超サッカー。 Jリーグ各チーム掲示板 超サッカー掲示板(Jリーグ)

超サッカー掲示板

超サッカー

概要 シリーズの作中で行われているの通称。 初出はTVアニメの次回予告の最後にが「これが、超次元サッカーだ!!」と言ったことから。 一作目の実写CMから通常のサッカーではありえない現象が次々と起きる でボールがゴールから外れ物置が爆発する、跳躍が脅威の身体能力、ファールの基準など。 そんな場合も、この一言で説明が付いてしまう。 サッカーの試合で互いの選手が全力を尽くしてやってるいるからという前提はあるが物語が進むに連れて明らかにサッカーの試合外でも必殺技は使われてたり、(ゲーム版に限り)試合会場どころかもあったりと一見とんでもないことになってるように思えるが大前提が超次元だから仕方ない。 転じて、試合外での超展開なども「超次元」で説明がつけられてしまう。 「これサッカーアニメ ゲーム ?」との疑問には「超次元サッカーです! 」と答えてあげよう。 ちなみに、これ1作のためだけにが書き下ろされたこともある。 マジで。 超次元サッカーを題材とした作品の例• (時々)• 題材ではないが、主人公達が超次元サッカーっぽい事をやらかした回がある• 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

超次元サッカーへの挑戦

超サッカー

節 日程 対戦相手 会場 結果 1 02. 19 金沢 H栃木グ 7 07. 26 町田 AGスタ 8 07. 29 群馬 A正田スタ 9 08. 02 新潟 H栃木グ 10 08. 08 山口 Aみらスタ 11 08. 12 岡山 H栃木グ 12 08. 16 愛媛 H栃木グ 13 08. 19 琉球 Aタピスタ 14 08. 23 福岡 H栃木グ 15 08. 30 甲府 A中銀スタ 16 09.

次の

富山)不適切会計 1200万円超 県サッカー協会:朝日新聞デジタル

超サッカー

この項目では、の国内プロサッカーリーグについて説明しています。 ののについては「」をご覧ください。 概略 [ ] プロリーグ開幕前 [ ] プロリーグが始まる前の旧国内リーグ・中国選手権は1951年に始まり、の影響による一時中断(1966年から1972年まで)をはさんで、プロリーグの始まる前年の1993年まで行なわれた。 の選手で構成された各省の選抜チームが10数の地方代表の座を争った後、各都市持ち回りの全中国スポーツ選手権大会の開催地に集まってリーグ戦を行ない、毎年のチャンピオンを決めていた。 プロリーグ開幕 [ ] に(中国足球協会)が国内のサッカー競技レベルの向上を目指して設立された。 まで1部(甲A級)は15クラブ、2部(甲B級)は12クラブだったが、更なる試合質の向上を目指して度からそれぞれクラブ数を12と15に変更。 1部を「中国超級」、2部を「中国甲級」と改めて再スタートした。 なお中国語の「中国超級聯賽」(中国スーパーリーグ)の略として「中超」と記載されることもある。 その後、スーパーリーグのクラブ数をは14、は16に拡大(但し2006年は1クラブが出場辞退のため実質15クラブ)。 試合はの2回総当りである。 上位3クラブには翌年の ACL 出場権が与えられる。 リーグの外国人枠は最大7人で、内1人はアジア枠である。 なお、ACL出場時には、外国人枠は4人(内1人はアジア枠)となる。 2013年からは、全クラブチームのユニフォーム・サプライヤーが全てに統一された。 中国国内のビッグクラブである広州恒大は2013年と2015年に2度のアジア王者に輝いている。 一方で中国代表チームは低迷し、五輪やとも予選敗退した。 だがでは予選敗退が有力視されていたが、ベスト8の成績で健闘した。 スター選手が参戦 [ ] 2010年代は豊富な資金力によって有力選手を相次いで獲得しており、2016年にはの()やの()、の()、の()などといった選手が移籍している。 2016年-2017年の冬季の移籍市場では、リーグ総計で史上最高となる3億8,800万ユーロに達した。 一方で、リーグ側はクラブの獲得競争に歯止めをかけるために、同時にピッチに立てる外国人選手の上限を4人から3人に削減する新規則を導入した。 また、2017年6月に新たな規定を発表。 移籍金が国外の選手では4500万元以上、国内の選手では2000万元以上となる場合、その同額を中国サッカー発展ファンドに支払わなければならなくなり、実質2倍の移籍金が必要となった。 所属クラブ(2019年) [ ] 2018年シーズンの中国サッカー・スーパーリーグのチーム所在地• 太字は2019年シーズンから超級に昇格したクラブ。 超級連続在籍年数は最後に超級へ昇格してから。 記録は全て2004年からのもの。 クラブ名 超級通算 在籍年数 超級連続 在籍年数 超級昇格 回数 甲級降格 回数 リーグタイトル 獲得回数 15 15 0 0 3 15 15 0 0 1 15 15 0 0 0 15 15 0 0 0 2 1 2 1 1 10 10 1 0 0 9 8 2 1 7 14 7 1 1 0 6 6 1 0 1 11 5 2 1 0 9 4 2 2 0 3 3 1 0 0 2 2 1 0 0 16 1 2 1 1 13 1 1 1 0 4 1 2 1 1 過去に中国スーパーリーグに参加したクラブ [ ] クラブ名 在籍年数 備考 2016年-2017年 2019年2月25日にチーム解散 2004年-2008年,2010年-2017年 2007年-2016年 2015年-2016年 2010年-2015年 2004年-2012年 2012年シーズン終了後、チーム解散 2008年-2009年,2011年 2005年-2008年 2008年シーズン途中で脱退、チーム消失 2006年-2007年 2007年シーズン終了後、チーム解散 2005年-2006年 上海申花と合併 2004年-2005年 開催方式 [ ] 2004年以降の超級は「1ステージ制」である。 また、超級リーグはシーズンの開幕時期を2004年から現在まで、「春秋シーズン制」(3月頃開幕、同年11月頃閉幕)を採用している。 開催日時 [ ] 基本的に開催期間内の毎週末(土曜日または日曜日)に開催される。 ACL に参加するクラブについては、ACLの試合がおおむね火曜日または水曜日に開催されることから、試合日・移動日との間隔を考慮して当該クラブの試合を平日に延期することがある。 の強化を優先させる観点から、中国代表の出場する国際試合(・の本選・予選)あるいはU-23中国代表が出場する国際試合(・)が行われる期間はリーグ戦が長期中断される。 試合方式 [ ]• 勝ち点は勝ち3点、引き分けは双方に1点、負け0点。 最終的に勝ち点の多いチームが優勝。 同点の場合、勝点が等しいチーム同士の対戦成績(当該チーム間の勝点・当該チーム間の得失点差・当該チーム間の得点数)・得失点差・得点数・規律得点の順で決める。 原則として、下位2チーム(15-16位)が自動的に降格し、翌年は所属となる。 試合方式の変遷 [ ]• 詳細な試合方式については各シーズンの項目を参照の事。 収容能力: 58,500 56,842 56,808 66,161 29,860 33,060 大連体育中心体育場 60,000 58,680 61,443 25,000 18,000 61,000.

次の