袴 垂 保昌 に あふ こと 現代 語 訳。 宇治拾遺物語『袴垂、保昌に会ふこと(袴垂と保昌 )』の品詞分解 / 古文 by 走るメロス

袴垂、保昌に合ふ事・宇治拾遺物語 現代語訳・品詞分解・読み方

袴 垂 保昌 に あふ こと 現代 語 訳

袴垂れは、最近モテモテですね。 学校の課題かなんかですか?大変ですね。 サイトでなくて申し訳ないけど・・・。 【袴垂と保昌 】 今は昔、袴垂(はかまだれ)という盗賊の巨魁がいました。 袴垂は、肝っ玉が太く、力は強く、足は速く、腕は立ち、頭の賢く、 世に並ぶ者のないほどの男でした。 袴垂は、隙を狙っては人々の物を奪い取っていました。 十月の月の朧な真夜中のことです。 袴垂は、着る物が必要になり、どこかで手に入れようと、 あちらこちらを 伺い歩いていました。 真夜中なので、あたりは静まりかえっています。 そんな時、 思いもかけぬことに大路を衣を着た人が指貫袴(さしぬきばかま)をしめて、 ただ一人で笛を吹きながら、ゆっくりと歩いていました。 袴垂は、これを見て思いました。 「これぞ良い獲物だ。 」 袴垂は、走りかかり打ち臥せて着物を剥ぎ取ろうと思いましたが、 なぜかこの人物が怖ろしく感じられて、躊躇してしまいました。 袴垂は、この人物の後を二~三町ほどついていきました。 しかしこの人物は、 後をつけている袴垂のことを気にする様子もありません。 袴垂は、今度こそと思い、足音も高く走り寄りました。 それでもその人物は、少しも騒ぐ気配がありません。 笛を吹きながら振り返ったその人物の気配は、 とても襲いかかれるようなものではありません。 袴垂は、飛びのきました。 「これは並の人物ではない。 」 袴垂はそう思いながら、十町ほどこの人物の後をついていきました。 「それにしても、このまま手も出さずに終わるわけにはいかない。 」 袴垂はそう思うと、刀を抜いて走りかかりました。 その時、その人物は初めて笛を吹くのをやめ、 振り返って言いました。 「そなたは何者か?」 あまりにも堂々としているその人物の態度に、 袴垂は威圧されてしまい、 思わずへたへたと膝をついてしまいました。 「いかなる者なのか?」 その人物がもう一度問いました。 袴垂は、逃げれないと思い答えました。 「追剥ぎにて候。 名は袴垂と申し候。 」 それを聞いて、その男が言いました。 「そのような者が世にいるとは聞いておるぞ。 なんとも執念深き奴よ。 ついて来い。 」 そう言うと、その人物はまた笛を吹きながら歩き出しました。 袴垂は、ますます思いました。 「これは只者ではない。 」 袴垂は、鬼神に魂をとられたようになりながらついて行きました。 しばらく行くと、その人物は大きな邸の門の中へ入っていきました。 「ここがこの人物の邸なのか。 」 袴垂がそう思っていると、その人物は袴垂を呼び寄せて、 綿の厚い着物を一枚与えました。 「これからも、このような物が欲しいときには、やって来て申せ。 決して見知らぬ人を襲って、身を誤ったりするでない。 」 その人物は、そう言って中へ入って行きました。 袴垂は、邸から帰るときに、この邸は誰の邸だったろうと考えてみると、 摂津前司藤原保昌(ふじわらのやすまさ)という人物の邸でした。 「あの人が藤原保昌であったのか。 」 袴垂はそう思うと、生きた心地もしませんでした。 その後、袴垂は捕らわれましたが、この人物のことを話しました。 「なんとも薄気味悪く怖ろしい様子の人物であった。 」 ~注釈~ 藤原保昌は、先祖代々の世襲の武者ではなく、 藤原致忠(ふじわらのむねただ)という人の子でした。 しかし、武人に少しも劣ることなく、腕が立ち、力は強く、肝っ玉も太く、 思慮深かったので、朝廷もこの人物を武人として重宝しました。 世間の人は、ことごとくこの人物を恐れていました。 保昌の子孫に武勇に長じた者がでなかったのは、 武者の家柄でなかったからだろうと 語り伝えられています。

