ペット 保険 デメリット。 楽天ペット保険の評判や口コミは?デメリットはある?猫の保険を解説!

ペットショップからみたペット保険アニコムのメリット、デメリット│ペットショップチロルの息子です

ペット 保険 デメリット

ペットとはいえ高額の医療費が発生する事もあるそうなので加入を検討していました。 あんしんペット保険は他のペット保険と比べていずれのプランも シンプルで分かりやすく、価格も手ごろです。 また、 ペットが高齢になった時の保険料が上がりにくくなっているのも、加入の後押しになりました。 ペット保険L型以外は、 免責金額があり、 ネ ット限定のペット保険eは 7,000円、 通院・入院・手術をバランスよくカバーするペット医療保険Mと手術用に特化したペット保険Sは 14,000円となる点には要注意しましょう。 評判・口コミをみていると、保険のプランがシンプルでわかりやすい、価格も手頃という声が多かったです。 でも、プランによっては免責金額があるので、注意が必要です。 また歯科治療については、補償対象外ということもあるようです。 では、詳しくみていきましょう。 楽天ペット保険「あんしんペット保険」補償内容• 新規申し込み可能年齢 10歳11ヶ月• 継続可能年齢 更新時20歳11ヶ月まで あんしんペット保険には、4つのプランがあります。 Sプラン 高額になりがちな 手術費用をカバーする。 Mプラン 通院から手術まで補償。 保険料もお手軽。 eプラン 通院から手術まで補償。 ネット限定。 Lプラン 通院から手術まで補償。 手厚い補償。 免責金額なし。 契約後、補償されない期間のことで、 病気の場合は 30日間、 ガンの場合は 60日間となります。 この期間中に発症した病気・ガンに関しては保険金をお支払いすることができません。 保険の更新時に条件がつくことがある?• 更新時に新たな条件をつけることはありません。 申し込みの条件での継続となります。 (更新時には、ペットの満年齢の保険料が適用になります) 楽天ペット保険「あんしんペット保険」契約ができない病気はあるの? 下記に記載した病気がある場合には、 保険契約ができません。 これは 疑いも含みます。 脳・中枢神経 脳炎、水頭症 心臓・血液 免疫介在性血小板減少症、免疫介在性溶血性貧血、 心疾患(弁膜症、不整脈、雑音、先天性心奇形など) ウィルス・寄生虫 猫白血病ウィルス感染症(FeLV)、 猫免疫不全ウィルス感染症(猫エイズ・FIV)、犬糸状虫症(フィラリア)、 猫伝染性腹膜炎(FIP) 消化器 肝不全、肝硬変、膵外分泌不全(EPI)、リンパ管拡張症、巨大結腸症、巨大食道症(食道拡張症) 腎臓・泌尿器 腎不全 ホルモン系の病気 糖尿病、副腎皮質機能低下症(アジソン病)、副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)、甲状腺疾患 ガン 悪性腫瘍 楽天ペット保険「あんしんペット保険」持病があっても保険に入れるの? 持病があっても保険に入ることはできます!でも、条件があります。 それは、今までにケガや病気と診断されたり、治療を受けたことがあると、その ケガや病気に対しての治療は 補償対象外となってしまいます。 では、どんなケガや病気が補償対象外となってしまうのでしょうか。 ケガ・病気 補償対象外となる範囲 アレルギー性皮膚炎、アトピー性皮膚炎 皮膚疾患 外耳炎 外耳炎 膀胱炎、尿結石、尿結晶 下部尿路疾患 毛包虫症(ニキビダニ、アカラス) 毛包虫症 けいれん発作 けいれん発作 乾性角結膜炎(ドライアイ) 眼科疾患 緑内障、白内障などの眼科疾患 椎間板ヘルニア 椎間板ヘルニア 歯周病(歯肉炎、歯槽膿漏) 歯科・口腔疾患 胆泥症 肝・胆道系疾患 膝蓋骨脱臼 膝関節の疾患 股関節形成不全 股関節の疾患 レッグ・ペルテス(大腿骨頭壊死症) こうみていくと補償対象外となってしまうケガや病気が多いですし、猫でもっともかかりやすい病気の「膀胱炎、尿結石、尿結晶」は一度かかってしまうと補償対象外となってしまうので、保険に入るなら早めに入るほうが良さそうです。 