如意 伝 あ じゃ く。 【中国ドラマ】如懿伝〜紫禁城に散る宿命の王妃〜2【WOWOW】

国宝|菩薩半跏像(伝如意輪観音)[宝菩提院/京都]

如意 伝 あ じゃ く

宝菩提院 願徳寺のこと 寺伝によると、白鳳8年(679年)に、持統天皇の勅願で建てられ、創建当時は伽藍の立ち並ぶ大寺院であったという。 平安時代は、台密(天台宗系の密教)の修法を行う寺院として栄えるが、室町~戦国時代に戦火にあい、伽藍を焼失する。 創建当時は、現在地より東に8kmほどの「向日市寺戸」にあり、昭和37年(1962年)に現在地に移転した。 宝菩提院願徳寺 国宝『菩薩半跏像』 平安時代初期に作られた菩薩像で、寺伝では如意輪観世音菩薩とされる。 ヒノキの一木造りで、彩色などせず木地を活かした「檀像」で、目には黒石が嵌められている。 高く結い上げた髷や、流れるような衣のドレープなど、曲線が美しい。 唐から請来されたか、渡来仏師またはその影響を強く受けた仏師によって作られたと考えられている。 宝菩提院パンフレットより この国宝を観るには 以前は、隣接する「勝持寺」に仏像が預けられていたが、平成8年(1996年)に戻され、現在は宝菩提院の本堂で観ることができる。 寺の門は閉じられているが、インターホンで拝観希望を告げると開けていただける。 最寄りのバス停まで徒歩20~30分ほどだが、京都市バスの「洛西高校前」バス停は、桂駅や洛西口駅などへのバスが、10分に1本ほどは出ている。 「南春日町」バス停の方がやや近いが、3時間に2本ほどと本数が少ない。 文化財指定データ 【台帳・管理ID】201-267 【指定番号】00103-00 【種別】彫刻 【指定名称】木造菩薩半跏像〈(伝如意輪観音)/(本堂安置)〉 【ふりがな】もくぞうぼさつはんかぞう 【員数】1躯 【国】日本 【時代・年】平安時代 【所在地】宝菩提院 【国宝指定日】1957. 19 出典:一部抜粋 鑑賞ログ 2019年8月 バス停から、田んぼの中をひたすら歩いて汗だくでたどり着きました。 山の麓にあるので、ずっとゆるゆるとした上り坂なのが、長時間だと堪えます。 インターホンを押すと鍵を開けていただき、ご朱印の希望があれば受付で預けて一緒に拝観料も払います。 それほど広くない本堂には自分1人だけで、観音様はやや高い位置にあるので、正面に座って見上げるようにお参りしました。 とてもエキゾチックで優雅な観音様です。 道明寺の観音様にもちょっと似ているでしょうか、どちらも美仏です。 Advertisement 関連する記事• 2020. 16 目次 1. 無著・世親と法相宗 2. 国宝『無著・世親菩薩立像』 3. この国宝を観るには 4. 公開履歴 5. 文化財指定データ 6. 鑑賞ログ 6[…]• 2018. 03 目次 1. 休ヶ岡八幡宮のこと 2. 国宝『僧形八幡神・神功皇后・仲津姫命 坐像』 3. この国宝を観るには 4. 公開履歴 5. 文化財指定データ […]• 2019. 15 目次 1. 深大寺のこと 2. 国宝『釈迦如来倚像』 3. 文化財指定データ 4. ご朱印 5. ついでにグルメ 6. 鑑賞ログ 6. 2019年[…]• 2020. 12 目次 1. 安倍文殊院のこと 2. 国宝『騎獅文殊菩薩・脇侍像』 3. この国宝を観るには 4. 文化財指定データ 5. 鑑賞ログ 5. 2019[…]• 2018. 02 目次 1. 東寺と宝物 2. 国宝『五大尊像』 3. 五大尊像の内容 3. 不動明王(ふどうみょうおう) 3. 金剛夜叉明王(こんごうやしゃみ[…].

