退職の挨拶 お菓子 マナー。 退職の挨拶時にお菓子(手土産)を配るときに注意すべき6つのポイント

センスに自信がない人も! 失敗しない退職時のお菓子選び|転職Hacks

退職の挨拶 お菓子 マナー

退職の際にお菓子(手土産)を渡すべきかどうか悩む方は多いと思います。 退職時にお菓子を用意するというルールはないものの、一般的には用意するという方が多いですし、用意しておいて損はありません。 お菓子を選ぶポイント、お菓子を渡すタイミングなど、退職時に用意するお菓子の注意点を6つ解説します。 特に、退職後は独立してフリーランスになるという方は、退職した職場の関係者から仕事を斡旋してもらうことが珍しくありません。 これから解説するポイントを押さえて、最終出社時に悪印象を残してしまうことのないように気をつけるとよいでしょう。 退職時にお菓子を用意するのはマナー? 一般的には退職時にお菓子を用意するのがマナーと考えている方が少なくないようです。 お菓子はあくまでもお世話になった方々への感謝の印を形にしたものなので、挨拶だけでも構いません。 退社に伴うお菓子の用意が絶対必要というわけではありませんし、お菓子を用意しなかったからといってマナーがなってないと非難されるわけでもありませんが、お菓子を用意しておくと退職の挨拶のきっかけが作りやすいですし、感謝の気持ちが伝わりやすいです。 少し打算が入ってしまいますが、同じ業界内で転職する場合、お菓子を渡すことで多少印象が良くなるので、次の仕事での関係性が円滑になるという効果も期待できます。 絶対的なマナーではないですが、それほどの費用がかかるものではありませんし、お菓子を用意しておいて損はないでしょう。 お菓子を渡す相手の範囲 中小企業の場合 10〜20人ほどの小さな会社でしたら、全員に行き渡るように用意しておいた方がいいでしょう。 仕事であまり関わることがなかった他部署の方もいると思いますが、10〜20人分のお菓子ならそれほどお金もかかりません。 お菓子を渡す人と渡さない人を分けてしまうと、渡されなかった人があまりいい気持ちにならないので、人数分用意するのが無難です。 大企業の場合 では、もっと大きな会社の場合はどの範囲まで用意すればいいのでしょうか? 大きな会社の場合、基本的には自分の所属していた部署だけで充分ですが、他部署にお世話になった方がいる場合は、その方にも用意します。 他部署を含めて全員分用意するのは予算的に厳しいですし、関わりが少なかった部署もあると思うので、自分が関係していた部署や人に限定して渡すと考えて大丈夫です。 特にお世話になった上司、プライベートでも親しくしていた同僚には、別途贈り物を用意してもよいでしょう。 その場合は会社では渡さずに、ランチやディナーに行ったときなど、個別に渡すようにしましょう。 退社時にみんなの目に見えるところで渡すと、渡されなかった人が不快に思うかもしれないためです。 お菓子選びのポイント ポイント(1)金額は3,000円前後が妥当 お菓子の金額は渡す人数や予算にもよるので難しいところですが、10~20人位の職場であれば3,000円前後の菓子折りを買えば十分でしょう。 3,000円前後ならそこそこの菓子折りが買えますし、お店で包装してもらえば見栄えも良くなります。 しかし、渡す人数が多い職場だと3,000円では足りなくなるかもしれません。 無理に関係者全員に行き渡るようにすると、何万円もかかってしまうケースもあるでしょう。 退職時のお菓子は必須ではありませんし、全員に渡さなければならないというわけでもありません。 予算が厳しい場合は角が立たないように特にお世話になった人だけに渡したり、小さめで数がたくさん入ったお菓子を選んだりするなど、財布と相談しながら予算を考えましょう。 ポイント(2)個包装してあるお菓子 個包装していないお菓子だと、配ってからの日持ちがせず、その場で食べなければならなくて不便です。 また、休暇中の人や外出中の人に渡すのにも困ります。 そうした点をふまえ、個装してあるお菓子を選ぶのがベストです。 ポイント(3)菓子折りは人数を確認してから買う 菓子折りに入っている個数と渡す人数は必ず確認しておきましょう。 個数が足りていないと食べられない人が出てきてしまいます。 ポイント(4)賞味期限が長めのお菓子を選ぶ 賞味期限が1日2日のお菓子だと、2、3日休みをとっている人や忙しくて食べる暇がない人が食べられずに賞味期限が過ぎてしまいます。 賞味期限はできるだけ長いものを選ぶ方が親切です。 まとめ 退職時のお菓子は感謝の気持ちを伝えるための手段に過ぎません。 本当に大事なのは、言葉と態度で感謝の気持ちを伝えることです。 表面的な形式にばかり気をとらわれず、退社時にはまごころを込めた挨拶をしてください。 ITエンジニア・Webクリエイターの転職ならレバテックキャリア レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア・クリエイターを専門とする転職エージェントです。 最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。 一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。 また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。 キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。 お気軽にご相談ください。

