アドセンス クリック単価 上げる。 アドセンスのクリック単価を上げる方法|間違ったやり方に要注意!

1クリック6円?アドセンスのクリック単価が異様に低い意外な原因。

アドセンス クリック単価 上げる

結論:単価を上げる確実な方法は存在しない。 結論2:記事内容とユーザーと広告がマッチする内容なら単価が上がりやすい傾向にある。 結論3:単価が上がりやすいタイミングは12月と3月。 次に6月と9月。 結論4:特化型ブログだから単価が上がるわけではない。 何の特化型かが重要。 いきなり結論で 『単価を上げる確実な方法は存在しない』と言っちゃいました。 いや、本当は僕も『まだやってないの!?アドセンスの単価を爆上げさせる3つの方法』みたいな感じにしたいです。 が、アドセンスのクリック単価というのは日によっても月によってもバラバラですし、色んなことが関係しあって決まってます。 なので、絶対というのはないんです。 ただ、結論その2で書いたように 単価が上がりやすくする方法というのは存在します。 それはアドセンスを設置している記事内容と広告がマッチしているとき。 例えば「彼女を喜ばすクリスマスデートの過ごし方」って記事だったら、この記事にアクセスしてくるユーザーって彼女とのデートを盛り上げたい男性です。 そこにクリスマスプレゼントとかオシャレなディナースポットのアドセンス広告があったら、ついつい広告をポチッちゃう可能性高いし、そのまま買う可能性も高いですよね。 こうなると「このサイトのこの記事は売れやすいんだ!」とグーグルさん(広告主さん、お金を出す人)が考えて、「売れるんだったら多少単価を上げてもここに広告を出したい!」となるわけですね。 そうなるとクリック単価も上がっていく、という感じになります。 これがアドセンス単価が上がる時の根っこの所の考え方だよ! また、クリック単価はそうした記事内容だけでなく、時期によって、アドセンスは 単価が上がりやすいタイミングが存在します。 一年の中では12月と3月。 逆に下がりやすい時期もあるんですけどね。。。 特化型ブログは結論その2とも関連しますが、 『何の』特化型ブログかが重要です。 特化型ブログだから単価が上がりやすい、っていうのは間違いです。 ということで、クリック単価を上げる方法でした! …で終わってもいいんですが、なぜこうなるのかと知りたい人もいると思います。 なので、この後はなぜこういったことが言えるのか、グーグルさんの公式見解と僕が実際にアドセンスをやっている体験から解説します。 グーグルアドセンスのクリック単価が低いのはなぜ? 一応グーグルさんはクリック単価についてこんなことを言ってます。 長いけど大事なポイントは一つだよ! グーグルさんのヘルプページってわざと意地悪してんのか、って思うことがあるくらいちょっと言い回しが難しいですよね。 ここで押さえておきたいのは真ん中くらいにある一文。 『広告のクリック単価は広告主が決定し』ってとこです。 この辺はアドセンスの仕組みの話になり、あまり突っ込んで考えすぎても稼ぐという所にはあまり意味がないので軽く触れるだけにしますが。 僕たちがブログやサイトにアドセンス広告を貼ってクリックされるとお金が入る。 じゃあ、 そのお金はどこから来るの?と言われれば、ちゃんとお金を払う側の人がいるんですね。 お金を払う側の人にしてみれば、クリックした先で商品を買ってもらって儲けなければいけないですよね? 例えば1クリック30円だとして、売る商品が1000円だとしたら。 34回クリックしても売れなければ、赤字になっちゃいます。 (実際にはもっと少ない回数でも赤字になっちゃいますが、ここでは単純に考えてます。 ) だったらクリック単価をもうちょっと下げようか、という考えになりますよね。 このように クリック単価はお金を払う側の人(広告主さん)の利益にも左右されるということです。 クリック単価はあなたのサイトからクリックして物が売れるか、に左右される それを抑えたうえで… グーグルさんはクリック単価の低下についてこんなことも言ってます。 