生理 痛 緩和 方法。 生理で頭痛!原因と今すぐできる緩和方法をチェック!

生理痛の緩和!即効性バツグンのオススメ対策2つ!

生理 痛 緩和 方法

生理痛のひどいときには、腹部や腰の周辺を温めると症状が軽くなると言われています。 実際に腹巻を年中手放せないという人もいるのではないでしょうか。 生理中は体が冷えやすく、またそれによって痛みがひどくなるといった循環があります。 そのため体、特に腹部や腰を温める「温活」が生理痛軽減のカギになることがあります。 温めて効果のある場所 生理痛というとまず子宮のある場所、つまり腹部の痛みを感じると思います。 そのため腹巻などで腹部を温めるのですが、腹部よりももっと効果的な場所があります。 仙骨 まず効果的なのは仙骨という場所を温めることです。 仙骨はおしりの割れ目の上にある骨です。 指で触ると指が引っかかるように骨にあたります。 ここを温めることで子宮をかこっている骨盤が温まり、子宮や卵巣あたりの血行が改善されるので、生理痛を緩和します。 温める方法としては、腹巻などをしてその上からカイロなどでじわじわと温めるとよいです。 内もも 痛み止めを使わなければ動けないというくらい生理痛がつらく、生理のときあるいはその他のときでも内ももがひんやりする、と言った場合は、内ももを温めるのがよいです。 漢方の世界では、内ももには内ももや卵巣に関するつぼがあります。 そのため、子宮の冷えが内ももの冷えとして反映されるのです。 ツボは押しても効果がありますが、お灸などのように温めても効果がありますから、温める事でも十分効果があります。 特にスカートのときは下から冷気が上がってくるので、下にはくものを工夫しましょう。 おへその下 ここにもホルモンバランスを整えるツボがあります。 ツボを押す場合は正確な場所を見つけなければいけませんが、温める場合はこの周辺を広く温めればよいです。 ここを温めるときは下着の上からカイロを貼りつけるなどしてください。 首 重要な頭を支え、体とつなぐ役割をしている首はちょっとした体の歪みや、姿勢の悪さで負担がかかりやすい部分です。 この首は自律神経が集まる場所でもあり、生理の周期を支配している女性ホルモンの分泌は、自律神経の中枢である視床下部でコントロールされています。 この自律神経と女性ホルモンは密接な関係にあり、どちらか一方に不具合が生じるともう一方にも不具合が生じると言った具合になります。 つまり、その首が冷えてしまうと、自律神経のバランスが崩れ、女性ホルモンのバランスも崩れ、生理痛が悪化します。 そのため首の血行をよくすることが必要です。 冬場はスカーフやマフラーなどで首を温めることが必要です。 他にもカイロをタオルで巻いて、首のつけ根の部分を温めることができます。 ふくらはぎ 心臓から全身に送った血液は、ふくらはぎの筋肉の働きによって心臓に戻ってきます。 これによって血液の循環がよくなりますし、特に起こりがちな下半身の冷えを解消することができます。 血液は心臓から出るときは温かいですが、ふくらはぎなど末端まで流れると冷えてしまいます。 そのためふくらはぎを温めることで、全身に温かい血液が流れることになります。 ふくらはぎを温める方法は、レッグウォーマーなどの着用で行えます。 あるいは足湯などで下半身を温めることでもよいです。 そうはいっても夏場などはこれができませんから、基本的なふくらはぎの筋肉量を上げる事も効果的です。 生理痛をラクにするには温める?冷やす? 生理痛緩和のためには腰回りを温め、冷えを徹底的になくすことが効果的であるということを聞いたことがある人は多いと思います。 しかし一方で患部を冷やすことで生理痛の症状を軽減できるという説もあります。 この二つを比較してみましょう。 温めて生理痛を解消する 温めることで生理痛が解消されるというのは、生理中に起こる血の巡りの悪さを解消すると言う点にあります。 