変わらぬご愛顧のほど 意味。 「ご指導ご鞭撻のほど」は正しい敬語?意味や例文・使い方・類語も紹介!

「ご指導ご鞭撻」とは?意味や適切な使い方、言い換え表現など徹底解説!

変わらぬご愛顧のほど 意味

自分の行いに対して「ご愛顧した」とは言わない• 「ご愛顧」と「ご愛好」の意味が混同しないようにする 普段使い慣れていないと陥りやすい間違いなので注意してください。 注意点1.自分の行いには使えない 「ご愛顧」は自分の行いに対して使うのは一般的ではありません。 例えば、「私は彼を愛顧している」とは言いません。 自分の行いに対して使う場合は「私は彼を贔屓(ひいき)にしている」などの形で表現するのが一般的です。 注意点2. ご愛顧とご愛好の区別 「ご愛顧」を使う際に注意をしたいのが「ご愛好」との区別です。 口頭の表現で「ご愛顧」を使う人の中には、「ご愛好」として誤認をしているケースも少なくありません。 「愛好」はそのことが好きで楽しむ事、愛でて好むことなどの意味を持つ単語です。 「愛顧」が持つ意味とは若干、異なるので注意しましょう。 「ご愛顧」を用いた例文 「ご愛顧」は感謝の意を伝える際や謝罪の意を伝える際など、あらゆる場面で活用が出来る便利な表現です。 急遽、必要になった際にもあせらずに活用が出来る様に、頻度の高い3つのパターンをご紹介します。• 3-1.日頃の感謝を伝える際 最も使用頻度が高いのが日頃の感謝を伝えるシーンです。 顧客へのメールや文書の冒頭に定型文として用いられる事も多くあります。 例:ご愛顧いただきありがとうございます メールの文章では「」という冒頭文がよく使われます。 これを、 「いつもご愛顧いただきありがとうございます」に変えるだけで、顧客に対してな印象を与えることができますよ。 感謝の言葉を知りたい方は、を確認してください。 3-2.キャンペーンなどの販促策を展開する際 キャンペーンやセールを行う際にも「ご愛顧」を用いた表現が使われます。 案内文に用いられる事もありますし「ご愛顧」そのものがキャンペーンやセールの名称となる事も少なくありません。 例:日頃のご愛顧に感謝をいたしまして~ キャンペーンやセールを行う際に「日頃のご愛顧に感謝をいたしまして、お客様謝恩セールを実施する事になりました」の文言を加えるだけでも、丁寧さが伝わるだけでなく、 特別感も演出する事が出来ます。 ただし、日常的に使いつづけてしまうと効力が薄れてしまうので、使用頻度やタイミングを見極めて使うのが賢明です。• 3-3.謝罪文で用いる際 「ご愛顧」は感謝だけでなく、謝罪を行う際にも使われます。 謝罪の際は文末で使われ、引き続き、「ご愛顧」頂ける様に請う形で用いられるのが一般的です。 例:これからも変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます トラブルやはビジネスを行う上では避けては通れないものです。 単に謝罪をするだけではなく、 「これからも変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます」のフレーズを使うだけでも、相手の印象が変わるので押さえておきましょう。 ご愛顧の類語 「ご愛顧」には類義表現がいくつかあります。 内容によっては別の類義表現がふさわしい場合もありますし、文中で複数使う際などは言い換え表現として使い分ける事が出来るとスマートです。 代表的な5つの類義表現の例をご紹介します。 4-1.ご(ひいき) 「ご愛顧」と意味合いも使い方も同じ類義表現です。 「ご愛顧」と「ご贔屓(ひいき)」どちらを使っても意味が通じない事はありませんが、場合によっては違和感を感じるケースもあります。 特に「ご贔屓(ひいき)」は歌舞伎や宝塚などの演芸の世界や古くから続く旅館など 特定の業種や特定の年齢層に好まれて使われている傾向があり、万人に対して用いる事は少ない表現です。 4-2.お引き立て 「ご愛顧」と意味や使われ方もほぼ同じで「お引き立てを賜りますようお願い申し上げます」の形で使われます。 「ご贔屓」同様、 古くから用いられている表現であり、長年親しまれている表現です。 「ご愛顧」と比べるとややストレートな表現と言えます。 4-3.ご支援 「ご支援」は 具体的な行動や援助があった際に使うのに最適な表現です。 例えば、関係部署から応援の人員をもらった際などは「ご愛顧」が適さない為、「ご支援」が適した表現。 「皆様方のご支援を賜りまして、心より感謝致しております」などの形で使われます。 4-4.ご恩顧(おんこ) 「ご恩顧(おんこ)」の意味は情けをかけること、面倒を見ることです。 「ご恩顧(おんこ)に心から感謝を致します」や「ご恩顧(おんこ)をこうむる」の形で使われます。 「ご愛顧」よりもした表現です。 まとめ 「ご愛顧」は顧客対応において欠かせない便利な表現です。 今回ご覧いただいた正しい使い方や類義表現をマスターすれば、顧客との円滑なコミュニケーションが取れますし、顧客からの信頼度も増します。 類義表現も含めて「ご愛顧」を使いこなして、社内外から頼られ、信頼されるビジネスマンを目指しましょう。