クリック単価はサイト運営者様のコントロールの及ばない要素であり、広告主様の意識の変化にも影響を受けるため、一度下がり始めると、上昇へと方向転換するのは容易なことではありません。 クリック単価を引き上げるためにサイト運営者様が現状でできるベストの対策としては、ユーザーを引き付ける魅力的なオリジナル コンテンツをウェブサイトで質量ともに充実させることです。 コンテンツの増強によりトラフィックを増やすことができれば、ターゲットを絞り込んだ関連性の高い広告の掲載機会が増えるはずです。 その結果、ウェブサイトでのコンバージョン率が高まれば、広告の掲載先としての価値が高まり、クリック単価の上昇を見込めます。 引用:より 大丈夫。 これも全部を理解しなくていいよ。 この文章で大事な点は最初と後半です。 『クリック単価はサイト運営者様のコントロールの及ばない要素』 『ウェブサイトでのコンバージョン率が高まれば、広告の掲載先としての価値が高まり、クリック単価の上昇を見込めます。 』 この二つの文章。 最初の結論にも書きましたが、クリック単価は私たちサイト運営者が狙って確実に上げる方法は存在しないということです。 グーグルさんもわざわざこういうことを公式に書くくらいね。 それで後半の『ウェブサイトでの~』は要するに 『あなたのサイトからたくさん物が売れるようであれば、あなたのサイトの広告枠そのものに価値が出てきて、単価も上がるよ』ってことです。 広告を出す側の人から考えれば売れてないサイトよりたくさんクリックされてそのあと商品を買ってもらうサイトに広告を出したいですよね? じゃあ、どうすれば来た人に商品を買ってもらいやすいのか? そこで最初に出した結論その2『記事内容とユーザーと広告がマッチする内容なら単価が上がりやすい傾向にある。 』です。 アドセンスのクリック単価を意識するなら記事内容とユーザーと広告がマッチする記事を書く こんな風に書くと難しそうですが、例えば。 『ゴールデンウィークに子連れで旅行に行くなら、はとバスが最強な3つの理由』みたいな記事を書くとします。 (タイトルは適当です。 ) これにアクセスしてくるユーザーって ・子供がいる ・ゴールデンウイークに旅行に行きたいと思ってる ・はとバスに少し興味がある っていうユーザーですよね。 だったら記事内でタイトル通り子連れではとバスツアーが便利なメリットを教えてあげて、その中でアドセンス広告がはとバス関係だったら、クリック率もそのあとはとバスを利用する確率も高いですよね。 はとバスだけじゃなく旅行関係の広告でも良さそうです。 実際に購入というアクションを起こしやすい記事なら単価も高くなりやすいんだねー でもこれが『ゴールデンウイーク明けの学校で子供が話題の中心になるゴールデンウイークの過ごし方!』みたいな記事だったら。 アクセスしてくるユーザーは ・子供がいる ・なんでもいいからゴールデンウイークに何か思い出に残ることをしてあげようと思っている ってことが考えられます。 この中ではとバスの広告があってもクリックはしてくれるかもしれません。 でも最初の『ゴールデンウィークに子連れで旅行に行くなら、はとバスが最強な3つの理由』に比べると必ずしも旅行に行きたいわけじゃないですよね。 アクセスしてくるユーザーの中には旅行に行くにはお金や時間的にも厳しいけど、何か思い出に残るゴールデンウイークにしてあげたい、って人もアクセスしてきますから。 そうなると広告クリック数やクリックしてもそのあとの商品を買ってくれる人数は少し減りそうです。 このように広告の単価を考えるなら、集めるユーザーを出来るだけ絞ること、そのうえでアクセスしてきたユーザーが何かを買うという行動に結びつきやすそうな記事を書くことが大事になります。 特化型ブログだから単価が高い、は半分本当で半分嘘 よく 「一つのテーマに絞っている特化型ブログは単価が高くなりやすい」と言われます。 これは半分本当で半分嘘です。 先ほどの『記事内容とユーザーと広告がマッチする内容なら単価が上がりやすい傾向にある。 』ということ。 そして、ターゲットを絞ればマッチする広告が出やすい、ということを思い出してください。 