生理中、子宮はたくさんのエネルギーを必要とし、たくさんの血液が必要になる一方、はがれた子宮内膜と共にたくさんの血液を体外に出します。 そのため、基本的に生理中の体は血が足りない状態で、たくさんのエネルギーが必要な大仕事をしているのです。 それによって生理痛が起こるのですが、血の巡りをよくすることによってこれを緩和しようというのが腰回りや、体を温めるという方法です。 冷やして生理痛を解消する 生理痛を冷やして緩和するという意見にはいくつか理由があるようです。 ・痛覚神経 生理痛を痛いと感じるのは腹部の痛覚神経が刺激されているからです。 そのため、この神経を麻痺させることができれば痛みを感じにくくなります。 ただしこの痛覚神経には個人差があるので、効果を大きく感じる人と、あまり効果を感じられない人がいるようです。 また、生理中は子宮内が炎症のような状態になっていますので、それを鎮める効果も期待されるのだそうです。 ・二次的効果 人の体には、冷えに対して反発するような作用があるのを知っているでしょうか。 冷却すると当然血管は収縮し、その部分は冷たくなってしまいます。 しかし、その部分を一定時間冷やし続けると、今度は体がこれではいけないと反応し、血管を拡張させ、冷やした部分の温度が上がるのです。 それならば、最初から温めればいいじゃないかと思うと思います。 しかし、ポイントとなるのは、冷却は単純に温めるよりも、比較的深部にまで効果を及ぼすということです。 そのため体の中から温まりやすく、肝心な臓器を温めることにつながるのだということです。 によって温めた方がラクになる人、冷やした方が意外に症状が良くなる人といるようですので、まずはどちらが合っているか試してみてください。 子宮が冷える要因 夏になると生理痛が強くなる人はいませんか?実は、夏は様々な理由から子宮が冷えやすいのです。 ・冷房が効いた室内にいるため ・室内と野外の温冷差によって自律神経が乱れるため ・冷たい飲み物、食べ物を摂取することが多いため など 子宮を暖める方法 ・炭酸浴 入浴はシャワーで済ませずに、浴槽に入りましょう。 特に炭酸浴での半身浴がオススメです。 一般的な浴槽に対して、重曹を300g溶かして、その後にクエン酸を300g溶かします。 夏は38度、冬は41度くらいが良いでしょう。 ・カイロ おへその下辺りと、仙骨という尾骨の上あたりにカイロを貼ると、前後から子宮を挟みこむような形になるので、よく温まります。 ・マッサージ アロマオイルを温めて、仙骨あたりをマッサージします。 仙骨の下から上に向かって螺旋を描くようにマッサージします。 また、太ももをひざ上から脚の付け根までゆっくりとさすってマッサージすることも効果的です。 ・ツボ押し 「三陰交」というツボを痛気持ちいいくらいの強さで押します。 三陰交は内側のくるぶしから指横幅4本分上にあります。 骨の横の溝のあたりです。 ・布ナプキンを使う 使い捨ての紙ナプキンだと、吸収した経血が冷えてしまい、それが子宮を冷やすことにつながります。 布ナプキンを使い始めてから、生理痛が軽くなっただけでなく、経血の量が減ったなどの声も聞かれます。 ・運動をする 適度な運動をして循環を良くすることで、血液がしっかりと子宮に届いて温めることになります。 また、筋肉をつけておくことで、代謝も良くなります。 ・湯たんぽ 湯たんぽを内股に挟むことで血液循環が良くなり、子宮も温まります。 夏だからこそ、女性の美容と健康に大敵な「冷え」を予防、改善しましょう。 温めることで婦人科系の病気の症状は幾分か解消されます。 人によって効果の出方は違いますので、温め方などは自分に合った方法を探してみてください。 Photo by:.

次の

生理痛で腰痛がひどい…原因や緩和方法は?腰が痛いときは薬が効く?

