プラトーン 映画。 映画『プラトーン』の魅力を、あらすじからネタバレまで徹底解説

プラトーン : 作品情報

プラトーン 映画

< プラトーンあらすじ> 1967年のベトナム戦争真っ只中に、クリス(チャーリー・シーン)は戦地へ派兵された。 彼はマイノリティーと貧困層が、次々と戦争に投入されていく現実に怒りを覚え、大学を中退して志願兵としてベトナムの地に来た。 最前線の戦闘小隊に配属されたクリスは、運ばれる死体袋に呆然とする。 戦争の現実は苛酷で、兵士達は日々酒やドラッグで気を紛らわせている。 クリスが配属された小隊の2等軍曹バーンズ(トム・ベレンジャー)は冷酷非情、何度も死線をくぐりぬけた古強者で目的のため手段を選ばない。 3等軍曹エリアス(ウィレム・デフォー)は戦場にありながらも、非合法な行動はしない正義漢だった。 そんな13人の小隊は、ある日ベトコンの基地と疑われる小さな村に入り検査する。 その途中バーンズは疑わしい村民を追求するあまり銃殺してしまう。 バーンズの非道な軍法違反に激昂したエリアスは、彼に殴りかかり「軍法会議にかけてやる」と叫び、帰営してからエリアスは上層部に報告する。 バーンズはエリアスを偽善者だと嫌っており、以後二人の対立は決定的となった。 そんなある日、隊がべトコンと戦闘となり、エリアスは一人偵察に向かう。 ひそかに、その後を追ったバーンズは、エリアスを銃撃する。 そして、バーンズはエリアスが死んだと伝え撤収したが、クリスはバーンズの仕業だと勘づいていた。 ヘリコプターで戦地を飛び立つ小隊は、ヨロメキながらジャングルから歩み出る、エリアスを発見するが、べトコンの銃弾にエリアスは倒れる。 この映画に描写されているベトナム戦争の真実は、確かに異常で狂気に満ちている。 ここで闘う兵士たちは、何のために命がけで闘っているのか。 そう問わざるを得ない・・・・ しかし、何か違和感があった。 この戦争を始めたアメリカ政府に対する憤りは、ベトナムの戦場で戦った兵士たちにとっては怨念に近いだろう。 戦場で兵士同士の内紛や無軌道な争いが発生するのは、すでに正義なき戦争とアメリカ国内でも叫ばれ、現地の兵達も同様の思いでいる以上、そのストレスとフラストレーションは軍内部で渦巻いていただろう。 右ヘルメット文章:俺が死んだら上下逆さに埋めてくれ。 世界が俺のケツにキスできるように そんな中、闘わなければならない状況に同情を感じた。 その現実は切実に伝わってきた。 それでも、やはり違和感が消えない。 違和感の正体を確かめるために、多分5回以上みていると思う。 この映画は問う。 アメリカはなぜベトナムで闘わなければならなかったか。 アメリカ兵がベトナムでなぜこんなにも苦しまなければならなかったか。 アメリカ兵の真の敵は誰なのか。 この映画が追求する問題を、こう整理して違和感の理由に気がついたのだ。 ここで言うベトナム戦争の真実とは アメリカ兵にとってのみの真実だ。 ここに描かれている軍隊の痛みとは、アメリカ軍の痛みだ。 アメリカ兵士の怨み。 アメリカ兵士の怒り。 アメリカ兵士の悲しみ。 アメリカ兵よ、どこに行って、誰を殺したのか? ベトナム兵の痛みが、自分たちの痛みより少ないと思うのか? アメリカ兵に国土を蹂躙され、家族を殺され、家を焼かれ、枯葉剤を巻かれ、国家を二分され、同国人同士戦わされ、圧倒的近代兵器の前に立たされ、それでも自分たちの国を、友を、家族を守るために命を顧みず闘ったベトナム人とベトナムに対して、なぜこの映画は触れていないのか。 ベトナム軍の真実、ベトナムの民衆の思い、その痛み、苦しみはどこにも描かれていない。 まるで アメリカ軍の兵隊のみが被害者として存在している様に。 やはり、この描き方は間違っている。 これがアメリカ国内で、傷ついたアメリカ人の為のメッセージとして作られたとしても、いや、それであれば尚更ベトナム人の痛みを描くべきだった。 ベトナム戦争の問題を真に解明するためには、アメリカがベトナムを侵略したと言う事実を認め、ベトナム人にどれほどの苦痛を与えたかを検証することが、絶対必要だ。 