ブリムオン 怖い。 ブリムオンとは (ブリムオンとは) [単語記事]

【ポケモン剣盾】ブリムオンの進化と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

ブリムオン 怖い

水色とピンクのロングヘアーで身体を覆う、セクシーな女魔法使いを思わせる外見で、その見た目の通り「森の」の異名を持つ。 帽子の先からは先端がの様な形となった触手が伸び、これを相手に対しての攻撃手段や、喜怒哀楽を表現する際の腕として用いている。 分類通り静寂を好み、争いやそれを起こす人を嫌う性質は更に加速。 頭痛を引き起こすサイコパワーを放って相手を遠ざけたり、箒型の触手で敵を引き裂くなどして己の身を守っている。 ポジティブな感情に引かれ寄り添い、身を賭して全力で守ろうとするとはその点対照的と言える。 一見サーナイトの様にスラリとした体型を持つように見えるが、実は顔から下に小さな手足を持つ本当の身体があり、実体部分をサイコパワーで浮かせ髪で隠す事でその様に見せかけている。 前述の通り、普段は帽子の触手をメインアームとして使っている為出すことはないが、やられモーションの時のみ、この本体部分やスカート内に薄っすら見える足を一瞬だけ垣間見る事が出来る。 高さ2. 1mに対して、体重が 5. 1kgというなかなか異次元の軽さであるのも、これが原因なのだろう。 また、生息域が同じ系統とは共通点が多く、度々話題に上がる事がある。 詳細はを参照。 ゲーム上における特徴 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計 57 90 95 136 103 29 510 フェアリータイプが追加されにも対抗出来るようになったが、元より分が悪かったや、本来エスパータイプが得意とするに弱点を突かれてしまう点には要注意。 見た目通り特殊面に寄った能力値だが、意外にも物理側もそれなりにある。 その代償として思いっきり素早さをかなぐり捨てた鈍足。 防御や特防は高いもののHPは少々心許ないので、大技を食らうと案外あっさり落とされてしまう。 鈍足・高防御という事で、を主体とした特殊アタッカーが鉄板構成。 トリパのアタッカーとして運用することを考えた場合、厳選の目安は れいせい・最遅となるだろう。 メインウェポンとしてや、サブウェポンとして鋼対策のや対ゴーストのが有力。 トリパに組み込むのであれば、当然ながらは必須となる。 ブリムオンの専用技 「」で相手のタイプをエスパータイプに変化すると言う変わった技も持ち、その技で生かした戦法で特にではや強力なさえも倒せるほどのポテンシャルを秘めている。 攻撃もそれなりに高くや、なども覚えるので意表を突いた物理型も一応は可能。 ちなみにどういうわけか、タマゴ技でより を遺伝できる。 起点作りとしては優秀だが、絵面にすると見た目とのギャップが激しいこと請け負いである…。 kg せいじゃくポケモン・ブリムオンがキョダイマックスした姿。 毛の部分が二股に分かれ、通常形態では隠れていた顔から下の上半身部分が丸見えになり、恰も小さなかの様な見た目に変化する。 50キロ先にいる生物のキモチを読み取ることができ、敵意を感じた時攻撃する。 髪の先から稲妻のようなビームを発射するため、「荒ぶる女神」とも呼ばれている。 元々口が小さいブリムオンだが、キョダイマックス後はそれが更に顕著になる。 加えて前に乗り出し首を突き出した姿勢になり、更に状況によってはそれを下から見上げる形になるため、首の影が目立ってしまう。 結果、魔女というよりや宇宙人の様にのっぺりとした顔と錯覚しそうになるが、よく見ると元のブリムオンと同じ位置にしっかり口があるので安心するように。 このブリムオンが放つフェアリータイプのわざは「 キョダイテンバツ」に変化する。 ダメージを与えるだけでなく、相手全体を混乱状態に陥れる効果を持つ。 妖精なのに天罰と聞くとおかしいと思われるが、妖精は神同様に自然の化身である以上に、神の零落した姿としての側面を持っている(ではそれが顕著)ので別に間違ってはいない。 なお、キョダイマックスニャースのとは「相手にダメージを与えつつ混乱させる」という点でほぼ同じ効果の技である。 もっとも、技のタイプが違うことや、あちらはどちらかといえば金策目的で使用されることが多いこともあり、一応差別化はできている。 相手全体を混乱させるという効果は凶悪極まりなく、そのため、基本的に使い勝手がイマイチとされやすいキョダイマックスの中では、と並んで対戦でも見かける機会が比較的多い(特にダブルバトル)。 余談 モチーフはに登場する魔法使い 塔に死ぬまで幽閉される運命にある。 ブリムオンのキョダイマックスの姿も正しく塔に囚われたかのような姿になる。 か、グリム童話に伝えられるだと思われる。 ただし、マーリンの性別は男性である為、女性の登場人物という焦点に絞って考察した場合、げきりんの湖周辺に生息する事を考えればアーサー王にを授けた 『湖の乙女』や魔女としての側面を鑑みれば 『モルガン』あたりが元ネタか。 フォローしておくと、モルガンは本来は今日知られるようなではなく、伝説成立当初はを助ける所謂 『きれいなモルガン』として描かれる事が多かった。 元々モルガンはの女神である為、キョダイマックス時の『キョダイテンバツ』という技名にも符合する。 前述の通り顔の下に本来の小さい体があり、髪のような触手・その下の体のような部分とは繋がっていないのが正しい姿だが、二次絵では普通に人型スタイルで描かれているものが多い。 特に髪の下部分のちょうど膨らんだところがっぽく見えるため 敢えてそういうデザインなのだろうが な姿で描かれたイラストが多数を占める(現状、 投稿されているイラストのおよそ3分の1がR-18という他のポケモンと比較してもぶっちぎりで高い比率を誇っている)。 もっとも、本来の姿と違うからといって一々指摘して回るのは野暮なのでそっとしておくことが望ましいだろう。 逆に、本来のに準じて下のスカート部分を切り離した姿で描かれることも少なくはない。 関連イラスト.

