中谷美紀 ドラマ。 中谷美紀の学歴は?英語やフランス語もペラペラで夫はドイツ人!

中谷美紀ドラマ&映画おすすめランキング65選【2020最新版】

中谷美紀 ドラマ

中谷美紀のプロフィール 本名:中谷 美紀 なかたに みき 生年月日:1976年1月12日(2019年9月時点で43歳) 出生地:東京都 身長 160cm 血液型 A型 俳優女優さんは意外と本名と同じ芸名で活動してることが多いのでしょうか?つい先日記事にまとめた渡辺謙さんも本名で活動しているみたいです。 中谷美紀の生い立ち 中谷美紀さんは東京都東村山市というところで育っています。 東京都で「村」?と付くのでどんな田舎だろうとおもって調べてみましたが都会っていうわけでもなく田舎というわけでもない、ベットタウンとして好評な街と説明されていました。 名前に「村」入っているだけで立派な市でしたw 中谷家の家族構成は両親と中谷美紀さんそして妹二人と弟一人の6人家族で4人兄弟!磨き上げられた長女ってわけですねwそういわれて中谷美紀さんの顔を拝見すると長女っぽいオーラが漂ってきますw ちなみに実家は八百屋さんだそうですよ。 小学校は地元の公立校・東村山市立化成小学校へ通い、中学校も地元の東村山市立第七中学校へ通っていたそうです。 そして中学校3年生ごろでしょうか?15歳のときにスカウトされて芸能界へ入ることになります。 高校は都立代々木高校へ通っていました。 今はない高校なのですがここは芸能人が多数通っていた高校でした。 SMAPの木村拓哉さんや中居正広さん、他にも浅野温子さんなども通っていたようですね。 高校生の頃の芸能活動は桜っこクラブさくら組というグループでアイドル歌手として活動していたようです。 どれが中谷美紀さんでしょうか?わからないので見つけた人はコメントで教えてくださいw 高校を卒業するころには一つ屋根の下に出演し、女優デビューを果たします。 中谷美紀の若い頃のドラマ映画出演作品まとめ 中谷美紀さんの昔の写真をまとめました。 パート2も1997年に放送されています。 主演は江口洋介さん。 ほかにも福山雅治さんや酒井法子さん、いしだ壱成さんなど豪華キャストが出演しています。 1994年ドラマ『横浜心中』に出演 『横浜心中』は1994年1月から日本テレビで放送されていたドラマで主演は佐藤浩市さん。 その妹・上條若葉役を中谷美紀さんが演じています。 他にも鷲尾いさ子さんや、小松千春さん、清水ミチコさんなどが出演しています。 1995年映画『BeRLiN』に出演 1995年に公開された日本映画でキョーコ役を中谷美紀さんが演じています。 中谷美紀さんにとって映画で初の主演だったようですね。 左側に写っているのは同じく主演の永瀬正敏さんでしょう。 ほかにもダンカンさんや、山田辰夫さんなどが出演しています。 1996年ドラマ『俺たちに気をつけろ』に出演 「俺たちに気をつけろ」は1996年4月から放送されていたドラマです。 盗賊の男女三人が葛藤するコメディ&サスペンスドラマ。 画像に写っているのは左から袴田吉彦さん、保阪尚輝さん、中谷美紀さんですね。 ほかにも荻野目洋子さんや永島敏行さんなどが出演している作品です。 1997年ドラマ『恋のためらい』に出演 1997年10月からTBSで放送されていたドラマで中谷美紀さんの他にも竹中直人さん大竹しのぶさん、鈴木杏樹さんなどが出演していました。 1998年映画『リング』シリーズに出演 1998年から始まったリングシリーズは日本ホラー映画の代表作といっても過言ではない作品ですね。 テレビ画面の古井戸から貞子がはい出てくるシーンは知らない人の方が少ないんではないでしょうか? 中谷美紀さんは高野舞役を演じていて『リング』よりも『リング2』や『らせん』などで重要人物として出てくるようです。 映画リングには松嶋菜々子さんや、真田広之さん、竹内結子さんなどが出演しています。 1998年ドラマ『織田信長 天下を取ったバカ』に出演 1998年3月にTBSで放送された織田信長の青年時代を描いたスペシャルドラマです。 中谷美紀さんは濃姫役で織田信長役がSMAPの木村拓哉さんでした。 当時木村拓哉さんは時代劇初出演ということで話題になりました。 他にも筒井道隆さんや、麻生祐未さん、永島敏行などが出演していたようです。 1999年ドラマ『ケイゾク』に出演 1999年1月からTBSで放送されていたドラマで迷宮入りした事件を解決しようと奮闘する刑事のドラマで中谷美紀さんは主演を務めています。 画像に写っているのは同じく主演の渡部篤郎さんですね。 他にも竜雷太さん、生瀬勝久さん、鈴木紗理奈さんなどが出演していました。 2000年ドラマ『永遠の仔』に出演 2000年4月から日本テレビで放送されていたドラマで。 養護施設で育った3人が過去の虐待などのトラウマと葛藤しながら生きていくお話しです。 画像に写るメインキャストは左から椎名桔平さん、中谷美紀さん、渡部篤郎さんです。 ほかにも石田ゆり子さん、森本レオさん、あき竹城さんなどが出演しています。 2000年映画『カオス』に出演 2000年に公開された映画で内容は文字通り「カオス」の一言。 その中で中谷美紀さんは美人妻を演じています。 ほかにも萩原聖人さん、光石研 みついし けん さんなどが出演しています。 2000年ドラマ『真夏のメリークリスマス』に出演 2000年10月からTBSで放送されていたドラマです。 上の写真で中谷美紀さんの左横に写るのは竹野内豊さん。 若いですね! 他にも三浦春馬さんや、加藤あいさん、杉本哲太さんなどが出演しています。 2001年ドラマ『R-17』に出演 2001年4月テレビ朝日で放送されていたドラマで援助交際、薬物などの問題を取り上げ作品で中谷美紀さんはスクールカウンセラーの役を演じています。 画像左に写るのは学生役の石垣佑磨さんです。 まだこのころはちょっとした役だったんですね。 他にも桃井かおりさんや、田辺誠一さんなどが出演しています。 2003年映画『壬生義士伝』に出演 2003年に公開された時代劇映画で みぶぎしでん と読みます。 中谷美紀さんは「ぬい」という女性の役を演じました。 中谷美紀さんはこの映画で日本アカデミー賞助演女優賞ノミネートという名誉ある賞を受賞しました。 凄いですね! 他にも中井貴一さんや佐藤浩市さん夏川結衣さん山田辰夫さんなどが出演しています。

