あいち情報専門学校。 あいちビジネス専門学校

あいちビジネス専門学校ってどう?⇒評判や学費・口コミ・偏差値を確認する!

あいち情報専門学校

あいち情報専門学校はと提携している地域密着型の技能提携校です。 高等課程に入学した場合は、3年間の在籍の後、卒業時に高等学校卒業資格を取得できます。 2014年に開設されたばかりなので、卒業生の進路実績はありませんが、まだできたばかりの新しい環境のびのびと学校生活をおくることができます。 学校の雰囲気も落ち着いており、授業は生徒それぞれの個性に合わせて楽しく進められるようになっています。 学校にはコンピューター関連の勉強ができる情報コースと電気工事などについて学べる電気コースという2つの専攻コースがあり、どちらも普通科目に加えて専門分野についての勉強をします。 情報コースでは将来情報系の職業に就く場合に有利な情報技術検定、マイクロオフィススペシャリストなどの資格が取得でき、電気コースでは認定電気工事従事者や第二種電気工事士といった電気工事士をする上で必要な資格を取得することができます。 授業内容は専門分野であるので難しいものになっていますが、先生方が優しく、丁寧に教えてくれるので初めはなにもわからなくても安心です。 1年次は普通科目に加えて情報科目と電気科目の全般的な勉強をし、2年次からそれぞれ自分が希望するコースに進み、より専門的な勉強をすることになります。 将来そういった分野の仕事に就きたいと考えている方にとって、高校在籍時からこういった専門分野に触れることができるのは非常に有意義なことであるはずです。 denpa. 初年度は入学費の2万円が上乗せされてかかる他、施設関連や教育関連の費用として22万円、生徒会費1万円、そして授業料が年間36万円かかります。 また、あいち情報専門学校の学費の他に岐阜国際高等学校の学費として入学金2万円授業料4万8000円が別途かかるので注意が必要です。 専修学校にも適用される高等学校等奨学支援金制度や、保護者が愛知県民の場合に適用される愛知県独自の奨学支援金、その他市町村の奨学支援金もあるので、経済的に不安だと考えている方でも安心です。 他にも姉妹校進学減免制度という、電波学園グループの学校や、愛知工科大学などに進学した場合は入学金が減免、免除されるので、将来的にそういった進路に進みたいと考えている方にとってはお得です。 それ以外にもいくつか支援金や減免制度があるので、そういったものを上手に利用することでお得に学校に通うことができます。 あいち情報専門学校は非常に落ち着いた雰囲気の学校ですので、生徒のみなさんも落ち着いた雰囲気の方が多いです。 しかし授業になると生徒1人1人が積極的に授業に参加し、賑やかなものになっています。 苦手な科目であっても、先生がとことん丁寧に教えてくれますし、入学したばかりのころは勉強が苦手だったという方も勉強ができるようになり、勉強がつらくなくなるみたいです。 専門分野の勉強は、内容は難しいですが生徒の皆さんは熱心に勉強しています。 あいち情報専門学校では、学校での授業の他にも修学旅行や社会科見学といった体験学習も積極的に行っており、生徒の興味関心や視野を拡げる取り組みが行われています。 放課後の部活動も積極的に行われており、弓道部や柔道部といった礼儀作法を学べる武道や、思いっきり体を動かせるバスケットボール部があります。 こういった自分の興味のある活動をすることで、生徒の皆さん同士の親睦が深まり、先輩後輩といった上下関係といった社会に出てから必要になってくる人付き合い、人間関係を学ぶことができます。 初めは人付き合いが苦手だったという生徒の方も、こういった学校生活をできるところからやっていき、学校に慣れていっているようです。 通信制高校って何? 通信制高校は 前の学校で取得した単位をそのまま引き継げます! 高校中退・不登校からの編入なら、過去の頑張りを無駄にしない通信制高校へ。 「単位制」の学校だから 年間必要単位や出席日数という概念がありません。 働きながら、お子さんを育てながら、病気の治療をしながらでも通えます。 インターネット授業などを活用した自宅学習がメインですので、 好きな場所で好きなタイミングで勉強するといった自由な学習が可能です。 通信制高校では、英国数などの一般科目だけではなく、 スポーツ・美容関連・芸能・アニメ・漫画など様々な勉強が出来ます。 通信制高校の平均学費は 年間20~30万円くらいです。 これは私立の全日制高校の半分以下ですが、公立全日制高校と比べると、 10万円以上高くなってしまっています。 しかし、国が支給している「 就学支援金」を受ければ、 公立全日制高校とほぼ同額の学費で通信制高校に通うことが可能です。 就学支援金は返済不要ですので、将来就職した後も返済に苦しむということはなく安心です。

