携帯 電話 料金。 携帯電話の料金は誰が払ってる? 7割強の大学生が「両親」と回答

通話料金比較

携帯 電話 料金

そもそもWi-Fiとは? Wi-Fi(ワイファイ)とは、無線(ワイヤレス)でLAN(Local Area Network)にインターネット接続する技術のひとつで、「無線LAN」とも呼ばれています。 統一された技術を使っているため、パソコンやテレビ、スマホ、タブレット、ゲーム機などのネットワーク接続に対応した機器であれば、メーカーや機種の違いに関係なく、インターネットに接続できます。 Wi-Fiの最大のメリットは、LANケーブルがなくてもインターネット回線に接続できることです。 そのため、ごちゃごちゃとした配線から解放されるほか、電波の届く範囲であれば、どこにいてもインターネットに接続することができます。 また、スマホの通信規格である4GやLTEといったインターネット回線よりも、Wi-Fiのほうが通信速度は安定しているという点もメリットです。 つまり、データ通信量が多い場合でも、Wi-Fiなら比較的スムーズに通信ができるのです。 Wi-Fiを利用してスマホの通信料金を節約 スマホの契約には、電話の通話料金のほかに、データ通信量に応じた従量課金制などが含まれるのが一般的です。 通常は1GB/3GB/5GBなど、1ヵ月定額で契約するデータ容量が決まっています。 大手携帯電話会社では、1GBなら月2,900円、5GBなら月5,000円程度の料金が相場です(2018年8月現在)。 そのため、インターネットに接続することが多かった月末は、データ容量の上限を超えないように注意する必要があります。 もし、上限を超えてしまうと速度制限がかかり、通信速度が低下してしまうからです。 速度制限がかかった場合、追加料金を支払い、データ通信量をチャージ(購入)することで速度制限が解除され、それまでのように使い続けることができます。 1GBで1,000円程度ですが、データ通信量を消費する度に購入していては、その分、追加料金が増えていくことになります。 しかし、スマホでインターネットに接続するときにWi-Fiを利用すれば、スマホで契約しているデータ通信量を消費しないで済み、速度制限を気にせずに使い続けることができます。 また、Wi-Fiを利用してスマホのデータ通信量を抑えることができれば、データ容量が少なくて安い料金プランに切り替えて、通信料金を節約することができるのです。 100人に聞いてみた!家の中でWi-Fiを使っていますか? Wi-Fiルーターは、いったいどのくらいの人が使ったことがあるのでしょうか。 全国の20代以上の男女100人に対して、「家の中でWi-Fiルーターを使っていますか?」というアンケート調査をしたところ、77人が「使っている」と回答しました。 ・スマホのデータ定額プランに入っているため、家では節約のためWi-Fiを使います。 (40代/女性/専業主婦)• ・スマートフォンやタブレットなどを通信制限なく使用したいため、Wi-Fiルーターを導入した。 (40代/女性/専業主婦)• ・家族が多く、スマホやパソコンを使うため。 通信費も定額なので、気にせず使えるので助かっています。 (30代/女性/専業主婦)• ・家で仕事もしているのでWi-Fiルーターがないと仕事になりませんし、家族全員ネットにアクセスして情報を得ているので必要です。 (40代/女性/個人事業主)• ・Wi-Fiルーターを使うことで、家の中どこでもネット環境が作れるため。 利便性が高いためです。 (30代/男性/正社員) Wi-Fiを使っている人の中には、すでに通信料金の節約を考えている人も多く見られました。 特に、スマホやタブレットなどを使ってインターネットに接続する機会の多い人は、速度制限を気にせず使えるWi-Fiの利点を活かしています。 また、家の中ならどこにいてもインターネットにつなぐことができるため、家族が多い家庭の場合もメリットが大きいようです。 その一方で、「Wi-Fiルーターは使っていない」という人も100人中23人いました。 では、なぜ使っていないのでしょうか。 ・自宅では有線のLANケーブルを使用しています。 また、漠然とですが、Wi-Fiルーターにはセキュリティの面で不安を感じるので、使用に踏み切れないということもあります。 (40代/男性/派遣社員)• ・パソコンは有線で接続しているから。 また、インターネット接続が必要な家電を、ほかに持っていないので。 (60代/女性/個人事業主)• ・気になっているのですが、導入方法がわからないため取り入れることができないでいます。 (30代/女性/無職)• ・使用したことがなく初めて聞きました。 気になるので試してみたいです。 (30代/女性/パート・アルバイト) Wi-Fiルーターを使っていない人の場合、Wi-Fiを利用できる機器を持っていないなど、Wi-Fiルーターの必要性をあまり感じていないということがあるようです。 また、Wi-Fiルーターでスマホの通信料金を節約できることを知らなかった人や、Wi-Fiルーターを使う方法がわからないという人も見受けられます。 そのため、Wi-Fiルーターを使っていない人の中には、その利点を活用できていない人もいました。 まず、電波の届く範囲によって、小さな平屋やワンルームなど一人暮らしに最適な物から、戸建てなら3階建て、マンションなら4LDKの広さに対応し、家族6人程度でも楽に使える物まであります。 また、最大通信速度でも違いがあり、300Mbps程度の物から、1,733Mbpsを誇る物まであります。 パソコンやスマホはもちろん、Wi-Fiに対応したテレビや携帯ゲーム機、エアコンやスマートスピーカーなどIoTの家電製品も使うことができます。 ほかにも、セキュリティ技術を搭載しているWi-Fiルーターや、外出先でのスマホの利用に適したコンパクトサイズのモバイルルーター(ポケットWi-Fi)など、仕様や利用シーンに応じたバリエーションがあります。 メリットの多いWi-Fiルーター!スマホの料金節約も含め検討してみては? アンケートの結果を見てもわかるように、すでに多くの人たちがWi-Fiルーターを使っています。 しかし、少数ながら、Wi-Fiルーターを使っていないという人や、Wi-Fiルーターを知らなかったという人もいました。 自宅にインターネットの接続環境があるのに、Wi-Fiルーターを設置していないのなら、導入を検討してみてはいかがでしょうか。 Wi-Fiルーターがあれば、スマホの通信料金を節約できます。 特に、家族が多く、それぞれスマホを使用しているのなら、その節約効果は大きなものになるでしょう。 また、LANケーブルを使うことなく、家中どこにいてもパソコンでインターネットに接続できたり、Wi-Fi対応の家電製品を使うことができたりと、生活がとても便利になります。 まだ、Wi-Fiルーターを使っていないのなら、その快適さをぜひ体験してみてください。

