下関 観光。 【2020年】初めてでも安心♪下関観光のポイントと王道観光スポットをご紹介!

【下関〜門司】ぐるっと周遊観光プラン!おすすめスポット!

下関 観光

下関の地域について 現在の下関市は2005年(平成17年)の合併で新設されたもので、とても面積が広いです。 今回は下関の観光スポットを紹介するにあたり、旧自治体を基準に市内を以下の地域に区分して紹介します。 下関(南部、旧下関市)• 豊浦・菊川(中部、旧豊浦町・菊川町)• 豊北・豊田(北部、旧豊北町・豊田町) <下関のおすすめ観光スポット> 下関は三方を海に囲まれ、緑も多く豊かな自然に恵まれている開放的な立地です。 年間を通して気温差の少ない温暖な気候、そして山口県は地震発生頻度が相対的に少ないなど、安定した自然環境が整っています。 九州の中央部に位置しているため、車やJRを利用したアクセスの良さもポイント。 ここでは、そんな下関のおすすめ観光スポットを厳選してご紹介します。 赤間神宮 「赤間神宮(あかま じんぐう)」は下関市の南部、海の近くにある神社です。 文治元年(1185年)に壇ノ浦の戦いで命を失った安徳天皇を祀るため、建久2年(1191年)に建立されました。 赤間神宮の「赤間」は、下関が古くは赤間関と呼ばれていたためです。 もともとは阿弥陀寺というお寺で、貞観元年(859年)に開かれました。 赤間神宮は阿弥陀寺と一体となった神仏習合の施設でしたが、明治になり神仏分離令によって赤間神宮と阿弥陀寺は別の施設となります。 やがて阿弥陀寺は衰退し、赤間神宮のみが残りました。 また、赤間神宮は怪談「耳なし芳一」の舞台としても知られています。 境内には芳一堂という建物があり、中に芳一の木造が安置してあることで有名です。 なお、現在の赤間神宮の社殿は、まるで竜宮城を思わせるような見た目でインパクトがあります。 以前の社殿は、第二次世界大戦の戦火で焼失してしまいました。 戦後に再建されたのが今の社殿です。 赤間神宮は下関屈指の歴史がある神社でパワースポットとしても人気があり、参拝客が後を絶ちません。 現在、夜間には社殿がライトアップされ、夜の美しい景観を楽しむ人も多く訪れます。 赤間神宮の観光情報 住所 : 山口県下関市阿弥陀寺町4-1 電話番号 : 083-231-4138 公式URL : 2. 唐戸地区のレトロ建築 下関市の唐戸町を中心に南部町・中之町・阿弥陀寺町・観音崎町のあたりを唐戸(からと)地区と呼びます。 唐戸地区は古くから港町・宿場として繁栄し、かつての下関周辺の商業の中心地でした。 現在、下関の商業地は下関駅周辺や郊外に移り、唐戸地区に往時の賑やかさはありません。 しかし、南部町周辺には明治〜昭和初期に書けてのレトロな建築物が現在も残されています。 これらのレトロ建築をめぐる散策コースは「唐戸レトロ」と呼ばれ、観光スポットとして人気ですよ。 唐戸地区にある主なレトロ建築は、旧下関英国領事館、旧秋田商会ビル、下関南部町郵便局、山口銀行別館、下関市立近代先人顕彰館などがあります。 なかでも旧下関英国領事館は、現存する国内最古の領事館として国の重要文化財に指定されました。 また、旧秋田商会ビルは下関観光情報センターとして利用されています。 旧英国領事館をはじめ一部の建物は夜間ライトアップが実施されており、昼間とは異なる雰囲気が味わえるのも魅力です。 唐戸地区のレトロ建築の観光情報 住所 : 山口県唐戸町・南部町・中之町・阿弥陀寺町・観音崎町周辺 電話番号 : 083-231-4141(下関観光情報センター) 3. 唐戸市場 「唐戸市場(からといちば)」は、下関の南部にあたる唐戸町にある地方卸売市場です。 唐戸地区は長らく下関地方の経済の中心でした。 1924年(大正13年)に現在の唐戸市場の前身の「唐戸魚市場」が誕生しています。 それ以来、移転や改築・改称をされながら市民の台所として愛されてきました。 現在は一般客も市場で買い物ができ、観光スポットとしても注目されるようになっています。 新鮮な魚介類や付近で採れた野菜など、たくさんの商品が並び、多くの買い物客でごった返すほど。 