アメリカ兵の苦しみはつまるところ、正義なくしてベトナム人を殺さざる得なかったところに在るのだから。 この映画がさらに危険を孕むのは、ドラマという表現形式が主人公側に見る者の気持ちを取り込む=感情移入を促す仕掛けが在る点だ。 主人公に同化・同情してしまえば、客観的に判断できなくなるというその仕組みゆえに、 映画はプロパガンダに使われてきた。 この映画も同じ構造を持っていはしまいか。 それがプロパガンダと簡単に分る位の技術的な低さであれば、まだ危険は少ないが、この映画のように作り手側が本気で自らの怒りを表出し、尚且つ技術的に優れていれば見る物は作り手の望む答え「ベトナムで戦ったアメリカ兵達の悲劇」と言う文脈でしか見ることができない。 実際、作者が真剣に誠実に誠心誠意作れば作るほど、必然的に語られる内容が力を持ち、 最終的にその答えが間違っていたとしても遠く広く伝播していってしまう危険を孕むのだ。 これがオリバーストーン監督の『7月4日に生まれて』であれば私は文句は言わない。 敵がアメリカ政府であることがハッキリしているからだ。 しかし、この映画の舞台ベトナムでの戦闘で苦しむ アメリカ兵という描かれ方をされてしまえば、監督の本意ではなくとも アメリカ兵を襲うベトナム兵に対する憎悪を生むのではないかと恐れるのである。 たぶんオリバー・ストーンは自伝的なこの映画で、その苦しみのあまりの深さゆえに客観的な視点、公平性を欠いてしまったのであろう。 それほどアメリカ人にとって辛く苦しい事実だったのだと、この映画の不公平な叙述が語っている。 また、それは日本の侵略の歴史にも通ずる、どこか眼を背けたい事実かもしれない。 その、ベトナム戦争における アメリカの侵略の罪を直視さえしていたならば、その後の湾岸戦争の混迷も、テロもなかったのではないかと夢想する。 若き日のジョニーディップも出ています。 夜が明けた時には、クリスは傷つきボロボロだった。 バーンズはそんなテイラーに襲い掛かり、撃ち殺されると思われたとき爆弾が炸裂した・・・・ エリアスを殺した犯人がバーンズだと気づいていたテイラーは、バーンズに向けて怒りの引金を引いた。 敵とは我々自身だった。 今、私にとって戦争は終わったが、たとえ休んでいる時でも、それはいつでも存在する。 エリアスがバーンズと戦ったのは、ラーが言う「魂の場所」のためだと確信している。 時が過ぎて、二人の父親の子供のように自分を感じている。 しかし、どうであれ、我々は再び築く義務がある。 我々の経験を他の者に教え、そして、この残った命で善良なものと人生の意味を探すのだ・・・・・ このラストのモノローグが語るのは、ベトナム戦争の悲劇がアメリカ人の同士討ち、内輪もめにあったと語っている。 ベトナム戦争での米軍の戦死者5万8220名に対し、ベトナム人の戦死者200万人という事実を、アメリカ人はどう考えているのだろうか? 実際その後のオリバー・ストーンの作品を見れば、世間の問題をリベラルな反権力の立場で追求して頭が下がる。 つまりは、そんなオリバー・ストーンであっても、戦争の主観的な体験は人の心の深部に刻まれ、人格に影響を与えるという証拠ではないだろうか。 スポンサーリンク 初めてコメントさせていただくものです。 はじめまして。 仰る内容、ベトナムの兵士や家族の苦しみの描写の少なさ、ぼく自身学生時代から感じていた違和感とかなり近いように感じます。 これはあくまで推察の域を出ないのですが、ハリウッドにも映画の検閲はあると聞きます。 特にそれが実際にあった戦争とあればスポンサーも絡んで審査も厳しくなると思います。 よって憶測でしかないですが、かなりギリギリのラインをオリバーストーンさんや関係者さんも攻めた結果なのではと誠に勝手ながら想像しています。 ベトナムの女性が襲われるシーンなどは現地に行った兵士達の色んな思いもあるでしょうから、当時現実のものと発表するのは容易ではなさそう… ベトナムを憎ませる以外のものを少しでも練り込む、そのお陰で僕は違和感に気づけたのだと勝手に思っています。 妄想的なコメントですが、これから少しずつでも現実を赤裸々にして同じ過ちを繰り返さない時代が早く来ることを願っています。

