ナウゼリン 生理。 ナウゼリン錠10

【妊娠】つわりはいつから始まる?早い人の時期と生理の見分け方

ナウゼリン 生理

効能・効果• 胃下垂症の悪心• 胃下垂症の嘔吐• 胃下垂症の消化器症状• 胃下垂症の上腹部不快感• 胃下垂症の食欲不振• 胃下垂症の腹痛• 胃下垂症の腹部膨満• 胃下垂症の胸やけ• 胃下垂症のあい気• 胃切除後症候群の悪心• 胃切除後症候群の嘔吐• 胃切除後症候群の消化器症状• 胃切除後症候群の上腹部不快感• 胃切除後症候群の食欲不振• 胃切除後症候群の腹痛• 胃切除後症候群の腹部膨満• 胃切除後症候群の胸やけ• 胃切除後症候群のあい気• 抗悪性腫瘍剤投与時の悪心• 抗悪性腫瘍剤投与時の嘔吐• 抗悪性腫瘍剤投与時の消化器症状• 抗悪性腫瘍剤投与時の上腹部不快感• 抗悪性腫瘍剤投与時の食欲不振• 抗悪性腫瘍剤投与時の腹痛• 抗悪性腫瘍剤投与時の腹部膨満• 抗悪性腫瘍剤投与時の胸やけ• 抗悪性腫瘍剤投与時のあい気• 慢性胃炎の悪心• 慢性胃炎の嘔吐• 慢性胃炎の消化器症状• 慢性胃炎の上腹部不快感• 慢性胃炎の食欲不振• 慢性胃炎の腹痛• 慢性胃炎の腹部膨満• 慢性胃炎の胸やけ• 慢性胃炎のあい気• レボドパ製剤投与時の悪心• レボドパ製剤投与時の嘔吐• レボドパ製剤投与時の消化器症状• レボドパ製剤投与時の上腹部不快感• レボドパ製剤投与時の食欲不振• レボドパ製剤投与時の腹痛• レボドパ製剤投与時の腹部膨満• レボドパ製剤投与時の胸やけ• レボドパ製剤投与時のあい気• 小児周期性嘔吐症の悪心• 小児周期性嘔吐症の嘔吐• 小児周期性嘔吐症の消化器症状• 小児周期性嘔吐症の上腹部不快感• 小児周期性嘔吐症の食欲不振• 小児周期性嘔吐症の腹痛• 小児周期性嘔吐症の腹部膨満• 小児周期性嘔吐症の胸やけ• 小児周期性嘔吐症のあい気• 小児上気道感染症の悪心• 小児上気道感染症の嘔吐• 小児上気道感染症の消化器症状• 小児上気道感染症の上腹部不快感• 小児上気道感染症の食欲不振• 小児上気道感染症の腹痛• 小児上気道感染症の腹部膨満• 小児上気道感染症の胸やけ• 小児上気道感染症のあい気 薬剤名 影響 フェノチアジン系トランキライザー 内分泌機能調節異常 プロクロルペラジン 内分泌機能調節異常 クロルプロマジン 内分泌機能調節異常 チエチルペラジン 内分泌機能調節異常 ブチロフェノン系製剤 内分泌機能調節異常 ハロペリドール 内分泌機能調節異常 ラウオルフィア製剤 内分泌機能調節異常 レセルピン 内分泌機能調節異常 フェノチアジン系トランキライザー 錐体外路症状 プロクロルペラジン 錐体外路症状 クロルプロマジン 錐体外路症状 チエチルペラジン 錐体外路症状 ブチロフェノン系製剤 錐体外路症状 ハロペリドール 錐体外路症状 ラウオルフィア製剤 錐体外路症状 レセルピン 錐体外路症状 ジギタリス剤 ジギタリス製剤飽和時の指標となる悪心・嘔吐・食欲不振症状を不顕化 ジゴキシン ジギタリス製剤飽和時の指標となる悪心・嘔吐・食欲不振症状を不顕化 抗コリン作用を有する薬剤 本剤の胃排出作用が減弱 ブチルスコポラミン臭化物 本剤の胃排出作用が減弱 臭化チキジウム 本剤の胃排出作用が減弱 チメピジウム臭化物水和物 本剤の胃排出作用が減弱 制酸剤<PPI・H2ブロッカー以外> 本剤の効果が減弱 H2受容体拮抗剤 本剤の効果が減弱 シメチジン 本剤の効果が減弱 ラニチジン 本剤の効果が減弱 プロトンポンプ阻害剤 本剤の効果が減弱 オメプラゾール 本剤の効果が減弱 薬物代謝酵素<CYP3A4>を阻害する薬剤 本剤の血中濃度が上昇 イトラコナゾール 本剤の血中濃度が上昇 エリスロマイシン 本剤の血中濃度が上昇 エリスロマイシン QT延長• 副作用 (添付文書全文) 次の副作用があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。 