殿堂 入り デュエマ。 殿堂レギュレーション

【デュエマ】2019年12月 最新殿堂カードリストをガチまとめ!

殿堂 入り デュエマ

先日デュエマの殿堂発表(制限改訂)が行われましたね。 なんか久々にたくさんの名前を見てサイデスカガンマスターって感じです。 今回の記事は新たに殿堂入りしてしまったカード達に今までの感謝を込めて色々言う記事です。 ちなみに私は平々凡々なカジュアルプレイヤーですのでこれからの環境考察とか書いてあっても大体嘘っぱちですので悪しからず。 無事に絶滅していただきましたお豆さんでございます。 感謝を述べると言ったな、あれは嘘だ。 お前には憎しみ以外の言葉は何一つない。 生まれてきてはならない存在であったのだ。 そもさんなんで自然単でブンブン回すデッキが時勢に乗ってる時にこんなん出したんですかね。 モルネクだってこんな爆烈カードもらっとらんぞ(ブルチェンジがあるのでダウト)。 さて、ジャックが使えなくなったことによって環境はいくらか変わるのではないでしょうか。 前述した自然単ブンブン系デッキは元より、光自然は大ダメージでしょう。 自然使う理由が消えちゃったし。 コンセプト崩壊ですよ。 光自然の強みである大量のメタクリーチャー展開、そしてエクストラウィンによって反撃できない勝利があったのですが、エクストラウィンするために必要な展開札がジャックです(ルやジ・エンド・オブ・ユニバースなどを使っていたが、どれもコストが高いためジャックで展開し、攻守の天秤でアンタップさせてマナを用意していた)。 ここが無くなったことで、は勝ち筋を新たに見つける必要があります。 マルハヴァンでいいんじゃない?あとは素直にマナ貯めてジ・エンドしてもいいでしょう。 至脚やトロワチャージャーなんかでブーストするのもいいかも。 私は悲しい。 とは言っても、実はバトライ閣がなくなってもモルネクって大したダメージじゃないんですよね。 勿論ドギ剣とダイハードによる盾焼却という選択肢を奪われて一番安心なルートを取れなくなりましたが、いや君モルネクの相方いるでしょうよ。 ハートバーンゴリラすれば大体勝てます。 そうしろって書いてあることだしね。 さてモルネクから閣がいなくなったらその枠何入れましょうかね。 数の暴力による制圧ができないとなると、プロトギガハートで耐性でも持たせる?なんか弱そうじゃない?ガイシュカクもターン跨ぐしさほど強くもないしなぁ。 ガイオウバーン増量は悪くなさそう。 ボルドギも一緒に入れてあげれば中々素敵じゃないかしら。 あとはたまにロージアにも採用されてましたね。 初めて見た時トチ狂ってんじゃねえかと思いましたが確かに強かった。 やっぱ3コスウェポンってすげえよ。 なおロージアは後述。 まあでも閣自体はモルネクと一緒じゃなければ好き放題使えるので爆や刃でぶん投げて遊ぶといいかもしれません。 ドギラゴンチャンスやクシカーツを使うと相手がキレて笑いを誘います。 ソースは私。 カツだけに。 …しかしメンデルスクチェンモルネク閣がもう出来ないのは…やっぱり悲しいな…。 感想:悲しいが仕方ない。 モルネクに規制かけたつもりにさせるにはこれくらいだろう。 殿堂入り 裏切りの魔狼月下城 おかしいと思ったんだよこんなカード。 2コスで3枚とかスンもびっくりやんけ。 ランダムじゃないけど全部捨てさせてりゃ変わりゃせん。 全くすげえカードだよお前は。 死ぬほど強いが死んでしまった。 結構予想外の殿堂入り。 確かにブチギレるくらい強いのは確かだけど速攻への抑止力の1つとしてやはり素晴らしい性能であること、更にはなんか各色に現れつつある耐性(ジアースや秘術師ミルスターなどの反応や、ティグヌスや防鎧のような直球メタ、卍デ・スザーク卍の無月の門による墓地蘇生)があることから、に対しては割と寛容なのか、或いはメタりまくるくらい許せないのか、といった感じでした。 それならスンも帰ってくるか。 