宅建 1級。 宅建と日商簿記2級を比較、難易度が高いのはどちら?

一般財団法人 不動産適正取引推進機構

宅建 1級

建設業経理士の難易度 建設業経理士は1級~4級までありますが、就職や転職で効果を発揮するのは1級と2級になりますので、ここでも1級と2級の難易度について説明をします。 建設業経理士の難易度とランキング 建設業経理士と関係の高い簿記と宅建の資格についても下記難易度ランキングに入れてみたいと思います。 順位 10段階 100段階 資格 偏差値 1 5 55 日商簿記1級 53. 8 2 5 52 建設業経理士1級 53. 1 3 5 50 全経上級 52. 6 4 4 45 宅建 51. 3 5 3 35 日商簿記2級 48. 8 6 2 26 建設業経理士2級 46. 5 7 1 15 日商簿記3級 43. また、偏差値が気になる方もいらっしゃいますので、7つの資格の中での偏差値を記載していますのでそちらも参考にしてください。 宅建を除く6つの資格については関連性の高い資格ですので、通常の難易度よりも比較しやすいでしょう。 次は建設業経理士の難易度について考えてみましょう。 建設業経理士2級の難易度 建設業経理士2級は簿記の勉強がしたことがあっても、問題を見ると見たことのある記載が多いものの見慣れない言葉があるので難しく感じる方もいらっしゃるでしょう。 建設業経理士は簿記1級で学ぶ「工事契約」という項目をさらに詳しくした学問であるといってもいいですが、簿記1級合格者であってもパッと見は「ん?」となってしまうくらいに専門的な学問である資格となります。 そのため簿記の知識があるだけでは処理をする事ができない難しさがあります。 ただし、恐れる必要はありません。 なぜなら、難しい・見慣れない言葉は一度建設業経理士講座や専門書で勉強をすると、今まで問題の意味すら分からなかったものだったのが 急に分かるようになる面白さがあります。 簿記を知らない状態の方が独学で勉強をする場合は、必ず 分かりやすいテキストを使うようにしましょう。 そうしないと、苦手意識をもってしまう場合があります。 学校を利用すると講師の動きのある説明やレジュメがあるのですぐに吸収することができるでしょう。 勉強をしていないと歯が立たない資格ではありますが、一度きちんと勉強をしてしまえば合格は目の前です。 簿記2級または簿記3級から建設業経理士2級 簿記2級合格レベルだと簿記の流れや決算書の作成等様々な処理方法を知っているので、 工事契約特有の勉強と見慣れない言葉に注意をしていけばいいでしょう。 簿記3級合格レベルだと工業簿記の勉強をしていないので、建設業経理士で出題される 費目別計算(材料、労務、経費、製造間接)、部門別の勉強をする必要があります。 商業簿記と違って得点にするまでに多少時間はかかるものの、慣れると得点源にできる項目なので恐れる必要はありません。 建設業経理士2級と簿記2級と簿記3級の難易度比較 建設業経理士2級の難易度は前述の通り 10段階で2、 100段階で26となっています。 日商簿記2級は商業簿記、工業簿記とあり、建設業経理士2級よりも学ぶ範囲が広く時間も多くかかることになります。 もともと日商簿記2級の難易度は2で建設業経理士2級よりも多少上難しい程度でしたが、近年の範囲改定である連結や税効果等の1級の範囲が多少入ってきていることから難化しています。 そのため現在簿記2級と建設業経理士2級を比較するとその差はかなりある事になります。 (難易度:建設業経理士26、簿記2級35) 次に日商簿記3級と建設業経理士2級の難易度を比較すると、建設業経理士2級には簿記2級の範囲である費目別・部門別といった工業簿記の勉強も必要なことや初めて簿記の勉強をすると簿記3級よりも内容的にも難しくなっています。 (難易度:建設業経理士26、簿記3級15) 建設業経理士1級の難易度 建設業経理士1級の難易度は建設業経理士2級と比較をすると比べ物にならないくらい難度は格段にアップしています。 