とび森 カブ予測。 どうぶつの森のカブ価を予測するWebアプリ

カブ価 〜高騰を予測〜

とび森 カブ予測

とび森において、ベルという存在とは切っても切れない関係にあります。 ベルがなければ家を大きくすることも不可能ですし、家具も買えない。 公共事業さえもまともに取り組めません。 とび森を遊ばれている方ならお分かりだと思います。 ベルがなければ、なにも出来ません。 住民との友好関係など、適当に話しかけていれば自然と上がってきたりしますが、ベルは、稼ぎ方を知らなければいつまでたっても溜まることはありません。 ほんの少し溜まったところで、1つや2つの家具を買ってスッカラカンになってしまっては、全く話になりませんよね? ベルはほとんどのことを解決してくれますし、ベルこそがとび森における最重要アイテムです。 効率的かつ大量に稼ぐ手段を知らなければ、村作りどころかまともに遊べやしませんよ? このブログでは、最高に効率の良いのベルの稼ぎ方を2つ教えます。 南の島 稼ぎ方の1つとして、【深夜の島で虫を捕まえまくること】が挙げられます。 まず、カッペイの船に乗って島にいったら、ハニワくんから道具1式を貰って、ヤシの木以外の植物をすべて伐採してください。 躊躇うことなく全力でやりましょう。 樹木をオノで切り倒したら、切り株や低木、花はスコップで掘り返して消してしましょう。 これには理由があります。 それは、余計な虫を出現させないためです。 とび森において、1つのフィールドに出現する虫や魚には数の制限があります。 カブトムシ、カナブン、チョウは、価値がないために大量に出現しますが、ヤシの木に止まってくれる高価な虫は出現率が低いです。 それら有象無象は、追い払っても性懲りも無く湧いてきて、出現制限を軽々と埋めにかかってきます。 これでは、ベル稼ぎに支障をきたすことは明白です。 なので、木を切り倒して花々を掘り起こします。 切り株もきちんと取り除いておきましょう。 カミキリムシが湧くため効率が落ちます。 また、花を咲かせているとアレキサンドラアゲハが現れたりします。 確かに高価な虫ですが、それよりも邪魔な蝶が大量に出現してしまうことの方が問題です。 アレキサンドラアゲハ1匹のために、他の虫の出現を許して効率を損なうよりも、ヤシの木以外を全て排除してから、高価な虫の捕獲に集中した方が効率は遥かに良いです。 僕の島です。 不要なモノは全て取り除きました。 貝殻についてですが、これは回収してもしなくても意味はありません。 貝殻がゼロの浜辺であってもヤドカリは出現します。 こればっかりは仕方がありません。 時間帯は、午前0時以降がベストです。 なぜなら、その時間帯が1番虫が出現しやすいからです。 季節はいつでも問題ありません。 設定上、島は一年中Tシャツ1枚でいられるほどの常夏ということらしいです。 そのため、村が2月の真冬であっても島の季節は常に夏なので、取れる虫の数には影響はないです。 虫を取りまくる カブトムシや蝶のような価値のない虫がいなくなったところで、ようやく乱獲の始まりです。 フナムシやヤドカリは度々出現しますが、海の方に追い込んで入水させましょう。 島の周りのヤシの木を、走ることなく 高価な虫は足音やキャラクターの気配に敏感 アミを片手に見て周りながら1匹ずつ取って行きます。 ヤシの木に止まる虫は、ゴライアスハナムグリ、ホソアカクワガタ、ゾウカブト、オウゴンオニクワガタ、コーカサスオオカブト、ヘラクレスオオカブトなどといった、ベルに換算すると凄まじい価格になる虫ばかりです。 虫を見つけたら、ゆっくりとその背後に回った後、アミを構えつつそぉっと近づいて スライドパッドをほんの少しだけ傾ける アミを振り下ろすという動作を繰り返して採ります。 