最後 に ひとつ だけ お願い し て も よろしい でしょ うか な ろう。 「いただけないでしょうか」の使い方・敬語の種類・別の敬語表現

「よろしかったでしょうか」は間違い?押さえておきたい「ビジネス敬語」一覧

最後 に ひとつ だけ お願い し て も よろしい でしょ うか な ろう

明るく丁寧な対応と復唱確認でミスを防ぐ 電話のマナー 直接会わずに対話ができ、迅速な対応ができるのが電話のメリットだが、顔が見えないために誤解を生じやすいツールでもあることに注意したい。 「顔が見えないだけに心を込めて明るく、丁寧に話すと同時に、重要な情報はメモを取り、復唱して確認することでミスを防ぎましょう。 自分の声を録音して、声のトーンを確認してみるのもおすすめです」(峯先生)。 おさえておきたい基本マナー 受け答え全般• 心を込めて丁寧に、はっきりと話す。 メモと筆記用具は常に手元に準備しておき、日時・電話番号など、重要な情報はメモを取り、復唱して確認する。 相手の声が聞き取りづらい時には、「恐れ入ります、電話が遠いようでございます。 お名前をもう一度お聞かせいただけますか」と伝える。 あいまいな対応はしない。 電話を受けるとき• 3コール以内に取る。 それ以上の場合は「お待たせいたしました」と一言添える。 まず自分が名乗る。 聞き取りづらい場所にいる場合は、事情を話して自分からかけ直す。 かけたほうが切るまで切らない。 電話はかけたほうが先に切るのが原則。 電話をかけるとき• あらかじめ用件を整理し、メモにまとめておく。 始業直後や昼休み、終業直前、夜遅い時間は避ける。 周囲が騒がしくないところでかける。 携帯電話からかけるときは、電波状況がよい場所からかける。 まず自分から名乗り、相手の部署名・名前を伝えてつないでもらう。 話が長くなりそうな場合は、相手の都合をうかがう。 人事:このたびは弊社の説明会(一次面接)にご応募くださいましてありがとうございました。 書類選考の結果、次の面接選考に進んでいただくことになりました。 どなた様宛におうかがいすればよろしいでしょうか。 自分:承知いたしました。 それでは失礼いたします。 自分:失礼いたします。 自分:ありがとうございます。 復唱いたします。 自分:承知いたしました。 それでは、10分後にご連絡いたします。 人事:お待ちしております。 それでは失礼いたします。 自分:失礼いたします。 電話はかけたほうが先に切るのが原則なので、相手が電話を切ってから切ろう。 何分後に連絡できるかを伝えることと、連絡先を復唱して確認することを忘れずに。 インターンシップ・説明会・面接への参加を辞退する 自分:お忙しいところ恐れ入ります。 自分:お忙しいところ恐れ入ります。 実は、大変もったいないお話ですが、御社のインターンシップへの参加を辞退させていただきたいと思いましてご連絡差し上げました。 人事:そうですか。 残念です。 よろしければ、理由を聞かせてもらえませんか? 自分:実は御社のほかにも応募していた企業がありまして、そちらからも参加可能とのご連絡をいただきました。 双方への参加も検討したのですが、日程が重なってしまう部分がありまして、今回は現段階でより興味のあるもう1社に参加したいと考えました。 本当に申し訳ありませんでした。 頑張ってください。 自分:ありがとうございます。 失礼いたします。 人事:失礼いたします。 貴重な機会をいただいたお礼と辞退することに対するお詫びは自分で伝えるのが大原則だ。 また、先方が多忙な可能性があるので、本題に入る前にきちんと都合を確認しておこう。 いつもお世話になっております。 自分:こちらこそ、お世話になっております。 恐れ入りますが、電話番号を教えていただけますでしょうか。 自分:復唱いたします。 よろしくお願いいたします。 失礼いたします。 自分:失礼いたします。 また、電話は3コール以内で取るのがマナー。 それ以上かかった場合は、「お待たせいたしました。 相手が名乗ったら「お世話になっております」と伝えよう。 折り返し連絡させる旨を伝え、連絡先を確認しよう。 相手が急いでいる場合は、「至急連絡を取ってご連絡します」と伝え、取り次ぐべき相手に連絡を取ろう。 電話を受けたのが終業時刻に近い時間帯であれば、何時までなら連絡が可能か確認しておくとよい。 また、簡単な用件の場合は、伝言を受けてもよい。 その際は、必ず内容の復唱・確認を行おう。 在席の場合は、「少々お待ちください」と伝え、電話をつなごう。 簡単5分で、あなたの強み・特徴や向いている仕事がわかる、リクナビ診断!就活準備に役立ててくださいね。

