ズーム パソコン。 パソコンでZoomを始める!「インストールと入室方法」2020年版Zoom使い方⑫(在宅ワークWEB会議システム)

パソコンでZoomを始める!「インストールと入室方法」2020年版Zoom使い方⑫(在宅ワークWEB会議システム)

ズーム パソコン

Zoomは、アメリカの会社が作ったWeb会議システムです。 Zoom革命の田原真人は、オンライン教育プロデューサーとして、国内外の様々なオンラインツールを使ってきましたが、2015年にZoomと出会い、2016年に様々なアップデートを行ったことで、これまでに不可能だったことが次々と可能になり、初心者でも比較的簡単にオンラインイベントや、オンライン講座を実施できる環境が整いました。 そのため、2016年から、オンラインコミュニケーションや、オンライン学習、オンラインダイアログ、オンライン会議などは、次世代へ突入したと考えています。 Zoomには、次のような12個の特徴があります。 1)1クリックで接続 Web会議システムでミーティングやイベントを行うときに、アカウント登録なしで、1クリックで接続できることは、重要な要素になります。 例えば、スカイプでミーティングを行うときには、相手にスカイプIDを訪ねるところから始まります。 相手がスカイプIDを持っていない場合、アカウントを作成してもらわなければなりません。 相手がPCが苦手な場合などは、アカウント作成の方法を伝えたりすることで多くの労力を取られ、肝心のミーティング時間が削られてしまいます。 しかし、Zoomの場合は、相手にメールなどでURLを送るだけで大丈夫です。 相手がURLをクリックすると、全自動でアプリがインストールされてルームに繋がるので、面倒なセットアップが必要ありません。 これは、オンラインコミュニケーションをスムーズにする上で、非常に重要な要素となります。 2)1クリックで録画 オンラインイベントなどを実施するときに、欠席者への対応のためにセッションを録画する必要があります。 Zoomが登場するまでは、セッションの録画がとても大変でした。 カムタジアスタジオなどのスクリーンキャストソフトを別に用意して画面を録画するのですが、設定ミスで音声が入っていなかったり、途中でソフトが固まってしまったり、録画のトラブルもよくありました。 そのため、2-3人で録画する必要があるなど、とても気を使う作業でした。 しかし、Zoomが登場し、1クリックで録画できるようになったため、運営者の負担は大幅に減少しました。 また、Zoomにはクラウドレコーディングというモードがあり、この方法だと、録画の失敗はほとんどないのでとても安心です。 1クリックで録画できるというのは、たいへん画期的なことであり、Zoomによってはじめて可能になったものなのです。 3)高品質のビデオ&音声 スカイプなどでは、接続が悪くなり、音が聞こえにくくなったり、画質が粗くなったりすることがあります。 その経験をお持ちの方がZoomを使うとビデオチャットの画質の良さと音質の良さに驚きます。 画質は、相手の表情を読み取るためにとても重要な要素です。 音質は、相手の感情を読み取るためにとても重要な要素です。 また、Zoomは、音声の遅れ(ディレイ)がとても小さく、ストレスなく会話することができます。 4)ブレークアウトセッション ワークショップなどで、講師が話をしたときに、「では、3人ずつに分かれて、今のテーマについて話し合ってください」というように指示をすることがよくあると思います。 学習者中心の学びのデザインをする場合、グループ対話は不可欠です。 Zoomは、個人が購入できる価格帯のWeb会議室で、グループワークができる機能(ブレークアウトセッション)を実装した、おそらく初めてのツールです。 Zoomが登場したおかげで、オンラインの学びに「教える」から「学ぶ」へのパラダイムシフトを起こしやすくなりました。 これは、本当に画期的な機能です。 5)100人で接続しても切れない ZoomのBasicアカウントや、Proアカウントでは、100人まで同時に接続することができます。 アップグレードすることによって、最大1000名まで接続可能です。 70名ほどで同時接続しても安定しており、一人一人の表情の変化を読み取ることができます。 