次の

0033モバイル

携帯 電話 料金

スマホ・ガラケーの平均携帯料金は大幅に違う スマホとガラケーそれぞれの平均携帯料金には大きな違いがあります。 当記事では、ドコモ・au・ソフトバンクの料金プランをもとに算出しました。 スマホとガラケーの最低料金、最高料金の平均は以下のとおりです。 項目 スマホ料金の平均 ガラケー料金の平均 最低料金 3,313円 1,126円 最高料金 9,780円 3,286円 このように、最低料金も最高料金もスマホとガラケーで大幅に差があります。 しかし、この結果は割引前の料金から算出しているため、スマホの料金が 割引条件に該当すると上記より安くなる場合もあります。 それでは詳細のプランや平均料金について詳しく見ていきましょう。 スマホの料金プランを大手3キャリアごとにチェック ドコモ・au・ソフトバンクのスマホの料金を解説します。 わかりやすくするために条件を揃えてみました。 2年契約プラン• 各種割引・オプション・機種代金は除外 3社を比較すると、データを使った分だけ請求されるプランと、大容量の定額プランが主流になっていることがわかります。 ドコモのスマホの料金プラン 画像引用元: ドコモのスマホは「ギガホ」と「ギガライト」の2つから選択します。 プラン名 データ容量 月額料金 ギガホ 30GB 6,980円 ギガライト 使った分だけ請求 ~1GB 2,980円 ~3GB 3,980円 ~5GB 4,980円 ~7GB 5,980円 「ギガホ」は、毎月30GBまで使えて6,980円です。 ですが、2020年1月現在は「ギガホ増量キャンペーン」で毎月60GBまで使えるようになっています(キャンペーン終了時期未定)。 ただし、 毎月のデータ量が少ないなら「ギガライト」がおすすめです。 1GB~7GBまで使った分だけ請求が入るプランですので、データ量が多い月も少ない月も無駄なく使えます。 ギガホもギガライトも、通話した分は別途料金が発生。 もし通話が多いなら、下記を追加することができます。 項目 月額 かけ放題オプション 1,700円 5分通話無料オプション 700円 auのスマホの料金プラン 画像引用元: auのスマホは、動画配信サービスのNetflixが観れたり、SNSのデータ消費量がゼロになったり、使い方によって豊富なプランの中から選べます。 プラン名 データ容量 月額料金 auデータMAXプランNetflixパック 上限なし 7,880円 auデータMAXプランPro 上限なし 8,980円 auフラットプラン7プラスN 7GB 5,480円 新auピタットプランN (使った分だけ請求) ~1GB 2,980円 ~4GB 4,480円 ~7GB 5,980円 auフラットプラン25 NetflixパックN (シンプル) 25GB 7,150円 auフラットプラン20N (シンプル) 20GB 6,000円 特に魅力的なのは、データ量の上限なしで使えるプランがあることでしょう。 他のプランより割高になりますが、外での通信が多いとか、自宅にインターネット回線がない人には大きなメリットとなります。 そして、auもドコモと同じく、 データ量を使った分だけ請求される「新auピタットプランN」があります。 データ量の少ない人でも安心です。 しかし、4GBを超えてしまうと、「auフラットプラン7プラスN」の7GB定額制のほうがお得になるので注意しましょう。 また、auの場合も通話料は別途発生します。 通話が多いなら、定額オプションを追加するのがおすすめです。 項目 月額 通話定額 1,700円 通話定額ライト 5分 700円 ただし、「auフラットプラン25 NetflixパックN」と「auフラットプラン20N」の選択肢は以下となります。 