確かにな? 裏切りが殿堂入りで、光水闇(ドロマー)や、5cといったデッキタイプの妨害手段が少なくなりました。 ドロマーは最近ではロージアでしょうか。 本人共々お亡くなりになってしまわれて…。 折角再録もしたのに残念だ。 2コスのという意味では代替はいくらでもありますが、やはり特筆すべきは3枚というポイント。 マナ多色4という条件も2コスなので最速でプレイできるのも魅力的。 これに代わるカードを探すのはいくらなんでも難しいでしょう。 更にこのカードの殿堂入りのポイントはマナが多色であること。 1枚はこのカード入れられるので多色多めに構築しよう。 でも1枚のカードのために多色増やすの?しかもという早い段階で使えないとおいしくないカードを1枚って序盤に引けなくない? というジレンマを生みます。 生まないかもしれません。 私だったらこうかしらねって感じです。 多色デッキに枠が余ったら突っ込み得な気もする。 入れ得打ち得です。 感想:意外だったけど正直クソどうでもいい 龍素知新 ループの温床。 強い呪文を7コスに出来ない理由の一端。 もう一端は相方である目的不明の作戦。 似たようなもんじゃねえか。 突然ですがここでにわかのお時間です。 実はマジでこのカード最近なんかしたっけって思ってたカード。 いや昔からやばくねって言ってたけどさ。 あ今死ぬんなって感じ。 どうやらムカデでブイーンするデッキに使われていた模様。 ムカデはヤバいけどお前が死ぬんか…。 ジャステイはまあ好きにやっててよって感じだったしやっぱり今死ぬんか…。 とは言え、デュエマのオタクは賢いので1枚になったくらいじゃへこたれないので多分3日もしたら新しいループのルートを作り上げてるでしょう。 あと、デュエマはビックリイリュージョンや暴龍警報みたいなあらかじめ制限かけておく例があったりするので知新の死も何らかの前触れなのかもしれない…。 てことは目的不明がトリガーで出たらぱねぇことになるかしらね。 感想:なぜかいなくなってたけど普通にゲームする分には無問題でしたとさ 破界秘伝 ナッシング・ゼロ カーズの登場で爆烈強化されちまったカード。 そら3ターン目に盾消えればなぁ…。 再録もされましたがデッキーBOXには1枚しか入ってないので無問題。 コロコロを買っている人は2枚持ってるから2デッキ分使えるので悩まなくて済みます。 流石ステキ!カンペキ!デッキーBOXだぜ。 丁度最近はカーズのデッキにも幅が出てきたことだしね。 1枚になった影響を書こうとしたら特になかったです。 どうせニヤリーゲットやツタン、コプ太で引きに行けるし、何より2枚も使う必要がない。 ヤッタレが4枚削ることになんの不満があるのかね。 欲ばってると踏んで死ぞ。 そんなに引き鉄を引きたくないならダンガンオーで突っ込んだりマキを使いなさいよ。 新弾のベリーだから1ボックス買えば大量のおまけと一緒に手に入るぞ。 なんならナシゼロを使わない赤カーズを使うのもいいかもしれんな。 サンダイオーにマキ投げれば優勝できるぞ。 ていうかマキすげえな。 ナシゼロが消えたあとのアフターケアまでばっちりとか、やはりステキ!カンペキ!デッキー!って感じだ。 感想:なんか死んだけど普通にしてたら大した問題ではなかった 音精 ラフルル 単騎連射 マグナム ファッキンな二人組はまとめてしまいましょう。 とりあえずそれぞれの色に合わせてトリガーケアとしてやってくるたわけ達。 赤ならブランドやレッドゾーン、白青ならサザンやダンテと、そして5cであれば当然両方使える、と。 こいつらの何が嫌って二人揃うとマジで抵抗できないことよ。 なんにもできない。 誰だよ「単騎ラフルルがある以上今後はクリーチャーでも呪文でもない防御札出るから!」とかへらへらしながら言ってたやつ。 現実は非情だったぞこんちくしょう。 