我が家のそらの方は、1歳になる前に膀胱炎とストルバイト結晶の尿結石症にかかってしまっているので、補償の対象外となってしまうわけです。 他のケガや病気に関しては補償してもらえますが、保険に入るべきかどうか迷ってしまいます。 楽天ペット保険「あんしんペット保険」保険金が支払われないってどんな場合があるの? ケガや病気になっていざ保険を使おうと思った時に、 保険金が支払われない!ということがあります。 そんなことになったら、何のために保険に加入したのかわからなくなってしまいます。 どこまで補償してもらえるのか、後々トラブルにならないためにも しっかり把握しておくことが大切です。 特に各社に違いがある病気などピックアップしていきます。 保険期間が始まる前から被っていた傷病、待機期間中に発症した疾病、 遺伝子疾患及び先天性異常。 爪切り(狼爪の除去を含む)、肛門腺しぼり、 乳歯及び歯牙に関する処置、歯石取り、不正咬合、断耳、断尾、美容整形手術、声帯の除去、停留睾丸、睫毛乱生、涙やけ、臍ヘルニア、そけいヘルニア、膝蓋骨脱臼、股関節形成不全症、レッグペルテス、 てんかん 、 チェリーアイ、気管虚脱。 健康体に行われた検査後に症状原因または診断名が確定した場合のその検査。 (健康体に想定して行われた検査を含み、加療の効果を計るために治療の一環を構成する検査は含みません)• 中国医学( 鍼灸を除く)、インド医学、ハーブ療法、アロマセラピー、ホメオパシー、温泉療法および酸素療法など。 入院中の食餌に該当しない食物、療法食など。 獣医師が処方する医薬品以外のもの(サプリメントなどの健康補助食品、医薬品指定のない漢方薬、医薬部外品など)• 時間外診療費、往診料、文書料。 免責金額がある。 (Lプランを除く)• 保険金の請求手続きが必要。 保険金の受け取りに時間がかかる。 (請求書類送付後30日以内の支払い)• 終身ではない。 (20歳11カ月まで)• 歯周病や歯肉炎の治療の補償は対象だが、抜歯や抜歯に伴う麻酔は対象外。 てんかん・膝蓋骨脱臼になっても保険金が支払われない。 割引制度がない。 また、 免責金額はあるものの、プランはシンプルで、わかりやすくなっています。 しかし、終身保険ではなく、継続可能な年齢は20歳11ヶ月までとなっています。 我が家のニャンコのことになりますが、猫でもっともかかりやすい病気の「膀胱炎、尿結石、尿結晶」にかかってしまっているので、補償の対象外となってしまい残念です。 あと気になるのが、口コミでもあったように 抜歯の費用が補償対象外だということです。 猫さんは抜歯をしたりするケースも多くあり、これが補償されないとなると考えてしまいます。 また、他の保険会社より、保険金が支払われないケースが多い印象です。 保険金の支払い範囲と保険料との兼ね合いで要検討な保険かなという印象です。 私の場合、他に良い保険がなかったら加入を考えても良いかなとは思っておりますので、まだまだペット保険について調査していきたいと思います。 人生って何が起こるか本当にわからない・・・。 まさか、自分の家族が犯罪に巻き込まれるなんて。 施設職員による高齢者虐待。 母のような辛い思いをする方が一人でも少なくなってもらいたい。 高齢者虐待、児童虐待、動物虐待・・・弱い者がいじめられない世の中になってもらいたい。 そんな想いを込めて、介護問題・介護情報を中心に発信していきます。 そんな私が保護猫そらに救われ、無類の猫好きに。 猫情報もお届けします。 ・介護職員初任者研修(旧ホームペルパー2級)、介護福祉士実務者研修、診療情報管理士資格取得。 最近の投稿• アーカイブ• 最近のコメント• に より メタ情報•