次の

【如意スクリーン】輝度調整ソフトを使ってみた【DimScreen】

如意 伝 あ じゃ く

如懿传 Ruyi's Royal Love in the Palace 第1話「 如意の行方」 時は清朝雍正 ヨウセイ 皇帝の第4皇子・弘暦 コウレキ は必死に城内を走っていた しかしひと足遅く、門を開けた時には想い女・青桜 セイオウ の手に金色の如意が… 「青桜っ!」 長椅子でうたた寝していた弘暦はそこで飛び起きた。 現実では第3皇子・弘時 コウジ が嫡福晋 正室 に董鄂 ドンゴ 氏を選び、青桜は側福晋にも落選したという。 皇后烏拉那拉 ウラナラ 氏は3兄の育ての母、当然、姪の青桜が選ばれると思っていたが…。 しかも青桜は福晋選びの途中で姿を消し、行方が分からなくなっていた。 青桜は回廊の片隅でひとり千里鏡をのぞいていた。 すると弘暦が息急き切ってやって来る。 弘暦はなぜ落選したのかいぶかしむと、青桜は選ばれないよう豆をたくさん食べてオナラをしたと暴露した。 母と叔母がうるさいので参加したものの、第3皇子を慕っていないという。 来月はいよいよ弘暦の福晋選びだ。 弘暦は青桜を福晋選びに誘い出すため、見る目のある青桜に自分の妻にふさわしい者を選んで欲しいと頼んだ。 「私を選ばないのね?約束よ?」 「…良い娘を選んでくれればいいんだ」 しかし青桜は弘暦の母のことを思い出し、やはり断って帰ってしまう。 弘暦は別れ際、青桜が来るのを待っていると伝えたが、返事はもらえなかった。 いよいよ第4皇子の福晋選びの日、青桜は皇后の寝宮を訪ねた。 皇后は早速、新調した旗袍 チーパオ に着替えさせたが、青桜は弘暦に手伝いを頼まれただけで選ばれないと教える。 しかし皇后はとにかく参加しろの一点張りだった。 叔母の口癖と言えば『我々一族に高官がいないため、女が後宮に入って一族を繁栄に導かねばご先祖様に顔向けできぬ』だ。 青桜は空返事で逃げ出すと、入れ替わるように思わぬ知らせが舞い込んだ。 「皇后娘娘 ニャンニャン !陛下が三阿哥にお怒りで娘娘をお呼びですっ!」 絳雪軒 コウセツケン に良家の娘たちが集まった。 弘暦の母で熹 キ 貴妃・鈕祜禄 ニオフル 氏は権勢を誇る富察 フチャ 家の娘を嫡福晋にと推す。 弘暦はギリギリまで青桜を待っていたが結局、吉時となっても現れず、仕方なく母の希望通り琅嬅 ロウカ に如意を渡すことにした。 しかしその時、遅れて青桜が現れる。 弘暦は琅嬅の手に乗せた如意を引っ込めると、福晋選びは仕切り直しとなった。 その頃、皇帝は第3皇子が朝臣と結託して皇太子の座を狙ったと糾弾、皇籍の剥奪を命じた。 弘時は弁明さえ許されず、その場で玉牒を外され連行されてしまう。 すると皇帝は何かと政事や軍事に口を出していた皇后の差し金だと疑い、これまでの不満を爆発させた。 「そなたとは死しても見えぬっ!」 こうして皇后は景仁宮での生涯禁足の刑を言い渡された。 弘暦は富察氏に側福晋の巾着を下賜し、青桜の前に立って如意を差し出した。 「冗談が過ぎるわよ?帰るわ」 「受け取らぬのか?」 青桜は熹貴妃の不満げな顔をチラッと見てから、ついに如意を受け取った。 しかし突然、皇帝が絳雪軒に現れる。 実は皇后が簒奪 サンダツ を目論んで生涯禁足となり、皇后の姪である青桜は伴侶にふさわしくないと言うのだ。 熹貴妃はほくそ笑み、せめて第3皇子には寛大な処遇をとしらじらしい嘆願をする。 すると総監・蘇培盛 ソバイセイ は第3皇子がすでに皇籍を剥奪され、庶人に降格されたと報告した。 青桜はすぐ出宮するよう命じられた。 しかし見送りを任された蘇培盛の情けで景仁宮に立ち寄ることができる。 青桜は戸越しに叔母に声をかけ、皇帝に酌量を求めると言った。 驚いた皇后は烏拉那拉氏一族全体に塁が及んでしまうと止め、陛下を怒らせぬよう酌量を求めてはならないと伝える。 青桜は蘇培盛に急かされると、仕方なくまた来ると約束して帰って行った。 翌日、弘暦は養心殿を訪ね、生まれて初めて父皇に嘆願した。 青桜とは幼なじみで心の通じ合う仲、氏素性など気にしないという。 確かに以前なら構わなかったが、皇帝はこれからは気にかけなければならないと言った。 皇族というものは何一つ思うままにならず、玉座に座っても手に入らぬものもある。 一切の言動が国の繁栄のためなのだ。 「婚姻はお前1人のことではない、朕にとっても望ましい形であって欲しい 国事と婚姻は結びついている 最適なものが望むものとは限らぬ、すべきことが望むこととも限らぬ 決断を下して何かを得る時、必ずや犠牲を伴うのだ」 弘暦はすぐ父の教えを理解し、嫡福晋には富察琅嬅がふさわしいと意向を受け入れる。 ただしやはり青桜のことは自分が面倒見たいと訴えた。 弘暦はひざまずいて感謝すると、皇帝は穏やかで実直な弘暦を宝 ホウ 親王に封じた。 一方、後宮争いに勝った熹貴妃は惨めな皇后の姿を見るために景仁宮に乗り込んだ。 「弘暦皇子を宝親王に封じ、富察琅嬅を嫡福晋に、高晞月を格格に迎える…」 熹貴妃は申し分ないと満足したが、まだ続きがあった。 「…烏拉那拉氏は側福晋とする」 蘇培盛が引き上げると、皇后は顔がほころんだ。 「どうやらこれで幕引きではなさそうね、このお芝居はまだまだ続く…」 皇后は貴妃がわざと臣下たちに連名で第3皇子を皇太子にと奏文を書かせたことに気づいた。 いつも巧妙な手を使って来る貴妃、しかしどうやら計算外のことが一つあったらしい。 それは弘暦がこれほど青桜に執着していたことだ。 貴妃は顔色が一変したが、どうせ側福晋だと言って帰ってしまう。 確かに青桜は側福晋、しかし皇后は弘暦の深い愛情が大きな後ろ盾になると期待した。 寝耳に水だった熹貴妃は弘暦を寝宮に呼んだ。 弘暦は母が怒っていないことにいささか拍子抜けしたが、母が青桜を嫌いだと知っている。 しかし熹貴妃は好き嫌いの問題ではないと否定し、皇后が禁足の刑を受けたので息子に累が及ぶのを恐れたのだと言った。 どちらにしても皇帝の認めた婚姻では反対できるはずもない。 「望み通り末長く夫婦円満だといいけれど…」 青桜の父・那爾布 ナルプ は一族連座を心配し、今は皇帝へ酌量を求めないと決めた。 夫人は福晋選びに2回も落ちた娘に嫁ぎ先がないと心配したが、そこへ宮中から詔勅 ショウチョク が届く。 なんと青桜が宝親王の側福晋に封じられたというのだ。 こうして宝親王と富察琅嬅の成婚は8月1日、青桜と高晞月は8月2日に輿入れと決まる。 つづく.