次の

退職の挨拶9パターン!感動スピーチ例文(朝礼,転職,寿など)

退職の挨拶 お菓子 マナー

退職の挨拶と共に菓子折りを持って、一人一人に挨拶をして回るのが、社会人としての一般的なマナーという事が、把握できたと思います。 では次に、菓子折りの選び方・渡し方のポイントについて紹介していきますので、みていきましょう。 退職時に渡す菓子折りの相場は3,000円くらい 退職時の菓子折りを選ぶ時に気になるのが、選ぶべき菓子折りの相場についてだと思います。 企業の社風などによって異なりますが、菓子折りの相場は3,000円くらいが妥当な金額と言われているようなのでおすすめです。 高すぎず、安すぎずという点においては3,000円くらいが妥当だと言われる理由でしょう。 退職時に渡すお菓子は「個装・金額・数・賞味期限」に注意 退職時に持っていく菓子折りを選ぶ際に、気を付けたいポイントは「個装・金額・数・賞味期限」の4つです。 自分の部署の従業員全員にお菓子が確実に行き渡るように、実際の人数に合わせて菓子折りを選びましょう。 また、金額に関しては気持ちが伝わればいいと思いますが3,000円程度がおすすめです。 基本的には、全員一律の金額のもので問題ないでしょう。 さらに、菓子折りが個別で包装されていて、賞味期限も出来れば長く持つものであれば尚良いでしょう。 こういった気遣いも退職の挨拶として大事なマナーです。 最終出勤日は必ず"全員"の予定を把握しておくべき 最終出勤日は、退職挨拶をすべき人たちの予定を、きちんと把握しておくべきでしょう。 そうでないと、最後に挨拶ができないまま去ることになってしまいます。 営業職など外に出る機会が多い人たちは特に要注意です。 社内にいる人たちについては、午後から夕方にかけての時間に挨拶に伺うのが一般的なマナーとされています。 帰る時間帯ですと、バタバタしてしまったり、焦らせてしまう可能性もあるからです。 気持ちを伝えるには一人一人に直接お菓子を渡しながら、お礼を伝えることです。 ただ、会社によって、個別の挨拶が難しい場合は、上の人に菓子折りを渡して「皆さんでどうぞ」と挨拶しましょう。 退職の挨拶周りでお菓子を渡すときに「のし」は付けるべきなのか 退職時の挨拶周りで菓子折りを渡す際に、悩むもう一つのポイントとして「のし」をつけるかどうかという問題があります。 退職時の挨拶周りで菓子折りを渡すときに「のし」を付けるのは一般的なのでしょうか。 退職時に菓子折りを持って挨拶する際は「のし」を付けなくても良い 退職時の挨拶として渡す、菓子折りの「のし」は付けても付けなくてもどちらでもいいようです。 必ずのしが必要という訳ではない、という知識を頭にいれておき、個人の判断で社風に合わせた対応をすればよいでしょう。 一般的には、退職時の挨拶周りで渡す菓子折りに「のし」をつけるのはあまり見かけない光景であり、「のし」を付けるよりも一人一人に挨拶をして周る方が丁寧な印象を与えるようですよ。 どうしても「のし」をつけるなら「御礼」が無難である 上記で、退職時に菓子折りを持って挨拶する場面では「のし」がなくても大丈夫と説明しましたが、どうしてもお世話になった想いを伝えたいもしくは、その会社の風潮的にそうせざる得ないケースもあります。 そんな場合は、のしに「御礼」と書いておくと無難でしょう。 メモ帳等にメッセージを書いたりするのがおすすめ 一人一人に何か伝えたいことがある様でしたらお菓子を渡すのと同時に、メモ帳等にメッセージを書いて渡してあげるのが良いでしょう。 退職の挨拶におすすめの菓子折り3選をご紹介 では、最後に退職の挨拶に持っていきやすい、定番でおすすめの菓子折りをご紹介します。 どうせなら、喜ばれる菓子折りの方が良いですよね?ここで紹介するおすすめリストをぜひ参考にしてみてください。 とはいえ、職場の人の好みは千差万別です。 自分でもっと良いお菓子を知っている場合は、そちらでもOKです。 賞味期限も180日と長く、お手頃価格ですよ。 12袋・18袋・36袋など、数量のバリエーションも豊富なのでおすすめです。 幅広い世代の人に人気のあるお菓子ですから、退職の挨拶と一緒に渡す菓子折りとしては鉄板です。 賞味期限は常温で60日程度と申し分なく、上品な甘さで高級感があるお菓子です。 甘いもの好きが多い会社では、こちらのお菓子は喜ばれることまちがいなしでしょう。 お菓子好きなら、一度は食べた経験があるかもしれません。 賞味期限は製造日より50日とこの中では一番短めですが、量が多いので大人数に挨拶しなくてはならない場合にも、対応できる一品といえるでしょう。 店頭ではいつも行列ができている大人気店の美味しいラスクは、おすすめの菓子折りです。 退職の挨拶に渡すおすすめの菓子折りは全員に行きわたる個数で賞味期限の長いものを準備しよう 退職の挨拶におすすめの菓子折りの選び方と、渡す際のマナーについて紹介してきました。 退職は挨拶が大事ですが、お菓子を渡すのも大切な慣習となっている企業が多いでしょう。 退職の挨拶は、これまでお世話になった感謝の気持ちを伝え、気持ち良く送り出してもらうためのビジネスマナーです。 皆に喜んでもらうには、やはり美味しく食べやすい菓子折りを選ぶべき。 退職時、最終出勤日にはありがとうの気持ちを込めて、一人一人にお菓子を手渡しながら、しっかりと目を合わせて最後の挨拶をすることを心掛けてください。