次の

アイペットのペット保険の詳細とメリット・デメリット

ペット 保険 デメリット

ただ以前にペット保険に入っていれば…と家族みんな大後悔した苦い経験があり、 ペット保険加入は絶対にしておこうと、むぎを買う前に決めていました。 保険に入ってからは少し気持ち的に余裕を持って、 むぎと過ごせるようになった気がします。 高額な手術だけに特化した保険、 とにかく全てに充実した補償内容で高額保険料が必要な保険、 手術と入院だけ適応の保険、 通院だけの保険。 とにかく種類が多くて、未来を予想して保険をかけるのは難しい! 心配になりすぎて、すべてを網羅している保険はとにかく人間並み、それ以上に高い! この金額で通院・手術・入院すべて補償でカバーしてくれる保険は他にあまりなかった。 ここは犬種によって違うから、自分の子の犬種の特徴をちゃんと調べ他方がいい。 トイプの膝蓋骨脱臼は件数が多いからか、 保険対象外って小さく書いてある保険が多数! これを見たときは震えました。 PS保険は他に癌、歯周病、パグやトイプに起こりやすい椎間板ヘルニアも対象だから安心。 免責金額5000円だよ〜って保険だとすると、 治療に7000円掛かったとすると、 5000円分は保険対象にならないよ〜ってことで、 保険対象の金額は2000円となる。 で、契約した保険が30%補償であるとすると、 2000円の50%となってしまうので、 7000円のうち1000円は保険から返ってくる形。 実質6000円は自分で払うってこと。 なんか、微妙。 5000円以下の診察料に関しては、 保険が使えないってことでもあります。 今回、むぎの外耳炎での通院代は2000円くらい。 免責金額があると保険請求できない。 PS保険ではその点免責金額がないため、 2000円でも請求して1000円が返ってくることになる。 これはホントありがたい。 ただ我が家は保険に頼り切るつもりではなく、 イザというときのお守りとして優秀なプランを選んだつもりです。 特約で付けたら3万円まで戻ってくるというもの。 これは今はまだむぎは付けていません。 10歳〜とか年をとったら付けてもいいかな〜と思ってます。 この保険が特約で付けることができるという会社もあります。 PS保険にはないんですが、あれば利用していたと思います。 出先でも小さい子供が急に走って触ろうとしたり。 むぎもビビりくんなんで急に驚いて噛み付くこともありえますから、 注意していますが保険があると安心です。 だいたいどこも同じような形です。 毎年の更新で基本は回数などリセットされるんですが、 慢性疾患の場合は一生涯でこの日数、回数の制限となります。 先代のキャバリアくんの例ででいうと、 1年半の間、心臓の肥大で同じ薬を継続して飲み続け通院していました。 この場合は制限日数分の保険請求をしてしまうと、 保険の更新をしても心臓の肥大に関しての請求はもう出来ないってことになるんです。 だから、薬をまとめてもらって通院回数を減らすとか、 高い通院費の分を選んで請求するとか賢く利用することがオススメです! ちなみに3年まではさかのぼって請求できるそうなので、 急いで請求する必要はありません! ある程度治療が落ち着いてから請求する領収書を選んでもいいですね!.