次の

中谷美紀×池田エライザ、蜷川実花監督が贈るNetflixドラマ『Followers』

中谷美紀 ドラマ

きょう21日からの初回放送に先駆けて、主演の中谷、自身の実体験を生かして本作を企画した栗原美和子プロデューサー(共同テレビ)、脚本を担当した氏が登壇するトークイベントが都内で開催された。 トークテーマは「働く女性」。 ドラマは、大手総合商社に勤めるシングルマザー・海原晴(中谷)が一般常識やことなかれ主義にとらわれることなく、経営企画部・部長補佐として膨大な各部門や系列会社の諸問題を解決するために奮闘する姿を描く。 ほかに、、、、、忍成修吾、山中崇、加治将樹、渡辺邦斗などが出演する。 栗原プロデューサーは、1987年にフジテレビ入社し、バラエティー番組を経てドラマ制作へ。 龍居氏とのコンビ作である『ピュア』『バージンロード』をはじめ、『ムコ殿』『人にやさしく』など、数多くのヒットドラマを手掛けてきた。 現在は系列の共同テレビでドラマ部部長を務めている。 龍居氏は、日活撮影所に入社後、テレビドラマのプロデューサーなどを経て、1995年放送のドラマ『星の金貨』(日本テレビ)で脚本家デビュー、栗原プロデューサーとのコンビ作以外にも『砂の器』(2004年、中居正広主演版、TBS)、『ストロベリーナイト』(10年、フジテレビ)などのヒット作多数。 テレビ東京のドラマは今回、初登板となった。 どうしても日本の男性はメンツを気にしますから、それを守ってあげないと。 まず相手をほめて、ラポール(相互の信頼関係)を築いた後に、言いたいことをさり気なく言って、最後にもう一回、相手をほめることを心がけています」と答えた。 栗原プロデューサーは「私がフジテレビに入社した87年は、男女雇用機会均等法が施行された翌年。 この新しい法律とともに生きてきました。 私が入った時はドラマの現場に女性スタッフがほとんどいなかったんですけど、いまはすごく増えましたね。 でも管理職となると、まだまだいません。 私も、週に1回ある部長会議では紅一点なんです。 ほかは全員スーツ族。 龍居氏は、現在は「ひたすら一人で仕事している」フリーの脚本家だが、「日活に勤めていた頃の映画会社はバリバリの男社会。 『おい、そこの女』みたいな扱いをされるところからスタートした」と、会社員時代を振り返った。 「そんな男社会でどうやって生きてきたか。 私は、入社当初から『へたに下手(したて)に出たら損する、あくまでも自然体でいこう』と、自分で決めた覚えがあります。 お茶くみもやりましたし、こき使われもしましたけど、それからしばらくして、後輩の男性が私のことを恐いと思ったのか、自分から率先して、お茶くみをしてくれたり、コピーをしてくれたり、するようになりましたね。 そういう雰囲気作りが私はできたんですが、人それぞれあると思うので、自分が無理をしないことが一番だと思います」と、アドバイスを送った。 栗原プロデューサーも概ね同意見。 「私も、男性の方ができることは男性がやったらいい、女性の方が得意なことは女性がやったらいい、と思っていたのでそうしていました。 重いビールケースは男性が運べばいいし、お茶はたぶん私の方が上手だと思うので入れていました」。 さらに、龍居氏は「楽しく仕事をすることは大切なことだと思います。 それでもどうしていいかわからなくなった時には、私自身もそうするんですけど、逃げていいと思います。 逃げましょう。 自分を守ることを考えましょう。 それがもしかしたら、新しい、楽しいことを見つけることにもなるかもしれないので、逃げながら頑張りましょう」と励ました。 イベントのしめくくりに中谷は「ハルを演じることによって、ものすごく前向きな気持ちで、お芝居ができています。 それは栗原さんがいままで築いてきたものをバトンのようにいただいて、龍居さんが書いてくださったせりふと一緒に私自身も成長できているからだと思います。 これまでの人生でいいことも悪いこともあったし、これからの人生でもあると思うけど、男女問わず、仕事は楽しく、やり続けていただけたらと思います」と語り、ドラマの視聴を呼びかけていた。