次の

社会人と接する最低限のマナー 電話編

最後 に ひとつ だけ お願い し て も よろしい でしょ うか な ろう

「よろしいでしょうか」の漢字 「よろしいでしょうか」は漢字だと「良ろしいでしょうか」「宜しいでしょうか」と書くことができます。 「宜しく」「良ろしい」と書くことはあまりなく、一般的には、 「よろしいでしょうか」とひらがなで表記することが多いです。 「宜」は音読みだと「ギ」、訓読みだと「よろしい」と読みます。 「宜」は「程よくかなっている」を意味しています。 元々「よろしく」は、相手に便宜をはかってもらう時などに、適切な配慮を願ったり期待したりして言う語です。 そこから「宜」をとって、「宜しく」と書くようになりました。 「宜」は、「適宜」「時宜」「便宜」といった使い方が正しいので、「宜しい」といった使い方は本来は正しくありません。 「よろしい」といったように、ひらがな表記の方が適切となります。 「よろしいでしょうか」の使い方・用法 「よろしいでしょうか」は相手の意志を確認したり、同意・許可を求めるときに使う表現です。 例えば「来週休みをいただいてもよろしいでしょうか」といった場合は、許可を求める言い方になり、「今お時間をいただいてもよろしいでしょうか」といった場合は、相手に支障がないか尋ねる言い方になります。 「よろしいでしょうか」はビジネスメールでも使うことが多く、「明日の会議で使用する資料は、以下の内容でよろしいでしょうか」などと相手に確認を取りたいときに使用します。 「よろしいでしょうか」は電話対応などでもよく使われ、忙しい相手に急を要する用件を伝える時に「お時間少しだけよろしいでしょうか」と使うことができます。 「よろしいですか」は敬語として誤用 「ですか」は「今何時ですか」や「ここはどこですか」などと、何かを質問するときに使う言葉です。 「よろしいですか」が敬語ですが、少々砕けた言い方になるので上から目線に感じてしまう人もいます。 ですので「よろしいですか」は、取引先など目上の人に対しては不適切になります。 目上の人に対しては「よろしいですか」ではなく「よろしいでしょうか」と言った方が良い印象を与えます。 「よろしかったでしょうか」も敬語として誤用 飲食店などで注文の際に、「ご注文は以上でよろしかったでしょうか」と店員さんに聞かれたことがある方も多いと思います。 「よろしかったでしょうか」は間違った表現ではありませんが、何となく違和感を感じる表現です。 「よろしかったでしょうか」は過去形なので、前提となる内容があって、それに対して確認の意味で用いるのが適切な使い方になります。 ですので、何の前提もない状態で「よろしいでしょうか」を使うと不自然です。 例えば、お客様が商品を購入したことを再度確認する場合に「こちらでよろしかったでしょうか」と使うのが適切です。 こういったように、お聞きした注文内容を忘れてしまい再確認をする場合に使えます。 「よろしかったでしょうか」は過去のこと、済んでいることに対して使います。 「よろしいでしょうか」は正しい敬語 「よろしい」は「よい」を丁寧にした表現で、「でしょうか」は「ですか」を丁寧にした表現です。 「よろしいでしょうか」は丁寧な表現なので、目上の人に対して使うことができます。 例えば、目上の人に対して「こちらでいいですか」というのは、ぶっきらぼうで少し失礼な印象を与えてしまいます。 「こちらでよろしいでしょうか」と尋ねた方が丁寧な感じがしますよね。 また「よろしいでしょうか」をより丁寧にした「よろしゅうございますか」という表現もありますが、はあまり使われる表現ではありません。 ただ 「よろしいでしょうか」は丁寧語であって、謙譲語ではありません。 