次の

【物理ムオン】タラプのみ 剣舞バトン ブリムオン 育成論 ポケモン剣盾 ポケットモンスター ソード シールド

ブリムオン 怖い

ただし先手の取れないブリムオンが耐久を補強しない積み技を使う点 物理型にしても草技以外は同じで役割対象が変わらない点から 実用性に疑問があるのは同意です。 テブリムについての考察を独立させました。 自身は適用されずダブル専用。 ) きけんよち(相手が弱点タイプの攻撃技または一撃必殺技を覚えているかどうかが分かる。 ) 隠れ特性:マジックミラー(マジックコートが有効な技を跳ね返す。 ) 体重:4. しんかのきせきを持たせることでブリムオンを超える耐久を得ることができる。 単エスパータイプの挑発で崩されない物理受けとして運用することができる。 単エスパーのマジックミラー持ちにがいるが種族値が完全に別物なので差別化を気にする必要はない。 ブリムオンと同じく、隠れ特性のマジックミラーが非常に優秀で、特性を盾にほぼ確実にめいそうによる積みが行える。 格闘などの受けのほか、変化技による誤魔化しに頼った耐久型を詰ませることもできる。 トリックルームを覚えられないのが非常に残念なところ。 ブリムオンが覚えてテブリムが覚えない技 みらいよち・サイコカッター・シャドーボール・シャドークロー・パワーウィップ・はかいこうせん・ギガインパクト・キョダイテンバツ まほうのこな・つるぎのまい・パワースワップ・ガードスワップ・トリックルーム・ワンダールーム・マジックルーム ネタ考察やマイナー考察はにあります。 特性考察 ダブル専用であり、発動は確定ではなく確率である。 そのため発動したらラッキーくらいの使い勝手であり実用性はいまいちである。 マジックミラーのような強力な特性を捨ててまで採用する価値は基本的にない。 ただしマジックミラーの存在から対面で変化技を打たれないため、あえて採用することも考えられる。 主にサブウェポンの有無を確認するための特性であり、発動した場合は情報アドバンテージを得られるが 鈍足であるため控えのポケモンに交代する選択肢ができるくらいで特別有利になるわけではない。 上と同じくマジックミラーを捨ててまで選択する価値は見出し難い。 隠れ特性。 ほとんどの変化技を跳ね返すことができる非常に強力な特性。 シングルにおいて変化技に頼った相手を封殺できるだけでなく ダブルにおいて補助を行う場合、他を差し置いてこのポケモンを採用する理由になる。 に貫通される点に注意。 性能安定。 アシストパワー 超 20 30 〜 100 - タイプ一致技。 2回でサイコキネシス超え。 マジカルシャイン 妖 80 120 100 - 対悪。 ムーンフォースは覚えない。 ダブルでは相手2体を攻撃。 シャドーボールは覚えない。 追加効果が優秀。 瞑想とあわせて回復。 長期戦では痺れが活きる。 変化技 タイプ 命中 解説 めいそう 超 - 特殊耐久を高めながら反撃に講じる。 ふういん 超 - まもるなどを封じる。 いやしのねがい 超 - 自身が瀕死になることで別のポケモンのHPと状態異常を回復させる。 アロマセラピー 草 - ダブル用。 自身も含めた味方の状態異常を回復する。 いのちのしずく 水 - ダブル用。 自身には使えない。 おさきにどうぞ 無 - ダブル用、素早さ等を無視して相手を即時行動させる。 トリル下で味方に。 さきおくり 悪 100 ダブル用、素早さ等を無視して相手の行動を最後にする。 トリル下で敵に。 てだすけ 無 - ダブル用、必ず先制し味方の技威力を1. 5倍にする。 