ただ、これは日商簿記にもあてはまることで、日商簿記2級と日商簿記1級の難度もレベルが全く違っています。 1級はその資格の最高峰なだけにさすがに簡単には取得できないようになっていると考えてもいいかもしれません。 建設業経理士1級の難易度を考えた場合難しい理由は大きく2つあります。 3科目の総合点で合否が決まる場合は、1科目の中に苦手な箇所があっても挽回する機会があり、それは得意科目を伸ばす事で苦手科目をカバーする事ができるともいえます。 しかし、科目別に合否を決める場合はそういった総合点でのカバーといったものが出来ないので、苦手科目・苦手論点があった場合、その科目の合否は怪しくなり結果3科目一気に合格する事は難しくなります。 2.理論の記述問題 試験は3科目あることは前述の通りですが、その3科目全てにおいて最初の問題として 200文字、300文字の2つの記述問題があります。 どのような問題なのか分からない方もいらっしゃるでしょう。 例えば、減損の意味、キャッシュフローの意義、材料費の定義 このような問題が出題されそれを200文字や300文字で記述する事になり、難易度もABCとある場合は最も難しいCランクの問題が多いと思ってもいいかもしれません。 論文問題に慣れている人は別として、論文問題対策をそれほどしない建設業経理士受験生においてはどこまで失点を抑える事ができるかがポイントとなります。 建設業経理士1級は難しい? 得点配分 独学でこの記述対策をしようと思ってもそのような対策本といったものはほとんどありません。 理論の記述問題の配点は100点満点中20点となっており、0点だとさすがに合格する事は難しくなってしまいますので 10点程度は取れるようにしておくといいでしょう。 そうすると、残り80点のうち60点を取ることができれば合格なので戦略的に勉強をする事でその難易度はぐっと低くなります。 科目合格制の利点 科目合格制(5年期限あり)は、逆に言えば コツコツ型にはもってこいの試験制度なので、 1科目ずつ確実に攻略をする事ができます。 また、建設業経理士1級は 問題傾向が似ていることや1科目に絞ると範囲が限定されるので得点がしやすく、理論問題も勉強がしやすいメリットがあります。 また、建設業経理士は全経上級試験同様に努力をした人が試験に報われる資格試験でもあるのでがんばったほど得点に結びつきやすくなっています。 記述対策 広い範囲の中から記述を行うというのは慣れていないと相当苦労するかもしれません。 そこで、普段の勉強において 自分で簡単に説明できるように「理解」中心の勉強を心がけておきましょう。 (理解をして、テキストに書かれてあるような事が記述できるのが理想ですが大枠をはずさなければ問題はありません) 高得点を取るような勉強をすると時間もかかってしまい難しいですが、合格に必要な点数だけを取る勉強だと思ったほど難しくはないでしょう。 建設業経理士の難易度まとめ 以上、建設業経理士1級、2級の難易度について説明をしましたがいかがだったでしょうか? 資格全体で見ると1級と2級の差はかなりありました。 建設業経理士2級は簿記との関連性の高い資格なので、簿記資格をもっていたり勉強をした事がある人だと初めてこの資格の内容に触れると言葉が難しくなれないところもありますが、 一度慣れてしまえばすぐに合格する事も可能でした。 建設業経理士1級については科目合格制といったもので一気に短期間で合格といったものを考えると多少難しいものでした。 しかし、1つずつ確実に合格する事ができるので、難易度以上に受かりやすい資格でもあるでしょう。 建設業経理士は就職・転職に強い資格なので就職できないと悩んでいる方にはおすすめです。 特に簿記の勉強をして就職できないという方は 建設業経理士2級だけでも取得をすると就職活動は多少楽にすすめることが出来るでしょう。 建設業経理士1級は資格の難易度は高いものの大手企業への就職ができたり、中小企業への就職はかなり強いといえます。

