豆腐 皿。 【麻婆豆腐大好き!】 嘉門タツオさんおすすめ、至極の2皿。楽曲「炎の麻婆豆腐」に溢れるマーボー愛!

【豆腐の冷凍方法】解凍テクで肉っぽい食感に! 絶品レシピも紹介

豆腐 皿

数ある中華料理のなかでも、愛好家やマニアが多い「麻婆豆腐」。 嘉門さんが愛してやまないおすすめの麻婆豆腐を熱く教えていただきました~! 嘉門さんと言えば、一度聴いたら耳から離れない曲の数々。 なんと嘉門さん、好きが高じて「麻婆豆腐」の曲まで作ってしまったというから驚きです。 その名は「炎の麻婆豆腐」。 麻婆豆腐に衝撃を受けて、曲までつくっちゃった!? さかのぼること2012年…。 四谷の四川料理店「蜀郷香(シュウシャンシャン)」の麻婆豆腐に出会った嘉門さんは、そのおいしさにたちまち魅了され、以降たびたびお店に通うようになったそう。 「この世の中に、これほどまでに麻婆豆腐を愛してやまない人達が自分以外にも存在する」ということに感銘を受けた嘉門さんは、「そうだ、麻婆豆腐の歌をつくろう!激しくエネルギッシュな曲調のものを!」と楽曲制作を開始。 そこからさらに加速するようにおいしい麻婆豆腐を探し巡る日々を送っていたそう。 ここで、あの熱い楽曲が生まれた…!? ) 曲誕生のきっかけは、麻婆豆腐の名店「四川飯店」のオーナーシェフ・陳建一さんとの出会い。 ある日、陳さんの前で「麻婆豆腐」がテーマの曲を歌ったところ、「親父(=陳建民さん)が日本に広めた麻婆豆腐の歌ができた!」とたいそう喜んでくれたそう。 その後も親交は続き、なんと陳さん自ら講演会などでこの歌を披露することもあるのだとか。 その意気投合っぷりは、「炎の麻婆豆腐」のCDジャケットに使われている陳さんとの厨房でのツーショット写真からも伝わってきます。 お2人の並みならぬ麻婆愛がたっぷり詰め込まれている「炎の麻婆豆腐」。 麻婆好きを公言するなら聴いておくべき楽曲だと言えます! 「炎の麻婆豆腐」が誕生した「四川飯店」の麻婆豆腐。 上海系なら「四五六菜館」!ビリビリ抑えめ麻婆豆腐 そしてもう1つ、嘉門さんが推薦するのは横浜中華街にある上海料理店「四五六菜館」の麻婆豆腐。 唐辛子のピリッとした辛さ=「辣味(ラーウェイ)」と、花椒の痺れるような辛さ=「麻味(マーウェイ)」が奏でる絶妙なバランスが不思議とクセになる1皿。 写真だけでもご飯がたべられそう! 四五六菜館の「四五六麻婆豆腐」(1,500円 税抜) 嘉門さんいわく、「こちらは上海料理のお店だから、四川とは少し違ってしびれるようなビリビリ感は抑え気味。 何と言っても特徴は、生の刻んだ唐辛子と、大きめで食べ応えある豚肉ですね」とのこと。 青唐辛子など20数種もの食材の旨味が活かされた絶妙なうまみを味わえる1皿です。 昔ながらの味を大切にしつつ、固定観念にとらわれない斬新なメニューづくりが評判を呼んでいる中華街の老舗 「四五六菜館」。 引き際も爽やかな麻婆豆腐が好き!!」と、麻婆愛溢れる、魅力的な表現で締めていただきました! 四川風と上海風、タイプの全く異なる至極の麻婆豆腐。 この2つの名店へわざわざ足を運んで食べに行く価値は、ありあり!麻婆好きならヘビロテ必至の「炎の麻婆豆腐」を聴きながら、ぜひ食べに行ってみてくださいね~! 【教えてくれた人】 嘉門タツオさん [PROFILE] シンガーソングライター。 1959年3月25日大阪府生まれ。 フォークソングとラジオの深夜放送、 1970年の大阪万博に影響を受け育つ。 「嘉門」はサザンオールスターズ桑田佳祐氏の命名。 1983年「ヤンキーの兄ちゃんのうた」でデビュー。 「ゆけ! 川口浩!! 」「小市民」「鼻から牛乳」「替え唄メドレーシリーズ」「アホが見るブタのケツ」「ギャー!! シリーズ」などヒット曲多数。 フットワーク軽く、より貫禄をなくすため、2017年に「嘉門達夫」から「嘉門タツオ」とPOPなカタカナ表記に改名。 14:00)、ディナー17:00~22:00(L. 21:30 、ランチ11:30-17:00 L. 16:30 土曜11:00-23:00 L. 22:00 、日祝11:00-22:00 L. 21:30 [定休日]年中無休 [URL].

