ゼンリー フリーズされると。 Zenly(ゼンリー)の使い方と退会方法から、便利(ベンリー)な活用方法

位置情報をシェアできるアプリ Zenly(ゼンリー)が流行。使い方次第で便利│netNews|web広告、新サービスの解説

ゼンリー フリーズされると

そういった場合、位置情報の開示状況を個別に設定することでプライバシーを守ることができます。 この保護モードのことを 「ゴーストモード」と呼ぶのですが、ゴーストモードにはさらに2種類の設定があります。 そこで今回はZenly(ゼンリー)のゴーストモードについて• ゴーストモードは相手にバレる?• フリーズ設定の時の相手からの見え方• あいまい設定の時の相手からの見え方• 位置情報をオフにした場合の見え方 を解説していきます! 目次• ゴーストモードは相手にバレる? プライバシーを保護するため、Zenly(ゼンリー)で手軽に設定できるゴーストモードですが、設定していることが相手にバレると何となく気まずいですよね。 では、ゴーストモードにしていることが相手にバレるのか? 結論から言ってしまうと、• フリーズ設定 あいまい設定 位置情報 設定した場所で固定される 現在地から半径10m~1. フリーズにすると、スマホの電源を切ったり、GPSや携帯の電波が途切れたときと同じような状態になるので、一見するとフリーズモードとは分かりません。 あいまいでは、ピンにステータス表示されるので相手から分かるようになっています。 フリーズに設定していることが相手に通知されることはないので安心です。 フリーズにしている• 電源を切っている• 機内モード(電波OFF)にしている• 位置情報をオフにしている のどれかの状態になっているように相手からは見えています。 表示される位置は実際にいる場所の半径10mから1. 2kmの間でランダムに選ばれます。 また、相手が地図上であなたのアイコンをタッチすると居場所があいまいであることが分かるようになっています。 位置情報をオフにした場合の見え方 Zenly(ゼンリー)を利用中、位置情報をオフにした場合、相手からは自分がマップ上の同じ位置で停止したように見えます。 またピンに青い?(ハテナマーク)が浮かんだり、青いくるくるが表示されることがあります。 フリーズにしている• 電源を切っている• 機内モード(電波OFF)にしている• 位置情報をオフにしている のどれかの状態になっているように相手からは見えます。 これは意図的に位置情報をオフにする以外にも、電波の入らない場所に移動したときと同様の症状になりますので、Wi-Fiの無いような地下へ行くときは注意が必要かもしれません。 まとめ Zenly(ゼンリー)のゴーストモードとその2種類の設定「フリーズ」と「あいまい」について解説しました。 ゼンリーは使ってみたいけど、常に位置情報を共有するのはさすがに抵抗があるな、と感じる方も多いと思いますので、今回ご紹介したゴーストモードを上手に使って、アプリを楽しんでみて頂ければと思います。 今回の記事が少しでも役に立った!と思ったらシェアやコメントをお願いします。 また「こんな事にも困っているんだけど」とゼンリーについてお悩みがありましたら解決策を教えますので、お気軽にコメントまでメッセージくださいね。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 ~~~ この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます.