「よろしいでしょうか」の前に来る言葉に尊敬語や謙譲語を用いるようにしましょう。 「よろしいでしょうか」の例文 ・お時間少しだけいただいてもよろしいでしょうか。 ・お名前をお伺いしてもよろしいでしょうか。 ・申し訳ありませんが体調が優れないので、休ませていただいてよろしいでしょうか。 ・お忙しいところ恐れ入りますが、こちらの資料を訂正していただいてもよろしいでしょうか。 ・こちらの案で進めていきたいのですがよろしいでしょうか。 ・恐れ入りますが、こちらの方にご署名のほどお願いしてもよろしいでしょうか。 ・今呼んできますので、こちらでお待ちいただいてもよろしいでしょうか。 ・こちらにお座りいただいてもよろしいでしょうか。 ・一点だけ質問してもよろしいでしょうか。 ・お手洗いをお借りしてもよろしいでしょうか。 また、親しい間柄の相手に対しては、 ・はい、大丈夫です ・はい、OKです ・はい、いいです と返すのが良いでしょう。 「よろしいでしょうか」の類語・言い換え いかがでしょうか 「いかが」は、成り行きや結果を危ぶむさまを表す形容動詞になります。 「いかがでしょうか」は、相手の気分や状態、意見を聞く場合に使うこと多い表現です。 「いかがでしょうか」は「どうでしょうか」をベースにした表現になります。 例えば、「今のお気分はどうでしょうか」と尋ねるよりも「今のお気分はいかがでしょうか」と聞いた方が丁寧な感じがします。 また「いかがでしょうか」は、「お飲み物はいかがでしょうか」といったように、何かをすすめる場合にも使うことができます。 「いかがでしょうか」には改まって聞くという意味が含まれているので、取引先やお客様など目上の人に対して使うことができます。 例文 ・お体の調子はいかがでしょうか。 ・御社に明日の14時にお伺いしたいのですが、ご都合の方はいかがでしょうか。 お間違いないでしょうか 「お間違いないでしょうか」は相手に対して、良いのか確認する場合に使います。 また「お間違いないでしょうか」は、相手に対してこの解釈で間違いないか尋ねるときにも使います。 「お間違いないでしょうか」は丁寧な表現ですが、「お間違いないでしょうか」となると「あなたの言っていることは合っていますか」と指摘するような意味合いが含まれます。 「お間違いないでしょうか」を使用する際は、注意する必要があります。 ・ご注文は以上でお間違いないでしょうか。 ・こちらのハンカチはお客様のものでお間違いないでしょうか。 構いませんでしょうか 「構わない」は「差し支えない」「気にしない」を意味しています。 「構いませんでしょうか」の意味は「差し支えないでしょうか」です。 例えば「あなたの年齢を尋ねても構いませんでしょうか」といった場合は、「あなたの年齢を聞いても不都合はないでしょうか・問題ないでしょうか」という意味合いになります。 「構いませんでしょうか」は、行ったら相手にとって少し不都合になりそうなことに対して許可を求める場合に使います。 例文 ・ここでタバコを吸っても構いませんでしょうか。 ・今晩お宅にお邪魔しても構いませんでしょうか。 ・当日ご連絡しても構いませんでしょうか。 可能でしょうか 「可能」は「ある物事ができる見込みがあること」を意味しています。 「可能でしょうか」は、相手に対して可能かどうか確認をする場合に使います。 ただ「〜は可能でしょうか」という言い方は少々強気なニュアンスが含まれるので、使う際は注意する必要があります。 「〜可能でしょうか」は「〜いただけますか」「〜いただけますでしょうか」と言った方が丁寧になります。 例文 ・弊社までお越しいただくことは可能でしょうか。 ・代わりに参加いただけることは可能でしょうか。