次の

ペット保険いらない?デメリットやトラブル

ペット 保険 デメリット

ps保険・デメリット 人気のペット保険PS保険の評判は「支払保険料が安く」「補償金請求が簡単」と良いのです。 しかし最近のペット医療費に対して「補償額」が少ないと、ペットの大きな病気やケガを経験された方は感じるようで 初めてペット保険に加入する人にはメリットが多い保険と感じペット保険加入経験者にはデメリットと感じる所が目立つようです。 犬は人間と比べ鼻や耳が効くので目が見えなくても人間ほど不自由しませんが、眼球が白くなってしまうし飼い主さんなら治療させたくなります。 人の様に針治療など無理なので、治療の為手術そして通院となります。 この様に通院日数20日間以上の病気や怪我となると余程の事となりそうです。 初めてのペット保険加入ならPS保険でも良いのかな?と色々調べてみた結果私は思いました。 PS保険の事を知ったのはネットの口コミ情報。 補償金の受け取りがスムーズとの事でした。 愛犬にはいつまでも元気でいて欲しいけど、考えたくないけど何かあった時にお金の心配はしたくないと思ったからで、加入してた某保険だと申請から1ヶ月くらい待たされる見たいなのに、PS保険だと3日くらいで入金されるらしい。 愛犬にもしもの事が有ったら絶対精神的に辛くなるので、そう言う時の対応が素早いのは本当にありがたいと思います。 30代男性(中型犬・屋外) ・まだまだ手続きが面倒 ペット保険文化はまだまだ当たり前になってないから仕方ないけど、治療費受け取り手続きは面倒です。 動物病院の受付の人も慣れてない人多いみたいだしね。 実際清算できる動物病院はまだまだ少数みたいで、必要書類をそろえるのも一苦労 今のご時世スマホから出来る様にして欲しいわ 40代女性(ホワイトマルチーズ・室内) ・PS保険の補償で無事治療 PS保険を選んだ理由は保険支払い金額が安かったから、それで居ていざと言う時サービスもちゃんとしてました。 ウチの子がケガした時、特に問題なく補償金の受け取りができて満足 通院回数が年更新でリセットされるので余程の不運が重ならなければカバー出来そうって感じました。 満期になってもPS保険を継続すると思います。 50代男性(ミニダックス・室内) ・家族割引みたいなの有れば(笑) PS保険の保障内容に付いては満足、電話問い合わせしたことあるけど応対も親切で感じも良いって思いました。 PS保険は口コミ情報からでも安い事がわかったので加入しました。 うちのネコを手術をして補償を受けたのだけど、治療に掛かった金額が思ったより高くて補う事がが出来ませんでした。 ペット保険を選ぶときは支払う金額だけでなく補償額も考えて決めた方が良いですね。 女性(シルバーキャッツ・室内) ・大きな犬を可愛がってます 今までも何度も犬を飼ってきましたが保険の事を考えた事なかったです。 大型犬って見た目と比べて怪我や病気になりやすいって聞いたので知人に教えてもらってPS保険に入りました。 以前と比べて動物病院が多くペット医療の進歩を感じる反面、何かあった時の備えは必要だと感じてます。 PS保険に加入したお蔭で安心して病院に連れて行ってあげられます。 そして掛かり付けの動物病院とのやり取りがスムーズなペット保険に加入する事は大切で、掛け金や補償内容に匹敵するくらい重要な判断基準になってきます。 ペット医療費で最も高額なのは「手術費」ですが、愛犬家や愛猫家を苦しめるのは医療費は「通院費」で、ペット保険を選ぶときには安心の通院補償がある物を選びたいです。 適用範囲は最高30日まで、最大補償60万円 ペットが手術を受けた場合、一度の手術で最大10万円の補償が受けられます。 同じ手術を受けた場合最初の一回のみ補償対象で、別の手術2回まで補償対象です。 後ろ足の障害でクルマ椅子が必要になった場合、最高10万円の補償が受けられます。 PS保険の補償限度額は、110万円です!! そして補償同様に気になるのが、月々の保険料の支払いPS保険の場合「ペットの種類」「体の大きさ」「年齢」で変わってきます。 ps保険・請求方法 ペット保険を実際に使う時ってどうすればいいのでしょう? 私たちがケガや病気をした時は、健康保険証を提示して7割補償してもらい、自分で支払った3割の医療費や収入が停止する事に対し生命保険の障害特約などで適用されます。 ペット保険の補償適用は健康保険の適用と似てる「窓口清算」と、生命保険の様に後から補償を受け取れる「後日清算」の2種類になります。 補償の額は同じですが手続きなど異なってきます。 ・窓口清算に付いて 補償金請求の手続き不要、診察を受けた時の支払い時に適用されるのでとても便利ですが動物病院が窓口清算に対応している必要があります。 ペット愛好者や動物病院がどんどん増えてきて居るので、ペット保険窓口清算への対応は今後進んでいくと思います。 一つ気を付けないとならない事は形式は似てますが医療費の7割負担の健康保険と違い、ペットの症状や通院回数によって補償金額を計算してる事、通院が21回目になると突然補償が効かなくなったりします。 ・後日清算について 動物病院の対応関係なく補償を受ける事ができます。 医療費を支払い補償の申請となるので、受けるまでの時間が掛かります。 補償の申請為に支払い領収書を取っておく事、ペットの症状や治療を証明する書類も必要になり、書類に別途金額が掛かったり、日数経過すると書類を作ってもらえないなど有るので、動物病院に対し早めの確認も必要となり、手続きが面倒です。 ひとつアドバイスが有るとすれば、治療費の支払いをクレジットカードで済ませてしま事、クレジットの引き落としと補償金の入金のタイミング近くなるので、経済的苦痛を和らげる事ができます。 愛猫の為にペット保険を検討する人は多く、PS保険に加入する人も増えてます。 ・しかし猫にペット保険って必要? 犬や小動物など他の動物と違って、猫は怪我しにくいし病院嫌いの印象もありますよね。 ただ近所に動物病院が増えた事などの理由で、愛猫を病院に連れて行く人は増えてきました。 動物病院が飼い主さん同士のコミュニケーションの場になり、ペットの健康診断を兼ねて連れて行く人が増えたためです。 ・猫は病気になりやすい 怪我をしにくい猫ですが「ガン」「腎臓病」「心臓病」など犬と同じような病気になりやすいです。 猫は自分の死期が近づくと姿を消すといいますが、可愛がってる猫がそうならない様、定期的な健康診断や様子が変だと感じたら気軽に連れて行けるようペット保険は無視できないと感じました。

次の