ほんとに あっ た 怖い 話 20 周年 スペシャル。 『ほん怖』20周年SP放送決定 稲垣吾郎が感謝「皆さんのおかげです」

【速報】ほんとにあった怖い話20周年スペシャル10/12(土)放送決定!

ほんとに あっ た 怖い 話 20 周年 スペシャル

俳優の稲垣吾郎が、土曜プレミアム『ほんとにあった怖い話 20周年スペシャル』(フジテレビ系/10月12日21時)に出演することが分かった。 稲垣のフジテレビでの番組出演は、昨年夏の同番組『ほんとにあった怖い話・夏の特別編 2018』以来、およそ1年ぶりとなる。 本作は、一般の人の身に実際に起こった心霊体験を基に、豪華俳優陣によって心底怖いゾッとする恐怖と、その恐怖や不安に翻弄されつつも立ち向かっていく人々の姿を描くリアルホラーエンターテインメント。 1999年に特別番組として1作目が放送され、2004年には稲垣が「ほん怖」クラブリーダーとなりレギュラー化。 その後も毎年特別番組として放送され続け、番組としては今年が20周年となる。 16年連続の出演となる稲垣は「ほん怖クラブのみんなと20周年を迎えられると思うと大変うれしいです。 『ほん怖』が一つのエンターテインメントの形として浸透し、こんなにも長い期間にわたって皆さんから愛されてきたことに心から感謝しています。 これからもほん怖クラブのメンバーと一緒にステキな番組を作っていきたいと思います」コメント。 さらに「20周年を迎えられたことは、なにより番組をご覧くださった皆さんのおかげです。 ここまで共に歩んでこられたことをとても光栄に思います」と稲垣に感謝しつつ、「今回のドラマパートでは、20周年用に隠し持っていたスペシャルなネタを解禁しますので、心して(笑)ご覧ください!」と意気込みを語った。 土曜プレミアム『ほんとにあった怖い話 20周年スペシャル』はフジテレビ系にて10月12日21時放送。 この記事の写真を見る•