次の

中谷美紀

中谷美紀 ドラマ

俳優の大沢たかおが主演し、2009年10月期と2011年4月期に放送されたドラマを再編集した『JIN-仁- レジェンド』(TBS系)が2日に放送され、中谷美紀演じる野風の出産シーンに「号泣」「涙出る」「涙なしには見られない」などの反響が集まった。 『JIN-仁-』は、江戸時代末期へタイムスリップしてしまった脳外科医・南方仁(大沢)が、医術を通して坂本龍馬(内野聖陽)らと交流を深めながら、支えとなる橘咲(綾瀬はるか)や花魁・野風(中谷美紀)らと共に幕末の動乱に巻き込まれていく壮大なヒューマンストーリー。 2日は、2011年に放送されたパート2より第4話~第8話の5つのエピソードが編集され放映された。 出産を控えた野風のお腹の子が逆子であるとわかり、仁と咲たちは逆子を戻そうと試みる。 だが、野風の陣痛が始まり15時間が経過した頃、お腹の子どもが横向きになり、片手だけが出てきてしまう。 母体の衰弱も激しく、仁は出産を諦め野風だけでも命を救おうと決める。 しかし仁の決意を知った野風は「腹を切っておくんなんし!」と直訴し、赤ちゃんの身体への影響がない麻酔なしの帝王切開を要求。 ためらう仁に対して、野風は涙ながらに「どうかあちきの夢を奪わないで!」と声を上げると、そばにいた咲も「帝王切開をいたしましょう!」と進言する。 野風の揺るぎない決意と咲の言葉に押された仁は麻酔なしの帝王切開に挑む。 仁が腹にメスを入れると野風は言葉にならない声をあげ苦悶の表情を浮かべる。 仁が意を決して手を入れ赤ちゃんを取り出そうとすると、野風は身をよじりながら痛みに耐え絶叫。 野風に扮した中谷の鬼気迫る熱演に、ネット上には「中谷美紀さんの演技力で号泣」「演技やばすぎて涙出る」「野風さんの出産 涙なしには見られない」などの声が殺到した。 壮絶な手術を終え、念願の出産を果たした野風。 放送終了後も凄惨な出産シーンに挑んだ中谷への賞賛が相次ぎ、ネット上には「演技がめちゃくちゃすごかった」「美しすぎる。 気迫も凄い」「演技が素晴らしすぎて震える」といったコメントも集まっていた。

次の