生理 痛 緩和 方法

生理痛の症状 生理痛という名前は男女ともに知っていることですが、特に男性は自分が生理痛を体験しないことで症状については知らないことが多いのではないでしょうか。 また、女性の中にも生理痛が軽く、どのような症状があるのかを正確に把握できていない人も少なくありません。 もっとも、生理痛の症状というものは実に多岐にわたり、その全てを体験するわけではありません。 多くの場合は「下腹部の痛み」を覚えることが多く、その他にも 「腰痛」「イライラ」「頭痛」「めまい」「倦怠感」といった症状を呈します。 加えて、それぞれの症状については、その 症状の重さも人それぞれに異なります。 「下腹部の痛みが酷い」「全身のだるさが酷い」といった、生理痛の症状が重く感じることを「重い生理痛」と表現します。 同じ女性でも、生理痛に対する意識が異なるのは、個人差があまりにも大きいからです。 生理痛を和らげる姿勢 生理痛を和らげる方法として、「生理痛を和らげる姿勢」がいくつかあります。 まずは 「胎児の姿勢」です。 これは仰向けになり、膝を抱えて1分ほどそのポーズを維持します。 その状態で、左右にゴロゴロと動くことも効果的です。 次に 寝姿勢なのですが、仰向けが良いイメージが強いですが実は 「うつ伏せ」で寝る方が生理痛を和らげるのに効果的なのです。 どちらのポーズも腹部を圧迫するようで、生理痛にはよく無さそうなイメージを持ちますが、実のところ 子宮に程よい圧迫があることで子宮を温め、生理痛の症状を緩和することに効果を発揮してくれるのです。 なお、 寝姿勢も胎児のポーズを横向きで行うポーズ(横向きで寝て、膝を抱えるポーズ)で寝ると、程よく子宮を温めることができます。 どうしても仰向けで寝たいという場合には、「湯たんぽ」「腹巻き」と言った方法で腹部を温めると、生理痛の改善に効果を発揮してくれます。 食べ物について 生理痛を和らげることができる食べ物は 「体を温める」という特徴があります。 「根菜類」は栄養も豊富で、体を温める作用が強いです。 また、 「生姜」のように、冬場に体を温める作用が有名な食べ物も、生理痛の緩和に効果を発揮してくれます。 逆に、 夏野菜や糖分の多い食べ物は体を冷やす作用が強く、生理痛も悪化してしまいます。 オススメの食材としては「納豆」が挙げられます。 納豆は体を温める作用のある食べ物に分類され、 食物繊維も含めて栄養が豊富です。 生理痛の改善のためにはバランスの良い栄養摂取が基本となり、少ない量で豊富な栄養を摂取できる納豆は積極的に食べたいものです。 加えて、大豆には 「イソフラボン」が豊富であり、これがエストロゲンと同じような働きをすることでホルモンバランスを整え、生理痛を改善する効果があります。 飲み物について 生理痛改善に効果のある飲み物としては 「ハーブティー」が有名ですが、これにはれっきとした根拠があります。 まず 「カフェインが含まれていない」ということです。 カフェインには血管を収縮させる効果があり、これが生理痛を悪化させます。 なので、ハーブティーのようなノンカフェインの飲み物が良いのです。 同様の理由から 「麦茶」などはおすすめなのですが、 「緑茶」「紅茶」「コーヒー」にはカフェインが含まれているので控えたほうが良いです。 次に 「リラックス効果がある」ということです。 生理痛の際にはイライラの症状が出ることがあり、生理痛を余計に悪化させる原因となります。 ハーブティーの香りでリラックスすることができれば、イライラを解消して生理痛悪化の悪循環を止めることが出来ます。 また、「食べ物」に近いですが、食欲が無い時には栄養摂取のために「野菜スープ」がおすすめです。 ツボについて Sponsored Link 体中にはさまざまな「ツボ」があり、これでさまざまな体の不調を改善することが出来ます。 そして、その中には 「生理痛解消に役立つツボ」というものもいくつか存在します。 有名なところでは 「合谷」と呼ばれるツボがあり、これが全身のさまざまな痛みを和らげる効果があります。 合谷は、手の親指と人差指の合わさる部分の近くにあります。 次に 「三陰交」です。 このツボは 内くるぶしから指四本分上の、骨と筋肉の境目に存在します。 生理痛だけでなく、「生理不順」や「不正出血」「冷え」などの女性の悩みによく効くツボです。 