デュアル スイーパー 擬似。 【スプラトゥーン2】デュアルスイーパーカスタムの擬似3確でウデマエXへ【メイン性能アップ】

【スプラトゥーン2】デュアルスイーパーの立ち回りとおすすめのギア|ゲームエイト

デュアル スイーパー 擬似

YOUTUBEでも解説しています この記事の内容はYOUTUBEで動画化しています。 内容はほぼ同じですが、記事と動画どちらも見ることで疑似3確デュアルスイーパーカスタムの理解が深まるのでよければ両方見ていただけると嬉しいです。 そもそも疑似確ってなに? 疑似確とはメイン性能アップギアを積むことで1発の威力を上げて、敵が少しでもダメージを受けているときに通常より1発少ない確定数で倒せるようにすることです。 デュアルスイーパーカスタムを例を挙げて説明します。 デュアルスイーパーカスタムは 通常1発28ダメージです。 敵を倒すためには4発当てる必要がありますね。 これに メイン性能アップを3. 5積むことで1発33. 2ダメージに上がります。 3発当てると99. 6ダメージになります。 このとき 敵が0. 4ダメージ以上受けていれば通常より1発少ない3発で敵を倒すことができます。 敵インクを一瞬踏むだけでも0. 3ダメージ程度入るので 少しでもインクを踏んでいる相手なら3発で倒すことができます。 マニューバーなどはスライドで敵インクにつっこんでくることが多いですし、ほかの味方が少しでも削っていれば3発で倒すことができます。 確定数とは…ブキごとの敵を倒すのに必要な弾数 疑似3確のメリットとデメリット メリット ・敵を撃ち逃すことが減る ・今まで相打ちだった敵に撃ち勝てるようになる ・強気に前に出れるようになる ・アーマーを1発で剥がせるようになる ・要は対面性能がグッと上がる デメリット ・インク管理がきつい ・ボムを投げるとすぐにインクが尽きる ・ギア枠がきついのでスペシャルの回転率を上げられない ・慣れるまではインク切れのデスが増える デュアルスイーパーカスタムの疑似3確ギア構成 僕は上の画像のギアをガチマッチで使用しています。 デュアルスイーパーカスタムの 疑似3確に必要なメイン性能アップの数は最低3. 5です。 そのため、かなりギアが圧迫されます。 残った枠に入れるギアですが、個人的におすすめなのは以下の4つです。 メイン効率アップ … メインのインク管理がかなりキツいため• インク回復力アップ … 同じくインク管理がキツいため• イカ速アップ … 全体的に立ち回りやすくなり、生存力が上がる。 2がおすすめ。 スペシャル減少量ダウン … スペシャルを抱え落ちしたときに打開が楽になる• カムバック … 積んでおくだけで打開がかなり楽になる• 2、インク回復力アップを0. 1積んでいます。 またジェッパの処理やバブル、アーマー用に爆風軽減・改を0. 1積んでいますが、これは好みですね。 カムバックを積む場合は、メイン効率を2. 8積むことで3. 5積んだ時と同じ効果を発揮できるのでカムバックを積む余裕ができます。 ギアを作るのは大変ですが、いろいろ試してみて自分に合ったギアを見つけましょう。 立ち回りで注意すること 一番注意しなければならないのはインク管理です。 メイン性能アップを積んだ分、インク効率ギアをあまり積めないのでインク管理がシビアになっています。 慣れるまではインク切れのデスが増えるでしょう。 ・ 敵を1枚倒したら一度引いてインク回復をする。 ・ ボムはここぞというときだけ投げる。 この2つを意識して経験を積み、インク残量を体に覚えこませましょう。 今まで使っていたデュアルスイーパーカスタムとは別のブキだと思ったほうがいいです。 ガチマッチでの立ち位置としては前衛よりの中衛です。 積極的に前に出る気持ちを持って、キルを取りましょう。 特に マニュ相手には疑似3確が入りやすいので対面で勝てることが増えます。 敵と対面した時の立ち回りは通常のデュアルスイーパーカスタムと同じです。 相手より射程が長いときは相手の射程の外から攻撃、逆に 相手のほうが射程が長い時は前に出て相手の射程の有利を潰すように動きます。 スライド連打で逃げるとインクがきついので逃げ道を事前に塗っておくと生存力が上がります。 インク管理はきついですが、塗り性能はわりと高いので状況によってはエリア管理もしてあげましょう。 疑似3確デュアルスイーパーカスタムの立ち回りまとめ 上位プレイヤーも好んで使っている疑似3確デュアルスイーパーカスタム。 慣れるまではインク管理が難しいですが、使いこなせば対面で勝てるようになりウデマエもガンガン上がります。 スライドで射程管理をしてキルを量産していく爽快感は最高なのでせひ使ってみてください。