次の

【退職の当日】挨拶回りのタイミング・マナーを確認しておこう

退職の挨拶 お菓子 マナー

退職メールはいつ送るもの? 退職が決まってから退職日まで、どのタイミングで退職の挨拶メールを送ればいいか、悩ましいところです。 社外向けと社内向けとではその意味合いもタイミングも違いますので、しっかり区別して用意しておきましょう。 退職を公表してもいい時期になり、社内に周知された後には、まず社外の人に退職のメールを送ります。 取引先などは引き継ぎなどのやり取りがありますから、 2~3週間前には伝えたいもの。 退職まであまり日がないタイミングだと、取引先に対して「最後まで仕事を全うしない人」とのレッテルを貼られてしまいます。 ちゃんと引き継ぎの期間を設けることで相手も安心しますし、不安材料や問題などがあれば解決する時間も取れます。 社内宛ての退職メールは、退職を報告するというより「最後の挨拶」に近いものになりますので、 最終出社日に送ることが一般的です。 勤務中ではなく定時が過ぎてから送るのがマナーという会社もありますし、1週間前にメールすることが慣例だという会社もあります。 会社特有の暗黙のルールがある場合があるので、ここは先輩方や今まで受け取った退職挨拶メールを参考にするのがよいでしょう。 社内向け退職メールのポイントと文例 大きな会社の場合、仕事でもプライベートでもあまり接点のない人もいるでしょう。 そういう人には一斉メールでもかまいません。 この場合、送るときは一斉送信の一覧がわからない 「Bcc」に送付先を入れましょう。 件名は「退職の挨拶」とし、件名だけで用件がわかるようにします。 退職理由は「一身上の都合」が基本。 細かく書かないことがビジネスメールでのルールです。 出産や結婚などのおめでたい理由の場合は、書いてもよいでしょう。 また、可能であれば、今後の連絡先を添えておくのも円満退職の秘訣です。 残った社員にとっては、今後の連絡先が全くわからなくなるのは寂しいもの。 私用の連絡先があることで、「会社は辞めるけど、会社の人とは今後もお付き合いしたい」という気持ちがこもります。 仕事上でお世話になった人や関わりの強い人に対しては、必ず個別に送るようにし、文面にもその人とのエピソードや思い出など一文を入れると心がこもります。 送別会をしてもらったり、記念品をもらったりした場合は、ここでお礼を入れるのもいいでしょう。 親しかったとしても、退職の挨拶メールで 会社の愚痴や苦言などを入れるのはご法度です。 メールは相手が削除しない限り、文書として残ります。 「立つ鳥跡を濁さず」を肝に銘じて、クリーンな印象でお別れをいいましょう。 このたび、一身上の都合により8月末で退社することになり、本日が最終出社日となりました。 本来ならば直接ご挨拶をすべきところ、メールでのご挨拶にて失礼いたします。 在職中はたくさんの方々にお世話になり、本当にありがとうございました。 業務を通して多くの方々と関わり、さまざまなことを学ばせていただきました。 壁にぶつかるたびに、皆様からあたたかい叱咤激励のお言葉をかけていただき、本当に感謝しております。 この会社で学んだこと、経験のすべてを、今後も活かしていきたいと思います。 今後の連絡先は下記になりますので、何かありましたらこちらへご連絡をいただけると幸いです。 