慣用 句 有名。 体のことわざ慣用句一覧

慣用句一覧

慣用 句 有名

慣用句一覧です。 50音順に並んでいます。 探したい慣用句があれば、表右上の検索ボックスから検索ができます。 慣用句 意味 人の言った言葉じりや言い誤りをとらえてバカにすること。 困らせること。 逃げた足取りが分かること。 痕跡が残っていること。 思っていたよりもお金がかかって足りなくなる。 出費が予算を上回ること。 疲れて足がよく動かなくなること。 人の弱いところにつけ込むこと。 悪い仲間、悪い行いや仕事を辞めて、真面目になること。 よくないことをやめる。 悪い生活態度を改める。 遠くに行くこと。 本来の目的地よりも少し先にいってみること。 他人の成功や昇進の邪魔をする。 また、物事のスムーズな進行を妨げること。 感心して、敬う気持ちが出てくること。 仕事などの途中で、無駄話をして時間を無駄にすること。 怠けること。 驚いて息ができない様子。 はっと驚く様。 経験を積んで、職業や任務などがその人にピッタリあうようになること。 うまくこなしている様。 相手を自分より優れていると認めること。 大勢の人で混雑している様子。 人が多すぎて身動きがとれない状態。 進行、進歩が非常に遅いこと。 腕前を示そうとして勢い込む。 相手とよく気が合う。 いい加減な事を言ったり、したりして、適当にその場をごまかすこと。 一時しのぎ。 事実以上のことを付け加えて、話を大げさにすること。 大勢の人に顔を知られて、勢力を持つようになる。 人気者になること。 名が売れていて無理が通ること。 いろいろな人をよく知っている。 また、多くの人たちと付き合いがある様子。 非常に恥ずかしい思いをすること。 うろたえて顔が真っ赤になる。 相手に恥をかかせること。 不快なことがあって、顔にシワを寄せる。 味方をする。 贔屓する。 肩入れするとも言う。 力を落としてがっくりする様。 対等の位置につく。 レベルが同じ。 味方をする。 贔屓(ひいき)をすること。 緊張したり遠慮したりする必要がなく、親しく付き合える様子。 打ち解けてのびのびと楽に付き合える様子。 無愛想に冷たくもてなすこと。 あとで問題が発生しないように、あらかじめ念を押して強く確認しておくこと。 あまりしゃべらない 秘密を守ってしゃべらないこと。 言いふらさないこと。 言ってはいけないことや隠しておくべきことを、うっかり話してしまうこと。 うまい話に騙される。 最初に話し始める。 口火を切るともいう。 不満の表情をすること。 不満気な態度。 他人の話に横から割り込むこと。 会話を邪魔すること。 仕方なしに本当のことをいう、白状する。 本当かどうか疑問に思う、あることに疑問や不信を感じて、納得、同意できないこと。 関心を持つ。 または深入りすること。 今か今かと待ち遠しく思うこと。 落ち着いて物事に対処すること。 ちらっと聞く。 不確かさがあるが聞いたことがあること。 もうだめだとあきらめて、努力することや行動を辞めてしまうこと。 医者が患者を見放すこと。 相手の素晴らしさに驚嘆して言葉が出ない様子。 非常に感心する様。 他人の真似をして軽々しい行いをしたり、喋ったりすること。 極めて僅かなもののたとえ。 分量や金額がほんの僅かで、とうてい満足できるものではないこと。 程度を軽くみていること。 状態を軽く見ていること。 世話が焼けること。 面倒を見て大切に育てること。 はらはら、ドキドキすること。 自分の力、能力を超えていて処理が難しい。 持て余す。 どうすることもできないこと。 自分の力、能力を超えていて処理が難しい。 持て余す。 どうすることもできないこと。 難しくて、どうにも手のうちようがない様子。 自分の力ではどうにもならないこと。 