現在対抗できそうなのはクリーチャーが生き残ってる状態でめくるかベースくらいじゃねえかしらってくらい負け確を作り出すセット。 控え目に言って強い。 激しく熱かりしカードゲームを冷ややかな目で見ざるを得なくしてしまったセット。 とは言え、こいつら揃うと非情に不愉快ですが、実は単体だったら大ないんですよね。 ラフルルだけならバトクロスのようなトリガークリーチャー、サルトビやマルのようなニンジャストライク、デッドブラッキオのようなストライクバック。 単騎マグナムだけなら、波壊GOや爆砕GO、ノヴァルティアメイズやバビロンゲルグのような呪文も反応できます。 どちらかが止められてももう片方は生きてる。 となれば、構築の時点で駆け引きが生まれて激しく熱かりしカードゲームになっていたと思います。 なので私はこいつらがコンビ殿堂になるかなと思ってたのですが、まだこいつらのセットを相手しなきゃならなさそうですね。 ディメンジョンゲートや宝箱、次元の霊峰を避けて二人共盾にいることを祈りましょう。 最悪禁断の封印の最後の方に残っててもいい。 とにかく来るな。 逆転くらいさせて? 感想:1人ずつでも揃ったら意味なくない? 超次元ガロウズ・ホール 絶対強い!って出た当初からずっとガメてたら殿堂入りしました。 15個くらいデッキができるよやったね! 正直なんで死んだんだろう感溢れる一人。 強いて言うなら面白くないからかなぁ。 とりあえずでこれとダイスべガス入れれば守れると思ってやがる。 なめとんのか。 そのついでに出てきた勝利セイめちゃくちゃ強いんだぞ。 といった具合にこれとダイスべガスを入れとくのがまるいっていう風潮が蔓延しているのでデッキの多様性をうんちゃらするために規制されたんじゃないかな。 じゃあダイスべガスから波壊GO使いますね。 fin. って感じだけどね。 感想:売り時を逃して少し悲しい。 真・龍覇 ヘブンズロージア なんか死んじゃった人。 おいおいマジかよ。 ロージアダンテの中核を担ってたけどこれのせいで解散しかねない勢い。 まあ新しいダンテが出来るだけやんな。 雑強デッキ再びだよ。 は頭が良い方のカードゲームなので、流石に主人公や主要なキャターが使ったカードや、世界のストーリーにおける主要なカードはあんまり規制しないんじゃないかなーと思ってたのでとってもびっくり(無論ボルバルザークみたいなのもいるので一概に規制しないわけではない)。 ロージアダンテばっかりいて面白くないから、ってことで何かしら触るんだろうなぁ、でも特に潰すべきポイントもないしなぁ、って思ってたらど真ん中ぶち抜いてきやがったから笑う。 確かにミルストップとかコアクアン潰すのはとばっちりにもほどがあるしなぁとかも思ったけど、あ、そこなんすかって感じ。 これで鬱陶しいロージアダンテともおさらば…ところがどっこいサッヴァークだ。 サインサッヴァークで除去しつつダンテで後続を断つ美しい流れ。 相手たらブチギレ案件でございます。 またリバイヴホールから勝利セイを出してお茶を濁してからダンテに繋げるというのも中々ムカつくムーブ。 流石最強のドラゴン勝利のセイカイザーだ。 死ななくていいからもう少し控えめに活動してくれ。 あとロージアが死んだことで、ヘブンズヘブンを設置できなくなり、ネオエンドとかゼンアクを踏み倒すという一芸もあんまり見なくなるのは悲しいかもしれません。 セイントローズでやろっか。 感想:なんか死んだけどダンテを使う型が新しくなるのでやむなしなのかしら? 以上、殿堂入りした人達ありがとう会でした。 私も過去に使ったことのないカードはないようなカード達だっただけに使う機会が減るのは悲しいです。 しかしその分デュエマは新しいカードが作られて、もっともっと面白いゲームになるかと思います。 来年度も更に楽しくデュエマができることを期待しています。 でもサソリループはめんどいからやめない?ジャバランガとかなんで出したなんて言いたくないよ? revent723.