次の

デュアルスイーパーカスタムのギア構成・ギア考察について

デュアル スイーパー 擬似

ご覧頂きありがとうございます。 この記事を元に、デュアルスイーパーカスタムで楽しく戦うタコが増えれば幸いです。 よろしくお願いします! なお、当サイトはギアパワー表記は57表記を採用します。 ギアを語るその前に! デュアルスイーパーカスタムにおける「メイン性能」についてお話致します。 その後、付けたい、出来る限り欲しいギアパワーと構築の1例を紹介していきたいと思います。 威力減衰距離、そしてデュアルスイーパーのメイン性能はどれくらい積むべきか? ・というゲームの中で、あまり知られてませんが、 威力減衰距離と呼ばれるシステムがあります。 端的に言うと、 射程のギリギリでは本来より攻撃力が落ちてしまう、というシステムです。 シューターやスピナー武器にはよく見られ、「 沢山命中させたのに倒せてない」と感じる時があるのでは無いでしょうか? それはこのシステムが発動し、 本来のダメージを与えられていないという事にあります。 デュアルスイーパー系は特にこのシステムの理解が重要で、かつ、ギア構築の派閥を分けるものとなっています。 デュアルスイーパー、もとい、デュアルスイーパーカスタムはメイン性能を積むことで 攻撃力が上昇します。 それに伴い、 威力減衰距離を減らすという効果も得られます。 本来、デュアルスイーパーは4発当てれば倒せる武器ですが、射程の端だとダメージがぶれて倒せない時があります。 メイン性能を積むことはすなわち、相手を キルから取り逃すことを減らす事に繋がります。 元々の性能上、射程範囲でもキルから逃れられることの多いデュアルスイーパー系武器、沢山積むのが正解に見えます。 しかし! これには少し弱点があります。 それは……… ダメージを引き上げるためのギアパワー必要量が多いという事。 デュアルスイーパー系武器はメイン性能を積むことで、何かしらダメージを受けた敵 インクを踏んだ、爆風を浴びたetc…… を3発で倒せる 擬似3発確定調整 1発33. 3ダメージにする事 という事が出来ます。 ただし、それを満たすために必要なギアパワーはおよそ 47です。 メインギアパワー3個に、サブギアパワー6個、もしくはメインギアパワー2個、サブギアパワー9個でようやくそのラインに乗ります。 積みたいギアパワーが多いこの武器で、その量はかなり重たい。 しかし、前線でキルを取るならばその負担を減らしたい。 デュアルスイーパー系武器を扱う方には、かなり悩みどころです。 デュアルスイーパー系武器では、メイン性能については大きく3つの派閥に別れます。 これに関しては自分のプレイングと要相談になります。 自分の普段の戦い方を振り返り、それにあったメイン性能を積みましょう。 デュアルスイーパーカスタムに欲しいギアパワーとギア構築例 ・僕が使ってみた感想も合わせて、ギア構築、欲しいギアパワーをご紹介致します。 上記のメイン性能を含めて、参考にしていただければ幸いです。 積まないのであれば、インク管理に細心を払いましょう。 接近、逃げ、どちらにも使えるギアパワーのため便利です。 25積むとザップと同じスピードになります。 前線復帰から攻め、逃げ、なんでもござれ。 長射程にプレッシャーをかけましょう。 デュカスのは有利な環境づくりが捗る為、こちらもつけて敵に負担をかけたい。 メイン効率を沢山つけて負担軽減、ボムも遠くまで投げれるため、チャージャーにも強めに出れる防御よりバランス型。 インク管理はしやすいが、キル取りはやや難しい。 攻める時は仲間と行動しつつ、気持ち射程を短めに使おう。 端だとだいたい逃げられる。 未完成ですが、残りのギアパワーはお好みで埋めて良いかと。 キルも塗りもこなせる攻撃よりバランス型。 ヒト速積みで射程管理しやすく、インク効率も積んでインク管理もしやすい。 威力減衰距離も減り、5発いる場面は少なかったですが、やはり逃げられる時は逃げられる。 深追いはせず、最前線を維持する立ち回りに向いている感じがしました。 インク消耗が激しく、継続して戦いづらいため、敵ひとり倒したら退きつつ、インク回復し再び攻め込むヒットアンドアウェイが基本。 キルパワーは高く、撃ち合いに強い。 塗りが弱めなので、カバーしてもらいながら、敵が少ない時は塗りに参加しましょう。 がでしたか? バランスよく、使い手しだいで大きく顔を変えるデュアルスイーパーカスタム! この記事を読んで使いたくなったら嬉しい限り。