1. 重大な副作用 11. 1.1. ショック、アナフィラキシー(いずれも頻度不明):ショック、アナフィラキシー(発疹、発赤、呼吸困難、顔面浮腫、口唇浮腫等)を起こすことがある。 1.2. 錐体外路症状(0. 1、9. 7小児等の項参照〕。 1.3. 意識障害、痙攣(いずれも頻度不明)〔9. 7小児等の項参照〕。 2. その他の副作用 1). 肝臓:(0. 2). 内分泌:(0. 3). 消化器:(0. 4). 循環器:(0. 5). 皮膚:(0. 6). その他:(0. 発現頻度はナウゼリン錠、細粒及びドライシロップの使用成績調査を含む。 使用上の注意 (添付文書全文) (禁忌) 2. 1. 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。 2. 妊婦又は妊娠している可能性のある女性〔9. 5妊婦の項参照〕。 3. 消化管出血、機械的イレウス、消化管穿孔の患者[症状が悪化するおそれがある]。 4. プロラクチン分泌性下垂体腫瘍(プロラクチノーマ)の患者[抗ドパミン作用によりプロラクチン分泌を促す]。 (重要な基本的注意) 8. 1. 間脳の内分泌機能調節異常、錐体外路症状等があらわれることがあるので、本剤の投与に際しては、有効性と安全性を十分考慮のうえ使用すること〔9. 7小児等の項、11. 1.2参照〕。 2. 眠気、めまい・ふらつきがあらわれることがあるので、本剤投与中の患者には自動車の運転等危険を伴う機械操作に注意させること。 (特定の背景を有する患者に関する注意) (合併症・既往歴等のある患者) 9. 1.1. 心疾患のある患者:QT延長があらわれるおそれがある。 (腎機能障害患者) 腎機能障害患者:副作用が強くあらわれるおそれがある。 (肝機能障害患者) 肝機能障害患者:副作用が強くあらわれるおそれがある。 (妊婦) 妊婦又は妊娠している可能性のある女性には投与しないこと(動物実験(ラット)で骨格異常、内臓異常等の催奇形作用が報告されている)〔2. 2参照〕。 (授乳婦) 治療上の有益性及び母乳栄養の有益性を考慮し、授乳の継続又は中止を検討し、投与する場合は大量投与を避けること(動物実験(ラット)で乳汁中へ移行することが報告されている)〔16. 3.4参照〕。 (小児等) 特に1歳以下の乳児には用量に注意し、3歳以下の乳幼児には7日以上の連用を避けること。 また、小児等の脱水状態、小児等の発熱時等では特に投与後の患者の状態に注意すること。 小児において錐体外路症状、意識障害、痙攣が発現することがある〔8. 1、11. 1.2、11. 1.3参照〕。 (高齢者) 減量するなど注意すること(一般的に高齢者では生理機能が低下している)〔15. 1参照〕。 (相互作用) 本剤は主にCYP3A4で代謝される〔16. 4.1参照〕。 2). ジギタリス製剤(ジゴキシン等)[ジギタリス製剤飽和時の指標となる悪心・嘔吐・食欲不振症状を不顕化することがあるので、ジギタリス製剤の血中濃度のモニターを行う(本剤は制吐作用を有する)]。 3). 抗コリン剤(ブチルスコポラミン臭化物、チキジウム臭化物、チメピジウム臭化物水和物等)[本剤の胃排出作用が減弱することがあるので、症状により一方を減量、中止するか、又は必要に応じて間隔をあけて投与する(抗コリン剤の消化管運動抑制作用が本剤の消化管運動亢進作用と拮抗する)]。 4). 制酸剤<PPI・H2ブロッカー以外>、H2受容体拮抗剤(シメチジン、ラニチジン等)、プロトンポンプ阻害剤(オメプラゾール等)[本剤の効果が減弱するおそれがあるので、両剤の投与時間を考慮する(胃内pHの上昇により、本剤の消化管吸収が阻害される)]。 