ソーン フェイト フュンフ。 ソーンをLv100にして4アビ(二王の諍い)を習得する

フュンフ (SSR)の詳細・評価

ソーン フェイト フュンフ

シス最終上限解放フェイト 依り代を強化して即座にエレメント化。 恐ろしく早いエレメント化、オレでなきゃ見逃しちゃうね とか思っていたらフェイトバトルに突入しました。 これの消化本気で忘れてた。 シスの解放フェイトは自身がダブルアタック確定+カウンター持ちということで以前ののようなコンテラッシュとはならずなにも考えずCTごとに、アビリティを回してるだけで勝利。 これくらいでいいと思う。 無事最終上限解放が済んだのでレベリング!という気分にはならないので育成アイテムでサクッとLv100へ。 Lv100 フェイト 「闇夜の標は九つの」 シスは闇属性なので、十天衆でもソーンとフュンフに苦戦するかなと事前に思いましたが、どちらもさほど面倒なく倒せそうな気がしたので何も見ないでとりあえず突入することに。 フュンフ戦 苦戦するかと思ったんですが、1ターン目で フュンフがトリプルアタックをしてきて、全てカウンターを取って瞬殺する形に。 そういえば、闇と光は相互弱体関係でしたね。 ということはソーンもあんまり気にしなてくて良さそうか? ソーン戦 事前に苦労するかと考えていたソーン戦ですがこちらも特に対策といった対策を取る必要もなくアビリティを利用して攻撃しているだけでクリア。 基本的に1vs1の状態だとカウンター・無敵に幻影・恐怖とシスに隙きが全くなく一方的な展開になりやすいようです。 加えて弱点属性も実質的にないようなものなので全く詰まることがここまでありません。 最後とかに来るのだろうか。 オクトー戦が相当トラウマになっているので簡単すぎても逆に不安になる。 ニオ戦 やはり今回も立ちはだかるニオ。 オクトーと違い一撃必殺はないのでこの効果をスキップさせることもできません。 発動後にアビ2を利用してカウンターで一気に削る方法で倒しました。 クオリアの効果 十天衆後のフェイト シスとグランくんの対戦となるが、今回は初めからカオスルーダーで挑んだので弱体耐性が高いかを確認しそこねた。 特段厄介な行動はしてこないためEXアビリティは割と何でも良さそう。 強いて入れるとしたらシスが自身に付与する「再生」が面倒なのでティスペルなどがあれば便利かもしれないがゴリ押しで十分勝てる内容。 サポ石で連れて行ったルシフェル5凸が実装前に作られたフェイトなので悠々倒せました。 もし、辛いということであればサポ石に加えてサンダルフォンなんかもいいかもしれないです。 まとめ シスの最終上限解放、Lv100フェイトは特に対策という対策も必要なくクリアすることが可能なのでサクッと終わる。 コンテも1回アビポチオートで処理できないかと手を抜いたときにニオに魅了を付与されてボコボコにされたときくらいです。 これで、私の十天衆は10天8解放。 残りはソーンとフュンフですが、ダマスカス骸晶をこれからセラフィックウェポンの方に回すため結構先になりそうです。 おしまい。

次の

アルバハHL攻略(編成編)