話し合いの決着をつける。 またはどうしたらうまくいくかを考え、そのようにすること。 関係をなくす。 これまでの関係をなかったことにする。 自分からなにもしないで見ている。 相手が訪れる事を待っている。 同じ目的のために協力する。 扱いきれずに困る。 持て余す。 始末に困る。 才能が人より目立ってくること。 勇気が出ず、尻込みする。 思い切った行動に出られず、どうしようか迷う。 気が進まないでグズグズすること。 とても忙しく、誰でもいいから手伝ってほしい様子。 本性を隠して、人の前でだけおとなしそうに見せかけること。 また、知っているのに知らないふりをすること。 弱音を吐く。 限界だと感じて諦めること。 軽はずみなことを見たり聞いたりして嫌な感じがする。 相手が強すぎたり物事が難しすぎたりして、力が及ばない、全く敵わないこと。 得意になる。 自慢に思うこと。 相手の言うことに、ろくに返事もしないで、いい加減に扱う。 人を軽んじていい加減に扱うこと。 軽蔑して笑うこと。 自慢する。 偉ぶる。 いつものことで、飽きていやになること。 わざとらしい様子が嫌味に思えて不快になること。 目を背けるほど見苦しいこと。 出し抜いてあっといわせる。 予想外のことをして相手を驚かすこと。 悪い考えを持っている。 腹黒いともいう。 怒っている様。 我慢ができない。 我慢の限界を迎える。 覚悟を決める。 決断・決心すること。 相手の考えを知ろうとする。 相手の懐具合を想像すること。 包み隠さずに、本心を打ち明けること。 苦しさ、悔しさなどを必死に耐える様。 苦労する。 大変な状態。 心配のために表情が暗くなること。 心配、不快などで顔をしかめる。 他人の言動を不愉快に感じること。 前のことはなかったことにして和解する。 過去のことを咎めないこと。 せっかくうまくいっていることや仲の良い間柄などに、脇から邪魔をしたり、関係を悪くさせること。 人の身の上のつらさを、自分のことのように感じること。 自分の悪いことをいわれたり、人のいうことが自分の弱点をついていたりして、聞くのがつらいこと。 情報を人より早く手に入れること。 同じを何度も聞かされて、うんざりすること。 聞き飽きてうるさく感じられる。 思いがけないことで、聞き間違いではないかと思ってしまうこと。 他人の話を聞く。 聞こうとする。 相談にのること。 よく注意して聞くこと。 金額や物の数量などをきっちり用意する。 自分の都合だけ考えて他人を顧みない。 自分にいいように考えること。 気に食わないこと。 嫌な感じになること。 今にも絶えそうな息。 今にも命が尽きてしまいそうな様子。 機嫌が悪く、いつもより怒りっぽい状態。 予感がする。 なんとなく心に浮かんでくる、感じること。 穏やかな性格。 おとなしい性格な人のこと。 自分よりも実力が上の者に相手になってもらうこと。 ほっと安心すること。 驚いたり、感心したりして、目を大きく開く。 驚嘆すること。 もののよい悪いを見分ける力がある。 よいものを選び出す力が優れている。 非常に好きである。 夢中になる。 または見分ける力がない。 賢く、際立ってすばしっこい。 すごく近い距離。 すぐ近くにある場所。 度を越してひどいありさまなので見ていられない。 許容範囲を超えていて、これ以上見逃すことができないこと。 非常に可愛い。 見向きもしない。 意外なことに驚く。 信じられないこと起きて、自分の目が正しいのか心配になる。 物事に感動したり、喜んだりしているときの様子。 かわいがって、面倒を見る。 大切に育てる。 じっと注意して見る。 見つめること。 可愛くて、嬉しそうな顔をする。 嬉しさや満足感で笑顔になること。 びっくりして目を大きく開く様。