次の

プラトーン

プラトーン 映画

【ストーリー】 オリヴァー・ストーンの実体験を基にしたベトナム戦争映画。 米現代史の汚点、ベトナム戦争を題材に、自身もベトナム帰還兵である鬼才オリヴァー・ストーン監督が戦場の現実を描く。 第59回アカデミー賞作品賞、第44回ゴールデングローブ賞ドラマ部門作品賞など数々の映画賞を受賞。 1967年、激戦のベトナムに若い志願兵クリスがやってきた。 少数民族や貧しい者たちからの徴兵に憤った彼は名門大学を中退してベトナム行きを志願したのだ。 だが、いきなり最前線小隊『プラトーン』に配属された彼を待ちうけていたのは、想像を遥かに超えた過酷な戦争の現実だった。 戦争の名のもとでの殺人、疑惑と憎悪、そして人間性の喪失との戦い・・・。 死の恐怖が渦巻く最前線の中、彼はやがてベトナム人への虐殺・略奪・強姦など、戦争の狂気とその現実を体験していく。 【スタッフ】• 監督:オリヴァー・ストーン• 脚本:オリヴァー・ストーン• 撮影:ロバート・リチャードソン 【キャスト】• チャーリー・シーン• トム・ベレンジャー• ウィレム・デフォー• ケヴィン・ディロン• フォレスト・ウィッテカー• フランチェスコ・クイン• ジョン・C・マッギンレー• キース・デヴィッド 【情報】• 原題:PLATOON• 制作:アメリカ• 上映時間:120分• 公開:1987年4月29日.