他にも 「血海」「気海」「足三里」「関元」「腎兪」といったツボが、生理痛の改善に効果を発揮してくれます。 外出先では刺激しにくいツボも多いのですが、「合谷」のように、外出先でも不自然無く刺激できるツボはいくつもあります。 薬について 民間的な方法で生理痛の症状を改善できない場合には、 「薬」に頼るという方法もあります。 薬局やドラッグストアでは、さまざまな「生理痛向けの薬」が売られています。 大抵の場合は「生理痛」という単語がパッケージの目立つところに書いてあって、「生理痛の薬なんだ」ということをわかりやすく表現しています。 しかし、そういった薬以外にもさまざまな薬が生理痛改善に効果を発揮してくれます。 生理痛は様々な症状をもたらしますが、 最も多い「下腹部の痛み」の正体は「子宮の過剰収縮」であり、神経痛ではなく「内臓痛」です。 なので、 それに効果のある薬であれば、生理痛対策を謳っている薬でなくても改善効果が期待できます。 最終的には「薬との相性」の問題なので一概に「これさえ服用すれば絶対に生理痛を改善できる」とは言えません。 ストレッチについて 「ストレッチ」を行うことも、生理痛を和らげるのに効果を発揮してくれます。 手軽に血行を促進することが出来、運動が苦手な人が体を動かす方法として最適であることが理由です。 特に、生理痛の症状があるときは体を動かすことが億劫になりがちなので、ストレッチによって血行を促進する方法は理に適っているのです。 具体的な方法としては 「骨盤回し」が有名です。 腰に手を当てて足を肩幅に開き、腰を左右に回します。 この時、 「腰だけを回転させる」ということを意識してください。 他には 「体を伸ばすストレッチ」も効果的です。 腕を上に伸ばしてつま先立ちを行い、そのままグーッと体を伸ばす簡単なストレッチですが、生理痛の改善にも寄与します。 音楽で生理痛が和らぐ? 痛みが音楽で和らぐというお話はよく聞きますが、この動画はその効果が高いと言われているYouTubeに乗っている有名なものとなります。 実際に鎮痛剤やピルに頼らなくても、このように 痛みを和らげる音楽を脳波誘導音源「バイノーラルビート」と呼ばれており医学的に認められている方法となります。 具体的にこの方法とは違う周波数の音を、片耳ずつに聞かせて脳の中でその差分の周波数を作り出せる状態にします。 脳の周波数はシータ波と呼ばれる4~7ヘルツのものになると浅い睡眠状態になり浅い睡眠状態にすることができるので、痛みをあまり感じない状態にすることが可能なのです。 これは右耳と左耳で違う音楽や音を聞かせ得る必要があるので、ヘッドホンやイヤホンを用意する必要があります。 「脳波誘導音源CD」として売られていても、両耳で聞いては意味がないのです。 必ず片耳ずつ聞かせるようにしてください。 このような音楽を用いることで生理痛も楽になると考えられています。 その他の生理痛を和らげる方法 生理痛の症状を和らげる方法の基本は 「体を温める」ということです。 体を温めることで代謝が促進され、血行が改善することで滞っていた血流が良くなり、生理痛の症状を和らげる事ができるのです。 その方法の中でも最たるものとして「入浴」が挙げられます。 ポイントとしては、熱すぎない温度でゆっくりと体を温めることです。 熱いお湯は交感神経を刺激し、自律神経を乱す可能性があります。 ゆっくりと、体の芯まで温めることを意識してください。 また、湯船に浸かるのが嫌だという人は 「足湯」という方法もおすすめです。 生理痛の症状として「冷え」がひどい場合には、特に 末端部である足を温めることで症状の改善につながります。 その他にも、カイロなどを利用して体を温めることにも意味があります。 特に寒い時期と、暑い時期もクーラーで部屋が冷える事が多いので、そうした環境に長くいなければならない時には体を温めることを十分に意識しましょう。 生理痛を和らげる方法につきましては次のサイトも参考にしてみて下さい。 EVE 最後に 生理痛の症状は、人によっては極めて重度であり、日常生活にも大きな悪影響を及ぼす可能性があります。 周囲の人に理解と協力を求めることも重要ですが、個人でできる努力は怠らないようにしましょう。 生活習慣の中に生理痛を悪化させる要因があれば、それを見直すことで劇的に生理痛の症状が改善することも珍しくありません。 カテゴリー•

次の

生理で頭痛!原因と今すぐできる緩和方法をチェック!