5). CYP3A4阻害剤(イトラコナゾール、エリスロマイシン等)〔16. 7.1、16. 7.2参照〕[本剤の血中濃度が上昇する(強力又は中程度のCYP3A4阻害作用により本剤の代謝が阻害される)。 また、エリスロマイシンとの併用においては、QT延長が報告されている(強力又は中程度のCYP3A4阻害作用により本剤の代謝が阻害される)]。 (適用上の注意) 14. 1. 薬剤交付時の注意 14. 1.1. PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導すること(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することがある)。 1.2. 本剤は舌の上にのせて唾液を浸潤させると崩壊するため、水なしで服用可能である(また、水で服用することもできる)。 (その他の注意) 15. 1. 臨床使用に基づく情報 外国において本剤による重篤な心室性不整脈及び突然死が報告されており、特に高用量を投与中の患者又は高齢の患者で、これらのリスクが増加したとの報告がある〔9. 8高齢者の項参照〕。 (取扱い上の注意) 本剤の錠剤表面に斑点が認められることがあるが、これは使用色素によるものであり、品質に影響はない。 (保管上の注意) 室温保存。 処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。

次の

生理痛でカロナールを使うときのポイントを知ろう|効能・効果や飲み方・服用方法などを解説

ナウゼリン 生理

>ドパミン受容体拮抗薬(制吐薬) 価格 5mg1錠:8. 6円/錠 10mg1錠:13. 2円/錠 製薬会社• 1 製造販売元: 効能・効果 用法・容量 効能・効果• 下記疾患および薬剤投与時の消化器症状(悪心、嘔吐、食欲不振、腹部膨満、上腹部不快感、腹痛、胸やけ、あい気)• 通常、ドンペリドンとして1回10mgを1日3回食前に経口投与する。 ただし、レボドパ製剤投与時にはドンペリドンとして1回5~10mgを1日3回食前に経口投与する。 なお、年令、症状により適宜増減する。 通常、ドンペリドンとして1日1. 0~2. なお、年令、体重、症状により適宜増減する。 ただし、1日投与量はドンペリドンとして30mgを超えないこと。 また、6才以上の場合はドンペリドンとして1日最高用量は1. 禁忌 【禁忌】 次の患者には投与しないこと• 1 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者• 2 妊婦又は妊娠している可能性のある女性[9. 5参照]• 3 消化管出血、機械的イレウス、消化管穿孔の患者[症状が悪化するおそれがある。 4 プロラクチン分泌性の下垂体腫瘍(プロラクチノーマ)の患者[抗ドパミン作用によりプロラクチン分泌を促す。 ] 副作用 次の副作用があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。 1 ショック、アナフィラキシー(いずれも頻度不明) ショック、アナフィラキシー(発疹、発赤、呼吸困難、顔面浮腫、口唇浮腫等)を起こすことがある。 2 錐体外路症状(0. 1%未満) 後屈頸、眼球側方発作、上肢の伸展、振戦、筋硬直等の錐体外路症状があらわれることがあるので、このような症状があらわれた場合には、投与を中止すること。 なお、これらの症状が強い場合には、抗パーキンソン剤を投与するなど適切な処置を行うこと。 1、9. 7参照] 11. 3 意識障害、痙攣(いずれも頻度不明)[9. 7参照] 11. 注)発現頻度はナウゼリン錠、細粒及びドライシロップの使用成績調査を含む。 注意 9. 特定の背景を有する患者に関する注意 9. 1 合併症・既往歴等のある患者 9. 