マイコプラズマ感染症 体験談。 成人のマイコプラズマ肺炎

【感染症経験談】マイコプラズマ肺炎 新型コロナと似た症状も 医療機関を受診して適切な治療を(感染症・予防接種ナビ)

マイコプラズマ感染症 体験談

猫風邪によるもの 猫風邪の原因となる主なものとしては、「ヘルペスウイルス」「カリシウイルス」「クラミジア」があり、それ以外にも不特定のウイルスから風邪を引き起してしまいます。 その中にはマイコプラズマも含まれます。 なのでどのウイルスで猫風邪を引き起こしているかの同定は症状のみでは難しいです。 猫風邪の症状は、くしゃみ、鼻水、咳、熱などの一派的な風邪の症状が出ます。 ただの猫風邪と油断していると、なかなか治らなかったり、一度治っても免疫力が低下して繰り返して発症してしまう事もあります。 マイコプラズマは常在菌の一種ではありますが、健康な子ではなんともなくともたとえば猫風邪で免疫が低下している場合などでは症状を引き起こしやすくなります。 猫から人間に感染する病原体が存在する トキソプラズマ トキソプラズマと言われる原虫により、トキソプラズマ症を引き起こします。 トキソプラズマ症は成猫や人間に感染しますがあまり症状が見られない事が多くあります。 が、人の妊婦さんに感染してしまうと流産などを引き起こしてしまいます。 猫から人に感染する経路 猫から人に感染する経路を紹介します。 猫から人への感染は猫のうんちに含まれているトキソプラズマがなんらかの原因で口に入ってしまうことでおこります。 他には、人間も猫も豚の生肉を食べて感染してしまうルートもあります。 感染予防策は、猫を触ったら手を洗うことです。 必ず猫のトイレ掃除の後は石鹸で手を洗う事、生肉は避けしっかりお肉は加熱をしてから食べる事が大事です。 この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。 書き込みに関する注意点 この書き込み機能は「他の猫の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、猫と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。 従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。 予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。 ・過度と捉えられる批判的な書き込み• ・誹謗中傷にあたる過度な書き込み• ・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み• ・荒らし行為• ・宣伝行為•