毎週金・土・日曜日や日には「活きいき馬関街(ばかんがい)」というイベントが開催されています。 活きいき馬関街では、新鮮な魚介がいつも以上にリーズナブルに購入でき、さらに海鮮料理の屋台が並ぶ人気のイベントです。 また、唐戸市場の中には、市場の食材をつかった飲食店もあります。 お寿司や海鮮丼、フライなどの惣菜といった料理が楽しめるのが魅力です。 市場の目の前は海で、敷地は公園のように整備されています。 天気が良い日には大勢の観光客が芝生に座って、買った海鮮料理を食べて楽しむ姿が唐戸市場の風物詩です。 みもすそ川公園 「みもすそ川公園」は下関市南部にある公園で、壇ノ浦沿岸に位置しています。 そのため、壇ノ浦の戦いにちなんで源義経と平知盛の対決シーンをイメージした像が建てられていることで有名です。 また、みもすそ公園のある場所は、幕末の下関戦争のときに長州藩が砲台を設置したところ。 そのため、5つの大砲のレプリカが海側に向けて設置されています。 この中の1つの大砲は、有料で大砲の発射音と煙が楽しめる仕掛けがあり、お子様に人気です。 みもすそ川公園のすぐ真上には関門橋が架かっています。 源義経・平知盛像と関門橋・壇ノ浦を一緒に写真に収めるのが、みもすそ川公園での定番です。 その他、公園内からは関門海峡を一望できます。 関門海峡潮流の速さや荒々しさを間近で感じることができるのがポイントです。 さらに、俳優・滝沢秀明の手形も見逃せません。 大河ドラマの主役を演じた縁で公園の除幕式に滝沢秀明が参加し、記念に手形を残しています。 みもすそ川公園の観光情報 住所 : 山口県下関市みもすそ川町1番 電話番号 :083-231-1933 公式URL : 5. 船島(巌流島) 「船島(ふなしま)」は下関市南西にある無島です。 巌流島(がんりゅうじま)という名前でも知られています。 船島は下関の南西端にある彦島(ひこしま)という島の東部に浮かんでいます。 面積は約0. 08平方kmで、最高標高はおよそ6mという小さな島です。 菱形の形をしているのが特徴で、下関の唐戸桟橋から船が出ていて約10分で到着します。 船島は宮本武蔵と佐々木小次郎が対決した巌流島として全国的に有名です。 そのため、島内には宮本武蔵と佐々木小次郎の対決シーンの像が設置されています。 1980年(昭和55年)に島の約半分が公園となり一般に開放されました。 それ以来、歴史ファンが多く船島を訪れています。 また、公園内にはバーベキュー施設も設けられていて、関門海峡の形式を眺めながらバーベキューを楽しめると人気です。 島内には釣りデッキや人工海浜もあり、現在の船島はレジャーを楽しめる島になっています。 船島(巌流島)の観光情報 住所 : 山口県下関市大字彦島字船島648 電話番号 : 083-231-1350(下関市役所 観光交流部 観光政策課) 公式URL : 6. 下関市立しものせき水族館 海響館 「下関市立しものせき水族館 海響館(かいきょうかん)」は下関市南部にある水族館です。 唐戸地区の「あるかぽーと」というエリアにあります。 1956年(昭和31年)、市内東部の長府地区に下関市立水族館として開館しました。 そして2001年(平成13年)、老朽化や災害の影響で現在地に移転・改称しています。 下関を代表する魚類であるフグは、世界の100種以上を展示しています。 さらに下関に捕鯨基地があることから、シロナガスクジラが展示されているのも見どころです。 建物自体も鯨をイメージしたデザインになっています。 また、イルカやアシカのショーも開催されているので必見です。 芸達者なイルカやアシカの迫力ある芸は釘づけてなってしまいます。 2Fには「フンボルトペンギン特別保護区」としてフンボルトペンギンが展示してあり、子どもたちに好評です。 なお、海響館は行楽シーズンに期間限定で夜間水族館としてオープンしていることがあります。 昼間では見られない海の生き物たちの夜の生態を見学することができるのが嬉しいポイントです。 