ソーン フェイト フュンフ

オススメ属性 アルバハ初級者向けにオススメの属性は光属性です。 ランク170前後でそろそろアルバハに行きたいと考えた際に、光マグナ編成が一番てっとり早く装備を揃えることができます。 光マグナ編成の場合普段から使っているシュバ剣で自然にHPを盛ることが可能で、フレンド石にルシファーを選べますので、HP回復もできて安定度が増します。 ゼウス編成の場合はHPを盛るのが難しく、フュンフも必要になってくるので、まずはマグナ編成で行くことをお勧めします。 最低限の準備 ・シュバ剣4凸or終末4凸合わせて5本 ・無凸トール (できれば)最終ソーン シュバ剣4凸or終末4凸合わせて5本入れて、ルシ5凸をフレ石に設定すれば、主人公3万、他キャラ2万5千前後のHPは確保できると思います。 このくらいHPがあればそうそう全滅することはありません。 現環境で光属性の1番の役割は70トールを入れることなので、無凸トールは必須としています。 これは今後もアルバハに行く限り必要になりますので、優先してサプチケで取ってしまいましょう。 逆に麻痺はあれば嬉しい程度なので、最終ソーンは必須とまでは言えません。 最終ソーンの奥義バフがないと火力が出ないので、あった方がいいのは間違い無いですが、最終ソーンがないからアルバハ行けない、なんて思わなくても大丈夫です。 主人公ジョブ スパルタ一択。 現環境では全員スパルタが安定します。 セージは回復が追いつかないので微妙です。 アルバハにおけるセージは慣れている方の火力職となります。 アビリティはクリアオール、リヴァイブは確定。 これは使ってみて使いやすい方で。 かばうはリヴァイブが外れること、慣れない内は事故の原因になることから非推奨です。 光属性オススメキャラ 理想PTとしては最終フュンフ、銃ゾーイ、最終ソーン辺りとなりますが、他のキャラでも十分クリア可能です。 手持ちと相談の上色々と試して自分がやり易い編成を探しましょう。 最終ソーン 麻痺役および奥義バフでの火力補助役。 2アビのディプラも3ターン麻痺や睡眠が入る場合もあるので便利です。 必須とまでは言いませんが、持っていれば最優先で編成しましょう。 最終フュンフ 奥義でディスペル、1アビで全体回復+活性+ストレングス、2アビで全体クリア+弱体耐性、3アビで単体自動復活。 4アビで全体復活+HP全回復+ガッツ効果。 とにかく支援性能がハンパないです。 アルバハで大活躍間違いなし。 持っていれば最優先で編成しましょう。 未最終フュンフ 奥義でディスペル、1アビで全体回復+再生、2アビで全体クリア、3アビで単体自動復活。 どれもアルバハに有用で、3アビを主人公に使っておけば事故も防げます。 未開放でも十分有用なので、安定感重視であれば優先的に編成しましょう。 特に防御100%UPが強く、ファランクスなしで特殊も受けても問題ありません。 ざっくりダメ半減と思ってもらえれば。 消去不可な点も頻繁にバフを消去してくるアルバハとマッチしています。 使用可能ターンは5ターン後ですが、ファランクスや全体バフで短縮可能で実際は3ターンくらいで打てます。 十天衆の2人を除いたキャラの中で一番オススメです。 持っていれば最優先で編成しましょう。 リミテッドヴィーラ 2アビでディスペル、1アビで全体かばう持ち。 無属性シリウスを受けたり、全体攻撃もかばえるため破局を一人で受けて落とすこともできます。 編成優先度は高めですが、ビット管理が必要でアビリティを打ちたい時に打てない場合があるので、慣れないとやや使いにくい印象です。 アーミラ 1アビで全体連撃UP+奥義ゲージ上昇量UP、3アビで自身の強化と弱体無効。 加えて1アビ、2アビで銃ゾーイのラストウィッシュのターン短縮ができるので、非常に相性がいいです。 入れるなら銃ゾーイとセットがおすすめ。 火力を出すために編成するキャラなので、どちらかというと慣れて来た方向け。 水着ノイシュ 1アビの全属性50%カットと属性カット50%以上を合わせて100%カット可能。 2アビで光属性防御DOWN、サポアビで敵OD時ダメージ20%カット。 3アビで全体奥義ダメアップ。 防御だけでなく火力補助も可能で、非常に優秀です。 2アビで単体2500回復+強化、奥義でガード効果と、なかなか便利です。 火力は出ませんが、盾として非常に優秀です。 無属性シリウスを吸う役としても。 サンダルフォン サポアビで弱体回復+活性、ガッツ効果を持つため、しぶといです。 2アビでダメのひと押しや自身の回復もできます。 ハロウィンシャルロッテ サブに入れるだけでオールポーション1個もらえます。 オールポーション1個とはいえ侮れず、安定度が格段に増します。 ソフィア サブ向けキャラ。 3アビの復活が確定となり、主人公がやられても立て直しができます。 奥義で全体回復、1アビで単体回復、2アビで全体クリアも可能です。 ペコリーヌ サブ向けキャラ。 2アビで全体かばう持ち。 火力が低いのでサブから出して無属性シリウスの壁役に。 プリキュア サブ向けキャラ。 かばう回避持ち。 こちらもサブから出して無属性シリウスの壁役に。 サブなしの4人編成か、サブにシリウスを受けるキャラを入れる編成のどちらかにすることになります。 サブなしの場合はバスコンの入れ替えを無視できるので、ソーンを入れて70%で麻痺を入れたい場合や、編成を固定して火力を出したい場合はこちらがおすすめです。 50%のシリウスは素で受けることになりますが、主人公のHPを90%以上維持していればそうそう落ちることはありません。 フュンフの3アビを主人公に使っておくという手も。 最初は4人編成で行くのは不安に感じるかもしれませんが、慣れて来るとこちらの方が楽です。 サブ入りの場合はシリウス要員のペコリーヌ・プリキュア等を編成します。 フロントキャラがランダムで後ろに下がるので、ソーンで70%の麻痺が打てなかったり、主力が下がって火力が落ちたりします。 5人入れてもいいですが、シリウス要員だけの4人編成でもOKです。 バスコンで入れ替わるキャラは5人編成の場合は2人、4人編成の場合は1人です。 最初はサブ入りでシリウスを受ける流れを把握し、慣れて来たらサブなしにするのが良いかと。 私のアルバハ光編成。 サブは無し。 サンダルフォンはコスモスBLの対象になるのと、他のキャラがいなかった時に入れていて、今はもっといいキャラもいるのですが、 どうせ火力出ないし面倒なのでそのまま使っています。 装備編成 メイン ・ゼノコロゥ剣 ・七星剣・真以上 メインはゼノコロゥ剣が火力を出せて強いです。 安定性重視なら奥義で30%カットのある七星剣・真がオススメです。 どちらもなければ黄龍槍4凸でもOK。 サブ ・シュバ剣4凸4〜6本 ・終末4凸 ・ゼノコロゥ剣 ・黄龍拳4凸(なければEX武器4凸でOK) ・バハ武器 ・コスモスBL ・無垢(オメガ)武器 ・天司琴3凸 HPは高いほど安定するので、+は振れるだけ振りましょう。 シュバ剣4凸+終末武器4凸で最低計5本、最大計7本まで入れてOKです。 残りの枠は手持ちにあるもので埋めればOK。 無垢武器、天司琴は少々優先度が落ちますが、無垢武器は他に入れるものがなく武器種が合うキャラが2人以上いれば。 天司琴は無属性相手なのでダメージアップの効果はありませんが、神威でHPが上がるので、HPが足りない場合や、他に入れるものがなければ。 シュバ剣4本で組んだ例。 終末4凸がなければシュバ剣は5本に。 写真のシュバ剣、黄龍拳は5凸ですが、4凸で問題ありません。 天司琴も3凸でOK。 マグナ2武器も入ってこないので、他属性のアルバハ編成と比べても一番作りやすい編成かと思います。 オススメ召喚石 メインはシュバマグ4凸、サポ石はルシ5凸。 サブ1枠はトール、1枠はカット石、残り2枠は自由枠です。 カット石 アテナ、ヘクトル、ケロちゃん、ゴブロ、闇カーバンクル 1枚はファランクスと合わせて破局の100%カットに使うので、闇or全属性30%カット以上のものを用意しましょう。 残りの自由枠は以下がオススメです。 なければステータスが高いものを入れてもOK。 ルシフェル 4凸で3000回復、5凸で3000回復+活性。 ステも高くHPが増えて安定します。 バハムート 4凸で奥義ダメUP、5凸で奥義ダメUP+奥義上限UP。 ステも高くHPが増えて安定します。 光の場合開幕召喚可能なので、開幕に打ちましょう。 グリームニル 10000バリア。 エウロペ 2人まで復活。 事故った時にあると助かりますが、あれば保険で入れる程度でOKです。 サンダルフォン 3凸でHP1000回復。 効果量は低いですが意外と使えます。 フレイ ソーンの麻痺を打つ際の補助に。 私のアルバハ用召喚編成。 バハルシ5凸に無凸のアテナとトールです。 もちろんここまで揃っていなくても上記の条件で選べば大丈夫です。 後半の動き方編はとなります。 ランキング参加しています。 応援よろしくお願いします。