次の

ママ悲鳴! 大変過ぎた子どもの感染症体験談

マイコプラズマ感染症 体験談

健康・美容 2016. 20 2016. 20 anatanokurashini マイコプラズマ肺炎の感染経路!潜伏期間は?予防と発症させない方法 マイコプラズマ肺炎とは、 マイコプラズマ病原体による感染が原因で起こる肺炎のことです。 幼児期から青年期に発症する場合が多くみられます。 ですので保育園などで流行することもあるのです。 流行するって聞くと、マイコプラズマ肺炎は感染しやすいのか、 と疑問に思いますよね。 そこで今回は、マイコプラズマ肺炎の感染力を探るべく、 感染経路や、感染の予防と感染しても発症させない方法を書いていきます。 実際に私の5歳の娘もマイコプラズマにかかりましたが、 熱が続き、保育園を2週間ほど休みました。 その時の体験談も、一緒にお伝えしていきます。 マイコプラズマ肺炎の感染経路は? マイコプラズマ肺炎は、 肺炎マイコプラズマという微生物が病原体となって、 人や動物の細胞に付着して増殖します。 感染経路は、 飛沫感染と接触感染、そして濃厚感染です。 飛沫感染とは、微生物を持っている人が、 咳やくしゃみをした時にとんだ痰や鼻水等に含まれる微生物を 他の人が体内に取り込むことです。 また、 接触感染とは、 例えば、微生物を持った人が咳などをする時に手に微生物が付き、 その手でドアノブや手すりなどを触り、 他の人がそのドアノプや手すりなどをさらに触って、その手て食物を触り、 食べた時に微生物が体内に取り込まれることです。 さらに、 濃厚感染とは、 微生物を持った人と他の人が同じスプーンを使ったり、 微生物を持った人が飛ばした鼻水などを直接口から吸いこんだりと、 明らかに菌が含まれているものを体内に取り込むことです。 以上の3つの感染経路がありますが、 飛沫感染と接触感染での感染は、 濃厚感染に比べると感染力は強くなく、 規則正しく健康的に生活していれば、 発症することはありません。 濃厚感染は、 幼稚園や保育園で友達同士で密に関わっていると起こりやすいですが、 発症しないように後述する予防法で撃退していきましょう。 マイコプラズマ肺炎の潜伏期間と初期症状は? マイコプラズマ肺炎の潜伏期間は、 感染してから発症するまで2週間~3週間です。 だから、いつ感染したのかを特定するのは難しいです。 そしてこれは、感染したら必ず発症するわけではない上、 潜伏期間は個人の体調や免疫力によるものでもありますので、 目安として考えておいてください。 スポンサードリンク 初期症状は、発熱や頭痛です。 特に発熱は、急に38. 発症する前には、目立った症状がなく、 いきなり熱が出ます。 ちなみに、すぐに病院に行きましたが、 初めの受診の際は、風邪との診断でした。 しかし、 次の日、保育園に電話すると、 「今、園内でマイコプラズマ肺炎が流行っている」ということで、 再度受診し医師にそのことを話すと、すぐにレントゲンをとり、 マイコプラズマ肺炎という診断が下されました。 つまり、 初めの症状だけでは、マイコプラズマ肺炎と判断するのは難しいので、 もし「流行している」などの情報があれば、 それを自ら医師に告げることも必要だということです。 親御さんがお子様を見て「おかしい」と思ったら、 すぐに医師に相談して下さいね。 マイコプラズマ肺炎は重症化すると、 重度の肺炎、喘息となる可能性があるので、 早めの対応が重要です。 マイコプラズマ肺炎の感染の予防と発症させないためには? マイコプラズマ肺炎は、感染はしますが、 その微生物自体は、熱に弱く、石鹸でも除菌できるほどです。 ですので、 日頃の生活の中で感染と発症の予防をしっかりしていきましょう。 その方法は・・・ ・手洗いは石鹸で正しく行う ・こまめにうがいをする ・感染者との濃厚な接触を避ける ・流行の時期には、マスクを着用する ・十分な睡眠と、バランスの良い食事をとり、 規則正しい生活を送り、免疫力を高める 私の娘が発熱し、保育園に休むことを伝えた時は、 1クラス25人中、 「この数か月は、常に1人がマイコプラズマ肺炎で休んでいた」 と先生に言われました。 また、そんな発症の確率が少ない中、 マイコプラズマ肺炎が発症してしまったのは、 前日の夜更かしが原因かと判断しました。 3連休だったので、友達と夕飯を食べ、 そのまま友達の家に泊まり夜更かししました。 すると、その次の朝から高熱が出て、 その3日後にマイコプラズマ肺炎だと診断されたのです。 やはり、 食生活の乱れや睡眠不足など 規則正しい生活をしていないと微生物に対する抵抗力が弱くなり、 発症してしまうと実体験から感じました。 まとめ マイコプラズマ肺炎は、有効なワクチンがないので、 予防注射がありません。 そのため、感染と発症の予防は自分自身で行う必要があります。 普段からの規則正しい生活をし、予防につとめましょう。