シンプル:通話定額なし• スーパーカケホ:5分かけ放題• 対象のSNS以外で50GBも使えるので、たくさん楽しめます。 そして、ソフトバンクも 使った分だけ請求されるミニモンスターがあります。 ただし、使い方次第で料金が高くなるので注意が必要です。 また、通話が多い人向けに、通話の定額オプションもあります。 項目 月額 定額オプション 1,500円 準定額オプション 5分 700円 ドコモ・auより200円ずつ安い料金設定です。 ドコモ:2,980円~8,680円• au:2,980円~10,680円• ソフトバンク:3,980円~9,980円 スマホの携帯料金の平均はいくら? ドコモ・au・ソフトバンクの月額料金をまとめて、最低料金と最高料金の平均値を出しました。 また、スマートフォンの通信利用に関する実態調査によると、5GB未満のプランを契約している人が全体の55. 9%と半数を超えています。 そこで、目安として5GBギリギリ(4GB以上5GB未満)まで使ったときの料金もシミュレーションしてみました。 以下の表にて確認してみてください。 項目 最低料金 ~1GB・通話オプションなし 5GBまでの料金 最安料金・通話オプションなし 最高料金 通話オプションあり ドコモ 2,980円 4,980円 8,680円 au 2,980円 5,480円 10,680円 ソフトバンク 3,980円 7,480円 9,980円 平均 料金 3,313円 5,980円 9,780円 ここでわかるのは 「必要なデータ量が多いか少ないか」「通話の有無」によって、大きく差が出ることです。 毎月のデータ量が1GB未満で通話もほとんどない場合、平均3,313円です。 一方、大容量の通信プランが必要で通話も多い場合は平均9,780円となっています。 使用頻度の多い人は、約1万円程度は予算を見積もっておいた方が良いでしょう。 5GB使うなら大容量プランの選択肢も 目安としてシミュレーションした、5GBギリギリまで使った場合は平均5,980円です。 該当するプランを調べると、 ドコモ以外は5GB以上のプランが使えることがわかりました。 auの場合には、新auピタットプランNで5GB使うより、auフラットプラン7プラスN(7GB)が安くなります。 このように同じ5GBの料金で、上位プランも選択できます。 しかし、5GB以上のデータ量が必要ない場合は、グッとデータ量を抑えるのが得策です。 ドコモのガラケーの料金プラン ドコモケータイを使う人は「ケータイプラン」を選びましょう。 項目 データ容量 月額料金 ケータイプラン 100MB 1,200円 ケータイプランは、データ量100MBがセットになって月額1,200円です。 100MBしか使えませんので、 メールのやりとりができれば十分な人向けのプランと言えます。 家族以外との通話が多い場合は、通話オプションを追加できます。 電話メインでドコモのガラケーを使いたい人におすすめなオプションです。 auのガラケーの料金プラン auの4GLTEケータイで使えるプランです。 用途に合わせて4つのプランから選択できます。 プラン名 データ容量 無料通話 月額料金 ケータイ シンプルプラン 100MB - 1,200円 ケータイ カケホプラン 1GB - 2,980円 VKプランS N 別途ダブル定額 500円~ 1,100円分 998円 VKプランM N 別途ダブル定額 500円~ 2,600円分 1,620円 ケータイカケホプランは1GBのデータ容量が付いています。 ガラケーを使ってインターネット検索や、ネットショッピングなどを楽しみたい人にも対応できます。 さらに通話もかけ放題になってお得です。 ケータイシンプルプランでは、100MBしかデータ量が付いてきません。 そのため、メールのやりとりがメインの使い方になる人におすすめです。 