これ は なんで すか 英語。 英語学習を知り尽くしたZ会に聞いてみた「翻訳ツールがあるのになんで英語を勉強する必要があるんですか!?」

ここに置いておくね!を英語では?

これ は なんで すか 英語

海外に行った時、現地の人にはできるだけ好印象をもたれたいですよね? 英語には敬語がないとよく聞きますが、 英語にも丁寧な言い方はあります。 僕はカナダに住み始めてもう1年半以上経ちます。 学校でいろいろな先生と話をしたり、で毎日たくさんの人と話しをするなかで、現地の人がよく使っている丁寧な英語表現が徐々にわかってきました。 そこで今回は、こちらの人がよく使っている 丁寧な英語表現をご紹介したいと思います。 丁寧で礼儀正しい人が好まれるのはカナダも日本も同じです! ぜひ海外に行ったときに、ここでご紹介する表現を使ってみてくださいね~! What are the polite phrases Canadian people often use?? 丁寧に聞きたい、頼みたいときの表現 Would Would you be available on this weekend? (今週末なにか予定がありますか?) I would like to take you my favourite restaurant. (連れて行きたいお気に入りのレストランがあります。 ) Would you mind if I hold your hand? 時間があるときにメールを送ってもらえますか? Could you wait for me just a few minutes? 数分だけ待っていただけますか? Could I use the washroom? May I ask your name? お名前を聞いてもよろしいでしょうか? May I ask your age? 年齢を聞いてもよろしいでしょうか? May I ask if you are married? ご結婚はされていますか? Is it possible 〜 Is it possible to change the meeting time? 可能であれば、明日オフィスに伺いたいのですが。 Is it possible to hold your hand? もし今日来ていただけると大変うれしいです。 もしスケジュールを変更することが可能ならとてもありがたいです。 喜んでお手伝いさせてください。 喜んで今からそちらに行かせて頂きます。 It was really my pleasure to meet you today. 今日はあなたとお会いできて本当にうれしかったです。 I appreciate 〜 I really appreciate your kindness. あなたの親切さにとても感謝します。 I appreciate your big help. あなたのおかげですごく助かりました。 Any information would be appreciated. どんな情報でも助かりますよ。 あなたのサポートに感謝します。 とても役に立つアドバイスに感謝します。 ギターを教えてくれたこと、すごく感謝しています。 あなたにこれをもらって、これ以上うれしいことはないです。 また君に会えて本当に幸せだ。 君が来てこれ以上の幸せはない。 Sorryだけじゃないっすよ!丁寧に謝りたいときの表現 apologize I apologize for the inconvenience. ご不便をおかけして申し訳ありません。 本日は遅れてしまい申し訳ございません。 My apologies to you for not responding to your email yesterday. 昨日はメールに返信できず申し訳ございませんでした。 Sorryだけじゃないっすよ!丁寧に Noと言いたい時の表現 I wish I could I wish I could,but I have a lot of things to do today. 行けたらよかったなぁ。 でも今日はやることがいっぱいあるので。 I wish I could attend the party. パーティーには残念ながら参加できません。 I wish I could help you. 残念ながら手伝うことができません。 残念ながらこれ以上は言うことができないのです。 残念ながら明日はいけません。 申し訳ないのですが、それはできなくなりました。 風邪を引いてしまったので行けません。 母の体調が良くないので今日は行けません。 残念ながらあなたにキスすることは不可能です。 なぜならあなたは美しすぎるから。 残念ですが今日ウチに来ることはできません。 ルームメイトがまだいるので。 残念ながら緊張し過ぎてあなたの手を握ることはできません。 本当に行きたいのですが、今日はもっと重要なことがあるので行けません。 とてもやりたいです。 でも今日はもう寝たほうがいいと思います。 番外編 好きな人に愛を伝える表現 ・I have feeling for you. ・I got a crush on you. ・How lucky am I to exist in this world with you! (君は魅力的だ。 (君には才能がある。 ) ・You look very nice in that sweater! (そのセーターいい!) ・I really like your hairstyle. (その髪型好きだなぁ~) ・Cool sneakers! (かっこいいスニーカーだね!) いかがでしょうか? カナダでも丁寧で礼儀正しい人は好印象をもたれます! 僕はカナダに住んで以来いつもそれを感じていて、日本人特有の礼儀正しさの重要性をカナダで再確認できた気がしますね。 僕はカナダに来る前、「 英語は敬語がないから結構ラフな表現でも誰も気にしないだろう。 カナダでも礼儀正しさがとても重要です! もちろん、友達同士や気が知れた仲なら丁寧な言い方をする必要はありません。 ですが、海外で初対面の人や店員さん、または一緒に仕事をする相手に対しては、日本人と同様に丁寧で礼儀正しい言い方をした方が良いと思います。

