無料花札こいこい。 ザ・花札 こいこい編 を入手

ザ・花札 こいこい編 pc ダウンロード

無料花札こいこい

美しい日本の四季を彩った札が風を切り裂く花札の世界。 「こいこい」のフリー対戦で個性豊かな5人の対戦相手と「こいこい」でいざ勝負! ------------------------------------------------- 「ザ・花札 こいこい編」は、「こいこい」のフリー対戦が遊べる「ザ・花札」の無料版。 有料版では「花合わせ」に加えそれぞれの種目の「勝ち抜き戦」モードも搭載しています。 日本の伝統的なカードゲームである花札の最もポピュラー種目、「こいこい」を 美しいグラフィックスと小気味よいサウンドとともにプレイできます。 お好みの背景や札の種類、ゲーム中のBGMを設定し、臨場感と爽快感あふれる白熱した花札の対戦をお楽しみください。 「こいこい」を知らない方でも、アプリ内のヘルプにルールの解説と役の一覧があるので安心して遊ぶことができます。 お好みの雰囲気で花札の勝負をお楽しみください。 美しい日本の四季を彩った札が風を切り裂く花札の世界。 「こいこい」のフリー対戦で個性豊かな5人の対戦相手と「こいこい」でいざ勝負! ------------------------------------------------- 「ザ・花札 こいこい編」は、「こいこい」のフリー対戦が遊べる「ザ・花札」の無料版。 有料版では「花合わせ」に加えそれぞれの種目の「勝ち抜き戦」モードも搭載しています。 日本の伝統的なカードゲームである花札の最もポピュラー種目、「こいこい」を 美しいグラフィックスと小気味よいサウンドとともにプレイできます。 お好みの背景や札の種類、ゲーム中のBGMを設定し、臨場感と爽快感あふれる白熱した花札の対戦をお楽しみください。 「こいこい」を知らない方でも、アプリ内のヘルプにルールの解説と役の一覧があるので安心して遊ぶことができます。 お好みの雰囲気で花札の勝負をお楽しみください。 さらに表示.

次の

無料で「花札・こいこい」アプリの最新版 APK1.3をダウンロードー Android用「花札・こいこい APK」の最新バージョンをダウンロード

無料花札こいこい

1 タブレット端末対応しません Mac: OS X 10. 4GHz以上かつデュアルコア以上のプロセッサー。 何卒ご協力お願いいたします。 代表者: 貞本 竜児 販売価格: 対象となるデジタルコンテンツ(以下「コンテンツ」)ごとに表示される価格。 代金のお支払い時期及びお支払い方法: 1 お支払い時期:コンテンツ提供の前 2 お支払い方法:モバコインによるお支払いとなります。 提供時期: コンテンツは、お支払い手続完了後、直ちに提供いたします。 返品について: コンテンツの返品及び交換はできないものとします。 利用条件(必読): コンテンツを利用するにあたってのになります。 サービス提供者へお問い合わせ 以下のフォームからサービス提供者へ問い合わせることができます。 お問い合わせの返信は、サービス提供者より行います。 お問い合わせの受付、回答は全てメールとさせていただきます。 お問い合わせへの回答は、登録メールアドレスに返信します。 ドメイン指定をしている場合は、返信ができないため、[mbga. jp]のドメインが受信できるよう設定してください。 ご連絡に対する回答はサービス提供者の責任において行われます。