次の

【大流行】現代っ子がやっている位置情報共有アプリ、ゼンリーとは!|JGS

ゼンリー フリーズされると

位置情報を共有できるZenly(ゼンリー)とは?ZenlyはJC・JK流行語大賞2018で3位にランクインしたアプリで、繋がった友達とお互いの位置情報を共有することができます。 共有することで友達が地図上に表示され、リアルタイムで相手の位置情報や行動を把握できます。 しかし、Zenlyは友達と共有できる反面、知らずのうちに自分の自宅などが筒抜けになってしまいます。 そこで今回は、相手に気づかれずにゼンリーの位置情報を変更する方法を紹介します。 友達にZenly(ゼンリー)の位置情報が知られないように設定する方法 友達に位置を知られないように設定するには大きく分けて2つあります。 ホームから「設定」をタップします。 一覧から「Zenly」をタップし、「位置情報」をタップします。 「許可しない」または「このAppの使用中のみ許可」を選択します。 Zenlyを起動し、「Zenlyを使用するには、以下の手順が必要です」と表示されたら連携は解除されています。 ホームから「設定」または、クイック操作パネルから「歯車」アイコンをタップします。 「アプリと通知」をタップし、「〇個のアプリをすべて表示」を選択します。 一覧から「Zenly」をタップし、「権限」から「位置情報」をタップします。 「許可しない」または「アプリの使用中のみ許可」をタップします。 アプリを起動し、「以下の手順が必要です」と表示されたら連携の解除は完了です。 自分の位置を知られる心配はありませんが、自分もZenlyを利用できなくなってしまいます。 そのため、しばらくの間Zenlyを使わないという方にはおすすめの方法です。 方法2 Zenlyのゴーストモード機能で現在の位置情報を隠す• Zenlyを起動して、画面右下の「プロフィール」アイコンをタップします。 自身の名前の下部にある「おばけ」アイコンをタップします。 ゴーストモードにする友達を選択し、「フリーズ」をタップします。 2時間、8時間、24時間、ずっとの中からフリーズさせておく時間を選択します。 すると、「位置を「フリーズ」」の項目内に選択した友達が表示されます。 フリーズを有効にすると、有効にした地点から位置情報が固定されます。 しかし、ずっと同じ位置にいる状態が続くので、相手にフリーズにしていると悟られる可能性があります。 そのため、定期的に最後の位置を更新しておくと相手に気づかれません。 また、フリーズの位置情報を更新するのが面倒な場合は、「あいまい」設定をおすすめします。 「あいまい」に設定すると1kmから500mの範囲で位置情報がランダムに表示されます。 位置情報を有効にしておきたいけど、正確な位置を知られたくないという方にうってつけです。 相手に気づかれずにiPhoneのGPS位置情報を変更する方法 Zenlyなどのアプリを利用しなくても、iPhoneでは位置情報を共有する「iPhoneを探す」機能があります。 しかし、iPhoneを探すでも位置情報を共有している場合には、現在の位置が筒抜けになってしまいます。 また、位置情報を利用するアプリでは、悪意のある第三者に追跡される可能性もあります。 そんな時におすすめなのが、Wondershareが販売しているです。 「dr. fone - GPS変更 iOS 」でGPS位置情報を変更する手順を紹介します。 ステップ1 パソコンで「dr. fone-GPS変更」を起動します。 ステップ2 「自己を中心に」アイコンをクリックします。 マップで現在の位置情報が正確に表示されない場合は、右下部分の「自己を中心に」アイコンをクリックし、正確な場所を表示します。 ステップ3 目的地を左上のフィールドに位置情報を入力します。 右上の「テレポートモード」アイコンをクリックして、目的地を左上のフィールドに入力し、「移動」をクリックします。 ステップ4 自分の位置情報を変更します。 座標と距離が表示されますので、「ここに移動」をクリックします。 位置情報を知られたくない場合には、Zenlyとスマートフォンの連携を解除する方法と、Zenlyをゴーストモードにする2通りの方法があります。 どちらも利点と欠点があるので、利用状況に合わせて設定しましょう。 また、「dr. fone - GPS変更 iOS 」を利用すると位置情報を変更できるので、気になった方は是非利用してみてください。