トリルでなくとも有用な点も良い。 リフレクターは覚えない。 しんぴのまもり 無 - 5ターンの間、状態異常を防ぐ。 ダイマックス技についてはブリムオンと使用感が同じため省略します。 試行速度は遅いがどくどくや挑発で崩されない点が魅力。 ほっぺすりすりを使えば、無振りで最速73族・準速85族まで抜ける。 主な仕事は麻痺撒きやさきおくりによる行動順操作&味方の回復や補助。 対テブリム 注意すべき点 とは違い単タイプ。 変化技を跳ね返すマジックミラーを盾にめいそうを積んでくる。 進化の輝石によって高まった防御や特防も相まって、初期対応を間違えると手がつけられなくなること必至。 ダブルでは高耐久と変化技反射を活かして豊富なサポート技で味方の補助や相手の妨害を行う。 対策方法 そこまで耐久が高いというわけでもない。 めいそうをする隙を与えなければ火力も出ないし回復も出来ない。 よって、不利体面でないなら高威力の一致技や弱点の・・技で攻撃するのがベター。 また、1積みまでなら等の持ちの挑発でほぼ機能停止する。

次の

ブリムオンとは (ブリムオンとは) [単語記事]

ブリムオン 怖い

戦闘に出てきた時、相手が『こうかは ばつぐん』や一撃必殺となる技を持っているかが分かる。 技の名前などは分からない。 進化・タマゴで入手• 野生のブリムオンを捕まえる• 通常攻撃。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 特性『ちょすい』『よびみず』の味方は特性が発動するため、この技の効果は無効。 この技は『ダイウォール』の効果も受けない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 この技は『ダイウォール』の効果も受けない。 ダブルバトルで味方に使うと良い Lv. 通常攻撃。 『くさ』タイプや特性『ぼうじん』、道具『ぼうじんゴーグル』を持っているポケモンには無効。 『じめん』タイプや『でんき』タイプには無効。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 交代しても効果は続く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 ただし、必ず先制できる技には無効。 もう1度使用すると元に戻る。 必ず後攻になる 優先度:-7。 もう1度使用すると元に戻る。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 通常攻撃。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 交代した場合は同じ位置にいるポケモンに攻撃する。 タイプ相性の影響を受ける。 ただし、『ふしぎなまもり』など一部の固有な特性は入れ替えられない。 通常攻撃。 ダブルバトル用。 ダブルバトル用。 この技は『ダイウォール』の効果も受けない。 5倍になり フィールドの1. 3倍の効果もさらに加わる 、また相手全体を攻撃する その時ダブルバトルではダメージは0. 75倍。 攻撃後、自分が『ひんし』状態になる。 場の状態が『ミストフィールド』で、自分が『ひこう』タイプや特性『ふゆう』などではなく地面にいる時、威力が1. 5倍になる。 相手全体を1〜4ターンの間『こんらん』状態にする。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 レイドでは相手の不思議なバリアのゲージを2つ減らす。

次の