次の

アルバハHL攻略(編成編)

ソーン フェイト フュンフ

結論取得時点(非最終)でのソーンとフュンフはスタメン筆頭にはならないが、局所的な使い道ならフュンフがまだ使いどころがある。 火力・使い勝手ともに非最終時点ならガチャキャラの方がよっぽど優秀です。 最終ソーンと最終フュンフの個人的な使用感について 非最終では個人的に微妙だと思っているソーンとフュンフですが、最終することでどれほど光編成において影響を及ぼすのか。 奥義クリで火力も上々! ソーンは最終しLv100+フェイトエピを全て終了することで、麻痺の付与だけでなく弱体効果延長という最強の4アビを覚えます。 この麻痺+4アビのセットは つよばは環境部屋構築で必須ですね。 コスモス武器の仕様変更があったため打ち消し線入れました。 今ではバランスタイプによる連撃補強はありません。 連撃問題が深まりましたね・・・ 懸念材料は多少あるものの、全体的にはさすが十天最終だなと感じる性能になっています。 最終フュンフ:高難易度の人権。 安定感+渾身バフ+黄龍刀=最強! フュンフは最終することで闇マルチバトルにおいて高難易度の安定感が驚くくらい増します。 高級鞄のアヌビスHLソロをフュンフの有無で試しましたが、フュンフがいれば赤子のように簡単になります(無しはまーじでしんどい)。 特に、 最高難易度のルシファーHLでは最終フュンフが必須になるのも、いかにフュンフが高難易度での人権になっているかを物語ってます。 (リミヴィがいなくてもなんとかなるが、フュンフだけはなしは無い。 光終末5凸のために光属性でルシファーHLに行きたい人• ガチゼウス編成で古戦場を頑張る予定の人• 光編成で安定して高難易度ソロを行いたい人 ソーンの最終には単純な火力底上げとつよばは環境部屋への第1歩が得られるため、ランク180未満の人に結構おすすめ。 早いうちからヒヒチャンスを増やして行くことで、将来的なヒヒ難民を緩和できます。 あとは単純に火力が伸びますゆえ・・・! 対してフュンフの最終は、ランク180以上の人におすすめ。 というのも、ここまでソーンなしで頑張ってきたんだから、180以上なら高難易度にもだいぶ通える(ルシHLにも!?)しフュンフで安定を取ってもいいと思う。 11月25日から天上征伐戦(ソロコンテンツ)も始まるしね。

次の