次の

殿堂レギュレーション

殿堂 入り デュエマ

殿堂入 でんどうい り [ ] あるを、1つのに1枚しか入れられなくするという公式ルール。 その時期のにおいて大きな影響を及ぼしているカードには、この措置が取られることがある。 要するに「デッキの自由度をなくしてしまうほど強すぎたために公式大会での使用を制限された」というカードたちであり、いわゆる「制限カード」と呼ばれることもある。 2019年12月12日にて、「はバトルゾーンに1セットしか用意できない」というルール改定が行われたため、この3枚の「殿堂入り」は名誉称号の意味合いを除くと、無意味な称号となっている。 逆には、カードでないにもかかわらず、自身の能力で1枚しか入らないようになっている。 また、殿堂入りよりも重い措置としてがあり、これに指定されたカードは1枚もデッキに入れられない。 殿堂入りの改正は、基本的に公式サイトや、次世代WHFなどの大型イベント会場で告知されるが、2019年6月以降、コロコロ生配信で発表されることが多い。 現在の殿堂入りカード一覧 [ ] 2004年3月15日 [ ]• 2007年11月15日 [ ]• 2008年4月15日 [ ]• 2008年10月15日 [ ]• (2009年4月15日付でを経て2016年2月1日付で再び 殿堂入りに降格)• 2009年4月15日 [ ]• 2009年12月19日 [ ]• 2010年5月15日 [ ]• 2011年1月15日 [ ]• 2011年7月23日 [ ]• 2012年3月15日 [ ]• 2012年8月11日 [ ]• 2013年6月22日 [ ]• 2014年3月15日 [ ]• 2014年5月24日 [ ]• 2015年3月14日 [ ]• 2015年6月15日 [ ]• 2015年9月19日 [ ]• (2007年1月15日付でした後に降格) 2015年12月15日 [ ]• 2016年12月16日 [ ]• 2017年7月8日 [ ]• 2018年3月1日 [ ]• 2018年7月14日 [ ]• 2019年3月1日 [ ]• 2019年7月1日 [ ]• 2019年12月20日 [ ]• 2020年7月1日 [ ]• かつての殿堂入りカード一覧 [ ] 2004年3月15日 [ ]• (2011年1月15日付でに昇格)• (2016年2月1日付で)• (2019年1月21日付で) 2004年12月15日 [ ]• (2011年1月15日付でに昇格) 2005年7月15日 [ ]• (2008年10月15日付でに昇格)• (2006年3月15日付でに昇格) 2006年3月15日 [ ]• (2007年1月15日付でに昇格)• (2007年1月15日付でに昇格) 2006年4月15日 [ ]• (2007年11月15日付でを経て2016年2月1日付で) 2008年4月15日 [ ]• (2016年2月1日付で)• (2016年2月1日付で)• (2009年12月19日付でに昇格)• (2009年4月15日付でに昇格)• (2009年12月19日付でに昇格)• (2020年7月1日付で) 2009年4月15日 [ ]• (2012年3月15日付でに昇格)• (2009年12月19日付でに昇格)• (2016年2月1日付で) 2009年12月19日 [ ]• (2010年5月15日付でに昇格)• (2017年1月30日付で) 2010年5月15日 [ ]• (2015年3月14日付でに昇格)• (2018年1月29日付で)• (2012年3月15日付でに昇格) 2011年1月15日 [ ]• (2016年2月28日付でに昇格)• (2016年2月1日付で)• (2019年1月21日付で)• (2012年3月15日付でに昇格)• (2020年1月1日付で) 2011年7月23日 [ ]• (2016年9月15日付で)• (2018年1月29日付で)• (2020年1月1日付で) 2012年8月11日 [ ]• (2016年9月15日付でに昇格) 2013年3月15日 [ ]• (2014年3月15日付でに昇格)• (2020年1月1日付で) 2013年6月22日 [ ]• (2020年1月1日付でに昇格) 2014年3月15日 [ ]• (2020年1月1日付で)• (2020年7月1日付で) 2014年5月24日 [ ]• (2016年2月1日付で) 2015年3月14日 [ ]• (2019年1月21日付で) 2015年6月15日 [ ]• (2016年2月28日付でに昇格)• 2019年7月1日付でに昇格) 2016年2月28日 [ ]• 2017年2月26日付でに昇格 2018年3月1日 [ ]• (2020年1月1日付でに昇格)• (2020年7月1日付で) 2018年7月14日 [ ]• (2020年1月1日付で) 2019年3月1日 [ ]• ただし1枚だけなので、デッキの核になるカードはからしたり、・、など使用法を工夫する必要がある。 やに埋まっている場合は、回収が難しい。 や、など、1枚制限になったことで運要素が強まったとしてかえって非難を受けるカードもある。 特には「先に引いたプレイヤーが勝ち」という状況を作っていた。 これらのカードのほとんどは後にになっている。 1枚になっては他にも存在するが、いずれもしている。 逆に1枚のみではほとんど、場合によっては全く機能しないカード(例:複数枚絡めることで初めて強力になる)は、デッキに入ることがほとんどないため、実質的に入りしたことと同じ扱いである。 