家紋 うけ。 姓氏と家紋_鈴木氏

武家家伝_成瀬氏

家紋 うけ

無料会員様やプレミアム会員様 5日間無料 はハンドル名で「みんなの名字の由来」に珍しい名字の由来や登録されていない名字ルーツの追加表記ができ、ご自分の幅広い名字由来の知識を多くの検索者に知っていただくことができます。 更に、知りたい名字を「情報求む」欄に掲載できます。 ユーザーの皆様は当サイトを無料でお使いいただけます。 名字研究の歴史 日本人の名字や系譜についての文献としては、古くは室町時代初期に成立した「」があります。 洞院公定 とういん きんさだ が編纂したもので、現在でも鎌倉時代以前の名字や家系を知る上で貴重な資料となっています。 江戸時代になると幕府や各藩の命により「」や「」を代表として盛んに家系図が作られるようになりましたが、学問として名字 姓氏 研究が本格的に行われるようになったのは、明治時代に入ってからとなります。 名字の種類 日本の名字 姓 の数え方には諸説あり、「伊藤、伊東、井藤、依藤、井東」など同じ「いとう」でも漢字構成の違いにより各1件とカウントする数え方や「伊藤」でも「いとう、いふじ」など「読み方の異なるもの」を各1件とカウントする数え方などがあります。 漢字と読みが異なるものをそれぞれカウントすると、苗字研究家であり文学博士である丹羽基二氏の著書「」によると 30万種弱と紹介されています。 これまで約30万種の名字を全て完璧に網羅できた文献や資料は国内に存在していませんでしたが、日本で唯一名字を専門的に調査している機関である名字由来netでは、日本人の名字を政府発表の2020年現在の最新統計データや全国電話帳データを元に独自に調査を行い、日本の全人口の 99. 名字ランキングでは、漢字の異なるものおよそ10万件を全国及び各都道府県、市区町村単位で人数や順位を掲載しています。 また、推計人数が少ない名字につきましては、一律「およそ10人」としています。 名字由来netについて 名字由来netは各名字の推計人数・順位といったランキングだけではなく、独自に調査を行った名字の由来をはじめ、日々日本中の皆様から沢山の名字情報が寄せられることにより絶えず進化している、日本人の名字「情報量No. 1」サイトです。 また、,対応のスマートフォンアプリもリリースしており、おかげさまでiOS版は AppStore総合第1位を2012年と2015年と 2度獲得するなど、多くの方々にご利用いただいております。 姉妹サイトの「」とあわせ、名字や家紋を総合的に、かつ手軽に調べることのできる現代の必携ツールでもあります。 年間の利用者数は累計 2,000万人以上。 名字由来netは日本の名字業界にデジタル革命をもたらし、業界No. 1として市場を広げ、牽引し続けていきたいと考えます。 名字由来netは「名字 姓 のルーツ」「名字の読み」「名字ランキング」が一度に検索でき「使いやすさ、わかりやすさ、アクセスしやすさ」を追求したお客様視点に立った情報検索サイトです。 で、皆様がお持ちの名字情報を随時受け付けしております。 名字の由来、読み方、分布、人数など些細な事でも構いませんので、ご存知の情報をぜひお寄せください。 名字由来netのビジョン 基本理念 「日本の系譜や姓氏・家系などの調査研究により人類学・歴史学の基盤の一つをなす地域や郷土の歴史や先達の優れた学業を知り、高尚かつ健全な日本人の名字・由来・家系図の普及と復興に関する活動を行い、日本人の社会文化活動の発展に寄与する。 」 我々は理念を踏まえ、 「地球的視野に立ち、世界中の顧客満足のため、『愛』をもって質の高いサービスを適正な価格で提供する」ことを目指しています。 名字の豆知識 日本の名字には難読姓が多く、現在では普通に読めないものも数多くあります。 理由としては、当たり前に呼んでいた名字の読みが、時代とともに廃れ、発音しなくなってしまう例などがあるためです。 例えば「東海林」さん。 山形県には多い名字であるが、「とうかいりん」と読む場合もあれば「しょうじ」と読む名字もあります。 荘園を司っていた職業部の「庄司」さんという名字に対し、東の海を渡ってきた林氏が、あるきっかけで荘園の管理を任され「東海林」と名のったことから、職名の「しょうじ」さんと周囲に呼ばれました。 結果「しょうじ」と読む名字になり、平民苗字必称義務令後の現代でもその名残となるなど、日本人の名字は複雑です。 丹羽氏は、全国に存在する難読姓の読みをわかりやすく探しだせる辞書をすでに執筆しています。 難読姓や珍しい名字に興味のあるかたは、をぜひご一読頂きたいと思います。 名字研究家 太田亮 おおた あきら 1884-1956 氏は「」という日本初ともいえる名字の辞書を1920 大正9 年に刊行しました。 さらに日本各地の氏族の出自、系譜について7年もの歳月をかけて調べ上げ、1942 昭和17 年に「」として上梓しました。 計3巻、7,000ページを越える大書である「姓氏家系大辞典」は、現在でも姓氏研究において欠かすことの出来ない第一級の文献とされています。 そして、それを受け継いだのが太田氏や民俗学者として著名な 柳田國男氏らに師事して名字研究を始めた 丹羽基二 にわ もとじ 1919-2006 氏。 全国 100万基の墓を巡るなどして、名字や家紋の研究を行いました。 代表的な著書に「」「」があります。 日本最大100冊以上の名字本を執筆し、日本の名字研究に金字塔を打ち立てた第一人者です。 他にも国内には素晴らしい名字研究家や郷土史家が数多く存在します。 名字由来netは多くの地道な研究家の方々を。 家系図について 古来より日本では家系図をつくることは、ご先祖様を祀ること、供養すること、自分や先祖を清め 浄め 浄化する、重要な第一歩と考えられてきました。 そのため自身の先祖を知ること、残すことは、子孫にも影響する、伝統的でとても大切な記録ともいえます。