次の

真正細菌マイコプラズマの性質~その流行時期と季節との関係

マイコプラズマ感染症 体験談

1年間を通してさまざまな感染症がはやりますが、その中でも「 マイコプラズマ肺炎」をご存知でしょうか? お子さんのいる家庭では「子どものかかる病気」というイメージを持っている方も多いと思います。 しかしこのマイコプラズマ肺炎、 健康な大人でも感染することがあるのです。 私もつい先日、マイコプラズマ肺炎にかかってしまいました。 最初は「風邪かな?」という程度だったですが、みるみるうちに重症化していってホントに大変な思いをしました…。 その苦い経験をもとに、今回この記事を書いています。 いま「風邪ぎみかな?」と思っている方、その症状は本当にただの風邪でしょうか? 今回は 大人がマイコプラズマ肺炎にかかった時の症状や原因、私の体験談などをお伝えします。 風邪のような症状が出てはじめている方、ぜひ一読してください! マイコプラズマ肺炎の主な症状• 発症後3日目くらいから「乾いた激しい咳」をともなう• 全身のけんたい感• 激しい頭痛 これからが主な症状ですが、取り上げてメインとなる症状が、 「長引く高熱」と「激しい咳」 です。 大人になると高熱はなかなか出にくいものですが、マイコプラズマ肺炎はこの 高熱が特徴ともいえます。 高熱の具合から一瞬 インフルエンザを疑うこともあるでしょう。 そして肺炎というくらいなので激しい咳もともないます。 序盤は「乾いた咳」が続き、発症から5日目を過ぎる頃にはたんが絡んだような「湿った咳」に変わります。 また、4年に1度くらいのペースで流行することから「オリンピック病」と呼ばれることもあります。 ただ、症状は毎回同じもので、はやるたびに多くの患者を苦しめています。 この動画のニュースによると、2016年は患者数が過去10年間で最多だそうです。 ある朝、目覚めると悪寒(おかん)がしました。 季節的に寒くなりはじめていたので、朝の低い気温のせいだとあまり気にしていませんでした。 その際の診断は「風邪」。 点滴をし、風邪薬を処方され帰宅することになりました。 次の日、自分の咳で目が覚めました。 この日から、• 昼の一定の時間帯は少しだけ熱が下がり、咳も少しマシになる• しかし夕方から夜にかけてまた高熱になり、咳も激しくなる… これを繰り返し、どんどん体力が奪われていきました。 発症から4日目にとうとう限界を感じ、耳鼻科を受診すると、「マイコプラズマ肺炎」と診断されました。 このように、 初見では「風邪」と診断されることが多いようです。 2015年にミュージシャンの川本真琴さんがマイコプラズマ肺炎にかかってしまったようですが、彼女も最初は風邪と診断されていたようです。 しかしその後も症状は改善されず、セカンドオピニオンでマイコプラズマ肺炎と診断されたようです。 このように、風邪と誤診されることはめずしいことではありません。 また、後から知ったのですが、 時間帯によって症状が辛くなったり和らいだりと波があるのもマイコプラズマ肺炎の「あるある」だそうです。 あとから行った耳鼻科の医師によると「周囲でマイコプラズマ肺炎が流行っているか」などの情報があれば早い段階で正しい診断を受けることができたかもしれないといわれ、「情報には敏感でないといけないな」と思った一件でした。 重症化すると入院することも… 基本的には処方された薬をしっかり飲んで、安静にしていれば 自宅療養となるマイコプラズマ肺炎ですが、まれに医師の判断で入院となることもあります。 マイコプラズマ肺炎で入院になる場合の判断基準は下記のとおりです。 ・高熱が続き、水分が摂取出来ない ・咳やその他の症状により睡眠や食事が摂れない これらが続くと体力が落ちる一方ですし、もしかしたら髄膜炎などの合併症を併発しているかもしれないので、大事をとって入院する場合があります。 2016年にはタレントのおかもとまりさんがマイコプラズマ肺炎にかかって、入院していたようです。 大人の場合は症状が重くなる場合がありますので、気をつけたいですね。 