メール:xxx xxxxx 携帯:xxx-xxx-xxx 最後になりましたが、皆様のさらなるご健勝とご活躍をお祈り申し上げます。 今まで、本当にありがとうございました。 社外向け退職メールのポイントと文例 前述したとおり、社内へ送る退職メールと社外へ送る退職メールは意味合いが違います。 社外には会社の信用を損ねないこと、不安や不満を残さないことが鉄則です。 その為にも退職するあなた自身の信頼を守ることが大切です。 具体的なポイントは3つ 退職日は明記すること。 退職日が1週間後なのか、1か月後なのかで先方の優先順位も変わってくるので、必ず明記しましょう。 次に、 後任者や引き継ぎについて明記すること。 後任者と一緒に直接挨拶に行くのがベストですが、それができない場合はメールの中で名前を伝えておくことが大切です。 後任や引き継ぎについて何も書かれていない退職メールは相手に不安を与えますし、今までどんなに誠意を持って仕事をしていたとしても、一瞬で信頼関係が崩れてしまうでしょう。 最後に、社内メールと違い、社外宛ての退職メールには 私用連絡先などは書かないことが大切です。 あくまで今までのお付き合いは会社を通しての関係なのでここは一線を引いておきます。 転職先や、退職理由などを書くことも、会社やあなた自身の信用を損ねる原因となりますから気をつけましょう。 ここにあらためてお礼を申し上げます。 本来なら直接お伺いしてご挨拶すべきところですが、メールでのご連絡となりましたことをお詫び申し上げます。 上司向け退職メールのポイントと文例 上司への退職の挨拶メールは、基本的には社内用メールと同じです。 ネガティブな内容は避けて、今までの感謝を伝える文面であれば大丈夫です。 ただ、一斉送信だと気を悪くする人もいるので、面倒でも一人ずつに宛名入りで送るといいでしょう。 一身上の都合により、本日を持ちまして、退職することになりました。 本来ならば直接ご挨拶をすべきところ、メールでのご挨拶にて失礼いたします。 今までの貴重な経験を今後の人生に活かして、励んで参りたいと思います。 末筆ではございますが、改めて皆様の長年のご厚情に深謝すると共に、皆様のご多幸とご健勝をお祈り申し上げます。 退職メールを受け取ったら返信するべき? 退職の挨拶メールを受け取った後の返信はどうすべきか、気を遣いますよね。 あまり難しく考えず、自分が退職する立場だったらもらいたい返信メールを心がけましょう。 返信は必須ではありません。 あまり仕事上で関わりのない人の場合は、スルーしても失礼には当たりません。 退職者は大勢の人に挨拶メールを送っていますから、ビジネスメールとしてはあえて返信しないのもマナーのひとつ。 親しい間柄の場合や、伝えたいことがある場合のみ返信しましょう。 ポイントは、お世話になったことへのお礼と、退職することに対しての残念な気持ち、最後に退職後の活躍や健闘を祈る言葉です。 退職する側もそうですが、ネガティブな言葉は避け、退職者が気持ちよく退社できるような言葉選びに気を付けましょう。 寂しい気持ちでいっぱいです。 一緒に仕事をさせていただいた経験は私にとって大きな財産となりました。 おわりに 退職を伝えるメールも、それに対する返信も、大切なのは今までお世話になったことへの感謝の気持ちです。 円満に退職することは、新しい生活を迎えるための必須条件です。 明るく爽やかに挨拶をして、美しい後ろ姿で次のステップへと向かいましょう。

次の