例えば『BMI40から無理なく痩せるダイエットブログ』みたいなサイトタイトルにしたとき。 ・全体的に肥満気味の人 ・ダイエットに興味がある人 ・ダイエットが長続きしない人 がサイトに集まるわけですよね。 そこで「置き換えダイエットで満腹感を得るならこれ!」とか「デブにも優しく指導してくれるスポーツジムのおすすめ!」とか色んな記事を書いてもサイトに集まる人は共通してます。 そんな人たちが集まるサイトであれば、ダイエット器具とかスポーツジム入会体験とか効きそうな健康器具のアドセンス広告が出てたら 買ってくれる可能性も高いですよね。 これが特化型ブログが単価が高くなりやすいといわれる理由です。 サイト内の色んな記事を見て、最後に広告をクリックしてもらう可能性も高いよね! ただ、特化型ブログでも単価が高くならない場合もあります。 それは あまり商品を買いそうにないターゲットがメインになりそうな時ですね。 例えば高校生以下がメインアクセスになるサイトです。 高校生や中学生というのは基本的にお金持ってません。 だから、アクセスはあっても広告がクリックされないことも多いし、クリックされても実際に購入するというところまではなかなかいかないんです。 なので、クリック単価も低くなりがちです。 このように集めるターゲットやサイトとマッチングする広告(商品)の値段が安い時は特化型ブログといえどもクリック単価が安くなりがちです。 アドセンスのクリック単価が上がりやすい時期、下がりやすい時期 アドセンスのクリック単価は上がりやすい時期と下がりやすい時期が存在します。 グーグルの公式にもこんな記載があります。 だ、大丈夫。 今回も注目すべきはたった一文だけだから。 ここで注目すべきは 『マーケティング担当者が予算を振り分ける各四半期の前半には、クリック単価が低下する可能性があります』ってとこです。 そう、アドセンスもお金を払う側の人がたくさん予算を付ける月とあまり予算を付けない時があります。 上で書いている『各四半期の前半』とは、4月、7月、10月、1月です。 逆にこの考えでいくと3月というのは多くの企業で一年の締めになります。 つまり1円でも多く売り上げを上げたい月ということです。 アドセンスだけじゃなく、例えば家電とかも3月は安くなったりしますよね。 つまり 3月はアドセンス単価も高くなりやすいのです。 実際に僕も3月は高単価が多いですし、他のアドセンスをやっている人もそういった声が多いです。 次に上がりやすいのは12月。 12月というのは、物が売れやすい時期です。 だからアドセンスの広告単価も高くなりやすいですね。 この 3月と12月というのがアドセンス単価の高いツートップです。 次に高くなりやすいのはやはり四半期の締めである6月と9月。 ただこの二つは私の経験上、3月と12月よりは露骨にクリック単価があがることはないですね。 何となくそうかな~くらいです。 このようにクリック単価はお金を払う側の人の都合で高くなり、それは決算報告のある締め月と関係がある、ということは「へ~」レベルで知っておくといいですね。 初心者注意!:単価のことだけを考えて記事を書くとアドセンスのメリットが薄れる さて、ここまで読んで『なるほど、じゃあ商品がありそうな記事を中心にアドセンス記事を書こう!』と思った人は一度立ち止まってください。 特にアドセンスブログ初心者の方で雑記ブログを書いている方は要注意です。 なぜなら単価のことだけを意識してアドセンスブログを運営すると、アドセンスブログの大きなメリットが失われてしまうかもしれません。 アドセンスのメリットとは、記事にできる範囲がかなり広いこと。 そして強力なライバルが少ないことです。 実はそのように商品がある記事は、物を売るアフィリエイト。 つまり サイトアフィリエイトの分野にかなり近いです。 サイトアフィリエイトはアドセンスにはいないゴリゴリのアフィリエイターがたくさんいます。 この人たちにアフィリエイト初心者が勝つのは相当大変です。 そして、この人たちに勝ってアクセスを集められるのであれば、むしろアドセンスより直接アフィリエイトリンクを貼った方が収益は良いです。 