特に、オウゴンオニクワガタは捕獲が難しいです。 距離によっては、スライドパッドをどのように傾けても逃げられてしまいます。 このクワガタを捕まえる時は特に注意が必要です。 ですが、採れたときの嬉しさはとてつもないです。 捕獲した虫は、お預かりBOXに入れて持ち帰り、Rパーカーズで売ってベルに換えましょう。 1時間も集中して行えば、軽く5万ベル程度は稼げたりします。 100万ベルを楽に稼ぐ!…などという、現実離れしたことは言いませんが、とび森を遊ばれている方全てにオススメしたい稼ぎ方です。 なお、島を整えても、なかなか虫が出現しないことがあります。 「なんだよ!虫なんていねーじゃねぇーかよぉ!」 と、声を荒らげるまえに冷静になってください。 ヤシの木を1度や2度ほど確認をしても、虫が見つからないことはよくある話です。 根気よく歩きましょう。 間違っても走ったりヤシの木にぶつかったりしないこと。 虫は突然現れたりします。 走ったせいで逃げられた…ということがないように集中してください。 どうしても上手くいないならば、1度カッパのいる家に入るなどの乱数調整をした上で挑戦してみてください。 カブで稼ぐ 虫の乱獲である程度のお金が溜まったら、今度はカブに挑戦してみましょう。 カブは、毎週日曜日の午前中に村を訪れるカブリバと呼ばれるキャラクターから買うことが出来ます。 購入したカブは、Rパーカーズで転売することで莫大な利益を上げられるだけでなく、虫の乱獲よりも遥かに楽にお金を稼げる最高の手段です。 楽してベルを稼ぎたいならば、カブに手を出さない理由はありません。 カブの基本は、 安く買って高く売ることです。 購入した時にかかった金額よりも、売却した時の金額が上回っていれば利益が出ます。 例えば、1カブ100ベルのカブを1000カブ購入し、Rパーカーズで1カブ400ベルで買い取ってくれる時に売れば、その利益は4倍になります。 少額であれば大した利益になりませんが、元手が大きい程にリターンは膨大になって返ってくるのです。 カブの取り引きのコツ カブの売却価格は、日にちや時間帯で大きく変わったりします。 Rパーカーズの店員に聞けば、その時のカブの買い取り価格を教えてもらえるので、逐一チェックしておきましょう。 ただし、価格には変動があるため、この日に売れば確実に稼げるといった断言をすることは非常に難しいです。 しかし、カブの値動きはある程度は予測可能です。 動きは、大まかに以下の3パターンに分けられます。 ジリ貧• 変調 波とは、値動きが上下に揺れ動いていることを言います。 このパターンの場合は、どこかで高騰することはないため、感覚で売り時を見極めなければなりません。 ジリ貧とは、月曜日の買い取り価格から、土曜日の午後にかけて少しずつ値段が下がっていくことを言います。 どこかで大きく値段が上がったり、波のように揺れ動くこともないため、このパターンが確定してしまえば損することは確実となります。 変調とは、ジリ貧から唐突に高騰することを言います。 諦めないことも大事です。 ただし、 高騰した次の日もしくは次の時間帯になった途端に大暴落します。 上記の例で言えば、400円から50円に転落するといった感じです。 そこから持ち直すことはありません。 変調は、 火曜日の午前から木曜日の午後のうち、どこかで起こります。 もしも、木曜日の午後になっても上がらないならばその週は諦めてください。 金曜日と土曜日は、変調の有無は関係なくほぼ下落し続けます。 なお、 波のパターンにはまった場合は変調は起こりません。 カブの取り引きの詳細は以下のリンクをご覧ください.