マイコプラズマ肺炎の潜伏期間と感染経路 一般的な肺炎とちがい、人に感染することから「移る肺炎」「歩く肺炎」などと呼ばれる細菌性のマイコプラズマ肺炎。 その潜伏期間(感染から発症まで)は 2週間から3週間 と言われています。 感染する力自体はさほど強くないマイコプラズマ肺炎ですが、 潜伏期間の長さが感染拡大の原因になります。 潜伏期間は無症状なので感染している自覚がなく、感染予防のしようがないですよね。 また、 長い時間同じ空間をともにする家族や職場にも感染の恐れがあります。 仕事をしていると体調が優れなくても病院に行く時間がないので、マイコプラズマ肺炎と気づかないまま過ごすことがあります。 マイコプラズマ肺炎の家族がいるときはできるだけ別室で過ごすようにして、看病が必要なときはマスクをして感染を予防するようにしましょう。 マイコプラズマ肺炎の感染経路は、• 咳やくしゃみによる飛沫感染• 感染者との接触による感染 が主になります。 外から帰宅したらすぐに 手洗い・うがいをして予防につとめましょう。 マイコプラズマ肺炎の原因 マイコプラズマ肺炎…初めて病名を聞いたとき、横文字で変わった名前の病気だなぁというのが私の感想でした。 そして「肺炎って名前に付いているけど、普通の肺炎と何が違うのだろう」と思いました。 マイコプラズマ肺炎は、 「マイコプラズマ」という病原性の「微生物」 が原因で引き起こされる肺炎なのです。 なんと、 ウイルスでも細菌でもなかったのです。 マイコプラズマ肺炎という名前もその微生物がそのまま由来になっています。 このマイコプラズマの特徴は、• 生物に寄生して、自己増殖することが出来る• 細胞壁がない という2点です。 1つ目の「自己増殖が出来る」という点は、細菌に近いものがあり、付着した人間の細胞のエネルギーを吸収しながらどんどん分裂・増殖していきます。 2つ目の「細胞壁がない」という点ですが、これは言葉だけ読むと「どういうこと?」と思いますよね。 通常、細菌は自分の存在を保つために周囲に細胞壁というものがあります。 この細胞壁を破壊したり、合成をジャマしたりする働きがあるのが、ペニシリン系やセフェム系と呼ばれる抗生物質です。 通常の細菌であればこれで充分に対応することが出来ます。 しかし細胞壁を持たないマイコプラズマには 細胞壁を破壊する系統の抗生物質は全く効果がありません。 なんせ壊すものがありませんからね… 「だったらどうやって治療するの?」と思いますが、マイコプラズマにはマイコプラズマに有効な抗生物質がちゃんと存在しています(後述の「マイコプラズマ肺炎の治療方法」で解説します!)。 通常の肺炎と何が違うの? よく「風邪をこじらせて肺炎になった」という話を聞くことがあるでしょう。 通常の肺炎は、風邪などで体が弱っているときにウイルスや細菌が肺に入りこんだことが原因で引き起こされるものです。 一般的な肺炎は「定型肺炎」と呼ばれ、主に抵抗力の落ちている高齢者や子供によく見られる病気です。 いっぽう、 マイコプラズマ肺炎は「非定型肺炎」と呼ばれ、子供だけでなく健康な若年層の成人にも見られる病気です。 また、通常の肺炎とくらべてマイコプラズマ肺炎は症状が軽いことが多いです。 そのせいで寝込むまでにいたらない患者が多く、多少無理をしても日常生活を送るので感染が拡大してしまう、というのがマイコプラズマ肺炎の特徴ともいえます。 大人のマイコプラズマ肺炎、子供とどう違う? マイコプラズマ肺炎にかかりやすい年齢は 6歳から12歳と言われており、まさしく子供の病気という印象があります。 しかし、10代から30代の大人も感染・発症する病気であり、子供とちょっと症状が違うことがあります。 大人の場合は微熱や軽い咳で済むことがあり、自分がマイコプラズマ肺炎に感染したことに気づかないことがあります。 しかしその一方で 重症化しやすいのも大人のマイコプラズマの特徴です。 仕事や家庭の用事があって無理をしてしまうことも多いでしょうが、体が悲鳴をあげているときは安静にして完治を目指しましょう。 また、仕事をしている方でしたら出勤していいものか気になるでしょうが、子供の学校のインフルエンザなどと違って出席停止などの決まりはありません。 