単価のことだけを考えた記事を作るとそもそものアクセスが来ない記事ばかりになってしまったり、記事ネタも限られて更新するのが大変になっちゃいます。 アドセンスのクリック単価のまとめ:お金を出す側が儲かる広告は単価も高い! 改めて最初にお伝えした結論を確認しましょう。 結論:単価を上げる確実な方法は存在しない。 結論2:記事内容とユーザーと広告がマッチする内容なら単価が上がりやすい傾向にある。 結論3:単価が上がりやすいタイミングは12月と3月。 次に6月と9月。 結論4:特化型ブログだから単価が上がるわけではない。 何の特化型かが重要。 この4つでしたね。 そもそもの仕組みで言うと、実際にサイトを訪問してくれるユーザーが広告をクリックし、さらに商品も買ってもらうことが多ければ、アドセンス単価は上がりやすいということです。 そして、そのための手法として商品を買いやすいような記事ネタを書いたり、特化型ブログを作るという手段があるということですね。 今回はアドセンスの単価を上げるためのヒントをお伝えしました。 あまり意識しすぎて記事ネタがなくなるのは意味ないですが、余裕があれば高単価を狙って記事を書いてみるのもいいですね。

次の

アドセンスのクリック単価を上げる方法|間違ったやり方に要注意!

アドセンス クリック単価 上げる

今回は アドセンスで月10万円稼ぐための20のTipsをまとめてみました。 ちなみに私は4年前にアドセンスブログを始め、4年間で 337万7813円のアドセンス収入となっています。 以下はアドセンスの収益レポートです。 今は 月15〜20万円がアベレージですね。 ちなみに今は アドセンスよりも特別単価のバナーの方が稼ぎやすいので、今はほとんど掲載していません。 最近のアフィリエイト収益については以下でまとめているのでぜひ。 また、他の記事でも クリック単価・クリック率の上げ方をまとめています。 グーグルアドセンスの収入を上げるための20のTips 本記事では 「アドセンス収入が全くない!」という人に向けて、私が月20万を超えたために使った 「稼ぐためのコツ」を20コにまとめました。 ブログアフィリエイトをやっている方は必ず収益がアップすると思うので、ぜひ活用あれ! 1)記事下には絶対にアドセンスを貼れ! 最もクリック率が高いのは記事の下です。 これが基本! サイトタイトルの近くなどヘッダー付近は訪問者の目に入りやすいのですが、基本的にクリック率がかなり低いため、あまりオススメできません。 訪問者はコンテンツを見にくるので 記事を読む前に広告をクリックすることは少ないです。 実際にアドセンスのレポートを見てみても コンテンツ前にあるバナーのクリック率はかなり低めです。 記事を読み終わった後はクリック率がかなり高くなるので、まずは 記事の直後にバナーを貼って成果を出しやすくしましょう。 2)アドセンスはとにかくデカいバナーを貼れ! アドセンスで 大きなサイズのバナーを貼るメリットは2つあります。 1つは単純に サイズが大きいほどクリック率が高くなること。 そしてもう1つが 広告単価が上がるということです。 Google社員が語っていたので間違いないのですが、 「大きい広告を貼ると残り2つの広告単価も上がる傾向にある」そうです。 これだけでも クリック単価とクリック率を両方上げることが可能です。 3)アドセンスはこんな位置には絶対貼るな! アドセンスを貼ってはいけない位置として、一番ダメなのは ヘッダーの右側です。 よくタイトルロゴを左、アドセンスを右に表示しているサイトがありますが、まず人の目線が行きにくい部分ですし、データとしてクリック率も非常に低い傾向にあります。 フッター部分も非常にクリック率が低いのであまり掲載しない方がいいかも。 4)アドセンスの掲載位置はここがおすすめ! まず、アドセンスブログで稼ぐなら 1ページに3つ貼ることが前提になります。 そして、おすすめの位置が 記事の上部・記事の下部・サイドバーです。 