次の

周跨ぎでとうとう最終回「如懿伝(如懿伝(にょいでん)~紫禁城に散る宿命の王妃~)」

如意 伝 あ じゃ く

如懿传 Ruyi's Royal Love in the Palace 第1話「 如意の行方」 時は清朝雍正 ヨウセイ 皇帝の第4皇子・弘暦 コウレキ は必死に城内を走っていた しかしひと足遅く、門を開けた時には想い女・青桜 セイオウ の手に金色の如意が… 「青桜っ!」 長椅子でうたた寝していた弘暦はそこで飛び起きた。 現実では第3皇子・弘時 コウジ が嫡福晋 正室 に董鄂 ドンゴ 氏を選び、青桜は側福晋にも落選したという。 皇后烏拉那拉 ウラナラ 氏は3兄の育ての母、当然、姪の青桜が選ばれると思っていたが…。 しかも青桜は福晋選びの途中で姿を消し、行方が分からなくなっていた。 青桜は回廊の片隅でひとり千里鏡をのぞいていた。 すると弘暦が息急き切ってやって来る。 弘暦はなぜ落選したのかいぶかしむと、青桜は選ばれないよう豆をたくさん食べてオナラをしたと暴露した。 母と叔母がうるさいので参加したものの、第3皇子を慕っていないという。 来月はいよいよ弘暦の福晋選びだ。 弘暦は青桜を福晋選びに誘い出すため、見る目のある青桜に自分の妻にふさわしい者を選んで欲しいと頼んだ。 「私を選ばないのね?約束よ?」 「…良い娘を選んでくれればいいんだ」 しかし青桜は弘暦の母のことを思い出し、やはり断って帰ってしまう。 弘暦は別れ際、青桜が来るのを待っていると伝えたが、返事はもらえなかった。 いよいよ第4皇子の福晋選びの日、青桜は皇后の寝宮を訪ねた。 皇后は早速、新調した旗袍 チーパオ に着替えさせたが、青桜は弘暦に手伝いを頼まれただけで選ばれないと教える。 しかし皇后はとにかく参加しろの一点張りだった。 叔母の口癖と言えば『我々一族に高官がいないため、女が後宮に入って一族を繁栄に導かねばご先祖様に顔向けできぬ』だ。 青桜は空返事で逃げ出すと、入れ替わるように思わぬ知らせが舞い込んだ。 「皇后娘娘 ニャンニャン !陛下が三阿哥にお怒りで娘娘をお呼びですっ!」 絳雪軒 コウセツケン に良家の娘たちが集まった。 弘暦の母で熹 キ 貴妃・鈕祜禄 ニオフル 氏は権勢を誇る富察 フチャ 家の娘を嫡福晋にと推す。 弘暦はギリギリまで青桜を待っていたが結局、吉時となっても現れず、仕方なく母の希望通り琅嬅 ロウカ に如意を渡すことにした。 しかしその時、遅れて青桜が現れる。 弘暦は琅嬅の手に乗せた如意を引っ込めると、福晋選びは仕切り直しとなった。 その頃、皇帝は第3皇子が朝臣と結託して皇太子の座を狙ったと糾弾、皇籍の剥奪を命じた。 弘時は弁明さえ許されず、その場で玉牒を外され連行されてしまう。 すると皇帝は何かと政事や軍事に口を出していた皇后の差し金だと疑い、これまでの不満を爆発させた。 「そなたとは死しても見えぬっ!」 こうして皇后は景仁宮での生涯禁足の刑を言い渡された。 弘暦は富察氏に側福晋の巾着を下賜し、青桜の前に立って如意を差し出した。 「冗談が過ぎるわよ?帰るわ」 「受け取らぬのか?」 青桜は熹貴妃の不満げな顔をチラッと見てから、ついに如意を受け取った。 しかし突然、皇帝が絳雪軒に現れる。 