宝くじ 買い方。 【買い方でこんなに違うの?】宝くじの当たる方法を実践!

宝くじに何度も高額当選をしている人に秘訣を聞いてみたら‥ある共通点が!?

宝くじ 買い方

通常、バラで購入した場合は前後賞を狙うことができませんが、「縦バラ」という買い方を行えば、前後賞を狙うことができます。 「縦バラ」というのは、同じユニットの組数と番号が連番になるようにバラを選んで買うことで、中身の宝くじが全て組と番号が連番になるようにする買い方のことです。 例えば縦バラ30枚を購入すると、次のようになります。 1セット目:21組109711、12組112682、03組125553… 2セット目:21組109712、12組112683、03組125554… 3セット目:21組109713、12組112684、03組125555… という感じです。 簡単に説明すると、3枚の繋がった連番が10セット入っている30枚のバラです。 セットごとに数字が連続している買い方ですので、バラでも前後賞を狙うことが出来ますし、10種類分の当選番号を調べる楽しみもあるという、楽しい買い方ですね。 史上初!ついに縦特バラ300枚セットが西銀座チャンスセンターで登場しました! これはどのような宝くじ購入方法かというと、通常の特バラ100枚セットの前後の数字が揃った縦バラ状態の特バラ100枚3セットです。 簡単にご説明すると、3枚の連番が100組分の宝くじとなります。 下2桁の番号は00〜99なので、下1桁(300円)と下2桁(2000円〜5000円)の当りも100枚3セット分必ず入っているし縦バラ状態なので1等前後賞も狙えるという優れものです。 現在は西銀座チャンスセンターでは買えず、大阪駅前第4ビル特設売場と大阪駅前第2ビルラッキーセンター高橋さん窓口の二か所で受付中となっております。 100枚ぶっ通し・特バラ100枚セット・特連100枚セットは、当選金額の下一桁(300円)と下二桁(2000円〜5000円)は必ず当たるようになっております。 バラや連番で100枚購入すると最低還元金額は10%の3000円ですが、100枚セットでは最低でも20%の6000円になります。 高額当選する確率より外れる確率の方が圧倒的に多い為に、還元金額を引き上げて資金回収を行い、継続して高額当選を狙う戦略も有りだと思います。 下二桁が無く下三桁7000円とか、下二桁が2000円の当選金額の場合もありますので良く吟味して購入して下さい。

次の

宝くじ購入の「縦バラ」と「特バラ」といった特殊な買い方って何?

宝くじ 買い方

通常、バラで購入した場合は前後賞を狙うことができませんが、「縦バラ」という買い方を行えば、前後賞を狙うことができます。 「縦バラ」というのは、同じユニットの組数と番号が連番になるようにバラを選んで買うことで、中身の宝くじが全て組と番号が連番になるようにする買い方のことです。 例えば縦バラ30枚を購入すると、次のようになります。 1セット目:21組109711、12組112682、03組125553… 2セット目:21組109712、12組112683、03組125554… 3セット目:21組109713、12組112684、03組125555… という感じです。 簡単に説明すると、3枚の繋がった連番が10セット入っている30枚のバラです。 セットごとに数字が連続している買い方ですので、バラでも前後賞を狙うことが出来ますし、10種類分の当選番号を調べる楽しみもあるという、楽しい買い方ですね。 史上初!ついに縦特バラ300枚セットが西銀座チャンスセンターで登場しました! これはどのような宝くじ購入方法かというと、通常の特バラ100枚セットの前後の数字が揃った縦バラ状態の特バラ100枚3セットです。 簡単にご説明すると、3枚の連番が100組分の宝くじとなります。 下2桁の番号は00〜99なので、下1桁(300円)と下2桁(2000円〜5000円)の当りも100枚3セット分必ず入っているし縦バラ状態なので1等前後賞も狙えるという優れものです。 現在は西銀座チャンスセンターでは買えず、大阪駅前第4ビル特設売場と大阪駅前第2ビルラッキーセンター高橋さん窓口の二か所で受付中となっております。 100枚ぶっ通し・特バラ100枚セット・特連100枚セットは、当選金額の下一桁(300円)と下二桁(2000円〜5000円)は必ず当たるようになっております。 バラや連番で100枚購入すると最低還元金額は10%の3000円ですが、100枚セットでは最低でも20%の6000円になります。 高額当選する確率より外れる確率の方が圧倒的に多い為に、還元金額を引き上げて資金回収を行い、継続して高額当選を狙う戦略も有りだと思います。 下二桁が無く下三桁7000円とか、下二桁が2000円の当選金額の場合もありますので良く吟味して購入して下さい。

次の

ジャンボ宝くじおすすめの買い方【連番・バラ・縦バラ・福連100・福バラ100】解説!

宝くじ 買い方

ジャンボ宝くじの当選条件 あらかじめ組と番号が印刷されている抽選券を購入し、抽選により決定した【組・番号】と一致すれば当選です。 宝くじの中には自身で番号を選ぶ数字選択式のタイプもありますが、ジャンボ宝くじは一切番号を選べないため、完全に運任せとなります。 当選番号の決定方法 当選番号は、等級ごとに抽選が行われて決定します。 ジャンボ宝くじは年5回行われ、当選の本数や当選金額は回号ごとに異なります。 下位の等級は下の数ケタのみで決まりますが、上位の等級になると組・番号の組み合わせで当選番号が指定されます。 1等・前後賞・組違い賞 当選額が最も高額な1等には、前後賞と組違い賞が存在します。 前後賞とは、1等の当選番号と同じ組で、最後の数字が前後1つ違いの番号のこと。 買い方によっては、 7等 300円(下1桁当選)10枚+6等 3000円(下2桁当選)確定 ジャンボ宝くじおすすめの買い方は「福連100」「福バラ100」だが ジャンボ宝くじの買い方を5つご紹介しました。 まず、今までの内容をご覧になって分かるように、 単純にお得な購入方法は「福連100」「福バラ100」です。 30,000円分の購入で6,000円の当選が確定しているからです。 しかし、ジャンボ宝くじを30,000円分も購入できないという方はたくさんいるでしょう。 そのような方におすすめな買い方は『縦バラ』です。 連番とバラの比較から、縦バラがおすすめな理由について見ていきましょう。 『連番』と『バラ』、どちらがいいの? 連番とバラは、どちらにしても1枚の当選確率は変わりません。 しかし、10枚1口で購入する場合は1等または前後賞の当選確率は連番よりもバラの方が高くなります。 これは、連番だと10枚の組が同じであるため、組自体が外れると1等も前後賞も全て外れることになるためです。 バラで購入していると組が10通りあるため、1等と前後賞をそれぞれ狙うことが可能となります。 ただし、1等・前後賞をまとめて狙いたいという 欲張りな方は「連番」を購入しましょう。 『縦バラがおすすめな理由』 「じゃぁバラで買えば良いの?」と思われるでしょうが、先に述べたようにバラだと前後賞が狙えません。 そこを解決してくれる買い方が『縦バラ』です。 バラで当選確率を上げつつ前後賞も狙えるという欲張りな買い方です。 まとめ ジャンボ宝くじの買い方についてまとめました。

次の