次の

全国ろう児をもつ親の会

最後 に ひとつ だけ お願い し て も よろしい でしょ うか な ろう

敬語は、大きくわけて3つの種類に分類することができます。 その種類とは、「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」です。 名前ぐらいは聞いたことがあるでしょう。 「尊敬語」は相手を敬う言い方の敬語で、「謙譲語」はへりくだった表現、「丁寧語」は文末に「です」や「ます」がついた表現です。 「尊敬語」は目上の方の動作を表す場合に用いられるのに対し、「謙譲語」は自分の動作を表す場合に使われます。 「丁寧語」は基本的には誰に対して使っても問題のない敬語です。 「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」のそれぞれについて詳しくご説明します。 それぞれの違いを理解することで普段から使い分けていくことができるでしょう。 尊敬語 前述しましたが、尊敬語は相手を敬う敬語で、相手を高める 立てた 言い方です。 なので、尊敬語は相手の動作・行動・行為などに用いられます。 たとえば、「先生が言った」を尊敬語で表現すると「先生がおっしゃった」となり、「先生」を高めた表現をしています。 間違っても「私がおっしゃった」などと、自分の行動について尊敬語を用いないようにしてください。 敬語として誤った使い方ですし、それを聞いた周りの人が不快な気持ちになる可能性が高いので間違った使い方をしないように注意しましょう。 謙譲語 「謙譲語」は自分を下に置くことによって、間接的に相手を高める表現の敬語です。 いわゆる「へりくだった表現」で、謙虚な印象を受けます。 「尊敬語」との違いですが、「尊敬語」は相手を高めるのに対し、「謙譲語」は相手はそのままで自分だけを下げる言い方です。 謙譲語は目上の方に向けて言う場合に使われたり、自分や身内などの行動にも謙譲語を用いたりすることができます。 また、読み手や聞き手の人に向けて敬意を表したい場合も謙譲語で表現します。 例えば、「ご連絡お願いいたします」は目上の方に向けて使われる謙譲語で、本題の「いただけないでしょうか」も目上の人に使われる謙譲語です。 「弟が先生のところへ参ります」は身内の行動を謙譲語で表しており、「電車が参りました」は話を聞いてる人に対して敬意を表した表現の謙譲語です。 このように、「謙譲語」と言っても使える相手に制限があります。 丁寧語 「丁寧語」は一番馴染みのある敬語ではないでしょうか。 文末に「です」や「ます」、「ございます」がついた丁寧を表す敬語です。 たとえば、「こちらです」「会議があります」「おはようございます」など、これらは丁寧語で表現したものになります。 基本的には丁寧語は誰に対して使っても問題ありませんが、目上の方に対して使う場合には、尊敬語で同じ意味の言葉を表現できないか考えてみてください。 尊敬語や謙譲語で表現できるならそれに越したことはありません。 ですので、目上の方には、尊敬語や謙譲語で表現できない言葉だけ丁寧語で表現するようにしましょう。 また、謙譲語にも目上の方に向けてしか使えない語があると先程述べました。 もし、それを目下の人に対して言いたいのなら、その場合は丁寧語で表現しましょう。 目下の人にへりくだる必要はありませんので、目下の人に向けて謙譲語は使わないように注意してください。 敬語「いただけないでしょうか」の意味 それでは本題の「いただけないでしょうか」について詳しくご説明していきます。 「いただけないでしょうか」の意味は、「~してもらえないですか」です。 つまり、「~してほしいんだけど」と、相手に依頼・要求・お願いなどをしたい場合に使われます。 敬語の説明をした際に少し触れましたが、この「いただけないでしょうか」は謙譲語です。 敬語として正しい表現ですので、どんどん活用しましょう。 言葉を分解してみると分かりやすい! 「いただけないでしょうか」を分解してご説明します。 すると意味が分かりやすくなるでしょう。 これは「いただく」+「ない」+「でしょうか」の3つの単語に分類することができます。 まず、「いただく」というのは「~してもらう」の意味の謙譲語です。 これに否定形の「ない」が付いて「いただけない」=「~してもらえない」になります。 