次の

とびカブ 〜とびだせ どうぶつの森 カブ価予測ツール〜

とび森 カブ予測

カブについて 毎週日曜の午前中に「ウリ」が販売している商品「カブ」。 買うときはもちろん、売るときも価格が変動する商品ですね。 なので、カブの販売価格が安い時にウリからまとめ買いして、タヌキ商店のカブの買取価格が高い時にまとめて売り抜くことができれば、大幅にベルを稼ぐことが可能です。 ちなみにカブを購入できるのは、日曜の午前のみ。 売るのは、月曜から土曜の午後までです。 土曜の午後が過ぎるとどうなるかというと、カブが腐って10カブで100ベルになってしまうので、安くても土曜の午後までには絶対に売りましょうね。 カブ価の変動について カブ価は毎日こまめにチェックするようにしましょう。 なぜなら、毎日の午前と午後にカブ価が変動するからです。 運良く高く売れれば良いですが、毎日カブ価をチェックしないとどの変動パターンにはいるかも分からないので、カブで儲けたい場合はしっかりとチェックしましょうね。 月曜の午前が買取価格1とすれば、土曜の午後が買取価格12となり、毎週計12パターンの買取価格が存在します。 カブ価の変動パターン あつまれどうぶつの森での変動パターンの前に、以前のどうぶつの森シリーズのカブ価の変動パターンをまずは確認してみましょう。 変動 パターン 説明 波型 価格が上下し続けるパターン。 ピークは1. 2〜1. 5倍程度。 ジリ貧型 価格が少しずつ下がり続けるパターン。 木曜日午後までに変調する可能性もある。 3期型 序盤は下がり続けるが、木曜日午後までに変調し、3期でピークとなる。 価格が最も高騰する。 4期型 序盤は下がり続けるが、木曜日午後までに変調し、4期でピークとなる。 3期型ほど高騰しない。 以前はこのような変動パターンがありましたが、調べたら今回もほとんど同じような仕組みでした。 なので、 100ベル以下で買えたら安値になりますね! また「初期値がいくらだからこの変動パターン」というのは存在しなかったので、110ベルで株を買っても儲けられる可能性はもちろんありますよ。 変動パターン【波型】の対策 変動パターンの波型は、カブ価が常に上下する傾向にあります。 ただ、このパターンの特徴的なことは 「月曜の午前か午後に、買値より高値が出る」ということです。 これは他の変動パターンにない動きなので、月曜の時点で「波型」か「その他の型」がわかりますね。 波型であれば月曜に売れば確実に損はしないので、もし不安であれば月曜に即売却してしまいましょう。 あと見比べてて気づいた点は、波型は 買値より20ベル以上で売れるタイミングがかならずあったので、カブを保有するメンタルがあればそれを狙うのも一つの手ですね。 ちなみに最安値は43ベル、最高値は148ベルでした。 変動パターン【ジリ貧型】の対策 日曜の買った値段から、土曜まで上がることなくずるずると下がってしまい、かなりの損をしてしまうパターンです。 ジリ貧型の判断基準は、木曜の午前中までにカブ価が上がらない場合です。 木曜の午前に株価があがれば3期型か4期型になるので、待っても問題ないです。 ただしジリ貧型だと株価がまったく上昇しないので、取れる選択肢は二つです。 ・カブ価の高い友人の島で売る ・損切りをする 一番おすすめの対処法は友達に頼るということです。 カブ価は 自分の島と他の無人島で価格が異なるため、自分がジリ貧型でも他の人はカブ価が高騰してる可能性があります。 なので、友達の島に遊びに行ける場合はこの手段を使ってカブを整理するのが最善手です。 あとは損切りですが、木曜午前からどうぶつの森が遊べない!友達が捕まらない!という場合は、最悪土曜までに全て売り払うようにしましょうね。 そのまま持ち続けるとカブが腐って0ベルになってしまいます。 変動パターン【3期型】の対策 木曜までに株価が上昇し、上昇したタイミングから3回目に高値をつけるパターンです。 このパターンが一番高くカブが売れる可能性があり、調べた中での最高額はなんと1個608ベルという高値を叩き出しました。 攻略法は名前の通り、 3回目の上昇タイミングで売れば大丈夫です。 そのあとはずるずると下がってしまうので、売り時を間違えないようにしましょう。 変動パターン【4期型】の対策 木曜までに株価が上昇し、上昇したタイミングから4回目に高値をつけるパターンです。 3期と同じようなパターンでわかりづらいですが、3期型より少し早く上昇傾向が見られる場合が多かったです。 (火曜午前から上昇もあり) この攻略法は3期型同様、 3回目の上昇タイミングで売れば大丈夫です。 というのも、3期型と比べ4回目のタイミングでの価格があまり上がらないので、4期だとおもったら3期で価格がかなり下がってしまったというのを防ぐ意味的にも、早めに売った方が無難です。 まとめ ・カブは日曜にウリから購入可能。 ・カブ価の変動パターンは4つ存在する(波型、ジリ貧型、3期型、4期型) ・月曜から株価が上昇したら波型。 月曜に即売りするか、買値から20ベル以上の値をつけたら絶対に売却。 ・それ以外はジリ貧型か3期型か4期型。 木曜までに上昇しなかったら、ジリ貧型。 友達の島で売るか、土曜までに損切りをする。 ・3期型、4期型の場合は 3回目の上昇タイミングで売るべし。

次の

カブ価統計データ

とび森 カブ予測

「カブ価の動き方」 これがわかれば高騰を予測できます。 基本パターンが分かればその後のカブ価の動きを予測できます。 高くなるのは月曜午前、水曜午前〜木曜午前、金曜午前〜土曜午後で、最高でも150程度です。 通常は上記2つのパターンになることが多いです。 日曜の買値が85ベル以下だった場合、その週は150〜220ベルまで高騰します。 少し儲かります。 火曜から変調が始まった。 変調第2期が変調第1期よりも低い。 月曜午後と比べ1〜5ベルくらいの幅でジリジリ下がっていればジリ貧継続。 以降のカブ価に注目。 火曜午後と比べ1〜5ベルくらいの幅でジリジリ下がっていればジリ貧継続。 以降のカブ価に注目。 水曜午後と比べ1〜5ベルくらいの幅でジリジリ下がっていればジリ貧継続。

次の