そして通話は定額ではありませんので、かけた分だけ別途通話料が発生します。 もし通話が多い場合は、通話オプションを付けておくと安心です。 項目 月額 通話定額 1,700円 通話定額ライト 5分 700円 VKプランは使い方次第でお得に VKプランは無料通話分が付いたお得なプランとなります。 毎月の通話が1,100円以内でおさまるならVKプランS(N)が最安です。 しかし、VKプランでメールやインターネットなどの通信もしたい場合は注意しなければなりません。 LTE NET:300円• ダブル定額(ケータイ):10MB(500円)~2GB(4,200円) 予期せぬ通信で高額になるのを防ぐために、ダブル定額に申し込んでおくのが安心です。 とはいえ、VKプランで通信できるようにすると、ケータイシンプルプランやケータイカケホプランより高くなるケースも考えられます。 つまり、 VKプランは通話のみの契約ならお得に使えると言ってもいいでしょう。 使い方に応じて検討してみてください。 ソフトバンクのガラケーの料金プラン ソフトバンクのガラケープランは、通話も通信も少ない人向けプランから、スマホと同じ大容量通信プランも選択できます。 必要なデータ量のプランを選択しましょう。 ソフトバンクのガラケーも通話料は別途かかります。 通話が多い場合は、下記のオプションを付けておきましょう。 項目 月額 定額オプション 1,500円 準定額オプション 5分 700円 これで、通話料が高額になることを防ぐことができます。 もし、1GB以上の通信をするなら、スマホのほうが使い勝手が良いですし、料金プランも同額です。 こういった場合はスマホへの切り替えも検討してみてください。 ドコモ:1,200円~2,900円• au:1,200円~2,980円• ソフトバンク:980円~3,980円 ガラケーの携帯料金の平均はいくら? ドコモ・au・ソフトバンクのガラケーを使ったときの、最低料金・最高料金をまとめて平均値を算出しました。 項目 最低料金 通話オプションなし 最高料金 通話オプションあり ドコモ 1,200円 2,900円 au 1,200円 2,980円 ソフトバンク 980円 3,980円 平均料金 1,126円 3,286円 ガラケーの最低料金平均は1,126円、通話オプションを入れて高く見積もっても平均3,286円です。 スマホと比較すると、確かにガラケーのほうが安いことがわかります。 普段はほとんど待ち受け状態で、家族との通話とメールが少しできればOKという人は、ガラケーのほうが安いです。 ただ、 ガラケーの場合は割引サービスが少なく、上記の料金からほとんど安くなりません。 場合によっては、スマホの最低料金から割引を使うと、ガラケーの料金に近くなる可能性もあります。 これから新たにガラケーを買うなら、一度スマホの料金も試算してみてください。 スマホの携帯料金の平均は、最低3,313円~最高9,780円• スマホは一見高く見えるが、割引を上手に活用すると安くなることも• ガラケーの携帯料金の平均は、最低1,126円~最高3,286円• ガラケーのほうが確かに安いが、割引がほとんどない• ガラケーからスマホへの切り替えを検討する余地はある スマホは、家族との割引や光回線とのセット割引の活用が鍵となります。 時期によって、学割や初めてスマホにする人向けのキャンペーンをしていることもあります。 上手に割引を活用して、料金を安くするのがポイントです。 一方のガラケーは今でも安定の安さで使えます。 けれどもやはり、今はスマホの時代です。 手厚いスマホの割引を使えれば、ガラケーの料金に近づけることも可能となります。 これから折りたたみケータイを買い替えるなら、一度、スマホの料金も確認してみてください。 しっかりとプランを見直しして、あなたに合う料金でスマホやガラケーを使っていきましょう。