生理 痛 緩和 方法

生理痛とは 僕の家には、倦怠期になって久しい妻と、高校生になった長女がいます。 彼女たちは、基本的に(僕に対しては)いつもご機嫌ナナメなのですが、さらに輪をかけて「すごーく機嫌が悪い」ときがあり、扱いに困ってしまいます。 これ、間違いなく生理痛なのです。 職場でも、露骨に機嫌が悪くなる女性社員がいて、振り回されてしまうことがあります。 腫れ物に触れるような扱いになることも、しばしばです。 男性の皆さん、経験があるのではないでしょうか。 僕たち男性にまずできることは、女性のつらさに少しでも共感すること。 そのためにも、生理痛について正しく知ることから始めたいと思います。 生理痛について学ぶ前に、まずは「生理」とは何かを見てみましょう。 「生理」とは 生理とは、正確には 「生理的出血」のことです。 毎月起こることから、 「月経」と呼ぶこともありますよね。 女性の身体の中にある 「卵巣」では、毎月、妊娠のために卵が排出されます。 これを排卵といいます。 その卵が、男性の精子と結びつくと、受精卵となり、赤ちゃんになっていきます。 受精することを想定して、卵巣からは、卵を排出するタイミングで、赤ちゃんを育てるためのベッドを作るよう、子宮に指示を出します。 そして、 「子宮内膜」が、子宮の壁の内側に作られます。 もし受精すれば、受精卵はそのベッドに着床して、赤ちゃんへと育っていきます。 ですが、卵は1~2日ほどしか生きられないため、多くの場合、精子と出会うことなく、死んでしまいます。 そうなると、子宮内膜は必要なくなり、子宮の外に排出されることになります。 それが、生理の際の経血です。 そして、 子宮内膜が子宮から排出されるときに、生理痛は引き起こされます。 生理痛の症状 日本産科婦人科学会のデータによれば、薬を服用しても仕事ができないほどの「かなりひどい生理痛の人」が2. 8%、薬を服用すれば、何とか仕事ができるくらいの「ひどい生理痛の人」が25. 8%もいるそうです。 つまり、約3割の女性が、仕事に支障が出るほどのひどい生理痛に悩まされているわけです。 皆さんの家庭や職場にいる女性の中にも、それだけのつらさを抱えている人がいることを、知っていなければいけませんね。 厚生労働省のデータによると、生理痛で起こる主要な症状は、次の4つになります。 ・腹痛 ・・・ 67. 3% ・腰痛 ・・・ 46. 3% ・全身倦怠 ・・・ 36. 3% ・イライラ ・・・ 35. 5% もっとも多くの女性が苦しんでいるのが、下腹部の痛みです。 痛みがひどくて、寝込んでしまい、動けなくなることもあるそうです。 こうなってしまうと、出勤するのは難しいですよね。 病的にひどい場合、 「月経困難症」といわれ、治療の対象になってきます。 精神的にも不安定になるようで、「イライラ」を訴える女性もかなり多いことが分かります。 多少の不機嫌も受け止められるような、器の大きな男でありたいものです。 また、ここには含まれていませんが、 「偏頭痛」のような、ズキズキと脈打つような頭痛の症状も、多くの女性を苦しめています。 生理痛の原因 「プロスタグランジン」が過剰に分泌される 「プロスタグランジン」は、生理を引き起こすホルモンの一種で、子宮を収縮させる作用があり、必要がなくなった子宮内膜を子宮の外に排出します(この働きを利用して、陣痛促進剤として使われています)。 