下関市立しものせき水族館 海響館の観光情報 住所 :山口県下関市あるかぽーと6-1 電話番号 : 083-228-1100 休館日 : 年中無休 開館時間 :9:30~ 7:30(最終入館 17:00) 料金 : 一般(中学卒以上) 2000円 小・中学生 900円 未就学児 400円 公式URL : <豊浦・菊川のおすすめ観光スポット> 豊かな自然に恵まれた豊浦・菊川。 「どんな観光スポットがあるんだろう…」と気になっている方も多いのではないでしょうか。 豊浦・菊川は知る人ぞ知る観光スポットが点在している名勝地です。 福徳稲荷神社 「福徳稲荷神社(ふくとくいなりじんじゃ)」は下関市中部の豊浦にある神社です。 西に海を望む傾斜地に鎮座しています。 国道191号線沿いに参道口があり、そこから社殿までの参道には「千本鳥居」が並んでいます。 千本鳥居は真っ赤な鳥居がトンネルのように参道に建ち、写真の撮影スポットとして人気です。 社殿は大きく、美しい朱と緑のコラボレーションとなっています。 また、社殿前からは海が一望できるため絶景スポットとしても有名です。 晴れたときには美しい夕焼けを見ることができます。 視界を遮るものがほとんどないので、息を飲むような絶景を楽しめるのが魅力です。 福徳稲荷神社の観光情報 住所 : 下関市豊浦町宇賀2960-1 電話番号 : 083-776-0125 公式URL : 2. 川棚温泉 下関中部の豊浦町にある温泉郷、「川棚温泉(かわたなおんせん)」。 笠ヶ岳の北のふもとに位置し、複数の温泉旅館や温泉ホテルが営業しています。 温泉街形成されていて、大正時代に建てられた玉椿旅館は登録有形文化財です。 川棚温泉は「下関の奥座敷」とも呼ばれ、「防長四湯」のひとつに数えられています。 川棚温泉の歴史は古く、平安時代末期の寿永2年(1183年)に当時の領主・平定盛(たいらのさだもり)によって開かれました。 江戸時代の三代目長府藩主・毛利氏や種田山頭火、アルフレッド・コルトーらも川棚温泉に入り、とても気に入ったと言います。 また、川棚温泉は青龍の伝説が有名です。 古く川棚一帯は大きな湿地帯でしたが、沼に青龍が住んでいたと言われていました。 青龍が亡くなり、住民が青龍を祀ったところ温泉が湧き出したと伝わっています。 川棚温泉では「瓦そば」が名物になっています。 瓦そばは瓦を熱し、その上で茶そばを焼いたものです。 この他にも「川棚まんじゅう」が土産物として有名で、山口名産のフグ料理も堪能できます。 川棚温泉の観光情報 住所 : 山口県下関市豊浦町川棚5180 下関市川棚温泉交流センター内(川棚温泉観光協会)I 電話番号 : 083-772-0296(川棚温泉観光協会) 公式URL : <豊北・豊田のおすすめ観光スポット> 壮大な海を間近で見られる二見夫婦岩や、映画やCMのロケ地として有名な角島など、魅力が尽きない豊北・豊田。 SNS映え抜群のキレイな景色がたくさんあるので、日ごろの喧騒を忘れて開放的な気分になれることでしょう。 二見夫婦岩 「角島(つのしま)」は下関市北部の豊北地区にある島です。 響灘に浮かび、山口県の北西端に位置します。 島全体が北長門海岸国定公園の一部で、人口は約720人です。 角島は角島大橋と響灘・角島が作り出す景色で有名になりました。 本州側から角島に向かって続く角島大橋の姿は、美しい響灘とともに絶景と言える風景です。 そのため、写真撮影スポットとして一躍脚光を浴びることとなりました。 角島大橋の長さは約1780mを誇り、通行料無料の橋としては日本屈指の規模です。 夜間は橋がライトアップされ、とても美しく幻想的な雰囲気に。 橋のたもとには公園が整備されており、角島や角島大橋を撮影したり、橋をバックに記念写真を撮ることができます。 また、角島島内には角島砲台跡や角島灯台があるため、合わせて観光するのがおすすめです。 角島の観光情報 住所 : 下関市豊北町神田~角島 電話番号 : 083-782-1914(下関市役所 豊北総合支所) 公式URL : 下関のおすすめ観光スポットをご紹介しました。 色々な歴史の舞台となった下関ですが、歴史スポットはもちろん、海の景観や温泉など見どころは満載です。 本記事を参考に、自分なりの下関観光の楽しみ方を見つけてみてください。