次の

家紋の由来

家紋 うけ

天下の大姓"鈴木"氏の家紋 天下の大姓"鈴木"氏の家紋 世界で一番名字の多いのが日本。 その日本のなかで、ずばぬけて多い名字が「鈴木」で、二百万人とも。 鈴木の来歴は、気が遠くなるほど古い。 「古事記」や「日本書記」などの神代説話のなかに、すでに登場している。 始祖、饒速日命五世の孫、千翁命の血脈をうけ、熊野神に稲穂を捧げて穂積の姓を賜った鈴木氏は、以来熊野三党 宇井・鈴木・榎本 のひとつとして、勢威大いにふるったと古書に伝える。 熊野三千六百峰の大山塊から発した熊野大権現の社家・鈴木氏、のち紀州の藤白の地に移り、日本諸国に散在する「鈴木」の総本家となった。 家紋は「稲穂丸」、替紋は「藤の丸」、幕紋は「熊野烏」であった。 この熊野鈴木氏の末裔は、諸国各地でさまざまな誕生をみせ、その家紋もまた多種多様なひろがりをみせている。 「稲」は熊野神に稲穂を捧げて、穂積の姓を賜った故事による。 「藤」は熊野三山の初代長官・熊野別当の藤原氏のゆかり。 「なぎ」の紋は、熊野大権現の神木。 「鈴」は熊野神を迎え先導するとき、聖なる木に鈴をつけ、その音で魔を払ったという。 「烏」は熊野神の使者として仕え、牛王宝印として刷られ、熊野起請文として史上有名。 「洲浜」は、熊野三山の奥の院とされる玉置神社の神紋である。 このように鈴木氏ゆかりの家紋は、いずれも熊野に発したものが多い。 この鈴木総本家で、有名なのは源義経に仕えて働いた鈴木重家、その弟亀井六郎重清、奥州平泉に下る途中、 病のため三河の地にとどまった兄弟の伯父鈴木重次がいる。 重次は、のちの徳川譜代三河鈴木党の祖となった。 このほか戦国時代に雑賀鉄砲衆をひきいて紀州に勢力をもった、雑賀孫市がいる。 孫市、本姓は鈴木、陣幕紋は熊野烏、 三本足の烏であった。 ……… [資料:歴史読本432号]. 龍馬をはじめとした幕末の志士たちの家紋と逸話を探る…。 これでドラマをもっと楽しめる…ゼヨ!.