Google Adsenseの公式でも上記の位置がおすすめされていますが、 ・自分でクリックしてはいけない ・ユーザーにクリックを促してはいけない ・広告を分かりにくくしてはいけない ・アダルトコンテンツに載せてはいけない ・パクった記事に載せてはいけない ・違法なことに関する記事はダメ ・ポップアップや追尾させてはダメ ・1ページに4つ以上のコンテンツ向け広告はダメ ・お小遣いサイト・ポイントサイトの紹介はダメ 詳細はに載っているので、ガイドラインを読んでおくと安心ですよ。 6)誤クリック狙いはトータルで損になる! よくスマホの広告で誤クリック狙いの配置を見かけますが、実はこれ、 クリック単価を大きく下げる原因になるんです。 Googleでは クリック後のCVR(成果率)も計算されているので、同じクリック数でも成果が出るサイトの方がクリック単価が高くなります。 つまり、誤クリックばかりだと成果が全く出ないので、 そのドメイン自体のクリック単価を下げられてしまうんですね。 Googleアドセンスも広告主あってのサービスなので、クリック後のことも考えて、紛らわしい部分への掲載はやめた方がいいでしょう。 7)ホットな話題はアクセスを集めやすいが、賞味期限は短い! テレビや芸能人関連のホットな話題はアクセスが集めやすく、アドセンスでの収入を一気に増やします。 しかし、キーワードの鮮度がすぐになくなってしまいますし、ブログに関係のないホットワードは成果率も低いので、 話題のキーワードは長い目で見るとあまり狙わない方がいいとも言えるでしょう。 ただ、 自分のブログジャンルに関連したホットなニュースに限っては、被リンクを稼ぐのに最適です。 ニュースをすばやく扱うためにも、関連ブログなどをRSS登録してアンテナを張っておくとよいでしょう。 8)ホットな話題を狙うなら先読みしろ! 通常、ホットな記事を書いても Googleに拾われるまで時間がかかるので、ほとんどの場合、ニュースが落ちついてからGoogleに拾われてしまいます。 そのため、 あなたのブログジャンルに関連したニュースが出そうな場合は先読みして記事で取り上げましょう。 新作映画・人気コミックの新刊情報など、先読みだけでアクセスを集めて稼いでいるアドセンスブログもたくさん存在します。 自分のジャンルのニュースを先読みすることで、ユーザーを前もって自分のブログに誘導できるでしょう。 9)狙うならどのジャンルがいいの? 単純にアドセンスブログで考えるなら クリック単価が高いジャンルを狙うのもいいでしょう。 具体的にクリック単価が高いジャンルとして、 不動産・クレジットカード・キャッシング・就職や転職サイト系・投資関連がクリック単価が高くなっています。 これらは広告主もたくさんいることが多いので成果アフィリエイトに誘導することも出来るのも大きな利点ですね。 基本的にパソコンと違ってディスプレイが狭いので、縦長や横長の広告はクリックされづらい傾向にあります。 スマホからのアクセスが多いのであれば、サイドバーには 縦長ではなく四角いサイズを使った方がいいでしょう。 11)狙うキーワードから派生するワードをリスト化しろ! 狙うキーワードをなどで決めたら、次は狙っているワードから派生するキーワードも狙いましょう。 関連キーワードはで探せるので、リスト化しておいてブログ記事を書くときに使うと効果的です。 12)キーワードは詰め込まないように2つずつ狙え! 狙うキーワードをリスト化すると、ついタイトルにキーワードを詰め込みすぎてしまう人も多いです。 しかし、 キーワードの詰め込みはスパムになりやすく、ユーザーにとって良いタイトルにもなりません。 1ページにつき1つ〜2つのキーワードを狙って書いた方が結果的に上位表示しやすいですね。 検索エンジン向けに書くのではなく、 あくまで人に読みやすいタイトルをつけるのが大事です。 13)12月と3月はクリック単価が上がるよ! 実はアドセンスでは クリック単価が上がる時期があり、それが 年末の12月と 年度末の3月です。 12月と3月は広告代理店の予算が最後に使われるのと、Googleの営業ノルマもこの時期で追い込むため、クリック単価が高い傾向にあります。 この時期は何もしなくても若干、収入が増えることが多いので覚えておくと混乱しませんね。 