というわけで、プロスタグランジンは生理に欠かせない物質ですが、過剰に分泌されると子宮を必要以上に収縮させてしまいます。 そのため、軽い陣痛のような痛みを下腹部や腰に感じます。 またプロスタグランジンには、痛みを強める作用や血管を収縮する作用もあります。 それが、頭痛、肩こり、腰痛、冷えやだるさ、胃腸の痛みや吐き気の原因にもなると考えられています。 子宮の出口が狭い 思春期の女性など、まだ子宮が十分に発達していない場合、経血の出口である子宮口の周辺が、硬くて狭いために、子宮内膜がうまく排出されません。 そのため、プロスタグランジンが過剰に分泌されることになります。 大人になって子宮が成熟するにしたがって、この痛みは自然に弱くなります。 妊娠・出産を経験することで子宮口が広がると、子宮内膜が排出しやすくなり、生理痛が軽くなるケースが多いようです。 冷えやストレスによる血行不良 冷房による冷え、身体を締めつける下着やピッタリとしたジーンズなどの服装、長時間同じ姿勢の仕事などで全身の 血行が悪くなると、骨盤内の血流が足りなくなり、子宮や卵巣が正常に働かなくなります。 そのため、腹痛や腰痛が悪化します。 血行不良の原因として、 ストレスによるホルモンバランスの悪化や、 喫煙による全身の血管の収縮なども考えられます。 いずれも、生理痛を悪化させる要因となります。 スポンサーリンク [ad adsense1] 生理痛の緩和方法 鎮痛薬の服用 薬局などで市販されている、生理痛や頭痛のための鎮痛薬は、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)とよばれています。 子宮を収縮させるプロスタグランジンの分泌を抑えることで、痛みを和らげてくれます。 服用のポイントは痛みを我慢せず、 痛みはじめたら早めに服用すること。 プロスタグランジンの生成が早い段階で抑えられ、効果が得られやすくなります。 痛みを我慢してしまうと、プロスタグランジンが大量に分泌されてしまい、効果が現れにくくなってしまいます。 薬については、次の記事にまとめていますので、参考になさってください。 身体を温めて、「冷え」を防ぐ 冷えによる血行不良が生理痛を悪化させてしまうので、夏でも冬でも、 とにかく体を冷やさないことが重要です。 下腹部や腰に、ひざ掛けや毛布をかけたり、使い捨てカイロをあてるなどして、子宮や腰のまわりを温めて血行をよくしましょう。 夏は、冷房で冷えすぎないように注意が必要です。 入浴は、シャワーだけではなく、ゆっくりお湯につかって全身を温めましょう。 体を締めつけない服装 ジーンズやガードルなどで 体を締めつけると、血流が滞って、生理痛を悪化させます。 ボタンをゆるめたり、ゆったりとした服装に着替えるなどしましょう。 軽いストレッチや運動をする 体を動かすことで全身の血行がよくなります。 またストレスの解消にも効果的です。 足の付け根の筋肉を伸ばすなど、子宮や骨盤の周りの筋肉を意識するといいでしょう。 軽い運動としては、散歩くらいの気楽に取り組めるものがいいでしょう。 気分転換にもなると思います。 アロマテラピーなどでリラックス 生理痛にはメンタル面も影響するといわれています。 好きな香りのアロマオイルを、ハンカチに数滴染み込ませて、いつでも香りを楽しめるようにしたり、入浴時に湯船に入れたり、生活のいろいろな場面で活用してみてください。 ゆっくり入浴する 入浴で体を温め血行を促すことによって生理痛は緩和されます。 