実は皇后が簒奪 サンダツ を目論んで生涯禁足となり、皇后の姪である青桜は伴侶にふさわしくないと言うのだ。 熹貴妃はほくそ笑み、せめて第3皇子には寛大な処遇をとしらじらしい嘆願をする。 すると総監・蘇培盛 ソバイセイ は第3皇子がすでに皇籍を剥奪され、庶人に降格されたと報告した。 青桜はすぐ出宮するよう命じられた。 しかし見送りを任された蘇培盛の情けで景仁宮に立ち寄ることができる。 青桜は戸越しに叔母に声をかけ、皇帝に酌量を求めると言った。 驚いた皇后は烏拉那拉氏一族全体に塁が及んでしまうと止め、陛下を怒らせぬよう酌量を求めてはならないと伝える。 青桜は蘇培盛に急かされると、仕方なくまた来ると約束して帰って行った。 翌日、弘暦は養心殿を訪ね、生まれて初めて父皇に嘆願した。 青桜とは幼なじみで心の通じ合う仲、氏素性など気にしないという。 確かに以前なら構わなかったが、皇帝はこれからは気にかけなければならないと言った。 皇族というものは何一つ思うままにならず、玉座に座っても手に入らぬものもある。 一切の言動が国の繁栄のためなのだ。 「婚姻はお前1人のことではない、朕にとっても望ましい形であって欲しい 国事と婚姻は結びついている 最適なものが望むものとは限らぬ、すべきことが望むこととも限らぬ 決断を下して何かを得る時、必ずや犠牲を伴うのだ」 弘暦はすぐ父の教えを理解し、嫡福晋には富察琅嬅がふさわしいと意向を受け入れる。 ただしやはり青桜のことは自分が面倒見たいと訴えた。 弘暦はひざまずいて感謝すると、皇帝は穏やかで実直な弘暦を宝 ホウ 親王に封じた。 一方、後宮争いに勝った熹貴妃は惨めな皇后の姿を見るために景仁宮に乗り込んだ。 「弘暦皇子を宝親王に封じ、富察琅嬅を嫡福晋に、高晞月を格格に迎える…」 熹貴妃は申し分ないと満足したが、まだ続きがあった。 「…烏拉那拉氏は側福晋とする」 蘇培盛が引き上げると、皇后は顔がほころんだ。 「どうやらこれで幕引きではなさそうね、このお芝居はまだまだ続く…」 皇后は貴妃がわざと臣下たちに連名で第3皇子を皇太子にと奏文を書かせたことに気づいた。 いつも巧妙な手を使って来る貴妃、しかしどうやら計算外のことが一つあったらしい。 それは弘暦がこれほど青桜に執着していたことだ。 貴妃は顔色が一変したが、どうせ側福晋だと言って帰ってしまう。 確かに青桜は側福晋、しかし皇后は弘暦の深い愛情が大きな後ろ盾になると期待した。 寝耳に水だった熹貴妃は弘暦を寝宮に呼んだ。 弘暦は母が怒っていないことにいささか拍子抜けしたが、母が青桜を嫌いだと知っている。 しかし熹貴妃は好き嫌いの問題ではないと否定し、皇后が禁足の刑を受けたので息子に累が及ぶのを恐れたのだと言った。 どちらにしても皇帝の認めた婚姻では反対できるはずもない。 「望み通り末長く夫婦円満だといいけれど…」 青桜の父・那爾布 ナルプ は一族連座を心配し、今は皇帝へ酌量を求めないと決めた。 夫人は福晋選びに2回も落ちた娘に嫁ぎ先がないと心配したが、そこへ宮中から詔勅 ショウチョク が届く。 なんと青桜が宝親王の側福晋に封じられたというのだ。 こうして宝親王と富察琅嬅の成婚は8月1日、青桜と高晞月は8月2日に輿入れと決まる。 つづく.

次の