次の

「ご愛顧」の意味と類語「お引き立て・ご贔屓」との違いと例文集

変わらぬご愛顧のほど 意味

ご愛顧/引き立ててもらう / ご愛顧賜るとは、目をかけてもらう、引き立ててもらう。 末永くご愛顧賜りますよう、お願い申し上げます。 今後とも変わらぬお引き立てのほど、よろしくお願い申し上げます。 皆様のご期待に沿えるよう、これからも邁進してまいりますので、これからも変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。 平素は、格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。 これを機にさらなる努力を重ねてまいる所存です。 今後ともご支援とご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。 日頃、ご愛顧頂いている皆様をお招きして、下記の通り忘年会を開催したいと存じます。 今年も余すところわずかとなり、ご多忙のところ誠に恐縮ですが、万障お繰り合わせのうえ、ご参加くださいますようお願い申し上げます。 皆様の日頃のご愛顧に感謝をこめて、ささやかながらお食事の席をご用意させていただきます。 今後とも末永くご愛顧賜りますよう、お願い申し上げます。 これもひとえに皆様もご愛顧とご支援によるものと深く感謝しております。

次の

「お引き立て」の意味と類語と使い方と例文集「ご愛顧」との違い

変わらぬご愛顧のほど 意味

「お引き立て」はひいきにしてもらっている相手に使う言葉 「お引き立て」という言葉は、 自分がひいきにしてもらっている相手に対して使う言葉です。 自分のことや自分が行った働き、成果を相手が気に入ってくれているときや、日頃から世話をしてもらっている相手、目をかけてもらっている相手などに使えます。 ビジネスシーンでは、取引を継続して行っている取引先に対して使う場合が多いことも。 直接会って話すときに使うほか、メールなどで挨拶文に交えて取り入れることができる言葉です。 「お引き立て」は、自分がひいきにされている、という受け身の立場で使う言葉のため、 目上の人や上司、お世話になっている取引先などに対して使うようにしましょう。 尊敬語のため、敬語表現のひとつとして活用するのがポイントです。 「お引き立て」の後に続く言葉によって適する場面が異なりますので、場面にあった使い方に気を付けましょう。 「お引き立て」について感謝を表す場合には、ひいきにしてもらっている、目をかけてもらっている、などの事実の上に成り立つ言葉のため、初対面の相手に使うのは望ましくありません。 今まで相手にしてもらったことを感謝するつもりで利用すると良いでしょう。 ただし、必ずしも実績のみに左右される言葉ではないこともポイント。 ビジネスマナーとして、それほど関係が深くない相手にも失礼のないように使う場合があります。 「お引き立て」の意味 「お引き立て」は、「引き立て」という言葉に「お」を付けて丁寧語にしたものです。 「引き立て」には、一段と見栄えがするようにする、奮い立たせる、などの意味があり、特に目をかけたり、ひいきにしたりすることを指します。 「お引き立て」と丁寧に表すことで、尊敬語になるところが特徴。 自分がひいきにしている場合や目をかけている場合には「引き立て」を使いますが、「お引き立て」と「お」を付けることで、ひいきをしてもらっている側に対して使う言葉です。 ひいきにしてもらうという事実を伝えるだけでなく、感謝や尊敬の意味も含めて相手に伝えることができるでしょう。 「お引き立て」の使い方 「お引き立て」を使う場面を例文で見ていきましょう。 「お引き立て」は、取引先との実績が一度のみの場合など関係が浅い場合でも用いられることがあります。 言葉の意味としてはふさわしくない部分も感じられますが、尊敬や感謝の気持ちを伝える言葉としても使えるため、ビジネスマナーも心がけながら取り入れていきましょう。

次の