次の

花札『こいこい』遊び方|誰でも遊べる簡単なルール~役と点数計算方法~

無料花札こいこい

花札こいこいをやりにこいこい 春の花々が綺麗な季節ですね。 とは言っても、コロナ拡大防止のための自粛が求められる現状 なかなか自由に外出できないですが。 こういうときは、お花見の代わりに花札を楽しむのも一興。 そこで今回は、花札の代表的な遊び方の1つ 『こいこい』のルールをまとめてみました。 本当は「花合わせ」や「八八」等のルールと比較する形で 花札の遊びを全部まとめて書こうと思ったのですが かなりの分量になってしまいますので、それぞれで分けようと思います。 花札のパッケージに天狗の顔が使われるのは 「花」と「鼻」を掛けて、天狗の面が花札の販売店に掛けられていたことからきています。 花札が賭博に使われていた江戸時代 鼻をこするのが賭博場へ入場するための合図だったそうです。 月ごとの花を覚えよう 花札は「花かるた」とも呼ばれ、季節ごとの花がデザインされています。 賭博とは別に、花鳥風月を楽しめる雅な遊びだからこそ 現在に至るまで広く親しまれてきたのだと思います。 それが国産化された「天正かるた」「ウンスンカルタ」が、花札の原型とされています。 ポルトガル語でカードを意味する「carte」は、かるたの語源にもなっています。 左上から右下に向かって1~12月、各4枚。 こいこいに限らず、花札は同じ月の花をセットにして取る形式のゲームなので 月ごとのデザインを知っておくといいでしょう。 各月を代表する札 まずは、それぞれの月を代表する札の名称と合わせて 各月の花を観賞しながら覚えましょう。 [1月] 松に鶴 [2月] 梅に鶯 [3月] 桜に幕 [4月] 藤に不如帰 [5月] 菖蒲に八橋 [6月] 牡丹に蝶 [7月] 萩に猪 [8月] 芒に月 [9月] 菊に盃 [10月] 紅葉に鹿 [11月] 柳に小野道風 [12月] 桐に鳳凰 出来役と点数 次は、こいこいで採用されている「役」を覚えましょう。 花札は特定の札を集めることで、役が出来て点数になります。 ここで紹介する役と点数は、花札の老舗である任天堂のルールを参考にしています。 五光・四光・ 三光・雨四光(10・8・6・7点) 松に鶴・桜に幕・芒に月・桐に鳳凰・柳に小野道風 これら5枚の札を光札と呼びます。 この5枚の札を全部集めると 「五光」という役になって10点です。 小野道風を除く4枚を集めると 「四光」で8点。 同じく3枚なら 「三光」で6点。 小野道風を含む4枚なら 「雨四光」 で7点。 光札の中で小野道風の札だけ少し扱いが低いのは 雨の中でたそがれてるような雰囲気があるからでしょうね。 この役はオプションルールだそうですが いろいろな役があるほうがやっぱり楽しいので、採用するのをおすすめします。 任天堂のルールには記載がないですが 小野道風を取ってしまったら「雨流れ」になって 花見で一杯・月見で一杯の役が流れてしまう、というのは よくあるローカルルールです。 イノシシとシカとチョウで 「猪鹿蝶(いのしかちょう)」です。 語感がいいですね。 こいこいを知らない人でも聞いたことがある役なのでは。 点数は5点ですが、他のタネ札が1枚増えるごとに1点ずつ増えます。 赤短・青短(5点) 松・梅・桜の短冊札3枚で 「赤短」 牡丹・菊・紅葉の短冊札3枚で 「青短」 いずれも点数は5点ですが、他の短冊札が1枚増えるごとに1点ずつ増えます。 赤短になる短冊は文字が入っているので見分けやすいです。 なんて書いてあるか読めますか? 「あかよろし」「みよしの」と書いてあります。 みよしのは「吉野山の桜すげー」という意味です。 どちらも褒め言葉ですね。 枚数による役 ここからは特定の枚数集めることで成立する役です。 1枚増えるごとに点数が上がります。 タネ(1点~) これら9枚の札をタネ札と呼びます。 いずれか5枚を集めることで「タネ」という役になります。 5枚で点数は1点ですが そこからタネ札が1枚増えるごとに1点ずつ増えていきます。 タン(1点~) そしてこちらは短冊札です。 