100名近くの参加者が、同じルームに集っている光景は圧巻です。 場所を関係なく、オンラインに集って、場を共有しているという感覚を抱くことができます。 みなさんも、ぜひ、その感覚を体感してみてください。 6)オンラインホワイトボード Zoomのオンラインホワイトボードには、参加者全員で書きこむことができます。 豊富なペンツールを備えており、表現力豊かに書きこむことができます。 PCにペンタブレットを繋いで書きこむと、字や絵を描きやすくなります。 また、iPadで接続すると、画面に指やスタイラスペンで書きこむことができるので、書きやすいです。 テキストを打ち込み、それらを移動させることもできるので、ワークショップで付箋を貼ってグルーピングしていくようなワークもすることができます。 もちろん、このホワイトボードを使って授業をすることもできます。 高機能オンラインホワイトボードが、あなたの可能性を広げてくれるでしょう。 7)デスクトップシェア&アプリケーションシェア Zoomのシェアスクリーンアイコンをクリックすると、いろいろなものをスクリーンに表示することができます。 デスクトップシェアは、PCの画面を共有するものです。 PCの画面を見せながら、操作説明するときに便利です。 アプリケーションシェアは、立ち上げているアプリケーションの画面をシェアするものです。 例えば、パワーポイントのスライドショーを共有すれば、プレゼンテーションをすることができます。 また、Excelを共有して、データを見ながら議論することもできます。 アプリケーションシェアでは、リモートコントロールでアプリを操作することが可能です。 例えば、AさんがExcelをシェアしているときに、別のBさんが、Aさんへリモートコントロールのリクエストを送り、Aさんがそれを受諾すると、Bさんは、AさんのPCのExcelを操作し、数字や文字を入力することができるようになります。 iPadやiPhoneの操作を、オンラインで説明したいときに、画面に表示させながら説明することができます。 また、iPadやiPhoneのアプリを立ち上げ、それを画面に表示させることができます。 iPadのiMovieで制作した動画を、そのまま流すことも可能ですし、アプリで制作したコンテンツを表示させることもできます。 9)通信データ量が小さい Zoomの通信データ量を独自に計測してみたところ、スカイプなどに比べてかなり通信データ量が小さい結果を得ました。 実際、スマホの3G回線でつないでも、画像や音声の乱れが小さくやり取りができます。 Zoomの通信データ量の計測結果については、こちらをご覧ください。 10)PC、タブレット、スマホから繋がる Zoomは、Windows,MacなどのPCからだけでなく、iPadやiPhone、アンドロイド、Linuxからも繋ぐことができます。 デバイスを選ばずに接続できるのも、Zoomの大きな魅力です。 11)UIが直感的で分かりやすい Zoomを使ってみるとすぐわかると思いますが、UI(ユーザーインターフェース)が分かりやすく、初めての人でも直感的に使うことができます。 アイコンが、画面の下に一列に並んでおり、それらの形を見れば、おおよそどのようなものなのかの検討をつけることができます。 12)アカウント料が安い 高機能のWeb会議室は、これまで非常に高価なもので、個人には手が届かないものでした。 しかし、Zoomが登場し、信じられないような価格で使用できるようになったことで、大げさな話ではなく、世界が変わりました。 これだけの機能を持ったWeb会議室を、月額14. 99ドル(約1600円)で使うことができます。 Zoomの使い方は、アイディア次第でいくらでも広がります。 個人や、小さい会社の可能性が、Zoomによって大きく広がりました。 Zoomについて、もっと学びたい方へ Zoomの使い方について、もっと詳しく知りたい人は、Zoom革命がこれまでに行ってきたセミナー動画で詳しく学ぶことができます。• リアルの会場とオンライン参加者をZoomで繋ぐハイブリッドセッションや、オンライン講座の開き方を動画で学びたい方はこちら。 Zoom活用についての個別のご相談は、こちらから承ります。 Zoom活用を実践するオンラインサロンに参加できます。 (1ヶ月の無料入会制度がありますので、気軽にお試し下さい。

