのマイケル・ダンナ。 美術は。 編集はスーザン・シップトン。 出演は「炎のランナー」「裸のランチ」「フィフス・エレメント」の、「エキゾチカ」のと「エキゾチカ」の、エゴヤン監督の妻であるほか。 97年カンヌ国際映画祭グランプリなど各賞を受賞。 映画のストーリー 結末の記載を含むものもあります。 有能な弁護士ミッチェル・スティーヴンス(イアン・ホルム)は、スクールバスの転落事故で子供を亡くした親たちに代わって、バスに欠陥があったとし、企業に対して集団訴訟を起こすために、とある小さな町にやってきた。 彼は、モーテルを営むウェンデル(モーリー・チャイキン)とリサ(アルバータ・ワトソン)のウォーカー夫妻、インディアンの養子を亡くしたハートリー(アール・パストコ)とワンダ(アルシネ・カーンジャン)のオットー夫妻らを訪ね、次々と弁護人になる契約を結んでいく。 その中に、車椅子の生活を送っていた少女ニコール(サラ・ポーリー)がいた。 彼女は事故の前、優しい父サム(トム・マッカムス)に励まされ、ロック歌手を夢見ていた。 また彼女は、やもめの自動車修理工ビリー・アンセル(ブルース・グリーンウッド)に頼まれ、ふたりの子供のベビーシッターをしていた。 事故の前夜、彼女は子供たちに童話『ハメルンの笛ふき』を読んでやっていた。 ビリーが帰宅し、迎えにきたサムの車に乗り込むニコール。 この父娘はある空き家に向かい、そこで肉体関係を結ぶのだった。 一方ビリーは、リサと不倫関係にあった。 そして事故。 凍った湖に滑り落ちたバスに乗っていた21人の子供が死亡した。 ニコールは命はとりとめたものの、車椅子の生活を送ることになったのだ。 スティーヴンスは退院したばかりの彼女に、訴訟を勝ち取るために証言が必要だと説く。 サムは金を必要としていたが、よそ者であるスティーヴンスにビリーは激しい敵意を抱いていた。 スティーヴンスは自分が彼らと同じ子供を失った親であることを示すために、ドラッグ中毒でエイズ陽性の娘ゾーイ(カーサン・バンクス)のことをビリーに打ち明けた。 そして、いよいよニコールの証言の日。 だがニコールは、事故の原因はバスが猛スピードで走っていたからだとウソをついた。 ニコールの証言によって訴訟は不可能となり、バスの運転手であったドロレス(ガブリエル・ローズ)は町を追われてしまった。 2年後、スティーヴンスが降り立ったとある空港の駐車場で、ドロレスが働いていた。 スティーヴンスは、その姿を見ながら、あの小さな町には、穏やかな日々を生きるための独特のしきたりが存在していることを噛みしめるのであった。

次の

スウィート ヒアアフター | 無料映画倶楽部

スウィート ヒア アフター 映画

1997 年制作のカナダ映画です。 カンヌ映画祭審査員特別グランプリを受賞しました。 監督は アトム・エゴヤン。 主演は名優 イアン・ホルム。 キーパーソンとなる少女を サラ・ポーリーが演じています。 彼女に対して負い目があるスティーブンスは、コレクトコールでかかってくる彼女の電話に必ず出る。 そして毎回喚き散らす娘の悪罵に耐えていた。 カナダの小さな町でスクールバスの転落事故が起こり、大多数の子どもたちが亡くなった。 生き残ったのは運転手の ドロレス。 毎日通いなれた道で、制限速度を守っていた。 それでも事故が起きて、首にコルセットを巻いた彼女からは以前の陽気さは消え、落胆していた。 もう一人生き残ったのは ニコール。 ロック歌手を目指し、父をマネージャーに野外ステージなどで歌っていた。 しかし事故により車椅子生活となる。 スティーブンスは、ドロレスやニコール、そして亡くなった子供たちの両親たちに掛け合い、集団訴訟で市や国から賠償金をもぎ取ろうと持ちかける。 しかしスティーブンスは余所者。 この閉鎖的な小さな町の住民の協力を取り付けるのは、思った以上に大変だった。 感想 時間が行ったり来たりしている構成なので、最初のうちは分かりづらいし取っつきにくいです。 中盤ぐらいになってからようやく本筋が見えてきて、ちょっと面白くなりました。 「21グラム」が同じ手法を取っていますね。 笛吹き男の笛につられて洞穴の向こうの楽園に連れていかれた子供たちをバス事故の犠牲者たち。 足が悪くて楽園に行けなかった子供を、車椅子になった自分だとニコールは考えます。 そして親たちを説得して町を回るスティーブンスは笛吹き男に見えたのかもしれません。 この町にも親同士の不倫や、実の親子で関係を持っているような 後ろ暗い秘密があります。 父と関係を持っていたニコールは、最後に大きな嘘をついて父の期待やスティーブンスの努力を水泡に帰します。 車椅子になって父はあからさまに態度がギクシャクしたものに変わりました。 訴訟でお金を手に入れたい、という欲も丸見えです。 そこに多分ティーンエージャーらしい反発心が出たんだと思います。 それでも 2年後、スティーブンスはその嘘のせいで傷つけられた人の元気な姿を見ました。 あの町には 独特のしきたりがあり、それを守って穏やかな日々が約束されているのだと理解します。 正直、やっぱりちょっと最後まで難解でした。 今でもこの解釈で合っているのか分かりません。 全体的に暗い画面が多く、重く寂寥感が漂う作品です。 好き嫌いは分かれるとは思いますが、一度見て自分なりに考えてみるのもいいかもしれない作品です。

次の