いずれか5枚を集めることで「タン」という役になります。 タネと同じく5枚で1点ですが 短冊札が1枚増えるごとに1点ずつ増えていきます。 カス(1点~) 光札・タネ札・短冊札以外の札は、全部カス札です。 いずれか10枚を集めることで「カス」という役になります。 「菊と盃」の札は化け札と呼ばれ、タネ札・カス札のいずれにも扱います。 高い酒も安い酒もあるということですかねえ。 こいこいの遊び方 こいこいは2人で遊ぶゲームです。 まずは親決め。 先行有利なので重要なところ。 山の上から裏向きで2枚の札を中央に置いて、それぞれのプレイヤーが1枚選びます。 あるいは山からそれぞれが引く形でもいいと思います。 ミケ「じゃんけんで決めればよくね?」 ねずみ「それはダメです、 と任天堂が言ってる」 引いた札の月が早いほうが最初の親です。 以降は勝者が次の回の親になります。 ゲームは12回戦行うとされていますが、減らしてもいいし 特定の点数に達したら勝ちにしてもいいと思います。 ねずみ「えーと紅葉は10月で桜は3月だから・・・そっちが親か」 ミケ「勝者ワシか。 おいおい瞬殺だよ」 ねずみ「 勝ってねえよ! 先攻後攻が決まっただけだ」 次に札を配ります。 それぞれの手札が8枚。 場に表向きで8枚です。 このとき場に、同じ月の札が4枚出たら配り直し。 3枚出たら全部重ねてください。 ミケ「ほーん。 どれでも取り放題な手札やな」 ねずみ「手役ある?」 ミケ「手役ってなんや?」 手役『くっつき・手四 』 (6点) こいこいには、配られた時点の手札だけで出来る役が2つあります。 同じ月の札が2枚ずつ4セットあれば「くっつき」 同じ月の札が4枚あれば「手四」 いずれも6点です。 手札を公開して点数をもらい、次のゲームになります。 同じ月の花が合わされば取れる プレーは交互に行います。 手番には手札から1枚の札を選んで場に出します。 その札と同じ月の札が場にあれば、2枚セットにして獲得できます。 ミケ「桜ゲットー」 ねずみ「ああーそれ取りたかったのに」 次に山の上から1枚の札をめくります。 これも同様に、同じ月の札が場にあればセットにして取れます。 ない場合は場に置くだけです。 ミケ「ドロー! おっ、酒やな」 ねずみ「な、なんだと!?」 ミケ「花見酒完成」 こいこいをする勇気と引く勇気 獲得した札は自分の前に並べます。 役が出来たら、その時点であがって点数を獲得することも出来るし さらに加点を狙ってゲームを続けることも出来ます。 続けるときは「こいこい」と言いましょう。 ねずみ「くっ、まさか1ターンで出来るとは」 ミケ「こいこいや、こいこい。 ちょっとそこで酒買ってこいこい」 ねずみ「うっさいわ」 こいこいした後は、1点でも増えない限りあがれません。 その間に逆に相手があがった場合、相手の獲得する点数は倍になります。 そのリスクを考えつつ、どこまで稼ぐかギリギリを見極めるのが こいこいの醍醐味です。 ミケ「赤短も完成」 ねずみ「うむー。 なんか こっちは 地味な札しか取れねえ」 ミケ「 さらにこいこい。 まだまだいける」 ねずみ「くっ・・・見てろよ。 カス集めて先にあがってやるからな」 あまり欲張ると、相手が地味な役であがることはよくあります。 麻雀でもよくあるパターンですね。 こいこいするのも勇気ですが、思い切って切り上げるのも勇気です。 【その他のルール】 両者とも役が出来なかった場合、ノーゲームとなって親が代わる。 出来役の合計が7点以上であがるとき獲得点数が倍になる。 これらは任天堂の公式ルールですが、以下のようなローカルルールもあります。 両者とも役が出来なかった場合、親は代わらず「親権」として親に点数が入る。 または「つかず」として子に点数が入り、親が代わる。 役や点数も地方によって違いがあるでしょうし 遊ぶ人それぞれで工夫してみるのも、花札の楽しみ方だと思います。 コロナに振り回されるような日々ですが 今は1人1人が、出来ることを地道にしようという気持ちを 強く持つべき時だと思います。

次の