アメリカの国旗 星の数。 アメリカ合衆国についてご紹介!人口や州の数、州の名前、国旗の意味や地図の調べ方、面積について!

アメリカ合衆国の国旗(星条旗)!星の数は州の数なんだよ!

アメリカの国旗 星の数

歴代の国旗 星条旗は、時にでという女性が裁縫したものが始まりだと言われている。 星は独立時の13個から、連邦にが加わるたびに増やされて現在に至っており、その度に、次のに配置が変更される(初期を除く)。 このため、星条旗は世界で最も変更回数の多い国旗だが、現在の「50星」デザインはが州に昇格した翌年の1960年から続いており、にはこれまでの「48星」の47年間を抜いて最も長い期間使われているデザインとなった。 なお、期に南部11州が合衆国を脱退してを建国しているが、アメリカ合衆国が脱退そのものを認めていないため、国旗から星の数が減ったことはこれまでない。 当初は星の数と共に条 すじ の本数も増やされていたが、条の本数が多くなるに従って不恰好で見づらくなった(遠目からはピンクに見えるようになった)ため、1818年にデザイン変更の際の規定が作られ、条は発足時の13本で固定し、以降は星の数だけを増やしたという経緯がある(下表の15星旗では縞は15本だが、20星旗は13本に直されている)。 この「青地に白い星」と「赤と白の条」の組み合わせは、アメリカ合衆国をイメージするあらゆるシンボルに使用されている。 なお、も日本語では「星条旗」と訳されるが、原題は「 The Star-Spangled Banner」(「星で飾られた旗」の意)であり、合衆国旗を意味する言葉ではあるが、厳密には「条」の意味が含まれていない。 独立時の13星を表した「ベッツィー・ロス・フラッグ(Betsy Ross Flag)」、 当時は13個の星の配置が定められていなかったが、円形に配されたベツィー・ロス・フラッグが採用された デザインの変遷 [ ] 以下の表に、アメリカ合衆国の27の国旗を示す。 星の配置は「一般的」なものである(多くはと関係している)。 1912年10月29日にが48星旗を発表するまで、公式な星の配置は定められていなかった。 さらに、旗の正確な色も1934年 まで決まっていなかった。 その後定められたことにより以前の国旗にも適用された。 また上記の通り公式ではなかったものの慣例上の一般的な配置は決まっていた。 それら慣例により事実上正式であったものを表に記す。 星数 国旗 増えた州 施行日 最終日 年数 0 なし 01年 06ヶ月12日 13 17年11ヶ月18日 15 23年 02ヶ月 03日 20 01年 21 01年 23 02年 24 14年 25 01年 26 08年 27 01年 28 01年 29 01年 30 03年 31 07年 32 01年 33 02年 34 02年 35 02年 36 02年 37 10年 38 13年 43 01年 44 05年 45 12年 46 04年 48 47年 49 01年 50 現行 60年以上 重要な非標準配置 [ ]• のに縦掲揚された星条旗(のにて) 国旗を縦に掲揚する際はそのまま「時計回りに90度まわして」掲げるというのが国際的なルールだが、星条旗は例外で、が常に左上にくるよう「時計回りに90度まわしてから裏返す」のが正式な掲げ方である。 国旗の誤掲揚は国際儀礼上の非礼とされるため儀典担当者は神経を使うが、合衆国旗の誤掲揚は最も頻繁におこる失態のひとつとなっている。 衣服 [ ] やの右袖につけられた合衆国旗は、カントンが右上にくる配置になっていた。 合衆国旗の配置のもう一つの原則に、カントンは常にポール側になければならず、必然的に風上側にあることになる。 着衣の場合、風を前から受けると想定してデザインするため、右袖につけた合衆国旗は必然的にカントンが右上、つまりは風にたなびいたように通常掲揚する場合と裏返しに配置されている。 これはでも同様である。 他の国旗への影響 [ ]• For alternate versions of the flag of the United States, see the at the "Flags of the World" website. Leepson, Marc. 2005. Flag: An American Biography. New York: St. Martin's Press. 『』2008年9月22日号 「ベースボール意匠学 右袖の星条旗のナゾ」62ページ 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

アメリカに51番目の州が誕生したら?