次の

あいち情報専門学校口コミ・学費の評判情報

あいち情報専門学校

設置学科 [ ]• 介護福祉学科• 理学療法学科• 作業療法学科• 精神保健福祉学科 概観 [ ] 建学の精神 [ ]• 社会から喜ばれる知識と技術をもち、歓迎される人柄を兼ね備えた人材を育成し、英知と勤勉な国民性を高め科学技術、文化の発展に貢献する。 沿革 [ ]• (昭和27年) - 前身となる名古屋高等無線電信学校が開校• (昭和34年) - 学校法人電波学園を設立• (平成14年) - あいち福祉専門学校を開校• (平成17年) - あいち福祉専門学校をあいち福祉医療専門学校に改称• (平成26年) - により、「介護福祉学科」「理学療法学科」「作業療法学科」が職業実践専門課程として認定 施設・設備 [ ]• 実習室(入浴)• 室兼実習指導室• 実習室• 機能訓練室• ・・室• 加工室• 実習室• 日常動作訓練室• 水治室• ・・室• 実習室 など 主な目標資格 [ ]• など 行事 [ ]• オリエンテーション(4月)• 社会研修会(4月)• スポーツレクリエーション大会(5月)• ウォークラリー(6月)• ボウリング大会(10月)• 学校祭(10月)• 海外研修(3月) 基本データ [ ] 交通アクセス [ ]• ・・「」下車、南口から徒歩1分 電波学園 姉妹校 [ ] 学校法人電波学園は、以下の学校を運営している。 (2012年(平成24年)4月より「名古屋外語専門学校」から校名変更)• 脚注 [ ] [].

次の

あいち福祉医療専門学校

あいち情報専門学校

あいち情報専門学校はと提携している地域密着型の技能提携校です。 高等課程に入学した場合は、3年間の在籍の後、卒業時に高等学校卒業資格を取得できます。 2014年に開設されたばかりなので、卒業生の進路実績はありませんが、まだできたばかりの新しい環境のびのびと学校生活をおくることができます。 学校の雰囲気も落ち着いており、授業は生徒それぞれの個性に合わせて楽しく進められるようになっています。 学校にはコンピューター関連の勉強ができる情報コースと電気工事などについて学べる電気コースという2つの専攻コースがあり、どちらも普通科目に加えて専門分野についての勉強をします。 情報コースでは将来情報系の職業に就く場合に有利な情報技術検定、マイクロオフィススペシャリストなどの資格が取得でき、電気コースでは認定電気工事従事者や第二種電気工事士といった電気工事士をする上で必要な資格を取得することができます。 授業内容は専門分野であるので難しいものになっていますが、先生方が優しく、丁寧に教えてくれるので初めはなにもわからなくても安心です。 1年次は普通科目に加えて情報科目と電気科目の全般的な勉強をし、2年次からそれぞれ自分が希望するコースに進み、より専門的な勉強をすることになります。 将来そういった分野の仕事に就きたいと考えている方にとって、高校在籍時からこういった専門分野に触れることができるのは非常に有意義なことであるはずです。 denpa. 初年度は入学費の2万円が上乗せされてかかる他、施設関連や教育関連の費用として22万円、生徒会費1万円、そして授業料が年間36万円かかります。 また、あいち情報専門学校の学費の他に岐阜国際高等学校の学費として入学金2万円授業料4万8000円が別途かかるので注意が必要です。 専修学校にも適用される高等学校等奨学支援金制度や、保護者が愛知県民の場合に適用される愛知県独自の奨学支援金、その他市町村の奨学支援金もあるので、経済的に不安だと考えている方でも安心です。 他にも姉妹校進学減免制度という、電波学園グループの学校や、愛知工科大学などに進学した場合は入学金が減免、免除されるので、将来的にそういった進路に進みたいと考えている方にとってはお得です。 それ以外にもいくつか支援金や減免制度があるので、そういったものを上手に利用することでお得に学校に通うことができます。 あいち情報専門学校は非常に落ち着いた雰囲気の学校ですので、生徒のみなさんも落ち着いた雰囲気の方が多いです。 しかし授業になると生徒1人1人が積極的に授業に参加し、賑やかなものになっています。 苦手な科目であっても、先生がとことん丁寧に教えてくれますし、入学したばかりのころは勉強が苦手だったという方も勉強ができるようになり、勉強がつらくなくなるみたいです。 専門分野の勉強は、内容は難しいですが生徒の皆さんは熱心に勉強しています。 あいち情報専門学校では、学校での授業の他にも修学旅行や社会科見学といった体験学習も積極的に行っており、生徒の興味関心や視野を拡げる取り組みが行われています。 放課後の部活動も積極的に行われており、弓道部や柔道部といった礼儀作法を学べる武道や、思いっきり体を動かせるバスケットボール部があります。 こういった自分の興味のある活動をすることで、生徒の皆さん同士の親睦が深まり、先輩後輩といった上下関係といった社会に出てから必要になってくる人付き合い、人間関係を学ぶことができます。 初めは人付き合いが苦手だったという生徒の方も、こういった学校生活をできるところからやっていき、学校に慣れていっているようです。 通信制高校って何? 通信制高校は 前の学校で取得した単位をそのまま引き継げます! 高校中退・不登校からの編入なら、過去の頑張りを無駄にしない通信制高校へ。 「単位制」の学校だから 年間必要単位や出席日数という概念がありません。 働きながら、お子さんを育てながら、病気の治療をしながらでも通えます。 インターネット授業などを活用した自宅学習がメインですので、 好きな場所で好きなタイミングで勉強するといった自由な学習が可能です。 通信制高校では、英国数などの一般科目だけではなく、 スポーツ・美容関連・芸能・アニメ・漫画など様々な勉強が出来ます。 通信制高校の平均学費は 年間20~30万円くらいです。 これは私立の全日制高校の半分以下ですが、公立全日制高校と比べると、 10万円以上高くなってしまっています。 しかし、国が支給している「 就学支援金」を受ければ、 公立全日制高校とほぼ同額の学費で通信制高校に通うことが可能です。 就学支援金は返済不要ですので、将来就職した後も返済に苦しむということはなく安心です。

次の