次の

ネイティブがよく使う「どうぞ」の表現

これ は なんで すか 英語

スポンサーリンク あなたのペンが机の上に転がっているとします。 今回は「どうぞ(〜してください)」を表すときによく使われる英語表現を紹介します! 「〜してもいい?」「どうぞ」を英語で 日本語の「どうぞ」にはいろんな意味がありますが、今回は「〜してもいい?」と聞かれた時に、許可したり促したりする意味での「どうぞ」のお話です。 冒頭の「ペン借りてもいい?」「どうぞ(いいよ)」や、友達の家に遊びに行って「トイレ借りてもいい?」「どうぞ(いいよ)」などの 気持ちよく「いいよ!」と言っている感じです。 そんな時には「もちろん、どうぞ」というニュアンスの、 スポンサーリンク• Sure. がよく使われます。 ちょっといいレストランやホテルなどでは、• Certainly. という答えが返ってくることもあります。 ドアのところで誰かと一緒になったら、相手に譲る時に使う表現ですよね。 Can I borrow your pen? —Sure, go ahead. という感じです。 簡単な表現ですが、慣れないとなかなか口からスッと出てきません。 以前、パスタを麺から作ろうとしてパスタマシーンを買ったのですが、使ってみたら不良品でした。 そこで、レシートを持ってお店に行ったら、快く「新品と交換するね」と言ってくれたのですが、店員さんが持ってきた新品の外箱がボコッと凹んでいたんです。 スポンサーリンク 箱が破損しているのはニュージーランドではそれほど珍しくもないのですが、念のため「箱の中を確認してもいい?」と聞くと、店員さんの口から出てきた言葉が、• Yeah, go ahead. でした。 Can I use your bathroom? —Sure, go ahead. 「トイレ借りてもいい?」「どうぞ(使ってください)」• Can I take this chair? —Yes, go ahead. 「このイス持って行ってもいい?」「どうぞ(持って行ってください)」• Can I ask you something? —Sure, go ahead. 「ちょっと聞いてもいい?」「どうぞ(いいよ)」• Can I have the last slice? —Sure, go ahead. 例えば友達が、半年後に開催されるコンサートに誘ってくれたとしましょう。 「平日だけど、行ける?行けるならチケット取るよ」と言ってくれました。 あなたは「休み取れるかな…」と少し不安になりながらも「チケット取っちゃって!お願い!」と言うとします。 Go ahead and get me a ticket! と言えるんです。

