グランメゾン東京料理監修。 『グランメゾン東京』を監修する「イヌア」と「カンテサンス」の凄さとは

「木村拓哉さんのアイデアに助けられました」三ツ星シェフが明かす『グランメゾン東京』監修秘話――文藝春秋特選記事

グランメゾン東京料理監修

1.『グランメゾン東京』を陰で支える「イヌア(INUA)」 「イヌア(INUA)」は2018年6月にオープンしたばかりの新しいフランス料理店です。 この店を作ったのは出版社としても有名なKADOKAWAです。 開店から人気が集まり、今では予約の取れない店として有名です。 なぜそこまで人気を集めているかというと、イヌアのシェフに秘密があります。 イヌアのヘッドシェフを務めているのはトーマス・フレベル氏というドイツ人シェフです。 34歳と比較的若いながらも、すでに実績は抜群です。 フレベル氏がかつて働いていたのはデンマークにある「ノーマ(noma)」というお店でした。 このお店は、なんと「世界のベストレストラントップ50」で1位を取ったこともあるお店なのです。 料理の食材に蟻を使用することでも話題になりました。 そんなお店で働いていたシェフが日本でお店を開いたきっかけは、KADOKAWAの社長に自分の店のシェフをやってくれないか、とスカウトされたからでした。 イヌアの料理の中には、蜂の子を使ったものもあるそうです。 ノーマしかり、食を通じて自然との調和を追い求める精神はイヌアにも通じています。 北欧風のインテリアに彩られた店内で、日本にいながら北欧の雰囲気を味わいたい、創造的でイノベーティブなフランス料理を食べてみたい方は、一度は訪れてみてはいかがでしょうか。 その人こそが岸田周三氏です。 岸田氏は高校を卒業した後すぐに料理人としての修行をはじめ、ホテルやフランス料理店などを渡り歩き腕を磨きました。 27歳でフランスに留学し、本場のフランス料理を学び帰国してから「カンテサンス」を開店。 2006年に開店したカンテサンスは、なんと翌年すぐにミシュラン三ツ星を獲得します。 最年少でミシュランの三ツ星を獲得したこと、その年ミシュランの日本版が初めて出版されたということもあって、大変な話題を集めました。 その後もカンテサンスはミシュランの三ツ星を継続して取り続け、日本のみならず世界にも知られるフランス料理店となりました。 現在も予約困難店として人気を集めています。 quintessence. html 詳細情報 カンテサンス 住所:東京都品川区北品川6-7-29ガーデンシティ品川御殿山1F 電話:03-6277-0090 営業時間:17:000~23:30 L. 20:30) 定休日:日曜日中心に月6日、年末年始、夏期休暇 平均予算:¥30,000~¥39,999 URL: 3.「イヌア」や「カンテサンス」の他にも訪れておきたい本格フレンチ 今回は木村拓哉さん主演のドラマ『グランメゾン東京』の監修を務める2つのフランス料理店にスポットを当てました。 当然、東京で人気のフランス料理店は他にもたくさんあります。 ミシュランから高い評価を受けているレストランの1つとして、カンテサンスとともに三ツ星を獲得している「ロオジエ」を紹介しましょう。 ロオジエは1973年に開店した老舗ともいえるフランス料理店です。 資生堂によって東京・銀座に作られたこの店は、フランス人のみならず各国の要人が来店するフランス料理店として世界的にも知られています。 豪華な内装と工夫を凝らしたフランス料理には憧れを抱いている人も少なくありません。 ミシュランガイド東京が始まった2008年版から3年連続で三ツ星の評価を獲得しましたが、ビルの建て替えによる休業などを経て、2019年版で再びミシュラン三ツ星に返り咲いたお店でもあります。 日本のグルメガイドでもフランス料理好きなら一度は行くべきとして紹介されることが多いお店です。