次の

ほんとにあった怖い話20周年スペシャルの無料動画見逃し配信の視聴方法まとめ

ほんとに あっ た 怖い 話 20 周年 スペシャル

スポンサードリンク 「本当にあった怖い話=ほん怖2019」の放送予定日が10月12日に決まって本当よかったです。 出演者キャストもきっと豪華!ゾッとするあらすじに期待。 「ほん怖」は、日本中で起きた心霊現象や不思議な体験など「本当にあった怖い話」を実話ドラマ化して、オムニバス形式で放送するフジテレビの夏の風物詩として1999年にスタート。 文字通り「ほんとにあった怖い話」だから、あらすじからもうリアリティーが違います。 ただ2019年は9月になっても放送がなく、ほん怖クラブリーダー稲垣吾郎さんがSMAP解散後のジャニーズ事務所の圧力で出演できず放送しないのでは?と心配でした。 そういう怖い話はいらないので、秋になってしまいましたが放送日が決まって本当よかった。 誰かがおまじないしてくれたのかも。 「ほん怖」が怖い怖いと言いながらも楽しみな人は多く、部屋を薄暗くすれば雰囲気ばっちり。 暑い夏をひんやりしてくれます。 スプラッター系や、精神的に追い詰められる恐怖など、いろいろ。 「ほん怖2019」の出演者キャストは、若手からベテランまで旬な俳優女優、芸人がいつも登場します。 時には出演者本人が体験した実話がドラマ化されることもありますが、今回は20周年ということでとっておきのエピソードが繰り出されるとか。 定番のおまじない「五字切り」がほっこりで人気のほん怖クラブのメンバーも子役たちが可愛いです。 恐怖VTRを見たあと、稲垣吾郎さんを子供らメンバーが囲んで、ワーキャー言い合ってスタジオで怖さを吹き飛ばすおまじないを唱えのがお約束! 「イワコデジマイワコデジマほん怖五字切り」 「皆 かい 」 「祷 とう 」 「怖 ほー 」 「無 ぶ 」 「弱気退散」 「喝 かーつ !」 これで大丈夫!心霊研究家にアドバイスをもらって番組で作った本物のおなじないなんです。 そしてまた、みなさんが寄せて下さった膨大な数にのぼる「実際にあった怖い話」のおかげです。 」 — ほんとにあった怖い話 20周年スペシャル honkowa2019 総合プロデュースの後藤博幸さんに曰く『20周年用に隠し持っていたスペシャルなネタ』をついに解禁するということで、ハードルあがってます! 「ほん怖」の原作は『ほんとにあった怖い話』『HONKOWA』で、その名の通り実話がドラマ化されます。 受け持つのは3年1組。 美奈子が小学生だったころから、この学校では不思議な現象がよく起こっており、当時から特にそのウワサが絶えなかったのが、美奈子が担任となった3年1組の教室だった。 美奈子が教師として戻ってからも、掃除用具入れの扉が突然開いたり、教壇に置かれた花瓶が突然割れたりと、不思議な現象が続く3年1組の教室。 ある日の放課後、美奈子は 生徒の佐藤(斎藤汰鷹)から、不思議な現象について、「見えてるんでしょ?先生も」と問われるが、相手にしない。 しばらくして、佐藤は父親の仕事の都合で転校するが、教室内で起こる不思議な現象は続いている。 「私には(不思議な現象の)原因が分かっている」と心の中で語る美奈子。 その視線の先には、想像もし得ない物体が・・・。 fujitv. 新居の家具は、真佐美がリサイクルショップをまわってそろえたお気に入りのものばかり。 特に、机は一目ぼれして購入したもので、有希にも部屋の雰囲気と合っているとほめられた。 引っ越し初日の深夜、ガタガタっと物音がして驚く真佐美。 音がした方を見ても机があるだけで気にも留めなかった。 しかし、その後も金縛りにあったり、父が突然、原因不明の体調不良で入院したりと、真佐美の身の回りに不幸が立て続けに起こる。 真佐美に相談を受けた有希は、ある女性を紹介する。 その女性は、真佐美が最近、机を買ったことをズバリと言い当て、深夜3時に九十九里浜の砂浜で机を燃やさないと真佐美の命にかかわると真剣に語る。 女性の助言通りに、軽トラをレンタルし九十九里浜に向かう真佐美だったが・・・。 fujitv. 孝史が公園でサトシと一緒に遊んでいると不気味な女を見かける。 孝史は、その女についてあまり気にしていなかったが、その後も仕事帰りの道や、出勤時のバスの車内でも、その不気味な女を見かけるようになる。 そして、ある晩、ベッドで背中に何かがピタリと張り付いてくるような気配を感じる孝史。 妻のあすかかとも思ったが、あすかは目の前にいる・・・。 fujitv. ついつい息子と共にゲームに集中し過ぎて妻に怒られてしまうような少し子どもっぽい部分もある彼が、不気味な女を見かけたことから始まる恐怖を描く。 怖い話はめちゃくちゃ苦手だそうです。 生計を立てるため、大学も辞め、休みなく働く真衣は、ある日、仕事からの帰路に自分の住む団地のエレベーターから出ると、何か気配を感じた。 団地の下を見ると、全身真っ赤な女がこちらを見上げている。 最初は、同じ団地の住人だろうと思った真衣は、バイト先の居酒屋の常連客・吉岡にも笑い話のように話し、普通に生活をしていた。 しかし徐々に違和感を覚え、吉岡の職場の後輩・大谷から突然「最近、何かおかしなこと、なかったですか?」と聞かれる。 fujitv. 念願だったラーメン店をオープンさせたものの、客足がさっぱりなことに悩む氷川。 氷川は、場所も味も悪くないはずなのに、客が全く来ない理由に何となく気づいていた。 それは 一緒に働いているアルバイトの立花恵介(佐野勇斗)の肩に、上半身だけの女が絡みついていること。 上半身だけの女が取り付いた恵介を辞めさせれば、店に客が来るのではと考える氷川だったが、明るく人の良い恵介をクビにすることをためらう。 そこで、氷川は恵介の肩を塩で清めようとするがうまくいかない、すると今度は店内に下半身だけの女が現れる。 氷川が意を決して上半身だけの女、下半身だけの女、それぞれに塩を投げつけると彼女たちは姿を消し、その後、店は満員になるほど繁盛する。 しかし、氷川が久しぶりの忙しさに心地よい疲労感を感じながらベッドに入ると、下半身だけの女が現れ・・・。 fujitv. — はりしま団地 harishimasan.