次の

「あれはなんですか」に関連した英語例文の一覧と使い方

これ は なんで すか 英語

そのモノが、もともとそこ、あるいはそこの場所(その部屋とか)にあったものなら、通常ーー I'll leave it here. と言います。 また、そうでない場合、持ってきたことを相手が確認していても、I'll leave it here. で大丈夫です。 しかし、持ってきたものを置いておく場合は、 I'll put it here. とする方が自然です。 なお、以上の文は、あくまで置く前、置く直前の文です。 もう、置いてから言う場合は I left it here. I put it here. とすることになります。 また、すぐに受取りそうな場合で、しかも、そのモノが相手に見えていなかった場合、置いたあとでも現在形でーー Here you are. Here it is. (単数の場合) Here they are. (複数の場合) などと、相手の注意を引く言い方をします。 以上、ご参考になればと思います。 A ベストアンサー Would you~? 「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~? 「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。 依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。 つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。 Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。 Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。 I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。 Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。 例: Would you like another cup of tea? 「もう一杯紅茶如何ですか?」 Would you like going on a picnic? 「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」 Would you like to go on a picnic? 「同上」(このto不定詞は名詞的用法) ご参考になりましたでしょうか。 Would you~? 「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~? 「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。 依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。 つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。 Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。 Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め... A ベストアンサー I mean・・・ 今風に言えば「っていうかぁ~」みたいに使いますし、一度言ったことにもうちょっと説明を加えたいときに使います。 I like this book. この本好きなの It's interesting for me. おもしろいんだよね I mean, the story was good, and characters, too. ってかさ、話はいいし、キャラクター達もいいんだよね You know・・・ 意味はないです。 単に間をつなぐ「えっと」「あのね」「でしょ?」っていう軽い表現です。 You know , I was so busy today, you know, I worked so hard, too much talked to my client. あのね 今日すっごい忙しかったよ、あのね、一生懸命仕事してさ、お客さんといっぱい話したしさぁ。 一度覚えると使いやすい言葉ではありますが、多用すると聞き苦しい感じがします。 また両方ともカジュアルな会話で使いますので、使うときは周りの人が使っているかどうかよく確認してからのほうがいいかもしれません。 I mean・・・ 今風に言えば「っていうかぁ~」みたいに使いますし、一度言ったことにもうちょっと説明を加えたいときに使います。 I like this book. この本好きなの It's interesting for me. おもしろいんだよね I mean, the story was good, and characters, too. ってかさ、話はいいし、キャラクター達もいいんだよね You know・・・ 意味はないです。 単に間をつなぐ「えっと」「あのね」「でしょ?」っていう軽い表現です。 You know , I was so busy today, you know, I worked so hard, t... I will wait for you. どちらでも。 I will talk to you then. I wait for your call. or message いずれでも大丈夫です。 waiting for youだけを取り出すとリスクがある響きですが、ご指定の状況なら特に問題ありません。 不特定多数に対して waiting for you というとあらぬ誤解を招く事があります。 A ベストアンサー after that の that は名詞で、「そのこと」のように、文の前の部分ででてきた事象を指しています。 ですから、何らかの事象が事前に述べられている必要があります。 事象というのは、基本的に、何らかの行動です。 I went to school. とかです。 and then は、「そして」、「それから」ということで、その前に、事象を述べる必要がありません。 つまり、 I was sleepy, and then I went to bed. のようなつながりになることが出来ます。 つまり、単なる事態状況の変化を意味する言い方です。 after that は、文末にも、文頭にもくることができます。 and then は、文末に来ることはまずありません。 Q could be と would be のニュワンスの違いを教えていただけますでしょうか。 couldはcanの過去形で、 wouldはwillの過去形であることは分かるのですが、 仮定法的な感じで使う時がどう違うのかが分かりません。 例えば、That would be nice! と That could be nice! では、意味はどう 違うのでしょうか? 私的には、wouldの方は「そうなるといいね~ 」という感じで、 couldの方は「それは素敵に違いない!」というような少し強い感じでしょうか?! 最近海外ドラマを見て英語の聞き取りの勉強をしているのですが、 結構に日常会話にcould、 wouldが、仮定法的な感じでよく使われています。 分かる方、ご解説いただけると助かります。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー 同じような英語のQ/Aサイトに違いを説明する回答があり、ベストアンサーがこれでした。 Would" expresses the idea of "willingness" , and "could" expresses the idea of "ability" ですから《That would be nice》はこちらの良くなって欲しいという意思が加味されています。 一方、《That could be nice》の方は現状の諸条件を勘案すると、将来《nice》である可能性が極めて大きいといった可能性の予測が入っています。 他の文章で説明します。 前者は『ここで降ろして頂けると好都合なのですが、同意頂けませんでしょうか?』 相手と喧嘩中なら降ろしてはくれないでしょうね。 運転者のご機嫌を伺っているのです。 後者は『ここで降ろして頂けると誠に好都合なのですが、交通事情など周りの諸条件からして可能でしょうか?』 例えばいくらお家の前であっても高速道路上だったら不可能ですね。 そういう一時停止の可能性の有無を聞いていると判断出来ます。 yahoo. Would" expresses the idea of "willingness" , and "could" expresses the idea of "ability" ですから《That would be nice》はこちらの良くなって欲しいという意思が加味されています。 一方、《That could be nice》の方は現状の諸条件を勘案すると、将来《nice》である可能性が極めて大きいといった可能性の予測が入っています。 他の文章で説明します。 「go(to)」はなくても良いのでしょうか? 例1)I'm going to Yuki's house for dinner~ 例2)She and Hiroshi are going to an inn near Mt. Fuji~ このbe going to の後に「go to」は要りませんか? 他の本(参考書や辞書など)にはbe going to の後に「go to」がある場合もありますし、私自身も動詞の原型が来ると覚えていたので分からなくなってしまいました。 英語が苦手なので何故要らないのか分かりやすく教えていただけると幸いです。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー 次の事例で説明してみます。 ---------------------- アメリカに行きます。 1 まず頭で考えます。 I will go to America. I am going to go to America. I am going to fly to America. I am going to leave Japan. I am going to America. と I am going to go to America. を混同されているようですね。 I am going to do は、I am going to ~ と外見は似ていますが、文法上も、考え方も全く違います。 次の事例で説明してみます。 ---------------------- アメリカに行きます。 1 まず頭で考えます。 I will go to America. I am going to go to America. I am going to fly to America. I am going to leave Japan. I am going to America. A ベストアンサー 何時にと厳密に聞きたい時はwhat time で聞くのが良いかと思います。 when は#1さんもおっしゃるように時間に限った表現ではありません。 聞く方も答える方も、年、季節、時間、月などを意味しているかもしれません。 仕事の事を聞くなら、 what time will you finish working? what time are you going to knock off? など、他にも言い方はあると思います。 何かの行事が終わる、だと、 what time is it going to be over? what time will it end? what time will it be closed? 店など) などでしょうか。 始まる、は what time are you going to start working. what time are we going to start it? what time will it start? what time is it supposed to start? what time will it open? 店などを) などなど。 何時にと厳密に聞きたい時はwhat time で聞くのが良いかと思います。 when は#1さんもおっしゃるように時間に限った表現ではありません。 聞く方も答える方も、年、季節、時間、月などを意味しているかもしれません。 仕事の事を聞くなら、 what time will you finish working? what time are you going to knock off? など、他にも言い方はあると思います。 何かの行事が終わる、だと、 what time is it going to be over? what time will it end? what time will it be closed? 店など) など... A ベストアンサー sometimesの頻度は、使う人や状況によってバラバラな印象です。 20%~50%というのが私の印象ですが、人によってはもっと範囲が広いかも知れません。 「ときどき」という訳よりも、 「~することもある」という訳の方が、実際の感覚に近いと思います。 「そういうときもある」ので。 20%~50%というのが私の印象ですが、人によってはもっと範囲が広いかも知れません。 「ときどき」という訳よりも、 「~することもある」という訳の方が、実際の感覚に近いと思います。 「そういうときもある」ので。

次の