次の

デュアルスイーパーとは (デュアルスイーパーとは) [単語記事]

デュアル スイーパー 擬似

ご覧頂きありがとうございます。 この記事を元に、デュアルスイーパーカスタムで楽しく戦うタコが増えれば幸いです。 よろしくお願いします! なお、当サイトはギアパワー表記は57表記を採用します。 ギアを語るその前に! デュアルスイーパーカスタムにおける「メイン性能」についてお話致します。 その後、付けたい、出来る限り欲しいギアパワーと構築の1例を紹介していきたいと思います。 威力減衰距離、そしてデュアルスイーパーのメイン性能はどれくらい積むべきか? ・というゲームの中で、あまり知られてませんが、 威力減衰距離と呼ばれるシステムがあります。 端的に言うと、 射程のギリギリでは本来より攻撃力が落ちてしまう、というシステムです。 シューターやスピナー武器にはよく見られ、「 沢山命中させたのに倒せてない」と感じる時があるのでは無いでしょうか? それはこのシステムが発動し、 本来のダメージを与えられていないという事にあります。 デュアルスイーパー系は特にこのシステムの理解が重要で、かつ、ギア構築の派閥を分けるものとなっています。 デュアルスイーパー、もとい、デュアルスイーパーカスタムはメイン性能を積むことで 攻撃力が上昇します。 それに伴い、 威力減衰距離を減らすという効果も得られます。 本来、デュアルスイーパーは4発当てれば倒せる武器ですが、射程の端だとダメージがぶれて倒せない時があります。 メイン性能を積むことはすなわち、相手を キルから取り逃すことを減らす事に繋がります。 元々の性能上、射程範囲でもキルから逃れられることの多いデュアルスイーパー系武器、沢山積むのが正解に見えます。 しかし! これには少し弱点があります。 それは……… ダメージを引き上げるためのギアパワー必要量が多いという事。 デュアルスイーパー系武器はメイン性能を積むことで、何かしらダメージを受けた敵 インクを踏んだ、爆風を浴びたetc…… を3発で倒せる 擬似3発確定調整 1発33. 3ダメージにする事 という事が出来ます。 ただし、それを満たすために必要なギアパワーはおよそ 47です。 メインギアパワー3個に、サブギアパワー6個、もしくはメインギアパワー2個、サブギアパワー9個でようやくそのラインに乗ります。 積みたいギアパワーが多いこの武器で、その量はかなり重たい。 しかし、前線でキルを取るならばその負担を減らしたい。 デュアルスイーパー系武器を扱う方には、かなり悩みどころです。 デュアルスイーパー系武器では、メイン性能については大きく3つの派閥に別れます。 これに関しては自分のプレイングと要相談になります。 自分の普段の戦い方を振り返り、それにあったメイン性能を積みましょう。 デュアルスイーパーカスタムに欲しいギアパワーとギア構築例 ・僕が使ってみた感想も合わせて、ギア構築、欲しいギアパワーをご紹介致します。 上記のメイン性能を含めて、参考にしていただければ幸いです。 積まないのであれば、インク管理に細心を払いましょう。 接近、逃げ、どちらにも使えるギアパワーのため便利です。 25積むとザップと同じスピードになります。 前線復帰から攻め、逃げ、なんでもござれ。 長射程にプレッシャーをかけましょう。 デュカスのは有利な環境づくりが捗る為、こちらもつけて敵に負担をかけたい。 メイン効率を沢山つけて負担軽減、ボムも遠くまで投げれるため、チャージャーにも強めに出れる防御よりバランス型。 インク管理はしやすいが、キル取りはやや難しい。 攻める時は仲間と行動しつつ、気持ち射程を短めに使おう。 端だとだいたい逃げられる。 未完成ですが、残りのギアパワーはお好みで埋めて良いかと。 キルも塗りもこなせる攻撃よりバランス型。 ヒト速積みで射程管理しやすく、インク効率も積んでインク管理もしやすい。 威力減衰距離も減り、5発いる場面は少なかったですが、やはり逃げられる時は逃げられる。 深追いはせず、最前線を維持する立ち回りに向いている感じがしました。 インク消耗が激しく、継続して戦いづらいため、敵ひとり倒したら退きつつ、インク回復し再び攻め込むヒットアンドアウェイが基本。 キルパワーは高く、撃ち合いに強い。 塗りが弱めなので、カバーしてもらいながら、敵が少ない時は塗りに参加しましょう。 がでしたか? バランスよく、使い手しだいで大きく顔を変えるデュアルスイーパーカスタム! この記事を読んで使いたくなったら嬉しい限り。

次の