次の

宇治拾遺物語『袴垂、保昌に会ふこと(袴垂と保昌 )』のわかりやすい現代語訳と解説 / 古文 by 走るメロス

袴 垂 保昌 に あふ こと 現代 語 訳

昔、袴垂といって並はずれた盗賊の 頭 かしら がいた。 」と思ひて、 「ああ、この人こそ、自分に着物を得させようとして、出てきた人であるようだ。 」と思って、 走りかかりて衣を 剥 は がんと思ふに、あやしく物のおそろしくおぼえければ、添ひて二 、 三町ばかり行けども、 走りかかって着物をはぎ取ろうと思うが、不思議になんとなく恐ろしく感じられたので、あとについて二三町ほど行くが、 我に人こそつきたれと思ひたるけしきなし。 自分に人がついてきていると思っている様子もない。 いよいよ笛を吹きて行けば、試みんと思ひて、足を高くして走り寄りたるに、 ますます笛を吹いて行くので、試してみようと思って、足音を高くして走り寄ったところ、 笛を吹きながら見返りたるけしき、取りかかるべくもおぼえざりければ、走り退きぬ。 笛を吹きながら振り返った様子は、襲いかかることができそうにも思えなかったので、走り退いてしまった。 (2) かやうに、あまたたびとざまかうざまにするに、つゆばかりも騒ぎたるけしきなし。 このように、何度もあれやこれやとするが、少しもあわてる様子がない。 希有 けう の人かなと思ひて、十余町ばかり具して行く。 珍しい人であるなあと(袴垂は)思って、十町あまりほど後をつけて行く。 さりとてあらんやはと思ひて、刀を抜きて走りかかりたる時に、 そうかといってこのままでいられようかと思って、刀を抜いて走りかかった時に、 そのたび笛を吹きやみて、立ち返りて、「こは、何者ぞ。 」と問ふに、心も失せて、我にもあらで、ついゐられぬ。 その時は笛を吹くのをやめて、振り返って、「お前は何者だ。 」と問うので、(袴垂は)呆然として、正気も失って、膝をついて座ってしまった。 また、「いかなる者ぞ。 」と問へば、今は逃ぐともよも逃がさじとおぼえければ、 また、「どういう者だ。 」と問うと、今は逃げようともよもや逃がしはするまいと思われたので、 「 引 ひ 剥 は ぎに候ふ。 」と言へば、「何者ぞ。 」と問へば、 「追いはぎでございます。 」と言うと、「何者だ。 」と問うので、 「 字 あざな 、 袴 はかま 垂 だれ となん言はれ候ふ。 」と答ふれば、 「通称は、袴垂と言われております。 」と答えると、 「さいふ者ありと聞くぞ。 あやふげに、 希有 けう のやつかな。 」と言ひて、 「そういう者がいると聞いているぞ。 物騒で、とんでもない奴だなあ。 」と言って、 「ともにまうで来。 」とばかり言ひかけて、また同じやうに笛吹きて行く。 「一緒について参れ。 」とだけ声をかけて、また同じように笛を吹いて行く。 この人のけしき、今は逃ぐともよも逃がさじとおぼえければ、 この人の様子は、今は逃げようともよもや逃がしはするまいと思われたので、 鬼に神取られたるやうにて、ともに行くほどに、家に行き着きぬ。 鬼に魂を取られたようになって、一緒に行くうちに、家に行き着いた。 いづこぞと思へば、摂津前司保昌といふ人なりけり。 どこかと思うと、摂津の前の国司であった 藤原保昌 ふじわらのやすまさ という人であった。 家のうちに呼び入れて、綿厚き衣一つを給はりて、「衣の用あらん時は、参りて申せ。 家の中に呼び入れて、綿の厚い着物一着をお与えになって、「着物が必要な時は、(ここに)参って申せ。 心も知らざらん人に取りかかりて、汝、あやまちすな。 」とありしこそ、あさましく、むくつけく、恐ろしかりしか。 気心も分からないような人に襲いかかって、おまえ、しくじるな。 」とあったのは、驚きあきれ、気味が悪く、恐ろしかった。 「いみじかりし人のありさまなり。 」と、 捕 と らへられて後、語りける。 「とても立派な人の様子であった。 」と、捕らえられた後、(袴垂は)語ったということだ。

次の

袴垂、保昌に合ふ事・宇治拾遺物語 現代語訳・品詞分解・読み方

袴 垂 保昌 に あふ こと 現代 語 訳

| | | | | 今昔物語集を読む:現代語訳と解説 今昔物語集は、平安時代末期に成立した説話集で、全三十一巻、併せて千二百余の説話を収めている。 そのいづれも、原則として、「今昔」ではじまり、「トナム語リツタヘタルトヤ」で結んでいることから、「今昔物語集」と呼ばれるようになった。 もっとも鎌倉時代の半ば頃までは、「今昔物語」と呼ばれていたようである。 今昔物語集に収録された説話の中には、「宇治拾遺物語」と共通するものが結構ある。 「宇治拾遺物語」はまた「宇治大納言物語」との共通性が指摘される。 そんなことからこの三者を、宇治大納言源隆国と関連付ける意見もあるが、今日では否定的に受け取られている。 もっとも内容的には共通なものが多いのは事実で、それらを特徴づけると、因果応報、生者必滅、会者定離といった仏教的世界観が濃厚なことである。 今昔物語集の撰者は、はっきりとはわかっていないが、その表現能力からして、貴族社会の一員ではなく、大寺に所属する無名の僧だったのではないかと思われる。 無名の僧とは言っても、相当の教養はあるわけで、でなければ今日に至るまで多くの読者をひきつけることはなかったであろう。 しかも、文学作品として読んでも面白い。 芥川龍之介や谷崎潤一郎が、今昔物語集の説話からインスピレーションを受けて、小説を書いたことはよく知られている。 今昔物語集の説話の面白さは、事実を淡々と、誇張なく描くことにあり、簡潔な表現のなかから、具体的な出来事がありありと浮かんでくるようなところにある。 美辞麗句を排して、論理的に積み上げていく文章が、ある種のリアリズムの力を以て、読者に迫ってくるようなところがある。 それがこの説話集の生命というべきものだ。 しかもその簡潔で論理的な文章が、書き手が読み手に向って呼びかけるような説話固有の口調とあいまって、独特の調子の文体となっている。 その独特の文体がこの説話集に共通の性格を付与しているのであるが、語られる説話の内容は多岐にわたっている。 その多岐の説話を、大きく三つに区分して収録している。 巻一から巻五までは天竺の部、巻六から巻十までは震旦の部、巻十一から巻三十一までが本朝の部である。 本朝の部はさらに、仏法にかかわる部分(巻廿まで)と世俗的な部分(巻二十二以降)とにわかれている。 説話として面白いのは、主として本朝世俗部のものであるが、それ以外のものにも面白いものはある。 このサイトでは、今昔物語集の本朝世俗部からとりわけ面白い話数十篇を取り上げて、テクストの現代語訳と簡単な解説を付した。 今昔物語集は、今に生きる日本人にも、尽きせぬ興味の源泉である。 作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved C 2015-2018 このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである.

次の