1 心疾患のある患者 QT延長があらわれるおそれがある。 2 腎機能障害患者 副作用が強くあらわれるおそれがある。 3 肝機能障害患者 副作用が強くあらわれるおそれがある。 5 妊婦 妊婦又は妊娠している可能性のある女性には投与しないこと。 動物実験(ラット)で骨格、内臓異常等の催奇形作用が報告されている。 2参照] 9. 6 授乳婦 治療上の有益性及び母乳栄養の有益性を考慮し、授乳の継続又は中止を検討すること。 投与する場合は大量投与を避けること。 動物実験(ラット)で乳汁中へ移行することが報告されている。 [16. 4参照] 9. 7 小児等 特に1才以下の乳児には用量に注意し、3才以下の乳幼児には7日以上の連用を避けること。 また、脱水状態、発熱時等では特に投与後の患者の状態に注意すること。 小児において錐体外路症状、意識障害、痙攣が発現することがある。 1、11. 2、11. 3参照] 9. 8 高齢者 減量するなど注意すること。 一般に高齢者では生理機能が低下している。 [15. 1参照] 8. 重要な基本的注意 8. 1 間脳の内分泌機能調節異常、錐体外路症状等があらわれることがあるので、本剤の投与に際しては、有効性と安全性を十分考慮のうえ使用すること。 7、11. 2参照] 8. 2 眠気、めまい・ふらつきがあらわれることがあるので、本剤投与中の患者には自動車の運転等危険を伴う機械操作に注意させること。 適用上の注意 14. 1 薬剤交付時の注意 PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導すること。 PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することがある。 薬物動態 16. 1 血中濃度 健康成人10例に本剤10mgを絶食下単回経口投与したときの血漿中濃度推移及び薬物動態パラメータは以下のとおりであった。 5 約11 35. 9 0. 40 10. 2 吸収 16. 1 バイオアベイラビリティ 外国人健康成人7例にドンペリドン60mgを絶食下単回経口投与したときのバイオアベイラビリティは12. 7%であった。 3 分布 16. 1 体組織への分布 ラットに 14C-ドンペリドン2. また、蓄積性も認められなかった。 2 血液-脳関門通過性 ラットに 14C-ドンペリドン2. 3 血液-胎盤関門通過性 妊娠ラットに 14C-ドンペリドン2. 7倍、経口投与では2倍であった。 4 母乳中への移行性 授乳ラットに 14C-ドンペリドン2. 6参照] 16. 5 血漿蛋白結合率 ヒト血漿蛋白結合率は以下のとおりであった( in vitro、外国人データ)。 8 93. 0 16. 4 代謝 16. 1 in vitro試験において、本剤の代謝には、肝チトクロームP450(CYP3A4)が約50%関与することが示された。 [10. 参照] 16. 2 外国人健康成人3例に 14C-ドンペリドン40mgを経口投与したとき、尿中の主代謝物はN-脱アルキル体とその抱合体、糞中の主代謝物は水酸化体であった。 5 排泄 外国人健康成人3例に 14C-ドンペリドン40mgを経口投与したとき、4日以内に総放射能の約95%が排泄された。 なお、尿中と糞中への排泄の割合は約3:7であった。 尿中には投与後24時間以内に大部分が排泄され、24時間後の尿中排泄率は投与量の29. 5%であった。 一方、糞中には投与量の約66%が投与後4日以内に排泄された。 未変化体の尿中排泄率及び糞中排泄率は、それぞれ投与量の0. 39%及び約10%であった。 7 薬物相互作用 16. 7倍及び3. 2倍増加した。 [10. 2参照] 16. 同試験において、QT延長が認められ、その最大値(95%信頼区間)は本剤単独投与では7. 52ms(0. 602-14. 435)、エリスロマイシン単独投与では9. 19ms(1. 678-16. 706)、併用投与では14. 26ms(8. 014-20. 505)であった。 [10. 2参照] 注)本剤の成人における承認された用法・用量は1回10mg、1日3回である。 一般名同一薬剤リスト• 協和キリン株式会社 薬剤一覧•