次の

一皿で満腹♪たっぷり豆腐グラタンの作り方

豆腐 皿

昔にがりダイエットで使ったことがあるにがりだった。 マグネシウムの含有量が肝らしい。 Amazonで購入しました。 たくさんの種類の中から消去法で選びました。 健康機能食品と書かれたものは今回はパス、よく分からないから。 海外の海水を使ったものはパス。 お豆腐づくりに、と書かれていないものもパス。 決め手は「原液」であると明記されていたことです。 また、商品紹介ページには豆腐が作れることも書いてありました。 「あらなみの本にがり100ml」は、瀬戸内の海水から塩を採った後の原液 塩化マグネシウムが主成分の液体 です。 こぼれ難いワンタッチキャップになっています。 お豆腐作り、炊飯、煮物料理にお使いください。 100ml入りです。 分量は1%で9ml。 にがりを入れたけど、もろもろしない 完全手作り豆腐の時には、すぐにモロモロとおぼろ豆腐ができ始めたのですが、全くならず。 どろっとはしてきたけれど、これ固まってるって言えるのか?という感じ。 追加で5mlのにがりを投入してみたものの、変化なし。 (にがりは多いほうが良いというわけではないのですが、失敗かと焦ってやってしまった) とりあえず、混ぜ過ぎは良くないので、鍋蓋をして10分間放置しました。 諦めモード。 予想外の出来事です、これイケるかも。 にがりを増量してしまったので、苦味が気になりますが、少し感じるものの言われれば分かるという程度。 ヤッター!固まっている! 型に流して、成形 どろどろを入れます。 穴杓子ですくうことも出来ず、鍋から直接ドボドボ。 前回同様の木の型とさらしございます。 量は前回と同じかちょっと多いくらいでした。 重しを乗せますが、全く水が出てこないぞ。 10分後、少し水が出ていました。 完全豆腐の時とは量が全く違います。 型から出すものの・・・・ 豆腐を水中で取り出そうとするのですが、うまくいかない!卵の殻を剥こうとして、白身まで付いて来る・・・まさにそんな感じ。 豆腐がぼろぼろと崩れてしまうのです。 さらしをはがすと、とうふが崩れ出します。 重しをかける時間が、足りないのかと思ってもう一度だけ型に戻してみることにしました。 そこからさらに30分重しをかけました。 通常の3倍です! 取り出しは、直接皿で 水の中だと豆腐がぼろぼろと崩れてしまうので、かえって皿の上でやったほうが良いと判断。 お皿を2枚使って、ひっくり返してさらしを外す作戦 一応完成・・・ぺたんこでした。 高さ2㎝くらい。 実食! まずはその場で実食。 きちんと豆腐の味がします。 味は濃い目、豆腐の味は濃いです。 しかし、もしかして、私達夫婦が感じている「味の濃い豆腐」の濃さっていうのは「にがり」の味のことなのかもしれません。 大豆の味を引き立たせるのににがりは有効なのかも。 食感ですが、これは全く木綿豆腐っぽくないです。 クリーミーというか、もったりというか・・・生クリームとゼラチン多めの、重たいムースのような食感です。 前回の完全手作り豆腐は、木綿豆腐でした。 お店で買って食べる豆腐と同じです。 (それよりギュッと重い感じでしたが。 ) ぼろぼろだけど、ねっとり 夕飯に味噌汁で頂きました!夕飯まで置いても、全く水は出ていませんでした、不思議! 結論 このクオリティなら・・・市販のでいいや 決してまずいわけではない。 スーパーの豆腐に比べて劣るわけでもない。 実際この豆腐の味噌汁も美味しく頂きました。 でも、この豆乳の200円チョイしました。 だったら、200円のお豆腐買ったほうが良いなって思います。 100円の豆腐を2丁分食べたほうがいいなって、我が家の舌とお財布事情を考慮するとそうなる。 今日行った道の駅では300gの大豆が丁度200円だったから、それを買って大豆から作るほうがいい。 おからも出て、そのおからも美味しくいただけるし。 豆腐作りを検索してみて 豆乳メーカーもにがりメーカーも豆腐の作り方のところは「おぼろ豆腐」「とろとろ豆腐」「やわらかめ」「クリーミー」って書いてあるんですよ。 普通に固い木綿豆腐は作れないってことでしょうかね? あと、使用するにがりの条件(マグネシウム含有量とか、%とかさ)や大豆固形分が何%とか、書けないもんでしょうかね。 大概、メーカーのページって目玉のレシピや製品の歴史やら分類やら情報がまとめられていて、見ていて楽しいんですが・・・ 豆乳メーカーさん、にがりメーカーさん、日本豆腐協会さん・・・がんばってください。 要約すると私が思っているような「木綿豆腐」や「おぼろ豆腐」は大豆固形分が足りずに出来ないんだそうです。 ただ、他の豆乳よりは大豆固形分が高く、とろっとした豆腐は出来るから「豆腐もつくれる」と記載しているとのことです。 なるほど、確かに大豆固形分10%はスーパーに並んでいるものでは最高値です。 書かれているレシピでとろっと豆腐もできます。 ただ、この豆乳を使っておぼろ豆腐や木綿豆腐を作ろうとしている人もいると思いますよね。 日本豆腐協会のホームページに木綿豆腐は大豆固形分8%〜11%の豆乳で作るとかいてあるもの。