イライラを鎮める効果も期待できます。 ぬるめのお湯にゆっくり入り、血液の循環を良くしましょう。 生理中は入浴を控えるという人もいますが、湯舟の中は水圧があるので、月経の血液が流れ出すことも、子宮内にお湯が入ることもないそうです。 ただし、湯舟から出るときに急に経血が流れ出ることがあるようなので、温泉や大浴場は遠慮した方がよさそうです。 ツボを押す 生理痛に効果があるとされるツボがいくつかあります。 手指で、気持ちがいいなと思う程度の力でゆっくり押してみましょう。 ツボについては、こちらの記事に詳しく書いていますので、ぜひ参考にしてくださいね。 低用量ピルの服用 避妊のための薬であるピルを、低用量で使用することで、生理痛を楽にする効果があることが知られています。 適量を飲み続けることで、女性ホルモンのバランスが安定し、メンタル面にもいい影響があるといいます。 ですが、副作用による血栓で死亡事故も報告されているようですので、医師の指導を受けて服用することが重要です 詳しくは、こちらの記事をご覧ください。 〔追記〕偏頭痛に特化した「ズツノンDr. 」の効果 偏頭痛の治療で有名なフィーバーフューをはじめ、3種類の西洋ハーブ、8種類の伝承温和漢を配合したサプリメントを発見しました。 女性特有の痛みにも有効な成分も多数含まれているので、つらい生理痛にも効果を発揮するかもしれません。 その名も「ズツノンDr. 僕が実際に服用してみた体験談も、ぜひ参考にお読みください。 他の病気が疑われるケース 鎮痛剤を飲んでも効かないほどの強い痛みには、「子宮内膜症」や「子宮筋腫」などの重い病気が潜んでいるケースがあります。 子宮内膜症 本来子宮の中で作られる子宮内膜が、腹膜や卵巣などの子宮ではない場所で作られてしまう病気です。 子宮以外の場所で子宮内膜がつくられた場合にも、生理のタイミングで子宮内膜が剥がれますが、体外に排出することができないため、炎症や痛みを引き起こします。 子宮筋腫 子宮筋腫とは、子宮の中にできる良性の腫瘍のことです。 子宮筋腫があると、生理痛や生理の血液量が多かったり、血の塊が混じったりします。 出血が多いため貧血状態になることがあり、立ちくらみや動悸などの症状が出ることがあります。 おだいじになさってください 僕の職場は、女性の社員が多いせいか、わりとオープンな環境です。 後輩の女性社員の中には、「私、今日は流血してますので」とか、「女の子の日なので、近づかないでください」とか、はっきり言ってくれたりします。 「あれが重いので」と言って、堂々と欠席できるような空気があります。 でも、これっておそらく特殊なケースですよね。 僕の会社でも、つらいのを隠して懸命に仕事している女性も多いと思うんです。 激務で休むに休めないことも、当然ありますし。 そんなとき、やはり男性社員からの理解があるかないかは、非常に重要だと思います。 女性の戦力を重視するならば、安心して仕事が続けられるよう、「生理痛のときは休め」と言ってあげられるような職場でありたいと思います。 僕は男性です。 ですので、このような記事を書くべきなのか、ちょっと悩みました。 でも、自分のための勉強、と思って調べて書いてみたわけです。 そうすることで、女性の苦労に少しでも近づけたような気がします。 この記事、ぜひ男性の方に読んでいただき、周囲の女性を大事にするきっかけにしていただければと願っています。

次の