次の

英語の縁起のいい言葉一覧!海外の有名なことわざ・慣用句かっこいい物も

慣用 句 有名

名言とは 「名言とは」ってあらためて言うこともないと思いますが、他との違いを明らかにするため、まず4つの中で一番広い概念である「名言」について。 辞書的には「すぐれた言葉」「事柄の本質をうまくとらえた言葉」などされていますね。 つまり、 自分が または誰かが 「うまいこと言うな~!」と思えば、それはもう「名言」です。 ですから名言は大昔から、そして今も、日々新しく生まれては忘れられて消えているわけで、その数は無限ということです。 年末恒例の「流行語大賞」なんて、言い換えれば「今年の名言大賞」ってことですよね。 けど昨年の流行語なんて誰も覚えていません。 星の数ほどある名言の中から、時を経ても消えることなく語り継がれて現代にまで残り、浸透・定着したもの、言うなれば「歴史的な名言」「超有名な名言」が格言・ことわざ・慣用句ということです。 ちなみに 「半額商品は二つ買え!」 これは私的な名言です。 では、ここでまず概念図を。 いかがでしょう?要するに 1. 格言・ことわざ・慣用句はすべて名言に含まれる。 2. 格言とことわざは互いにオーバーラップしている。 3. ことわざと慣用句は互いにオーバーラップしている。 4. 格言と慣用句はオーバーラップしていない。 では、解説しましょう 格言とは まず辞書的には、「人生の真実や機微を述べ、万人への戒め・教訓となるような簡潔にした言葉」などとされていますね。 いくつかの辞書をめくり、私なりにまとめると 「人生の本質・真髄を述べ、万人への戒め・教訓・処世訓となるような簡潔な短文」と言えるでしょう。 注目すべきは『 万人への』という部分だと思います。 つまり「誰にとっても指針・参考となる」短文なんです。 そして格言は、このあと解説する「ことわざ」とオーバーラップしていますが、 格言には「古さ」は必要ありません。 今日、新しい格言が生まれる可能性もあるのです。 典型的格言の例 下を向いていたら、虹を見つけることは出来ないよ。 byチャップリン 明日死ぬかのように生きよ。 永遠に生きるかのように学べ。 byガンジー いかがでしょう?100%とは言いませんが、ほぼ万人に響く短文ですよね。 この言葉を否定するのはよほどひねくれた人でしょう。 「名言集」「格言集」を銘打っているサイトをのぞいてみてください。 名言と格言を区別していないサイトがほとんどですし、読む側もそれを不自然とは感じませんからそれでいいと思います。 ただ、名言よりは格言の方が「格が上」で、名言か格言の区別は「万人向け」かどうかであり、その判断は個人に任せても良いという事でしょう。 ことわざとは まず辞書的には、「古くから言い伝えられてきた、教訓または風刺の意味を含んだ短い言葉。 生活体験からきた社会常識を示すものが多い。 」「鋭い風刺や教訓・知識などを含んだ、世代から世代へと言い伝えられてきた簡潔な言葉のこと」などとあります。 いくつか辞書をめくり、私なりにまとめると 「古くから言い伝えられてきた、世の中の常識や知識、教訓や戒め、また風刺や皮肉など、様々な示唆を含んだ短文」となります。 カタカナを使うと、「先人からのアドバイス、サジェスチョンが含まれている短文」ですかね。 格言と違って「万人」向けではありません。 人によって「納得!」と思う人もいれば「私は違うな~」って言う人もいる。 けど多くの人が「あるある~」「だよね~」って感じる短文です。 典型的なことわざ 石の上にも三年 猿 さる も木から落ちる 能ある鷹は爪隠す いくつかの特徴 1.それ単独で完結し意味を成している。 ですから「まさに『 』ですね。 」という形で使用できます。 例:「半日やってまだ一度も成功しないなんて、まさに『二階から目薬』ですね。 」 2.3文節以上のものが多い。 つまり後述の慣用句よりは長い。 つまり、ことわざは格言とも慣用句ともオーバーラップしているのです。 慣用句とは 辞書的には「二語以上の単語が固く結びつき、全く異なる意味を持つもの」となっており、注目すべきは「 ことわざと混同されやすく分類も困難」と明記されていることです。 私的にまとめると 「2文節以上で、直訳とは別の意味を持つもの」ですね。 典型的慣用句で説明すると、例えば「腕が立つ」なら、直訳しても本当に「腕」が「立つ」わけがなく、その意味は「技術が優れる」ですね。 「首を長くする」なら、実際に首を伸ばすわけではなく、その意味は「期待して待ちわびる」ですよね。 いくつかの特徴 では、出来るだけことわざとの違いをはっきりさせるためにいくつかの特徴をまとめてみましょう。 1. 2文節からなるものが多い。 つまりことわざよりは短い傾向。 (3文節以上だとことわざとの区別があいまいな場合が多い) 2. 常識・教訓・風刺として機能するものではなく、あくまで人や動物の行動、物事の状態などを的確に、または面白おかしく表現するもので、一種の比喩表現。 3. 動詞、形容詞、形容動詞(つまり用言)で終わるものが多く、ひいては文中や会話の中で末尾を「活用」して使う場合が多い。 つまりことわざとは違って「まさに『 』ですね」という形で使うことは少ない。 例えば、 「君はまさに『腕が立つ』ですね」とはあまり言わない。 「給料日をまさに『首を長くする』ですね」とは言わない。 ことわざでもあり、慣用句でもあると考えられるもの 後の祭り 犬も食わない 鵜の目鷹の目 いかがでしょう?格言・ことわざ・慣用句の区別がかなりはっきりしたのではないでしょうか?こうなるとむしろ、互いにオーバーラップした「格言でもありことわざでもある」ものや「ことわざでもあり慣用句でもある」ものを探すのも楽しいかもしれません。 ここでは「格言と慣用句は重複しない」とさせていただいていますが、よく探せば「格言であり慣用句でもあるもの」もあるのかもしれません。 ぜひ探してみてください!.