次の

【ほんとにあった怖い話 20周年スペシャル】キャストとあらすじ

ほんとに あっ た 怖い 話 20 周年 スペシャル

土曜プレミアムほんとにあった怖い話 20周年スペシャル 2019年10月12日(土) 21:00~23:10の放送内容 ほんとうにあった怖い話! 20周年スペシャル! 「誰にも言えない」 ほんとうにあった怖い話 本作のドラマパート「誰にも言えない」に、 鈴木保奈美さんが出演します。 彼女が演じるのは、小学校3年1組の担任教師・戸田美奈子(とだ・みなこ)。 美奈子はこの小学校の卒業生で、教師として久しぶりに母校に戻ってきた。 美奈子が小学生だったころから、この学校では不思議な現象がよく起こっていた。 当時から特にそのウワサが絶えなかったのが、 美奈子が担任となった3年1組の教室だった。 美奈子が教師として戻ってからも、掃除用具入れの扉が突然開いたり、 教壇に置かれた花瓶が突然割れたりなど不思議なことがたびたび起きていた。 不思議な現象が続く3年1組の教室。 ある日の放課後、美奈子は生徒の佐藤(斎藤汰鷹)から、 不思議な現象について、「見えてるんでしょ?先生も」 と問われるが、相手にしなかった。 しばらくして、佐藤は父親の仕事の都合で転校することに。 依然として教室内で起こる不思議な現象は続いている。 「私には(不思議な現象の)原因が分かっている」と心の中で語る美奈子。 その視線の先には、想像もし得ない物体が・・・。 「誰にも言えない」ネタバレ 立場上、生徒たちには言えないのですが、私には原因がわかっているのです。 戸田美奈子が小学生のころから窓の外に 屋上から落ちていく女性の顔が見えており。 その子がいたずらをしていると、美奈子にはわかっていた。。。 「机と海」ほんとうにあった怖い話 結婚式場でウェディングプランナーとして働く 田中真佐美(松本穂香)は、 念願の一人暮らしに心弾ませながら、職場の先輩・ 川島有希(足立梨花) に引っ越し作業を手伝ってもらっている。 新居の家具は、真佐美がリサイクルショップをまわってそろえたお気に入りのものばかり。 特に、机は一目ぼれして購入したもので、 有希にも部屋の雰囲気と合っているとほめられた。 引っ越し初日の深夜、ガタガタっと物音がして驚く真佐美。 音がした方を見ても机があるだけで気にも留めなかった。 (まさか、この机が関係しているんじゃ?) しかし、その後も金縛りにあったり、父が突然、原因不明の体調不良で入院したりと、 真佐美の身の回りに不幸が立て続けに起こる。 (やっぱりなんかおかしい。。。 ) ある日の事、夜中に物音がして目を覚ますと、誰かに足を引っ張れている。 悲鳴をあげた次の瞬間朝になっていた。 悪い夢を見たのだと思った。 けれど、足には、血のような赤い手の跡がくっきりと残っていた。 真佐美に相談を受けた有希は、ある女性を紹介する。 (霊能力者?) その女性は、真佐美が最近、机を買ったことをズバリと言い当て、 深夜3時に九十九里浜の砂浜で机を燃やさないと真佐美の命にかかわると真剣に語る。 女性の助言通りに、軽トラをレンタルし九十九里浜に向かう真佐美だったが・・・。 机と海ネタバレ(ほんとうにあった怖い話) かならず一人で行くように言われたのだった。 軽トラで真夜中の海に。 そして3時と同時に机を燃やした。 するとしばらくすると「ねえなにしてるの?」 と声がかかる。 近所の人に見つかったかとも思ったが、女性のアドバイスを思い出した。 「燃やしてる最中に声をかけられても絶対振りむいちゃダメよ」 その後もずっと声をかけられ続ける。 「財布落ちてますよ」 「ねえねえ、きこえてますよね?」 その時だった、机が炎で崩れ落ちた。 すると、同時に声も聞こえなくなった。 振り返るとそこには深い漆黒の闇があるだけだった。。。。 あの時、後ろを振り向いていたらどうなっていたのか 今となっては知る由もない。 実際に起こった心霊体験をもとに? 本当にあったというなら、ちょっと怖いですよね。 ついつい息子と共にゲームに集中し過ぎて妻に怒られてしまうような 少し子どもっぽい部分もある彼。 孝史が公園でサトシと一緒に遊んでいると不気味な女を見かける。 