次の

携帯料金の平均っていくら?スマホとガラケーで月額は結構違う【2020年】

携帯 電話 料金

通話料は、携帯電話会社と契約する料金プランによって異なります。 国内で通話するのか海外で通話するのかでも異なります。 たとえば携帯電話会社大手のドコモの場合、基本料 携帯電話を維持するのに毎月必要になる料金 が一万円をこえるような料金プランに加入した場合、一万円は毎月とられますが、通話料は30秒7. 5円の単位で通話できます。 一方で、4000円くらいの基本料金のプランに入れば、月4000円しかとられませんが、通話料は30秒20円で少し割高になるといった具合です。 携帯電話シェア率第二位のauでも同じような料金プランを採用しており、ドコモと金額はほとんど変わりません。 第三位のソフトバンクだけは少し変わった料金プランを採用していて、基本料980円で同じソフトバンク同士であれば通話無料になりますが、auやドコモの携帯電話にかけた場合、30秒20円、追加で980円支払うことで30秒10円にできるというサービスがあります。 ただし、ソフトバンクは料金は安いですが、機種代金が他の会社より高くなりがちです。 また、各会社は同じ会社にかけたり家族間での通話に対して優遇処置をもうけていて、たとえばauからauの携帯電話へ電話するときは、数百円の追加の料金を支払うことで通話料50%割引できるなどのサービスがあります。 4000円~1万円以上の基本料金に関しても、同じ携帯会社を1年~2年は使う約束で割引できたり、家族間であれば追加料金なしでも通話料を30~50%割引するといったサービスもしています。 また海外で通話する場合は、使用する国や会社によって異なりますが、一般的には通常より割高になります。 さらに通話には、単純な音声通話のほかに、TV電話など機能がある機種もあり、TV電話の場合、相手の表情を見ながら通話できますが、これも携帯電話会社によって異なりますが、やはり通常より高い料金が必要になります。

次の