次の

家紋の由来とは?そのルーツから現代までの歴史を解説します。

家紋 うけ

姓氏と家紋_鈴木氏 鈴木氏 Suzuki 鈴木氏は佐藤氏についで日本第二位の姓となっている。 鈴木氏の出自は、桓武平氏北条氏流・同千葉氏流・ 秀郷流小山氏一族・清和源氏仁科流などいろいろあるが、最大の系統は、熊野発祥の物部氏系穂積氏流の鈴木氏だ。 熊野鈴木氏の来歴は、気が遠くなるほど古い。 『古事記』や『日本書紀』などの神代説話のなかに、すでに登場している。 始祖、饒速日命五世の孫、千翁命の血脈をうけ、熊野神に稲穂を捧げて穂積の姓を賜った鈴木氏は、以来熊野三党(宇井・鈴木・榎本)のひとつとして、勢威大いにふるったと古書に伝える。 「穂積」とは、積まれた稲穂のことで、神に一年間の収穫を感謝し、稲穂を高く積むことによって神の降臨を願ったものである。 古代、神は高い場所に降ると信じられていたのである。 その稲穂を熊野地方では「ススキ・スズキ」と呼んだところから、主に鈴木の漢字を充てた。 したがって穂積氏と鈴木氏とは異音同義語になる。 熊野三千六百峰の大山塊から発した熊野大権現の社家・鈴木氏はのちに紀州の藤白の地に移り、日本諸国に散在する「鈴木」の総本家となった。 家紋は「稲穂丸」、替紋は「藤の丸」、幕紋は「熊野烏(八咫烏=ヤタガラス)」であった。 「稲紋」は熊野神に稲穂を捧げて、穂積の姓を賜った故事による。 「藤紋」は熊野三山の初代長官・熊野別当の藤原氏のゆかりともいうが、藤白の藤にちなんだものであるようだ。 熊野信仰は平安時代より朝野に広まり「蟻の熊野詣」と称された。 また、戦国時代になると、武将たちは互いに誓紙を交わしたが、それに用いられたのが八咫烏(ヤタガラス)文字で描かれた熊野牛王神符であった。 熊野鈴木氏は、源平時代以降、三河において著しく発展する。 その端緒となったのは、源義経が奥州に落ち延びるとき、鈴木党の惣領であった三郎重家は、義経の身を案じて、はるばる熊野から平泉まで駆けつけて殉じた。 その供をした重家の叔父・七郎重善は途中三河に至って足を患い、賀茂郡高橋庄にとどまったという。 これが三河鈴木党の始まりで、のちに徳川氏とも縁を結び、家康の幕府開府に伴い、鈴木党諸家が幕府の旗本・御家人として大挙江戸に移住した。 一方、熊野に残った鈴木宗家は次郎重治が継ぎ、代々熊野に居住した。 その子孫は、いまも藤白神社神主家として続いている。 他方、江戸の地に広まった鈴木党は、上総・下総・陸前から出羽へも広がっていった。 また、熊野信仰の広まりとともに、九州・四国各地にも広がっていった。 戦国時代に雑賀鉄砲衆をひきいて紀州に勢力をもった、雑賀孫市も鈴木氏の一族で、陣幕紋は熊野烏、三本足の烏であったと伝えている。 その紋には、どのような由来があったのだろうか…!?。

次の