アメリカの国旗 星の数

比率やデザイン マレーシアの国旗の縦横比率は 1:2で日本国旗よりも横に長いですね。 左上のカントン部には 青地に 黄色で 月と 星が描かれています。 カントン部以外は 赤と 白の横シマで、上から赤白赤白赤白~の順で14本並んでいます。 によく似ていますね。 アメリカ国旗の星の数は州の数を表していますが、マレーシアの国旗も何か表しているのでしょうか? デザインの意味は? マレーシア国旗のカントン部に描かれた 月と 星はイスラム教のシンボルですね。 過去の記事にも書いたもイスラム教のシンボルである月と星が配されていました。 マレーシアではイスラム教が国教であり、マレー系を中心に広く信仰されていることから、国旗にもイスラム教のシンボルが描かれているのですね。 また星をよく見てみると光の線が多いですよね。 数えると14本あります。 赤と白の横線も14本あるんです。 この『14』という数が何を表しているかというと、マレーシアの13州と首都のクアラルンプールを含んだ連邦直轄地域を表しているとのこと! アメリカのように州が増えたら線と星の光も増えるのでしょうね。 色が意味するものは? では、マレーシア国旗に使われている色にも意味があるのでしょうか? マレーシアの国旗には 赤・ 白・ 青・ 黄色の4色が使われていますね。 「 赤」と「 白」はシンガポールやインドネシアなど、東南アジア地域の国旗でよく使われている色ですね。 この2色は東南アジアで 伝統的に親しみ深い色だということです。 マレーシアにはマレー系をはじめ、華人系、インド系など多くの民族が住んでいます。 「青」で多く民族の団結を表しているんですね。 「 黄」はマレーシアの伝統的な首長である スルタンの権威を表しています。 また、 赤・ 白・ 青の3色は昔マレーシアを支配していた「ユニオンジャック」に由来しているという説もあるようです。 イギリスの支配下にあった歴史も取り入れられているとうことですね。 では、どのような経緯でこの国旗になったのかマレーシアの歴史と共に見ていきましょう。 マレーシアの国旗 歴史や由来 マラッカ王国(1402-1511) 出典: 青地にイスラム教のシンボルである月と星が配されていますね。 現マレーシア国旗のカントン部に近いデザインになっています。 ヨーロッパの進出 1509年、ポルトガルの遠征隊がマラッカ王国に到着。 1511年~1641年までポルトガルの支配下となります。 1641年にはオランダの支配下となり、1795年にイギリスがマラッカを獲得。 1874年にマレー半島とシンガポール島などの領域からなるイギリス領マラヤが成立します。 その後、1941年日本軍が上陸し、翌年マラヤと北ボルネオを占領。 太平洋戦争の終結とともに、イギリス支配下に戻ります。 マラヤ連邦の発足 1948年にマラヤ連邦が発足し、1957年に独立します。 このマラヤ連邦の旗が現在のマレーシア国旗に近いデザインになっています。 マレーシアから分離したシンガポールの国旗にも左上に月と星のマークが描かれています。 東南アジアで親しまれている赤・白が使われているところもおなじですが、こちら2色だけですね。 まとめ 今日はマレーシアの国旗について見てきました。 アメリカ国旗に似ているマレーシア国旗。 ストライブの数と星の光の線の数はマレーシアある13の州とクアラルンプールのある連邦直轄地域を表しているんですね。 また、カントン部にある月と星はイスラム教のシンボルマークでしたね。 多くのイスラム教国家の国旗で月と星のマークが使われていますよ。 みなさんも、月と星が描かれた国旗を探してみてくださいね。 では、また!!•