次の

木村拓哉『グランメゾン東京』で、料理の監修担当が明かした驚愕のリクエスト

グランメゾン東京料理監修

もくじ• 尾花がパリでフランス料理店を営んでいたことから、撮影も本場パリの三ツ星レストラン「ランブロワジー」などで行われたことが、大きな話題となっています。 さらに、ドラマ内で調理風景やお料理が多く映し出されることから、グランメゾン東京に料理監修のシェフがつくことになりました。 今回料理監修を務めることになったのが、東京・品川にあるミシュラン三つ星のフレンチレストラン「カンテサンス」の岸田周三シェフです。 初めて料理監修を引き受けることになったことについて、岸田周三さんは以下のようにコメントを出されていました。 フランス料理、レストランをテーマにしたドラマということで、飲食業界にドラマを通じて活気が出てくれたらと思って協力させていただくことになりました。 「飲食業界に入ってみようかな、やってみようかな」という若い方たちが増えたらいいなという気持ちです。 今回はお客様の席じゃなく、キッチンの中の裏方の方が多く映されている番組なので「飲食店ではこういうことやっているんですよ」って皆さんに知っていただいて、「やってみようかな」と思う人が増えたら、と思って引き受けました。 ードラマ公式HPより引用 岸田シェフは1974年8月8日生まれで愛知県出身。 志摩観光ホテル「ラ・メール」や東京都渋谷区のレストラン「カーエム」での勤務を経て、本場パリに修行に行きます。 その後パリのミシュラン三つ星レストラン「アストランス」で独特の火の入れ方(キュイソン)を身につけられました。 最上質な肉に非常に時間をかけて火入れをしていく、オーダーメイド的な丁寧な調理方法が特徴です。 岸田シェフは調理において<プロデュイ 素材 ><キュイソン 火の入れ方 ><アセゾネ 味付け >の3つのプロセスを特に大事にされているようです。 2006年に開業し、翌年2007年にはたった1年という異例の速さで三つ星を獲得されたのだとか。 それ以来12年間に渡り、一度も星の数を落としたことが無いのだそうです。 パリのフレンチ激戦区でも、一度三つ星を獲得してもランクダウンしてしまうお店も無数にある厳しい世界なのに、東京で12年間も三つ星を守り続けているということがいかに凄いことか分かりますね。 ミシュランの星を守り続けていることについて、岸田周三さんは以下のようにコメントされています。 フランス料理の料理人にとって、ミシュランの星はとても大事な意味を持っています。 東京にミシュランが来るようになってから、和食やお寿司のお店も星を取られていると思いますが、フランス料理の料理人にとって、昔から憧れているシェフたちが獲得していたものを、我々も獲得できるチャンスがいただけるようになるというのは、すごいことが起こったなと思いました。 カンテサンスが星を獲ったのは もう12年前になります。 感情が高まったのを覚えています。 (星を守ることは)プレッシャーはあります。 星だけでなくお客様はたくさんの期待をして当店に来て下さいます。 毎日毎日プレッシャーもありますけど、それは期待の表れなので、それに応えたいなという気持ちで、それをモチベーションにスタッフとともに頑張っています。 ードラマ公式HPより引用 カンテサンスの場所はどこにある? レストラン「カンテサンス」は 東京・北品川にあります。 ドラマの料理監修って具体的にどんなことをするお仕事なの…?! と料理監修というお仕事に馴染みのない方は多いと思います。 料理監修とは、撮影で使われるお料理のレシピ作りはもちろん、素材選びや盛り付け方などあらゆることを決定し、撮影で再現できるように調理技術を指導していくお仕事です。 つまり木村拓哉さん扮する尾花のレストランで作られるお料理やメニューを、岸田周三シェフが考えているということですね。 三つ星レストラン「カンテサンス」で腕を振るう岸田周三シェフが監修するお料理を毎週映像で楽しめる…ということです。 本当に贅沢なドラマですね。 尾花は再起をかけるレストラン「グランメゾン東京」のメニューは、岸田周三シェフと木村拓哉さんの二人三脚で作られるということで、毎週お料理から目が離せなくなりそうですね。 カンテサンスはグランメゾン東京のロケ地になる? 「グランメゾン東京」の撮影が初めて行われた場所は、なんとフランス・パリの三ツ星レストラン「ランブロワジー」でした。 木村さん曰く、時間も費用も手間もかなり掛けられてドラマが作られているので、料理監修の岸田周三シェフの働くカンテサンスがドラマ内で登場するのか気になりますよね。 尾花の帰国後、東京で倫子と共に店を構えることになるのですが、東京のレストランロケ地は代官山の超高級フレンチレストランになるようなので、 現段階ではカンテサンスがロケ地として使われることは無いのでは?と予想します。 ただでさえ、常時予約が受け付けられないほどの人気店ですからね… もし撮影に使われるような情報が入りましたら、追記していきます。 1話でロケ地とはなりませんでしたが、レストラン「gaku」のミシュラン調査が入る際、丹後が「東京で三つ星を取ったのはカンテサンスしかない」と言っているセリフがありました! グランメゾン東京料理監修は岸田周三氏まとめ! 2019年10月スタートの日曜劇場「グランメゾン東京」にて料理監修を務める岸田周三シェフについて、 また岸田周三シェフのレストラン「カンテサンス」についてまとめました。 これを機に更に有名になって、予約が取れないお店になりそうですね。 この秋、岸田周三シェフの作るレシピと、木村拓哉さんの料理風景が毎週観られる「グランメゾン東京」から目が離せませんね。

次の

グランメゾン東京の料理のレシピは?使用している鍋や包丁も紹介!

グランメゾン東京料理監修

蓋つきの焼き物容器で、その器に入れて調理した料理も「テリーヌ」と呼ぶんだとか。 肉や魚、野菜をすりつぶしているところが、パテと似ている料理だと思っていたのですが 今回はあん肝+豆乳を合わせてるので「テリーヌ」なんでしょうかね? 【 TBS日曜劇場 ・ 】 第1話で木村拓哉さんと鈴木京香さんが召し上がっていた「あん肝のテリーヌ」です!お皿に飾ってあるものはアンコウの顎の骨。 口の中を覗き、あん肝を食べると言うイメージで仕上げました。 ドラマ内でも「賄い料理」と言われていたので、フランスの家庭料理=同じ釜の飯を食うというニュアンスなんでしょうか。 それから気になったのは。 柑橘類の果物ですね。 こちらも鰆と同じく、秋が旬なのだそうです。 水晶文旦のソースの作り方は、文旦の皮をむいて、果実をほぐしてから にんにく&セロリ(みじん切り)、フヌイユ(セイキョウまたはフェンネルともいう)、キノコ、フィーヌゼルブ(香草) 文旦の果汁、オリーブオイルを混ぜるんだそうです。 相沢さんの奥さんであるエリーゼは、ブルターニュ出身ということでこの料理に決まったそうです。 パリパリの食感を残すために、食べる直前に手巻きする形をとったそうで これはなかなか新しい食べ方ですよね! ガレットの上には8種類のキノコはそれぞれ調理方法が違っていて 味も食感も楽しめそうな一皿になっています。 巻いた後の姿は海苔巻きというよりは、春巻きっぽくも見えるなと ひそかに思っていたりします・・・(笑) 【8話】 浪漫亭のビーフシチュー 尾花さんのお師匠様が作った洋食屋のビーフシチューでした! スプーンを入れるシーンを見て、このお肉柔らかいに違いない!!と、確信しましたね! 常連さんのために1つずつ絶妙にカスタマイズされています。 ソースもデミグラスソースに、さらにベーコンやドライトマトが入ってましたね! そのときの材料に「ミルポワ」という記載がありました。

次の