会社の人事課やかかりつけの医師に相談した上で出勤を検討しましょう。 そして平熱に戻っても咳をしているうちはまだ感染の可能性があるので、出勤する際はマスクを必ず着用するようにしてください。 マイコプラズマ肺炎の診断方法 これまでのマイコプラズマ肺炎の検査には、血液検査やたんを培養する方法などがありましたが、どれも検査結果が出るまでに時間を要していました。 しかし最近ではインフルエンザ検査のような迅速検査が可能になり、 検査から20分程度で結果がわかるようになりました。 喉の奥を長い綿棒のようなものでこすって、マイコプラズマ肺炎か否かを判定する方法で、これによって早い段階で適切な治療を受けることができるようになりました。 他には「レントゲン」によっても確認することができます。 ただ、マイコプラズマ肺炎は通常の肺炎と違って聴診での胸の雑音がありません。 それが故に、「胸に雑音が聞こえるからレントゲンを撮ろう」ということにもなりづらいのです。 医師によっては症状や環境(周囲でマイコプラズマ肺炎が流行っているか)で判断し、検査をせずにマイコプラズマ肺炎の治療を行うこともあります。 いっけんすると風邪と似たような症状が多いので間違われやすいですが、正確に診断してもらえるよう患者の私達も自分の周りの状況を正しく伝えられるようにすることが大切ですね。 マイコプラズマ肺炎の治療方法 マイコプラズマ肺炎と診断されると 抗生物質の服用による治療がスタートします。 抗生物質とひとことでいっても種類はたくさんありますが、マイコプラズマ肺炎には主に クラリスなどのマクロライド系と言われる抗生物質 が有効です。 マクロライド系はマイコプラズマ以外にも「慢性気管支炎」や「副鼻腔炎」の治療にも使われる薬ですが、近年はマクロライド系の抗生物質が効かないマイコプラズマ肺炎が増えています。 そういった時はミノマイシンなどのテトラサイクリン系やニューキノロン系と呼ばれる抗生物質で対応します。 ただ、ミノマイシンは副作用が出ることがあるため注意が必要です。 私の時もミノマイシンが処方されましたが、めまいを感じたときはすぐに服用を中止するように医師に言われました。 「薬が効かない」とか「違う薬に変える」と聞くと不安になってしまうかもしれませんが、医師の判断に従って治療を受ければ必ず回復する病気なので安心しましょう。 抗生物質はおよそ1週間続けて服用し、その経過をみます。 高熱は1週間もあればおさまることがほとんどです。 咳はその後もしばらく続いて、1ヶ月ぐらい続くこともあります。 マイコプラズマ肺炎、自然治癒することはある? 抗生物質を服用することによって治癒に向かうマイコプラズマ肺炎ですが、体力のある大人であれば 自然治癒も充分可能です。 休息をたっぷり取って安静にしていれば2週間ほどで回復する方もいます。 しかしこれは比較的症状が軽い場合のはなしです。 マイコプラズマ肺炎でも微熱ですんだり、咳もそこそこだという方もいますが、高熱が続いたり咳が激しい場合は無理をせずに病院を受診しましょう。 マイコプラズマ肺炎中の過ごし方 症状の軽い・重いもありますが、病院でマイコプラズマ肺炎と診断されたら基本的には処方された薬を飲んで安静にして回復を待つのがベストでしょう。 高熱があるときはしっかりと水分を摂り、脱水におちいらないように注意してください。 症状が強く出ているときの食事は食べられるものを食べる程度(アイスやゼリーなどでも)にとどめて、無理に食べなくても水分さえとっていれば大丈夫です。 しかし全く何も食べられない状態が1週間近く続く場合は医師に相談しましょう。 また、できないとは思いますが飲酒や喫煙は症状が悪化する可能性がかなり高いのでひかえましょう。 マイコプラズマ肺炎のまとめ いかがだったでしょうか? この記事を読んで、「風邪かと思っていたけれど、もしかしたらマイコプラズマ肺炎かも?」という方もいたのではないでしょうか。 小さい子どもがいるママです。 主婦目線で気になったことを いろいろまとめていきます!• カテゴリー• 259• 135• 1 最新の記事.

次の