孝史は、その女についてあまり気にしていなかったが、 その後も仕事帰りの道や、出勤時のバスの車内でも、 その不気味な女を見かけるようになる。 そして、ある晩、ベッドで背中に何かがピタリと張り付いてくるような気配を感じる孝史。 妻のあすかかとも思ったが、あすかは目の前にいる・・・。 おそるおそる孝史が背後を振り返ると、そこには血のような眼を持つ不気味な女が!!!! 孝史を恐怖に突き落とす女の意外な正体とは果たして!? 出演:佐藤健、阿部純子、藤野涼子、森優理斗、秋乃ゆに、趣里 他 汲怨のまなざしネタバレ 宮崎孝史(佐藤健)は、妻・あすか(阿部純子)、 息子・サトシ(森優理斗)と共に平凡ながらも幸せに暮らしている。 ついつい息子と共にゲームに集中し過ぎて妻に怒られてしまうような 少し子どもっぽい部分もある彼。 孝史が公園でサトシと一緒に遊んでいると不気味な女を見かける。 孝史は、その女についてあまり気にしていなかったが、 その後も仕事帰りの道や、出勤時のバスの車内でも、 その不気味な女を見かけるようになる。 そして、ある晩、ベッドで背中に何かがピタリと張り付いてくるような気配を感じる孝史。 妻のあすかかとも思ったが、あすかは目の前にいる・・・。 おそるおそる孝史が背後を振り返ると、そこには血のような眼を持つ不気味な女が!!!! そんなある日、会社に女がたずねてくる。 その女性は孝史の専門学校の時の同級生のマナベミナミの妹だという。 写真を見せられて、その時まで忘れていた影のうすい存在だった。 そんな彼女について思い出したこと、それは、孝史の事が好きだったという 噂について。 孝史「お姉さんお元気ですか?」 ミナミ妹「亡くなりました、先月、アパートで遺体が発見されて」 「最近は電話しても出てくれなくなって。 仕事もやめてしまったみたいで。 姉の日記に宮崎さんの事が書かれていて、何か知っているかと。 」 孝史は、その日記を見せてもらえないかとお願いする。 ミナミが書いたという日記には孝史への想いがつづられていた。 そして、最後のページには孝史をたーくんと書いた言葉がびっしりと。 そして細いひものような栞がはさまれていた。 妻にはなにかその子にひどい事してないよね?と疑われる。 孝史が覚えていないだけじゃないの?と いずれにせよ、これで、終わったと思っていた。 しばらくして、ショッピングモールに買い物に来た時の事 目を離したすきに息子がいなくなる、探してもいない。 すると白い服着たおんなと歩いていく姿が。 追いかけていくと踏切に入っていく。 間一髪のとろこで間に合ったが、そんなにうらまれるようなことを したのだろうか。 孝史は写真の夏の花火をした神社に向かうのだった。 背後に気配が 一気に夜に。 彼女の記憶が孝史に流れ込んできたのです。 それは夏の花火の日に、一人仲間に入れない彼女が 線香花火をしている姿。 そこに線香花火をもって、ミナミにわたす孝史の姿が。 それがミナミにはとっても嬉しく、日記のしおりはその線香花火だったのです。 ただただ、彼女は恨んでいたのでもなく、憎んでいたのでもなく、 孝史に想いを寄せて幸せを望んでいただけだったのです。 一人アパートで日記を書いているミナミの姿をみてそう思ったのでした。 孝史は、「ごめん、全然覚えてなくて。 」「なのに、こんな俺の事ずっと想っていてくれて ありがとう」その一言で、ミナミはうれしそうな顔をしていなくなったのでした。 その後、彼女が現れることはなくなりました。 ですが、僕は彼女の事を忘れずに行こうと思います。 それが、彼女にしてあげられる、供養になるとおもうから。 赤い執着(ほんとうにあった怖い話) 宮岡真衣(中条あやみ)は、半年前に事故で両親を亡くし、 幼い妹の宮岡彩花(粟野咲莉)と生活していた。 生計を立てるため、大学も辞め、休みなく働く真衣(マイ)は、 昼はクリーニング工場、夜は居酒屋と休みなく働いていた。 ある日、仕事からの帰路に自分の住む団地のエレベーターから出ると、 何か気配を感じた。 【ゾクゾク】 団地の下を見ると、全身真っ赤な女がこちらを見上げている。 最初は、同じ団地の住人だろうと思った真衣。 しかし徐々に違和感を覚え、吉岡の職場の後輩・大谷(泉澤祐希) から突然「最近、何かおかしなこと、なかったですか?」と聞かれる。 