次の

宅建・・・。今現在、1級建築士と1級建築施工管理技士と1級土木施工管理技士をもっていますが、会社ではなんの役にもたたず、ただの宝の持ち腐れとなってしまっていて、独立を考えているのですが、

宅建 1級

宅建と簿記(2級)の資格内容 宅建と簿記2級はどちらも 毎年約20万人が受験する程の人気資格です。 しかし 宅建と簿記2級では取得後に行う仕事の内容が全く違います。 自分がどんな仕事に就きたいのか、或いはどんな仕事で活かすために資格を取得したいのか、それによって取得すべき資格は変わります。 以下では 簿記取得者と宅建士の業務内容の違いについて解説します。 簿記取得者と経理 そもそも 簿記とは会社や商店において金銭の収入・支出を正しく記録することを言います。 簿記取得者は経理担当として 会計帳簿や財務諸表を作成して、 会社の資金の管理や経営状態・業務成績の把握・分析を行います。 宅建士と不動産 宅建資格を取得して宅建士になると土地や建物の取引を扱うことになり、不動産のプロとして 主に営業を行うことになります。 営業活動から契約締結時の重要事項の説明・契約書への捺印・記名までこなす資格であり、 社内で経理を担当する簿記とは違って社外で顧客と接しながら行う業務が多い資格です。 4% 21. 8% 2016年 15. 4% 14. 4% 2017年 15. 6% 25. 2% 2018年 15. 6% 29. 7% 宅建の合格率は15%前後で振れ幅が小さいのに対して、 簿記2級の合格率は11%~47%と変動幅が大きいことが分かります。 これは 合格基準のルールが異なっており、 宅建では相対評価、 簿記2級では絶対評価になっているからです。 相対評価の宅建では受験者のうちの一定割合が合格する仕組みで、合格率は毎年一定に保たれるものの合格最低点は変動します。 その一方で絶対評価の簿記2級では合格最低ラインは70%に固定されていて、70%を超えた人は全て合格者になるので合格率が変動します。 簿記2級の場合には問題が易しい回に受験できるとまぐれで合格することもあり得ますが、宅建ではそのようなことは起きません。 試験問題の形式 宅建試験は選択式問題になっており、分からない問題があっても最悪飛ばして次に進むことができます。 しかし 簿記2級の試験は記述式であるため前後の問題がつながっていることがあり、分からない問題があると次の設問も回答できない場合があります。 適当にマークしても正解できる可能性がある選択式の宅建と比べると、簿記2級のほうが難しさがあると言えます。 試験回数の違い 宅建は毎年10月に年1回だけ実施されるのに対して、 簿記2級は2月・6月・11月の年3回実施されます。 年3回も受験チャンスがある 簿記2級は受け続ける中で易しい回にあたって合格できる可能性があるので、宅建よりも有利と言えます。 合格までの勉強時間 合格するために必要な勉強時間は 簿記2級が200時間程度、 宅建が300時間程度と言われています。 毎日2時間勉強すれば簿記2級は3~4か月かかり、宅建は5カ月かかる計算です。 どちらも数カ月の勉強で合格できる資格ですが、 宅建のほうが難易度が高くて勉強にも時間が掛かります。 資格取得後の違い 資格取得後にどのような形で役に立つのか、この点でも宅建と簿記2級では大きな違いがあります。 どちらの資格にもメリット・デメリットの両方があるので、それぞれの資格の特徴を理解して自身のキャリアビジョンに適した資格を取得することが大切です。 簿記取得のメリットとデメリット 経理の仕事は業種を問わず必要とされるので、 汎用性が高く就職活動や転職活動で活かせる点がメリットです。 他の資格と重なる部分も多くて ダブルライセンスに向いている上に、試験が比較的簡単なので 初学者でも受験しやすいことが特徴です。 しかし独占業務があるような専門資格ではないので、 士業などの専門資格に比べると採用されにくいことも事実です。 試験に合格すること以上に実務スキルが重要であり、エクセルを使いこなすスキルを身に付けたり業界ごとに異なる会計手法や経理業務の特徴を理解しなければいけません。 業種によって業務内容が全く異なるので、 特定の業界の経理業務を経験しても転職に活かせるとは言い難い点がデメリットです。 宅建取得のメリットとデメリット 宅建業を行う場合には5人に1人の割合で宅建士を配置しなければいけないので、 宅建の資格を持っているだけで採用されやすくなります。 不動産業界は男性中心の業界なので女性が優遇されやすく、宅建は士業の1つとして独占業務もあるので 簿記取得者よりも一般的に給料が良い点もメリットです。 しかし そもそも試験の難易度が高いので取得しにくく、 不動産業界以外では活用しにくい点もデメリットと言えます。 実際の業務では営業がメインになるので、たとえ試験に合格できても営業の腕を磨かなければ稼ぐことはできない資格です。 ダブルライセンスは役立つ? 簿記は社内での経理、宅建は社外での営業がメインなので、そもそも業務内容が異なります。 大企業のように経理部門と不動産部門が完全に分かれている場合には両方の資格を活かすことは難しいでしょう。 しかし中小企業であれば社員全員が営業も経理も行う場合が多いので、 そのような会社で働く場合には 宅建と簿記2級のダブルライセンスが役に立ちます。

次の

総合資格学院の合格実績

宅建 1級

簿記は正確には 『日商簿記検定』という• 難易度に合わせて 1〜3級まである• 3% 49. パート・アルバイト求人が急増したので 女性には有利な売り手市場• 宅建士の設置義務(5人に一人は資格者)があるので 未経験者でも採用されやすい• 簿記に比べると 取得の難易度がやや高い• 不動産業界や特定の業界以外では 知識を活かしにくい• 数字で見る宅地建物取引士資格試験 宅地建物取引士試験の過去の合格率と合格ライン 毎年すごい受験者数です!... 資格と言ったらユーキャン U-CAN ! ほとんどの方が『資格と言ったらU-CAN(ユーキャン)』とい... 」 「非常勤で月に5万円もらっている。

次の