次の

豆腐を使ったヘルシーレシピ8選|ダイエットに必須のたんぱく質たっぷり! (1/1)

豆腐 皿

旨みと辛さが程よい黒麻婆豆腐&茄子 まるごと一丁の豆腐と、とろりと柔らかで旨みたっぷりのなすが入った「黒麻婆豆腐茄子弁当」。 程よい辛さに仕上げた黒麻婆は、暑い季節にごはんがすすむ逸品です。 おかずだけの「黒麻婆豆腐茄子」もご用意しております。 弁当・惣菜専門店「キッチンオリジン」「オリジン弁当」について 「キッチンオリジン」は、より女性のお客さまに親しみやすいような店舗デザインへ一新、同時にイートインコーナーを設置するなど、より使い勝手の良いお店として、2014年2月、東京都の池袋に誕生しました。 店舗では、ボリュームのあるお弁当、小さめのお弁当、おにぎり、そして野菜をたくさん使ったお惣菜やサラダなどを美味しく召し上がっていただくために店内で調理しています。 さらに、店舗によっては挽きたてコーヒーもご用意しています。 お弁当を持ち帰って食べる。 イートインスペースでサクッと食事。 お客さまのライフスタイルに合わせて、ご利用ください。 「オリジン弁当」は、1994年に、自分で自由に選べる量り売りのお惣菜がある新しいお弁当屋として誕生しました。 店内調理にこだわり、毎日お店で作っている40種類以上のお惣菜をショーケースに並べ、30種類を超えるお弁当は、オーダーを受けて調理し、できたてをお渡ししています。 ボリュームのあるお弁当、小さめのお弁当、おにぎり、そして野菜をたくさん使ったお惣菜やサラダなど、毎日飽きないラインナップです。 忙しい毎日の食事に、またプラス一品としてオリジン弁当のお惣菜、お弁当をご利用ください。 創業の思い 創業者 安沢英雄は常々「毎日食べても飽きないものを作ろう」と語っていました。 地域に根ざし「家庭の台所代行業」として、日々の食生活の一端を担い、お客さまの健康に寄与したい、そんな思いから事業がスタートしました。 お母さんが家族のことを思って作る料理と同じように、安心で安全な商品提供を第一に考え、素材の味が楽しめるようにと取り組んでいます。 だから、今でもオリジンでは毎朝、店内で調理を行い、鮮度を大切にしています。 これからも、弁当・惣菜専門店「キッチンオリジン」「オリジン弁当」は、ご来店いただくお客さまのために心を込めて調理し、提供することに努めてまいります。

次の