次の

プリンペラン®とナウゼリン®の違いと使い分け〜褐色細胞腫に禁忌な理由〜

ナウゼリン 生理

Q 同じような質問がたくさんあったのですが、私の探している答えがなかったので、質問させてください。 今週の火曜日に、産婦人科に行って、生理痛を軽くするために低用量ピルを処方してもらいました。 火・水曜日に服用しましたが、ひどい副作用(吐き気・頭痛・たちくらみ)で、「中止したい」と先生に相談し、2日間だけの服用で中止しました。 私は、基礎体温を少し前からつけていて、周期も、低温期・高温期のグラフも標準で、ほぼ正常ですが、今日の朝の基礎体温は、生理中にもかかわらず、高温期並みの体温でした。 これは、たとえ2日間だけでもピルを飲んだせいなのでしょうか。 あと、ピルをやめた後、副作用と思われる症状はどのくらいで治まるものなのでしょうか・・・いつも悩まされている生理痛よりもヒドイので・・・ 低用量ピルで副作用が強く出る人はあまりいないそうですが、アドバイスいただければ、と思います。 A ベストアンサー 明らかにピルが原因です。 低容量とはいえ、ホルモン様物質=合成ホルモン(悪いものとの意味ではありません)は全部、脂溶性ですので、 体の脂=体脂肪に溶けて有効に働く前に、「蓄積」される 宿命?があります。 ですので、完璧に体から出て行くにはそれぞれの服用者の 代謝のパターンによるのです。 肝臓で分解されて、全部排出されるまでに、本来の自分のホルモン+ピルのホルモン様薬剤が体の中を駆け巡っているわけです。 ピルの作用は「妊娠=妊婦は妊娠しない・・・意味わかりますか?」ですが、妊娠したときの「本物のホルモン」とは違うので、過剰な「妊娠」したとの体の反応があることも=副作用としてあります。 体脂肪から、擬似妊娠ホルモン?としてのピル(=本来の意味は錠剤というだけです)がウォッシュアウトされればなんら問題はないです。 半減期として普通は48時間ですが、その倍ぐらいを 反応性が高いあなたの特殊性を考慮するなら十分ではないでしょうか? つまりは4日。 タダシ、以降の生理は、妊娠出産したに等しいような後始末?なところから始まると「女の体の生理」が感知していますので、 それぞれのかたの体の反応性で排卵が変化します。 母乳が出ているとプロラクチンの影響もあって、排卵がないのですが、母乳なし=授乳なし=妊娠okということで 次の生理の前に非常に妊娠しやすい、排卵のタームがあります。 ソレこそ、やると出来るというような兎のような時期。 副作用でピルを中止された後、一ヶ月は要注意です。 (意味、わかりますね?) 明らかにピルが原因です。 低容量とはいえ、ホルモン様物質=合成ホルモン(悪いものとの意味ではありません)は全部、脂溶性ですので、 体の脂=体脂肪に溶けて有効に働く前に、「蓄積」される 宿命?があります。 ですので、完璧に体から出て行くにはそれぞれの服用者の 代謝のパターンによるのです。 肝臓で分解されて、全部排出されるまでに、本来の自分のホルモン+ピルのホルモン様薬剤が体の中を駆け巡っているわけです。 ピルの作用は「妊娠=妊婦は妊娠しない・・・意味わかりますか?」で... A ベストアンサー あまりご心配に及ばないと思うのですがなんでしたら行かれている病院の薬局でナウゼリンの添付文書をいただいてはいかがでしょう? 