次の

いっきに極める国語5 小学3〜6年の慣用句・ことわざ

慣用 句 有名

鐘の音がいつもより良く聞こえたら、上空に温暖な空気の層がある可能性があります。 温暖な空気は音を反射する性質があるため、上空に向かってきた音を地上に跳ね返します。 上空にあたたかい空気があると天気は、雨が降る確率が高くなるので、遠くの音が良く聞こえるときは、雨が近いということかもしれません。 遠くの音という意味では電車の音もいつもは聞こえないのに聞こえるということが多いのではないでしょうか。 いつもより電車の音がやけに近く聞こえたら、天気は雨が降る前兆かもしれません。 「鐘の音がよく聞こえたら雨」の用例• 遠くの寺の鐘の音がよく聞こえるから、雨が降るのかもしれない。 今日は電車の音がよく聞こえる。 鐘の音が良く聞こえたら雨だというし、雨かもね。 また、下記の記事は努力のことわざについて紹介した記事です。 努力に関する言葉や応援や忍耐についての慣用句についても紹介しています。 詳しく知りたい方は、下記の記事もあわせて読んでみてください。 さば雲は魚のうろこや水面のような模様になる雲のことです。 さば雲のほかいわし雲、うろこ雲などと呼ばれることもあります。 さば雲は前線が近づいたときに出ることが多い雲で、その雲が上空にあるときは雨が降る可能性が高いです。 さば雲を見つけたら、雨に備えておきましょう。 ちなみにさば雲は秋によく見られる雲です。 夏の暑いさかりが過ぎるとこの形の雲をよく見かけるようになります。 今年もさば雲が出たなと思ったら、秋の長雨が始まります。 いわし雲やさば雲は俳句の季語でもあり、秋の風物詩です。 「さば雲は雨」の用例• 見てよ!あんなにたくさんのさば雲だ。 雨が近いよ。 今日はいわし雲(さば雲)が多いね。 雨が降りそうだ。 天気のことわざ・慣用句|4位:朝焼けは雨 日本では多くの地域で西から東へと空気が流れているので、夕方西側に雲がないということはしばらく雨は降らないという判断ができます。 夕焼けがきれいに見えるときは、明日は晴れる確率が高くなるでしょう。 また、東側に雲がない朝焼けは雨とも言います。 美しい朝焼けはかなり早朝でないと見られないので、ほとんどの人には見るのは一苦労ですが、夕焼けは見ることができる人も多いのではないでしょうか。 美しい夕暮れを見たら晴れが好きな人は「明日は晴れだ!」とテンションが上がるかもしれません。 「夕焼けは晴れ」の用例• 綺麗な夕焼けだ!明日は晴れるね。 夕焼けが赤いな。 明日も晴れだ。 天気のことわざ・慣用句|1位:猫が顔を洗うと雨 猫が顔を洗ったり毛づくろいしたりするときは、皮膚がかゆいときです。 雨が近いとノミや皮膚病が出やすいので、かゆくなり顔を洗ったり、毛づくろいしたりすると考えられています。 なので猫が顔を洗う回数が多いときは、雨が降る確率が高いでしょう。 とはいえ気まぐれな猫はいつどんな理由で顔を洗うかわかりません。 顔を洗っているからといって必ずしも雨が降るわけではないでしょう。 また家にいる猫は冷暖房の効いた快適な空間にいることも多いので、あてにならないかもしれません。 「猫が顔を洗うと雨」の用例• 見てよ!うちの猫が顔洗ってる。 雨降るよ。 猫が顔をゴシゴシしてるから雨がふるかな。 また、下記の記事は雨の夢の夢占いについて書かれた記事です。 雨の夢の夢占いについて詳しく知りたい方は、下記の記事もあわせて読んでみてください。 RELATED ARTICLE 天気を使ったことわざや慣用句は昔は天気予報のかわりだった 天気を知ることは今も昔も人々の生活にとって重要なことです。 昔は今ほど気象について知られていませんでしたが、雨や晴れ、嵐などをあらかじめ予期することは周辺の状況を観察することである程度できていたようです。 天気のことわざは昔の人々の気象に関する知恵でもあります。 中には現在の気象の知識とはつじつまが合わないことわざもありますが、天気のことわざは経験で得てきたものも多いので、今でも通用することが多いです。 天気のことわざや慣用句をたくさん知っておくと、天気を予測するのに役立つかもしれません。 また、下記の記事は馬のことわざを紹介した記事です。 馬のつく言葉や格言、海外の慣用句などについて詳しく知りたい方は、下記の記事もあわせて読んでみてください。

次の