14)Googleアドセンスで稼ぐにはPVを増やすこと! クリック単価は基本的には大きく上げることができないので、アドセンスの収入は PV数と クリック率で決まります。 クリック率を上げるのにも限度があるので、アドセンスで稼ぐには とにかくPVを稼ぐしかありません。 100クリックされれば単価30円で3000円の収入になるので、 月間30万PVで月9万円の収入を稼ぐことが可能です。 コンテンツの数と被リンクを稼ぐことが基本ではありますが、記事の下に 「関連コンテンツ」を表示したり、 サイドバーに人気ページを掲載するなどで、1ユーザーあたりのPV数を稼ぐのも大事です。 15)初心者ははてなブログかWordpressがおすすめ! アドセンスブログを作るなら、なるべく有料のブログサービスやレンタルサーバーを使いましょう。 無料の場合は アドセンスの掲載が禁止の場合が多いですし、そもそもサービス側の広告が表示されていることも多いです。 WordPressであれば アドセンスを特定の位置に貼ってくれるプラグインもありますし、PVを増やすための 関連記事を表示するプラグインなども充実しています。 はてなブログであればWordpressよりも簡単にブログを作ることができますし、有料アカウントを1つ持てば 10サイトまで作ることが出来るのでオススメ。 16)アドセンス狩りはこう予防しろ! たくさん稼いでいるとアドセンス狩りに合う可能性も上がるので対策をまとめておきます。 アドセンス狩りとは同一IPからクリックをくり返すことで、Google Adsense側に不正クリックだと思わせてアカウントを抹消させることです。 ただ、今ではすぐにアカウント停止にはなりませんし、もあるので、不自然なクリックがあったら報告してしまえばOKです。 ちなみに予防策として 「サイトの認証」で「特定のサイトだけに広告を表示する」にしておくのも大事です。 アダルトサイトや掲示板に広告タグを貼られても非表示にすることができますよ。 詳しくは以下の記事でもまとめているのでぜひ。 17)アドセンスアカウントが停止したらこう対処しろ! もし、あなたのアドセンスアカウントが停止されてしまったら、まずは原因を考えましょう。 ・自分でクリックを繰り返していないか ・アドセンス狩りにあっていないか ・不適切なページにアドセンスを載せていないか ・誤クリックを狙うような位置にアドセンスを載せていないか ・クリックを促すような文言を入れてないか 上記で掲載した違反項目を確認してから、原因を取り除き、もう大丈夫だと確信できたら Googleで再審査をお願いしましょう。 あまりに悪質な場合を除けば、アカウント停止は免れますのでしっかりとガイドラインに沿ったブログ作りを心がけましょう。 18)アドセンスの平均クリック率はどれくらい? アドセンスの平均クリック率はアドセンスのみで稼いでいるブログの場合は 0. 成果広告メインで、サブとしてアドセンスを使っている人は0. 2〜0. アドセンスブログをやるのならば 最低でも1. 0〜1. クリック率の上げ方はこちらでまとめています。 19)アドセンスの平均クリック単価ってどれくらい? 単価についてはジャンルによって大きく変わり、パソコンとモバイルでもクリック単価が変わってくるので一概には言えません。 ただ、平均では1クリックあたり35円となっており、 パソコンでは1クリック40円・モバイルでは平均30円となっています。 モバイルの場合はバナーサイズの大きい広告が表示できないため、単価もサイズと比例して下がるようになっています。 クリック単価の上げ方についてはこちら。 20)月10万円稼ぐためにどれくらいの記事数がいるの? これはジャンルにも記事のクオリティにもよるので難しいのですが、私の場合、新規ブログを作って 5記事のみで月4万円まで到達したこともあります。 うまくバズると少ない記事でも稼ぐことは可能ですが、通常はロングテールコンテンツを増やしていき、 100記事以上はないと多くの人は月10万円に到達しないでしょう。 闇雲に記事数を増やしても効率が悪いので、 有益かつロングテールの記事を書いていくことをオススメします。 結局、ユーザーに役立つコンテンツこそ、最短の道ですので。 以上、アドセンスで稼ぐための20のTipsまとめでした! ブログアフィリエイターの方はこれらの方法だけでも、収益をグっと増やすことが出来ますので、ぜひお試し下さいませ。