一応ナウゼリンは腸の働きを改善して吐き気をなくそうという薬なのでお腹の動きをおさえて腹痛を和らげようとするブスコパンなんかは作用が拮抗してどちらもききがわるくなるようです。 また潰瘍の薬のH2 blockerなどの制酸剤は胃のphが変わるのでナウゼリンが溶けにくくなるとかいてありました。 過量投与すると症状として吐き気を催すジギタリスなどの薬は吐き気を抑えられてしまうので症状がでにくくなるので注意するようにともありますがこれは鬱血性心不全や頻脈に用いる薬で普通の人はのんでいません。 唯一問題と思えるのはナウゼリン自体の副作用にもあるのですが錐体外路症状といってパーキンソン病に見られるような振戦や筋硬直を起こす作用のある一部の向精神薬(心が落ち着く薬)と一緒に飲むと副作用が二重になるので症状がでやすいとありました。 市販の風邪薬等で問題となることはないようです。 かかりつけのお医者さんの言う通り「大丈夫」みたいですよ。 あまりご心配に及ばないと思うのですがなんでしたら行かれている病院の薬局でナウゼリンの添付文書をいただいてはいかがでしょう? 一応ナウゼリンは腸の働きを改善して吐き気をなくそうという薬なのでお腹の動きをおさえて腹痛を和らげようとするブスコパンなんかは作用が拮抗してどちらもききがわるくなるようです。 また潰瘍の薬のH2 blockerなどの制酸剤は胃のphが変わるのでナウゼリンが溶けにくくなるとかいてありました。 過量投与すると症状として吐き気を催すジギタリスなどの薬は吐き気を抑えられて... Q 《トライディオール21》という、21日間服用して 7日間休薬するというピルを服用をしています。 その休薬期間に必ず生理が来るように出来ています。 薬をやめると生理が来る仕組みになっているそうなんですが・・・ 以前こんなお話を聞きました。 処方してくれている医師に聞いたんですけど・・ この《トライディオール21》というピルは、21日間飲むように出来ているが、周期の関係やら飲み忘れを防ぐためやらで21日間となっているが 最後の何日間か(何錠)は、ピル自体の効き目も何もない、ただの錠剤なんだと聞きました。 それが、最後の何日間か・最初の何日間かどちらでしたっけ? いま、飲み始めて二日目です。 きゅうにやめたくなりました。 その場合、まだ最初の二錠しか飲んでいなくても 生理がくるんでしょうか? やめると来るって言うのは、21日間服用した時のみなんでしょうか? 今まで4年近くピル服用してきましたが、飲み始めて二日でやめるのは初めてです。 二錠だけでもやめれば、休薬期間に入った状態になり 生理がくるんですかね? 産婦人科の医師の方や、ピル飲み始めたけど2~3日でやめた経験のある方、教えてください。 お願いします。 《トライディオール21》という、21日間服用して 7日間休薬するというピルを服用をしています。 その休薬期間に必ず生理が来るように出来ています。 薬をやめると生理が来る仕組みになっているそうなんですが・・・ 以前こんなお話を聞きました。 処方してくれている医師に聞いたんですけど・・ この《トライディオール21》というピルは、21日間飲むように出来ているが、周期の関係やら飲み忘れを防ぐためやらで21日間となっているが 最後の何日間か(何錠)は、ピル自体の効き目も何... A ベストアンサー ピルを飲んで(途中飲まなかった期間もありますが)5年になります。 100%避妊目的での利用者です。 トライディオールは初めて飲んだピルです。 低用量ピルには大きく分けて2種類あって 21錠タイプか28錠タイプに分かれます。 28錠タイプも実薬(成分の入っているもの)は21錠で 残りの7錠は偽薬(成分の入ってないもの)です。 これは21錠飲んで7日間休んだあと、飲み始めを 忘れないように常に錠剤を飲み続ける為のものなので、 実際は休薬期間に偽薬を飲むか飲まないかだけの違いです。 >最後の何日間か(何錠)は、ピル自体の効き目も何もない、ただの錠剤なんだと聞きました。 お医者さんもごっちゃになってるようですが、恐らく 28錠タイプの偽薬の事を言ってるんだと思います。 トライディオール21のように3相に分かれているタイプは 他の回答者さんの言うように成分量が3つにわかれているので 効き目も何もない錠剤はありません。 トライディオール28は7錠が偽薬なので効き目のない錠剤にあたります。 >それが、最後の何日間か・最初の何日間かどちらでしたっけ? ほとんどの28錠タイプが最後の7錠が偽薬だと思います。 >その場合、まだ最初の二錠しか飲んでいなくても 生理がくるんでしょうか? >やめると来るって言うのは、21日間服用した時のみなんでしょうか? まず、ピルを飲んでいるときの生理を消退出血と言います。 この部分に答えるなら、今までのように消退出血はないかと思います。 というのも、ピルは薬によって子宮内膜を抑えてますので 21日飲んで休薬期間中に厚くなった内膜が剥がれて出血が起きます。 これは普通の生理と同じメカニズムですね。 飲み始め2日目では出血がすぐに起きるほど内膜が厚くなっていないかと。 >二錠だけでもやめれば、休薬期間に入った状態になり 生理がくるんですかね? 今回の飲み始めは消退出血が終わってましたか? 終わっていればたぶん出血は起きないか、あっても 少量だと思います。 ちなみに、避妊目的での場合。 正しく服用した場合、14日間以上飲めば それまでの避妊効果は持続するとされてます。 今回のように14日未満であれば、前回の21日目までしか 避妊効果は得られません。 finedays. 100%避妊目的での利用者です。 トライディオールは初めて飲んだピルです。 低用量ピルには大きく分けて2種類あって 21錠タイプか28錠タイプに分かれます。 28錠タイプも実薬(成分の入っているもの)は21錠で 残りの7錠は偽薬(成分の入ってないもの)です。 これは21錠飲んで7日間休んだあと、飲み始めを 忘れないように常に錠剤を飲み続ける為のものなので、 実際は休薬期間に偽薬を飲むか飲まないかだけの違い... Q 旅行に生理があたるため、婦人科に行ってピル(中容量ソフィアC)を処方してもらったのですが、 昨夜初めて飲んで、今日はひどい吐き気で一日中寝込んでおり、お茶を飲んでも吐くような状態でした。 夜になってようやく落ち着いてきました。 飲むのを止めようと思うのですが、そのような体験等がある方 一日で止めた場合、次の生理の時期や重さはどうでしたでしょうか? 病院に電話したら予定通りくるだろうということと、重くなるかもしれないとは言われました。 もう旅行の約2週間前なので、今回のような体調への影響を考えると他のピルを試してみる気力にもなれません。 結局生理が旅行にあたり(新婚旅行なんです・・海へ・・)、しかも重くなるなんて飲まなきゃよかったという感じですが、副作用は飲んで見ないとわからないというので仕方ないんですかね。 A ベストアンサー こんにちは。 ピルユーザーです。 体内でピルが吸収されるのに必要な時間は、約4時間だと言われていますので、ピル服用後4時間以内に嘔吐や激しい下痢を引き起こしたときは、ピルが十分に吸収されない可能性もあります。 (もちろん個人差はあると思いますが) 私は、ピルの服用時刻を就寝前(夜11時頃)にしています。 (避妊効果はありましたし、不正性器出血もなく休薬期間に消退出血がありました) ただし、これは私の場合ですので、必ずご質問者様も大丈夫とは言い切れませんが・・・。 服用後4時間以内に激しい下痢をした場合、追加服用するという方法もありますが、あまりにも下痢が続くようでしたら、一度産婦人科医に相談なさった方が良いと思いますよ。 html 妊娠しちゃうピル服用法 こんにちは。 