そして、この赤い女によって、身の毛もよだつような恐怖が真衣に襲いかかる…! 出演:中条あやみ、粟野咲莉、昴生 ミキ 、泉澤祐希 他 赤い執着、、、 あ、、ごめんな — 金色のだいなもん。 それが効果があったのかそれからは姿を見なくなったのです。 この時は何事もなくやり過ごしたのでした。 そんな中、居酒屋に来てくれて、アドバイスしてくれた男性が訪ねてきて 父が神主をしていて、お祓いしてくれてたお守りを渡しに来てくれたのです。 そして、次に、その赤い女が現れたら、そのお守りを離さないで。 そして、決して目を合わせないで。 その女は家族にも被害を及ぼす 可能性もあると言って帰っていきました。 その時、妹の彩花が脳裏をよぎりました。 急いで帰る真衣。 エレベーターに乗り込み7階を押す。 早く、急いで。 なぜか、7階に止まらず屋上階まで。 近づく赤い女 もたもたしている間にカギを持っている右手に女の手が! 覗き込んでくる女に真衣はもらったお守りを握りしめ、目をつぶる。 お守りを女の方に向けてしばらくして腰を抜かす真衣手を広げると お守りが赤く染まっていた。 扉が開き、彩花が顔をのぞかせた。 それから、その女は姿を見せなくなった。 それから一年、彩花の誕生日の日、誕生日ケーキを買って帰る途中 彩花が不気味な事をいうのだった。 「さっき、全身、真っ赤、爪も唇も真っ赤だった人をみたんだあ」 まだ、未だに私たちに執着しているのでしょうか。。。。 そう思うといまも不安な日々を送っています。 肩の女(ほんとうにあった怖い話) 謎に満ちた上半身だけの女が、二人に襲い掛かる!? 脱サラをし10年越しの夢だったラーメン店をオープンさせた 氷川武彦を 佐々木蔵之介が、その店でアルバイトとして働く立花恵介 を 佐野勇斗が演じる。 念願だったラーメン店をオープンさせたものの、客足がさっぱりなことに悩む氷川。 氷川は、場所も味も悪くないはずなのに、客が全く来ない理由に何となく気づいていた。 それは恵介の肩に、上半身だけの女が絡みついていること。 (?どういうこと(笑)) 上半身だけの女が取り付いた恵介を辞めさせれば、 店に客が来るのではと考える氷川だった。 (客もその上半身だけの女が見える前提?) しかしながら、明るく人の良い恵介をクビにすることをためらう。 そこで、氷川は恵介の肩を塩で清めようとするがうまくいかない。 すると今度は店内に下半身だけの女が現れる。 (上半身だけの女の次は下半身だけの?) 氷川が意を決して上半身だけの女、下半身だけの女、 それぞれに塩を投げつけると彼女たちは姿を消した。 その後、店は満員になるほど繁盛する。 しかし、氷川が久しぶりの忙しさに心地よい疲労感を感じながらベッドに入ると、 下半身だけの女が現れ・・・。 その後、再度また、清めの塩を作り自分に振りかけるも効果なし。 清めかたを調べ、塩を再度作り上げ振りかけると不思議と消えていった。 このまま何もなくいけるものと思っていた。 店も軌道に乗ってこのままいくとおもっていたのに 夜中にまた出たのです。 下半身の女と、足の上には白い箱が乗っており その中からは上半身の女が、うめき声と共に出てきたのです。 必死に、持っていたお払いの塩を夢中でまいたのでした。 次の日、塩まみれの部屋で起き、お店に行くと バイト君が肩のあたりが重たそうにしていました。 まさか。。。 あれ以来お祓いすることはやめたのでした。 結局、何の目的でいるのか、わからないまま。 自分で払おうとするのではなく、専門の人に任せてみることがお勧めですね。 まとめ 関東の方はちょうど21時過ぎから台風19号が上陸するようです。 こちらのドラマも気になりますが、まずは身の安全を確保しましょう! 我が家も、準備を進めてきました。 養生テープを窓に貼ったり。 お風呂の水もためて、飲み水用にもタンクに ためたりとかね。 皆さんも避難情報には注意しておきましょうね。 運営者:ノムリン こどもたちとの時間を大切にしている2児の父です。 こども達の日々の成長の記録や家族で行った場所など、子を持つご家庭におすすめスポットやお役立ち情報を紹介していきます。 人気記事ランキング• 最近の投稿• 最近のコメント• に nomurin より• に より アーカイブ• カテゴリー• メタ情報•

次の