最後に丁寧語の「です」の疑問形「でしょうか」になり、全部合わせて「いただけないでしょうか」となります。 これらを見てもらったらわかるように、「いただけないでしょうか」とは、「~してもらうことはできないですか」の意味になります。 長い言葉は、このように分解すると意味が分かりやすくなります。 【余談】ひらがな表記と漢字表記の違い 「いただく」の部分は「頂く」という漢字にすることもできますが、これにはルールがあります。 「いただけないでしょうか」と「頂けないでしょうか」では使い方や意味が異なります。 本題の「いただけないでしょうか」の「いただく」は補助動詞です。 補助動詞はひらがなで表記すると文化庁で決められています。 詳しくは以下のリンクをご参照ください。 「いただく」は補助動詞なので、その前には動詞が入ります。 たとえば「買っていただく」「見ていただく」など、「動詞の連用形+いただく」の形で使われます。 一方、「頂く」と漢字表記すると動詞「 物を もらう」の謙譲語になります。 「頂けないでしょうか」としてしまうと、「 物を もらえないですか」の意味になり、相手に物を譲ってほしいと言っていることになるので、文章にする場合には特に注意が必要です。 この「いただけないでしょうか」は謙譲語なので、目上の人に向けてしか使えません。 会社の上司や先輩だけでなく、お客さまや取引先企業など、自分より立場が上の人に対してのみ使える敬語です。 なので、目下の人には使わないよう注意してください。 敬語のルールとして、目下の人に対してへりくだる必要はありません。 もし、目下の人に対して「~してほしい」と言いたいなら、「~してもらえませんか」などと丁寧語で表現するようにしましょう。 目上の人には謙譲語、目下の人には丁寧語、これさえ押さえておけば良いでしょう。 ビジネスでの使い方は? ビジネスにおいても使い方は同じです。 自分より立場が上の人、年齢が上の人など「目上の人」に対して何かお願い事をする際には「いただけないでしょうか」を用いて表現します。 「ご連絡いただけないでしょうか」や「部長への報告をしていただけないでしょうか」などと使います。 丁寧な言い方をすることによって、相手に不快感を与えることなく、また相手が気持ち良く引き受けてくれるような表現をしてください。 部下や同僚などの目下の人に対しても、上述したように丁寧語で表現するようにしましょう。 「連絡してもらえませんか」「報告してもらえないですか」などと表現しましょう。 メールではどのように使ったらいい? メールでも「いただけないでしょうか」の使い方は同じです。 上司やお客さまなどの目上の方に依頼する場合には「いただけないでしょうか」、部下や同僚などの目下 同等 の人には「~してもらえませんか」と表現します。 相手に不快感を与えずに依頼内容を伝えるには、丁寧な表現はもちろんのこと、きちんと正しい敬語を使っているかがポイントです。 たとえば「手をかけさせるね」という意味で「お手数おかけいたしますが」「ご迷惑をおかけしますが」などのクッション言葉を入れたり、「お願いします」を言うにしても、「お願いいたします」「お願い申し上げます」と敬語にしたりすることが大切です。 相手を不快にさせないための言葉選び、正しい敬語がきちんとできているかが重要なポイントです。 相手にメールを送る前には、しっかり文章を読み直してから送信するようにしましょう。 敬語「いただけないでしょうか」の例文! 「いただけないでしょうか」を使った例文をご紹介します。 相手が「目上の人」と「目下の人」だとそれぞれどのように言うのが良いのでしょうか。 目上の人に対しては謙譲語! 目上の人に対して「いただけないでしょうか」というときの例文をご紹介します。 謙譲語を使い、相手を思いやる気持ちを表現することが大切です。 私は今から別件で席を外しますので、お手数おかけしますが、代わりにお客さまへご連絡していただけないでしょうか」 目下の人には丁寧語で! 目下の人に対する「いただけないでしょうか」の例文をご紹介します。 目下の人には丁寧語を用い、失礼にならないように言います。 私は今から報告書を作成してきます」 「今から席を外すので、お客さまへ変更日時のご案内の電話をしてもらえませんか」 「社長がお見えになったので、お茶とお菓子の準備をしてもらえませんか」 「いただけないでしょうか」の別の言い換え!.

次の