ピルユーザーです。 体内でピルが吸収されるのに必要な時間は、約4時間だと言われていますので、ピル服用後4時間以内に嘔吐や激しい下痢を引き起こしたときは、ピルが十分に吸収されない可能性もあります。 (もちろん個人差はあると思いますが) 私は、ピルの服用時刻を就寝前(夜11時頃)にしています。 私も元々胃腸が弱く、便秘と下痢を繰り返す過敏性大腸炎になったことがありますが、ピルを就寝前に服用することで、副作用(吐き気等)を感じたり下痢や軟便になったりする前に寝ちゃい... Q オーソM21を半年以上服用しています。 昨日、まだシートが2段目に入ったところなのに出血があり、今日はナプキンを使わないと困るくらいの量出血しています。 お盆休みでかかりつけの病院に行けず、困っています。 ピルの影響による出血ならこんなに量があるのでしょうか? ピルを飲んでいてもストレスで不正出血が起こったりすることもあるのでしょうか? このまま月曜日までピルを飲み続けて大丈夫でしょうか? 不安なので教えてください。 Q ピルを飲んで妊娠反応が陽性が出ました。 今月でトリキュラー28というピルを飲んで、7シートめになります。 今日、28錠目を飲みます。 9月末に彼と仲良くしました。 毎回確認しましたが、穴は空いてなかったと思います。 10錠目(白い錠剤)を飲んだ後で、下痢をしてしまったので、11錠目(白い錠剤)を飲みました。 (1日に2つ飲んだことになります) それからも何度か仲良くしましたが、コンドームをつけていました。 けれど、金曜日の朝に出血はなく、その日に念のために買っておいた妊娠検査薬を使ってみました。 1分経って見ると、何も線は無く、安心したのですが、それから15~30分くらい経って見ると薄い線が出ていました。 慌てて婦人科を受診し、もう1度検査してもらいましたが、結果は陰性でした。 しかも、内診して頂いたときに出血が始まりました。 先生からは念のために、出血の様子を教えるよう言われました。 出血の量は、それほど変わらないですが 極端に少ないわけではない 、頭痛や吐き気がたまにするので気になっています。 1度でも陽性が出たことは、疑ったほうがいいのでしょうか? ピルを飲んで妊娠反応が陽性が出ました。 今月でトリキュラー28というピルを飲んで、7シートめになります。 今日、28錠目を飲みます。 9月末に彼と仲良くしました。 毎回確認しましたが、穴は空いてなかったと思います。 10錠目(白い錠剤)を飲んだ後で、下痢をしてしまったので、11錠目(白い錠剤)を飲みました。 (1日に2つ飲んだことになります) それからも何度か仲良くしましたが、コンドームをつけていました。 出血の... A ベストアンサー 下の方もおっしゃっている通り、蒸発線の可能性があります。 私も以前数十分してからうっすらラインが出たことがあり蒸発線であることがわかりました。 もちろん妊娠していなかったです。 以前私もトリキュラー28を服用していたのですが、よっぽどの飲み忘れがない限り妊娠確率は1%を下回ります。 白い錠剤はシートの最後の段の7錠ですよね? 処方された先で説明をお聞きになっていることとは思いますが、あくまで飲み忘れを防ぐため・毎日飲むことへの習慣づけのための「偽薬」であるため、1日2錠を内服したとしても、元々の飲む日付に後からまた合わせれば問題ないかと思います。 ちなみに私もトリキュラー内服中にあり得ない日に不正出血を起こしたことがあります。 その時はホルモンバランスが崩れ、トリキュラーでは抑えられずに一時的に出血したのかも・ということでした。 婦人科で内診して陰性であれば妊娠の確率は限りなく低いと思います。 私も2年近くトリキュラーを内服していましたが、たまに疲れたりするときは飲み始めて間もないころのように頭痛・吐き気が出ることもありました。

次の