次の

無料トライアル|Zoom×日商エレクトロニクス

ズーム パソコン

Zoomに参加するためのWEBカメラ(マイク付き) パソコンでZoomミーティングに参加するには、マイク・カメラ・スピーカーが必要です。 パソコンにそれらの機器がついていない場合、別途購入する必要があります。 また、雑音のひどいマイクなどを使っている場合も、別途買い替えたほうがいいでしょう。 Zoomでミーティングを行うのに、それほど高価なカメラやマイクは必要ありません。 安いものなら、2,000円ほどで購入でるので、故障したときのために2つ持っていてもいいですね。。 ということで、機器が揃ったら、いよいよZoomミーティングに参加しましょう!• この 1234567890 の部分は、9桁または10桁で、これがミーティングIDです。 そのURLをクリックすると、ブラウザが立ち上がり、Zoomがダウンロードされます。 ダウンロードされたファイルをクリックすると、インストールされます。 インストールが完了すると、自動でミーティングに参加します。 パソコンが、マイクやスピーカーを認識していれば、下の画面が表示されます。 「コンピューターでオーディオに参加」をクリックして下さい。 このようにミーティングに参加するには、初めてのときでさえ、4~5回のクリックだけで済みます。 2回目からは、招待されたURLをクリックするだけで、ミーティングに参加することができます。 実際にどんな感じでインストールされるのかを動画で見てみましょう。 メールで送られた招待URLをクリックして、Zoomをダウンロード。 ダウンロードされたファイルをクリックしてインストールすると、ミーティングに参加できるという、とても簡単な映像です。 自力でダウンロード&インストールを行う場合 招待URLをクリックせず、 自分でZoomをダウンロード・インストールしたい場合は、 このページの「 ミーティング用Zoomクライアント」をクリックします。 ダウンロードされたファイルを起動させて、インストールを完了させて下さい。 この場合、Zoomを起動すると、このような画面が表示されますので、「ミーティングに参加」をクリックして下さい。 次の画面で、ミーティングIDまたは、パーソナルリンク名を入力します。 名前は何でも構いませんので、入力します。 最後に参加ボタンをクリックすれば、ミーティングに参加できます。 iPadなどのタブレットで参加する時 Zoomアプリがインストールされていない場合は、まず、Zoom Cloud Meetings をインストールして下さい。 インストールが完了したらアプリを起動します。 「ミーティングに参加」もしくは、「Join a Meeting」と書かれたボタンをタップします。 ミーティングIDを入力し、必要なら名前も変更して、「参加」ボタンをタップします。 音声やビデオをオフにしてミーティングに参加することもできます。 iPhoneなどのスマートフォンで参加する時 Zoomアプリがインストールされていない場合は、まずZoom Cloud Meetings をインストールして下さい。 インストールが完了したらアプリを起動します。 「ミーティングに参加」もしくは、「Join a Meeting」と書かれたボタンをタップします。 ミーティングIDを入力し、必要なら名前も変更して、「参加」ボタンをタップします。 音声やビデオをオフにしてミーティングに参加することもできます。 タブレットやスマートフォンで招待URLをクリックしてミーティングに参加するには タブレットやスマートフォンにSMS、メール、LINE、Facebookのメッセンジャーなどで、招待URLが送られた場合は、それをタップするだけで、ミーティングに参加することができます。 例えば、Facebookのメッセンジャーに招待URLが送られると、このような表示になっています。 URLをタップすると「Messengerを閉じますか?」と聞かれるので、「次へ」をクリック。 「MessengerがZoomを開こうとしています」と表示されたら「開く」をタップします。 少し待つと・・・ 最初に一度だけ、名前の入力を促されます。 次回からは、ここで入力した名前が使われます。 「続行」をタップすれば、Zoomミーティングに参加できます。 指定されたミーティングを主催者が、まだオープンしていないときや、送られたミーティングIDが間違っているときには、手動でミーティングIDを入力すr画面が表示されます。 ただ、招待URLをタップして、「無効なミーティングIDです。 」と表示されてしまえば、どうしようもありません。 主催者に、正しいミーティングIDを確認して下さい。

次の

【登録不要】スマホでZoom(ズーム)会議に簡単に参加する方法!