次の

アメリカ国旗・国章と国鳥(ハクトウワシ)の由来・意味

アメリカの国旗 星の数

歴代の国旗 星条旗は、時にでという女性が裁縫したものが始まりだと言われている。 星は独立時の13個から、連邦にが加わるたびに増やされて現在に至っており、その度に、次のに配置が変更される(初期を除く)。 このため、星条旗は世界で最も変更回数の多い国旗だが、現在の「50星」デザインはが州に昇格した翌年の1960年から続いており、にはこれまでの「48星」の47年間を抜いて最も長い期間使われているデザインとなった。 なお、期に南部11州が合衆国を脱退してを建国しているが、アメリカ合衆国が脱退そのものを認めていないため、国旗から星の数が減ったことはこれまでない。 当初は星の数と共に条 すじ の本数も増やされていたが、条の本数が多くなるに従って不恰好で見づらくなった(遠目からはピンクに見えるようになった)ため、1818年にデザイン変更の際の規定が作られ、条は発足時の13本で固定し、以降は星の数だけを増やしたという経緯がある(下表の15星旗では縞は15本だが、20星旗は13本に直されている)。 この「青地に白い星」と「赤と白の条」の組み合わせは、アメリカ合衆国をイメージするあらゆるシンボルに使用されている。 なお、も日本語では「星条旗」と訳されるが、原題は「 The Star-Spangled Banner」(「星で飾られた旗」の意)であり、合衆国旗を意味する言葉ではあるが、厳密には「条」の意味が含まれていない。 独立時の13星を表した「ベッツィー・ロス・フラッグ(Betsy Ross Flag)」、 当時は13個の星の配置が定められていなかったが、円形に配されたベツィー・ロス・フラッグが採用された デザインの変遷 [ ] 以下の表に、アメリカ合衆国の27の国旗を示す。 星の配置は「一般的」なものである(多くはと関係している)。 1912年10月29日にが48星旗を発表するまで、公式な星の配置は定められていなかった。 さらに、旗の正確な色も1934年 まで決まっていなかった。 その後定められたことにより以前の国旗にも適用された。 また上記の通り公式ではなかったものの慣例上の一般的な配置は決まっていた。 それら慣例により事実上正式であったものを表に記す。 星数 国旗 増えた州 施行日 最終日 年数 0 なし 01年 06ヶ月12日 13 17年11ヶ月18日 15 23年 02ヶ月 03日 20 01年 21 01年 23 02年 24 14年 25 01年 26 08年 27 01年 28 01年 29 01年 30 03年 31 07年 32 01年 33 02年 34 02年 35 02年 36 02年 37 10年 38 13年 43 01年 44 05年 45 12年 46 04年 48 47年 49 01年 50 現行 60年以上 重要な非標準配置 [ ]• のに縦掲揚された星条旗(のにて) 国旗を縦に掲揚する際はそのまま「時計回りに90度まわして」掲げるというのが国際的なルールだが、星条旗は例外で、が常に左上にくるよう「時計回りに90度まわしてから裏返す」のが正式な掲げ方である。 国旗の誤掲揚は国際儀礼上の非礼とされるため儀典担当者は神経を使うが、合衆国旗の誤掲揚は最も頻繁におこる失態のひとつとなっている。 衣服 [ ] やの右袖につけられた合衆国旗は、カントンが右上にくる配置になっていた。 合衆国旗の配置のもう一つの原則に、カントンは常にポール側になければならず、必然的に風上側にあることになる。 着衣の場合、風を前から受けると想定してデザインするため、右袖につけた合衆国旗は必然的にカントンが右上、つまりは風にたなびいたように通常掲揚する場合と裏返しに配置されている。 これはでも同様である。 他の国旗への影響 [ ]• For alternate versions of the flag of the United States, see the at the "Flags of the World" website. Leepson, Marc. 2005. Flag: An American Biography. New York: St. Martin's Press. 『』2008年9月22日号 「ベースボール意匠学 右袖の星条旗のナゾ」62ページ 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の