殿堂指定される理由は「強すぎる」からだが、そう判断される要素はカードによって異なる。 特にゲーム性を損なうような強さの場合は殿堂入り、もっと言えばになりやすい。 殿堂入りしているカードは、その強さの方向性によって大きく以下のタイプに分かれると言えるだろう。 またここに示した分類のうち複数に当てはまるようなカードも存在する。 1枚で膨大なを生み出す• 対処が困難な• など 強力な• 低コストの• 強力で使いやすい• 強力な• 強力な• 試合を大きく優位にする• が高く、コストの割に強力な持ち• 強力な系の能力• 特定のカード、デッキと異常にする• 現在全て• その他 [ ]• 殿堂入りの目的は主にの淘汰、弱体化だが、大会ではまず見かけないようなもその煽りを受けてしまうことがある。 しかし、そのような事態もカードゲームを続けていくに当たっては仕方のないことである。 規制をかけられるほど強い殿堂入りカードも、やの変化によって、弱体化することはよくある。 そうしたカードの中には、という措置が取られ、再びデッキに4枚投入できるようになることも。 殿堂入りと言う名目上、長い間は行われてこなかったが、に入ってからはの殿堂入り格下げを皮切りに施行されるようになる。 基本的に「強すぎる」カードが殿堂入りに指定されるわけだが、やのように、明らかにデッキに4枚投入しても問題ないようなカードが殿堂入りになることもある(後にこの2枚はされている)。 このはとにおいて適用されるものなので、それら以外の時に対戦する場合ではこれらのカードがデッキに複数枚入っていても問題はない。 ただし、当然ながらほとんどのはこのルールを遵守してデッキを組んでいるため、もしこのルールに対応していないデッキを使って対戦を申し込むのであれば事前に相手の了承を得ておくのが望ましい。 また、非公認大会であってもこのルールを適用する大会は多い。 事前のルール確認は必ず行うべきだろう。 「殿堂入りするくらいなら最初から作るな」という意見も多く聞かれる。 しかし、メーカーとしては拡張パックの売り上げのために少しずつ新しく出るカードの性能を上げていかなければならず、それが結果としてパワーカードの出現やにつながり、殿堂入りカードを生むことになっている。 また、後に出たカードとのやの増加によって突然強化されてしまうこともある。 どの道、殿堂入りカードはこれからも少しずつ増えていくだろう。 とは言え、殿堂入りにはを切り替え、ゲーム性の変化をもたらす作用もあるので、こちらは1枚制限で使われるということに意味もあり、単なる規制ととらえず好意的に解釈するのがよい。 殿堂入り施行当初は、では殿堂入りルール実施店舗と実施していない店舗が分かれていた。 もちろん実施していなかった店舗では相も変わらずが暴れ続けていた(>)。 現在はもちろんすべての・で殿堂ルールに準拠する。 上記の「特定のカード、デッキと異常にシナジーする」の枠の入るカードは殿堂入り当時、あまり環境で活躍していなかったという点はある。 これは次のエキスパンションと組み合わせることで凶悪化するということから予め殿堂入りしていると考えられる。 例えばは殿堂入りした当時は「何故殿堂入りしたのか」と疑問の声が多かったが、の登場によりその原因が明らかとなった。 このように「誰も予想できないような殿堂入りカード」を、から「」と呼ばれることがある。 はこの「ビックリ枠」の最たる例であるが、通常産のカードとしては9か月という異例の速度での殿堂入りであった。 で「1年先を見越してカードをデザインしている」とインタビューに答えていた記事もあるため、あまりにも早すぎるこの規制は波紋を呼んだ。 は2020年6月時点で唯一、全ての通常から1年未満でとなったカードが収録されているシリーズである。 発売から 275日で殿堂入りとなった• 発売から 294日で殿堂入りとなった• 3位はの 268日、4位はの 275日、5位はの 277日。 登場から殿堂入りまでの最長記録は(5849日)。 ほか(5485日)、(5484日)、(5362日)、(4761日 と続く。 プレミアム殿堂に指定されることを「温泉行き」「温泉送り」などとも呼ぶことから、殿堂入りに指定されることを「足湯」と呼ぶことがある。 では「スーパースター(即ち)はに1枚ということ」と例えられているが、実際にはというよりはの潤滑油的な存在のカードが大半を占める。 参考 [ ]•

次の

【デュエマ】殿堂入り 解除に《不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー》。《紅蓮の怒 鬼流院 刃》《偽りの名 ゾルゲ》がプレミアム殿堂コンビ解除とあのフラゲ通りの展開に?

殿堂 入り デュエマ

このクリーチャーに封印を3つ付ける。 (カードを封印するには、自分の山札の上から1枚目を裏向きのままそのカードの上に置く。 コマンドがバトルゾーンに出た時、その持ち主はそれと同じ文明を持つ自身のカードから封印を1つ、墓地に置く。 そうしたら、相手のクリーチャーをすべてタップする。 自分が勝ったら、次のうちいずれかひとつを選ぶ。 ・V(ビクトリー)を持つクリーチャーを1体、またはコスト10以上のクリーチャーを1体、自分の手札からバトルゾーンに出す。 ・自分の山札を見る。 その中からV(ビクトリー)を持つクリーチャー1体、またはコスト10以上のクリーチャーを1体選び、相手に見せてから自分の手札に加える。 その後、自分の山札をシャッフルする。 W・ブレイカー 《セブンス・タワー》.

次の