ズーム パソコン

もくじ• Zoom(ズーム)とは? 何ができるツール? Zoom(ズーム)とは、アメリカのZoomビデオコミュニケーションズが提供する、WEB会議ツールのこと。 映像と音声を使って、オンライン上でWEB会議(WEBミーティング)を行うことができます。 従来であれば、会議のために全員が1つの場所に集まる必要がありましたが、Zoom(ズーム)を使うことによって、参加者がそれぞれ別の場所にいても、オンライン上で簡単に会議を行うことが可能になります。 お互いに顔を見ながらコミュニケーションすることができるため、リモートワークにおいても円滑なやり取りができる点が、大きなメリットの1つです。 Zoom(ズーム)を始めるために、何が必要? Zoom(ズーム)は、パソコンやタブレット、スマートフォンで利用できます。 映像と音声を使ってWEB会議に参加するため、必要になるのがカメラとマイク。 これらが内蔵されていないデスクトップパソコンなどを使う場合は、下記の3つを用意しましょう。 WEB(ウェブ)カメラ テパソコンに接続して、Zoom(ズーム)内に自分の顔を映します。 USBで接続できるタイプは2,000円前後で購入できる比較的安価なものも多く販売されています。 内蔵カメラが搭載されているノートパソコンなどであれば、別途用意する必要はありません。 イヤホン/スピーカー 音声を拾うためのマイクは、ノートパソコンやウェブカメラに内蔵されていることも多くあります。 ただし、周囲の音を拾ってしまうなどの理由で、相手が聞き取りづらくなってしまう場合は、ヘッドセットやマイク付きイヤホンの利用がオススメです。 Zoom(ズーム)は無料で使える? Zoom(ズーム)には、無料版と有料版がありますが、無料アカウントでもほとんどの機能を利用できます。 まずは、無料アカウントを作成して、実際にWEB会議を試してみましょう。 無料アカウントには、複数人でのミーティングは40分までなど、一部の機能に制限があります。 業務などで本格的にZoom(ズーム)を導入する場合は、さまざまな機能が使える有料版へのアップグレードを検討すると良いでしょう。 Zoom(ズーム)のアカウント作成とインストール手順 WEB会議に必要な機器がそろったら、Zoom(ズーム)公式サイトからアカウントを作成しましょう。 必要なものはメールアドレスだけで、いくつかの簡単なステップでアカウント作成が完了します。 上記の欄にメールアドレスを入力し、「サインアップは無料です」のボタンを押します。 届いた認証メール内の「アクティブなアカウントです」をクリックすると、上記の画面に遷移します。 入力欄に名前とパスワードを入力します。 「仲間を増やしましょう」と表示されるページはスキップして構いません。 上記の画面が表示されたら、「Zoomミーティングを今すぐ開始」をクリックします。 起動画面になったら、「Zoomをダウンロードして実行」をクリックします。 これで、アカウント作成からインストールまでが完了です。 Zoom(ズーム)は、初めてミーティングを開始もしくは参加する時にも、自動的にダウンロードが開始されます。 カメラやマイクの設定など、あらかじめ準備した上でスムーズに会議に参加したい方は、事前にインストールしておくことをオススメします。 手動でダウンロードする場合、から、「ミーティング用Zoomクライアント」をダウンロードすることも可能です。 Zoom(ズーム)の基本的な使い方 Zoom(ズーム)では、WEB会議を開催する方法が3つあります。 1:自身が主催者として、新たなWEB会議(ミーティング)を開催する方法 インストールしたZoom(ズーム)を開くと、上記の画面が表示されます。 左上の「新規ミーティング」をクリックすると、即座にミーティングが開始されます。 2:他の人が主催するWEB会議(ミーティング)に参加する方法 「参加」をクリックし、ミーティングIDまたは個人リンク名を入力すると、他の人が主催するミーティングに参加できます。 3:予定した日時にWEB会議(ミーティング)を開始する方法 「スケジュール」をクリックすると、WEB会議(ミーティング)の名称や開催日時などを設定する画面が表示されます。 毎週開催するような定期的なWEB会議(ミーティング)の設定にも便利です。 Zoom(ズーム)を、スマホから利用するには? Zoom(ズーム)はパソコン以外に、タブレットやスマートフォンでも利用できます。 iOS(iPhoneやiPad)とAndroidの両方に対応しています。 外出先など、パソコンを利用するのが難しい環境でも、スマートフォンを使ってWEB会議に参加できます。 スマートフォンにもアプリをダウンロードし、アカウントを連携しておくと良いでしょう。 iOSであれば「App Store」から、Androidであれば「Google Play」から、アプリをダウンロードできます。 アプリを起動すると、上記の画面が表示されます。 すぐにミーティングに参加したい場合は、「ミーティングに参加」をタップするとミーティングIDの入力画面に遷移します。 新たにアカウントを作成する場合は「サインアップ」、すでに作成したアカウントでログインしたい場合は「サインイン」をタップします。 パソコンとスマートフォンを連携して利用したい場合は、作成済みのアカウントと同じものでログインしましょう。 ログインすると、上記の画面になります。 上部に表示されている「新規ミーティング」「参加」「スケジュール」などは、それぞれパソコンでの利用にあたって説明したものと同じ機能です。 Zoom(ズーム)の便利な機能 Zoom(ズーム)は、WEB会議を行えるだけでなく、その他にもオンライン上でのミーティングを快適に行うために役立つ便利な機能が多くあります。 例えば、ミーティングの議事録などに活用できる録画・録音機能、文字で伝えたい時に使えるチャット機能、画面を見せながら説明できる画面共有機能、リアルな会議室のように文字をメモしながら進められるホワイトボード機能など、さまざまなものがあります。 オンライン上でのミーティングに慣れてきたら、ぜひこれらの機能も使いこなしていきましょう。 まとめ オンライン上で複数人でのミーティングを行うことができる、WEB会議ツールZoom(ズーム)の始め方についてご紹介しました。 Zoom(ズーム)を始めるためには、カメラやマイクなど機器の準備が必要となる場合がありますが、アカウント作成やインストールの手順はとても簡単です。 パソコンに限らず、タブレットやスマートフォンでの利用もでき、アカウントを連携させることも可能です。 また、WEB会議をスムーズに行うための、機能も充実しています。 在宅勤務などテレワークを取り入れるにあたって、ぜひ導入を検討したいツールの1つと言えるでしょう。

次の