次の

Zenly(ゼンリー)とは何?機能と位置情報共有アプリの評判を解説

ゼンリー フリーズされると

ゴースト機能は2種類• :自分の現在地が大まかに表示される• :フリーズにした瞬間の場所が現在地として固定される 「あいまい」な位置と 位置を「フリーズ」の2種類がゴースト機能として用意されています。 どちらも、アプリをアンインストールすることなく、居場所を眩(くら)ませることが可能です。 ゴースト機能の設定は、画面右下にある人アイコンをタップし、次の画面右上にあるゴーストのアイコンからおこないます。 ゴースト機能を適用したいユーザーを選び、画面上部に表示された「あいまい」か「フリーズ」を選ぶだけです。 いつでも設定変更は可能です。 なお「あいまい」な位置を選択した場合、相手にもその設定がバレてしまう仕様になっています。 以下では、2種類のゴースト機能について詳しく説明していきます。 ゴースト設定を「あいまい」にする場合に注意してほしいのが、相手に対してあなたが「あいまい」設定をしていることがバレる点です。 マップ上では、相手のアイコンの横に斜線の入った矢印マークが反映されます。 このマークにより、相手があいまい設定にしていることがわかります。 相手のアイコンをタップし、矢印マークを選択すると、自分と相手の距離・ルートを検索することが可能です。 このように、「あいまい」設定をすると、相手にもその事実が完全にバレしまうことを知った上で実行する必要があります。 ゴースト機能:位置を「フリーズ」とは? 位置を「フリーズ」に設定すると、設定を開始する直前の場所にずっと固定されるようになります。 つまり現在地が動かないため、相手のマップ上で指している場所と違うところにいてもバレないということです。 また、この設定は相手に通知されません。 あまりにも現在地が動かないことに相手が違和感を感じない限り、フリーズを利用していることは気づかれないでしょう。 ゼンリーの「ブロック」機能とは? ゴースト機能の「あいまい」や「フリーズ」設定を使えば、現在地をうまく隠すことが可能です。 しかし、相手の地図上からあなたが消えるのではなく、居場所をごまかすための機能なので、存在自体を消すことにはなりません。 さらにメッセージも送受信可能で、完全にシャットアウトしたことにはなりません。 友達関係を一時的に辞めるなどと同様に、ゼンリーにもブロック機能は存在します。 ところがゼンリーにおける「ブロック」はすでに友達になってしまった人に使うことができないため、注意が必要です。 友達を完全ブロックするには「削除」しかない では、ゼンリーで友達を完全ブロックするにはどうすればいいのでしょうか。 結論、相手を自分のゼンリー上から「削除」してしまう以外に方法はありません。 削除をするということは、IDを交換・承認する前の状態に戻るということ。 再度お互いに登録し合わないとゼンリーでのコミュニケーションは復活しません。 地図画面に戻ると「appllio」が居なくなっていた 削除が完了したあとに、一度だけ[フレンドの追加]画面が表示されます。 ただし、相手がかつ、あなたの電話番号を電話帳登録していない場合は、フレンド追加画面は表示されません。 削除したままでよければ何も書かれていない背景を適当にタップし、マップ画面へと遷移します。 削除された相手側は、次にゼンリーを開いたときに「連絡先にありません」と書かれたフレンド追加画面が表示されるようになっています。 この画面から、 さゆたろから削除されたことがわかります。 もちろん地図画面にも表示されていないため、遅かれ早かれ削除されたことがバレるでしょう。 電話番号やZenly ID、「知り合いかも」リストから相手が友達申請をしてきた際にブロックするか否かを選べます。 一度ブロックすると、今後は相手から友達申請がくることも、相手の「知り合いかも」リストに載ることもなくなります。 相手がZenly IDや電話番号を使って友達申請をしてきたときに[ブロック]を選んでください。 画面右下の人マークを開き、右上の設定ボタン[ ]をタップすると「ブロックしたユーザー」の項目があります。 ブロックが完了していると、ここに該当のユーザが表示されます。 ブロックしている限り、相手から友達申請がくることはありません。 ゼンリーの「プライベートモード」とは ゼンリーには、 お互いにアドレス帳に登録している人だけが友だち追加可能な「プライベートモード」があります。 いま友達になっているメンバーや、電話帳に登録されている親しい間柄だけで楽しみたい場合に利用するといいでしょう。 プライベートモードを[オン]にすれば設定が完了です。 「知り合いかもしれないユーザー」に表示されないようにする方法 プライベートモードの下にある「おすすめユーザーをオプトアウト」を[オン]にすると、相手の「知り合いかもしれないユーザー」リストにあなたが表示されなくなります。 この「知り合いかもしれないユーザー」には、あなたの電話番号を登録している相手、かつゼンリーを利用しているユーザーや、「友達の友達」にあたるユーザーが表示されるようになっています。 できるだけ自分がゼンリーをやっていることを伏せておきたいときや、急に友達申請をされたくないときなどに使うと有効でしょう。

次の