次の

アドセンスのクリック単価が低い?平均は?上げる方法などを解説

アドセンス クリック単価 上げる

「GoogleアドセンスのCPC(クリック単価)の平均って?」 「クリック単価20円ってどうなの?」「どうやってクリック単価を上げるの?」 Googleアドセンスをサイトに導入していると、ついつい「どれくらい収益が出てるかな~」とこまめに確認し、 クリック単価についての疑問を持つと思います。 実際、アドセンス広告のクリック単価はできるだけ高いほうが嬉しいですよね。 そこでこの記事では「 Googleアドセンスのクリック単価の平均」「 クリック単価を上げる方法」を解説していきます。 もし「 CPC(アドセンスのクリック単価)」が倍になれば、クリック数が同じでも2倍の額を稼ぐことができますからね。 広告が1クリックされるごとにおよそ30円稼げるということですね。 クリック型広告の中では、Googleアドセンスのクリック単価は非常に高いと言われています。 筆者も数多く試してきましたが、これは間違いないと思っています。 クリック単価が10円と30円の場合、アドセンス収益の違いを比較してみましょう。 さらにPV数やクリック率が上がっていけば、もっと収益に差が開いていきます・・・。 このことから、Googleアドセンスでアフィリエイトして稼ぎたいのであれば、 クリック単価は非常に重要であることが分かります。 では アドセンスの単価を上げる方法は何なのか知りたいですよね。 お教えします。 Googleアドセンスのクリック単価を上げる方法 広告単価が高いジャンルの記事を書く Googleアドセンスの広告には、 単価が高く設定されているジャンルがあります。 そのジャンルを意識したサイトを作れば、アドセンスの単価を上げることができます。 比較的クリック単価が高いと言われている広告のジャンルが以下の通りです。 転職・求人• 不動産• 保険 これらの中には、クリック単価が1,000円に届くものもあります・・・。 Googleアドセンスでは、「サイトの内容に合った広告」や「見ている人が興味のある広告」が自動的に表示されます。 つまり、これらの 広告単価が高いジャンルに特化したブログを作れば、Googleアドセンス単価はめちゃくちゃ上がります。 1つのジャンルに特化したブログでは、そのことに興味がある人が集まります。 例えば、美容に特化したブログには、美容に興味のある人ばかりが訪れるので、広告も美容系のものが表示される、って感じです! 注意 しかし、これらのジャンルは競合サイトがとても多いです。 検索サイトで上位に表示させるのが難しいので、注意しましょう。 広告単価が低いジャンルを避ける クリック単価が高い広告があるということは、単価が低いものもあるんですよね。 それらのジャンルを避けながら記事を書いていけば、自然とクリック単価は上がります。 クリック単価が低いと言われている広告のジャンルが以下の通りです。 芸能関係• ニュース• アニメ• ドラマ• なぜクリック単価が低く設定されているのかというと、比較的 低めの年齢層に向けたものなので、読者の広告への興味が薄いことが挙げられます。 これらのジャンルを扱うのであれば、アクセス数を集めないといけません。 ちなみに、クリック単価が低い代わりにアクセス数を集めやすいジャンルなことは間違いないです! まとめ Googleアドセンスのクリック単価を上げる方法は、以下の2つです。 広告単価の高いジャンルに特化したサイトを作る• 広告単価の低いジャンルを避けて記事を書く これらを意識して、ぜひ実践してみてくださいね。 ジャンルを意識しながらサイトを構築することで、アドセンスのクリック単価だけでなくクリック率の改善にも繋がりますよ~。 読んでくださってありがとうございました。 ではでは!.

次の