次の

観光案内所・観光ガイドのご案内

下関 観光

「みもすそ川公園」は、源平合戦の決着の地である壇ノ浦古戦場跡が一望できる場所にある公園です。 目の前には「早鞆の瀬戸」と呼ばれる関門海峡の一番狭く流れの早い海が広がっており、関門大橋が一望できます。 壇ノ浦の戦いを再現した源義経と平知盛の像や、幕末の攘夷戦で外国船に砲撃した砲台跡などがあり、歴史を身近に感じられるように工夫された造りが魅力。 「はい!からっと横丁」は、10種類以上のアトラクションが楽しめる下関で唯一の遊園地です。 入園が無料なので、周りの観光名所に行ったついでに気軽に立ち寄ることができます。 キッズコースターや海洋生物をモチーフにしたメリーゴーランドなど、小さな子供でも安心して遊べるものが多く、遊園地デビューにもぴったりです。 人気の大観覧車は、関門エリアを一望することができるので、ゆっくりと下関の街並みを鑑賞しながら休憩するのにもおすすめ。 全部のゴンドラに観光案内のタブレットが設置されているので、次に行く場所を調べたり、下関の魅力を再発見しちゃいましょう。 2001年に開園した「下関市立しものせき水族館・海響館」は、500種20,000点の海の生き物を展示している水族館です。 この場所ならではの展示方法が魅力で、関門海峡潮流水槽では日本海、関門海峡、瀬戸内海の流れを再現した水槽や、海中散歩をしている気分を感じることができるトンネルなどがあります。 シロナガスクジラの全身骨格標本や、100種類以上のフグの仲間たちを展示しているエリアもあり、他の水族館とは一風変わった展示方法が観光客に評判です。

次の

下関を観光するならここ!地元民おすすめのスポット&グルメ!

下関 観光

「みもすそ川公園」は、源平合戦の決着の地である壇ノ浦古戦場跡が一望できる場所にある公園です。 目の前には「早鞆の瀬戸」と呼ばれる関門海峡の一番狭く流れの早い海が広がっており、関門大橋が一望できます。 壇ノ浦の戦いを再現した源義経と平知盛の像や、幕末の攘夷戦で外国船に砲撃した砲台跡などがあり、歴史を身近に感じられるように工夫された造りが魅力。 「はい!からっと横丁」は、10種類以上のアトラクションが楽しめる下関で唯一の遊園地です。 入園が無料なので、周りの観光名所に行ったついでに気軽に立ち寄ることができます。 キッズコースターや海洋生物をモチーフにしたメリーゴーランドなど、小さな子供でも安心して遊べるものが多く、遊園地デビューにもぴったりです。 人気の大観覧車は、関門エリアを一望することができるので、ゆっくりと下関の街並みを鑑賞しながら休憩するのにもおすすめ。 全部のゴンドラに観光案内のタブレットが設置されているので、次に行く場所を調べたり、下関の魅力を再発見しちゃいましょう。 2001年に開園した「下関市立しものせき水族館・海響館」は、500種20,000点の海の生き物を展示している水族館です。 この場所ならではの展示方法が魅力で、関門海峡潮流水槽では日本海、関門海峡、瀬戸内海の流れを再現した水槽や、海中散歩をしている気分を感じることができるトンネルなどがあります。 シロナガスクジラの全身骨格標本や、100種類以上のフグの仲間たちを展示しているエリアもあり、他の水族館とは一風変わった展示方法が観光客に評判です。

次の