次の

プラトーン

プラトーン 映画

< プラトーンあらすじ> 1967年のベトナム戦争真っ只中に、クリス(チャーリー・シーン)は戦地へ派兵された。 彼はマイノリティーと貧困層が、次々と戦争に投入されていく現実に怒りを覚え、大学を中退して志願兵としてベトナムの地に来た。 最前線の戦闘小隊に配属されたクリスは、運ばれる死体袋に呆然とする。 戦争の現実は苛酷で、兵士達は日々酒やドラッグで気を紛らわせている。 クリスが配属された小隊の2等軍曹バーンズ(トム・ベレンジャー)は冷酷非情、何度も死線をくぐりぬけた古強者で目的のため手段を選ばない。 3等軍曹エリアス(ウィレム・デフォー)は戦場にありながらも、非合法な行動はしない正義漢だった。 そんな13人の小隊は、ある日ベトコンの基地と疑われる小さな村に入り検査する。 その途中バーンズは疑わしい村民を追求するあまり銃殺してしまう。 バーンズの非道な軍法違反に激昂したエリアスは、彼に殴りかかり「軍法会議にかけてやる」と叫び、帰営してからエリアスは上層部に報告する。 バーンズはエリアスを偽善者だと嫌っており、以後二人の対立は決定的となった。 そんなある日、隊がべトコンと戦闘となり、エリアスは一人偵察に向かう。 ひそかに、その後を追ったバーンズは、エリアスを銃撃する。 そして、バーンズはエリアスが死んだと伝え撤収したが、クリスはバーンズの仕業だと勘づいていた。 ヘリコプターで戦地を飛び立つ小隊は、ヨロメキながらジャングルから歩み出る、エリアスを発見するが、べトコンの銃弾にエリアスは倒れる。 この映画に描写されているベトナム戦争の真実は、確かに異常で狂気に満ちている。 ここで闘う兵士たちは、何のために命がけで闘っているのか。 そう問わざるを得ない・・・・ しかし、何か違和感があった。 この戦争を始めたアメリカ政府に対する憤りは、ベトナムの戦場で戦った兵士たちにとっては怨念に近いだろう。 戦場で兵士同士の内紛や無軌道な争いが発生するのは、すでに正義なき戦争とアメリカ国内でも叫ばれ、現地の兵達も同様の思いでいる以上、そのストレスとフラストレーションは軍内部で渦巻いていただろう。 右ヘルメット文章:俺が死んだら上下逆さに埋めてくれ。 世界が俺のケツにキスできるように そんな中、闘わなければならない状況に同情を感じた。 その現実は切実に伝わってきた。 それでも、やはり違和感が消えない。 違和感の正体を確かめるために、多分5回以上みていると思う。 この映画は問う。 アメリカはなぜベトナムで闘わなければならなかったか。 アメリカ兵がベトナムでなぜこんなにも苦しまなければならなかったか。 アメリカ兵の真の敵は誰なのか。 この映画が追求する問題を、こう整理して違和感の理由に気がついたのだ。 ここで言うベトナム戦争の真実とは アメリカ兵にとってのみの真実だ。 ここに描かれている軍隊の痛みとは、アメリカ軍の痛みだ。 アメリカ兵士の怨み。 アメリカ兵士の怒り。 アメリカ兵士の悲しみ。 アメリカ兵よ、どこに行って、誰を殺したのか? ベトナム兵の痛みが、自分たちの痛みより少ないと思うのか? アメリカ兵に国土を蹂躙され、家族を殺され、家を焼かれ、枯葉剤を巻かれ、国家を二分され、同国人同士戦わされ、圧倒的近代兵器の前に立たされ、それでも自分たちの国を、友を、家族を守るために命を顧みず闘ったベトナム人とベトナムに対して、なぜこの映画は触れていないのか。 ベトナム軍の真実、ベトナムの民衆の思い、その痛み、苦しみはどこにも描かれていない。 まるで アメリカ軍の兵隊のみが被害者として存在している様に。 やはり、この描き方は間違っている。 これがアメリカ国内で、傷ついたアメリカ人の為のメッセージとして作られたとしても、いや、それであれば尚更ベトナム人の痛みを描くべきだった。 ベトナム戦争の問題を真に解明するためには、アメリカがベトナムを侵略したと言う事実を認め、ベトナム人にどれほどの苦痛を与えたかを検証することが、絶対必要だ。 アメリカ兵の苦しみはつまるところ、正義なくしてベトナム人を殺さざる得なかったところに在るのだから。 この映画がさらに危険を孕むのは、ドラマという表現形式が主人公側に見る者の気持ちを取り込む=感情移入を促す仕掛けが在る点だ。 主人公に同化・同情してしまえば、客観的に判断できなくなるというその仕組みゆえに、 映画はプロパガンダに使われてきた。 この映画も同じ構造を持っていはしまいか。 それがプロパガンダと簡単に分る位の技術的な低さであれば、まだ危険は少ないが、この映画のように作り手側が本気で自らの怒りを表出し、尚且つ技術的に優れていれば見る物は作り手の望む答え「ベトナムで戦ったアメリカ兵達の悲劇」と言う文脈でしか見ることができない。 実際、作者が真剣に誠実に誠心誠意作れば作るほど、必然的に語られる内容が力を持ち、 最終的にその答えが間違っていたとしても遠く広く伝播していってしまう危険を孕むのだ。 これがオリバーストーン監督の『7月4日に生まれて』であれば私は文句は言わない。 敵がアメリカ政府であることがハッキリしているからだ。 しかし、この映画の舞台ベトナムでの戦闘で苦しむ アメリカ兵という描かれ方をされてしまえば、監督の本意ではなくとも アメリカ兵を襲うベトナム兵に対する憎悪を生むのではないかと恐れるのである。 たぶんオリバー・ストーンは自伝的なこの映画で、その苦しみのあまりの深さゆえに客観的な視点、公平性を欠いてしまったのであろう。 それほどアメリカ人にとって辛く苦しい事実だったのだと、この映画の不公平な叙述が語っている。 また、それは日本の侵略の歴史にも通ずる、どこか眼を背けたい事実かもしれない。 その、ベトナム戦争における アメリカの侵略の罪を直視さえしていたならば、その後の湾岸戦争の混迷も、テロもなかったのではないかと夢想する。 若き日のジョニーディップも出ています。 夜が明けた時には、クリスは傷つきボロボロだった。 バーンズはそんなテイラーに襲い掛かり、撃ち殺されると思われたとき爆弾が炸裂した・・・・ エリアスを殺した犯人がバーンズだと気づいていたテイラーは、バーンズに向けて怒りの引金を引いた。 敵とは我々自身だった。 今、私にとって戦争は終わったが、たとえ休んでいる時でも、それはいつでも存在する。 エリアスがバーンズと戦ったのは、ラーが言う「魂の場所」のためだと確信している。 時が過ぎて、二人の父親の子供のように自分を感じている。 しかし、どうであれ、我々は再び築く義務がある。 我々の経験を他の者に教え、そして、この残った命で善良なものと人生の意味を探すのだ・・・・・ このラストのモノローグが語るのは、ベトナム戦争の悲劇がアメリカ人の同士討ち、内輪もめにあったと語っている。 ベトナム戦争での米軍の戦死者5万8220名に対し、ベトナム人の戦死者200万人という事実を、アメリカ人はどう考えているのだろうか? 実際その後のオリバー・ストーンの作品を見れば、世間の問題をリベラルな反権力の立場で追求して頭が下がる。 つまりは、そんなオリバー・ストーンであっても、戦争の主観的な体験は人の心の深部に刻まれ、人格に影響を与えるという証拠ではないだろうか。 スポンサーリンク 初めてコメントさせていただくものです。 はじめまして。 仰る内容、ベトナムの兵士や家族の苦しみの描写の少なさ、ぼく自身学生時代から感じていた違和感とかなり近いように感じます。 これはあくまで推察の域を出ないのですが、ハリウッドにも映画の検閲はあると聞きます。 特にそれが実際にあった戦争とあればスポンサーも絡んで審査も厳しくなると思います。 よって憶測でしかないですが、かなりギリギリのラインをオリバーストーンさんや関係者さんも攻めた結果なのではと誠に勝手ながら想像しています。 ベトナムの女性が襲われるシーンなどは現地に行った兵士達の色んな思いもあるでしょうから、当時現実のものと発表するのは容易ではなさそう… ベトナムを憎ませる以外のものを少しでも練り込む、そのお陰で僕は違和感に気づけたのだと勝手に思っています。 妄想的なコメントですが、これから少しずつでも現実を赤裸々にして同じ過ちを繰り返さない時代が早く来ることを願っています。

次の