ウッチャン 番組。 8・8NHKで大型音楽特番 ウッチャン&桑子アナ司会、紅白のモデルに

ウッチャン(内村光良)感染が心配?体調は大丈夫?

ウッチャン 番組

概要 [編集 ] 『』まで13年間続いた、の日本テレビにおけるシリーズの第1弾である。 番組の終盤あたりでは、新曲を出したアイドル歌手たちのPRを兼ねてなのか、彼女たちのが流されていた。 この構成は、後継番組群においても数年間踏襲され続けていた。 本番組の終了後、ウンナンの冠番組シリーズは日曜17:00枠から撤退し、後継番組の『』は火曜25:10枠でスタートすることになった。 出演者 [編集 ]• (ウッチャンナンチャン)• (・・田中和治・仁井田さゆり・朝山まゆみ) スタッフ [編集 ]• 構成 - 、内村宏幸、竹田康一郎、右近享、上原銀河、大村貴行、白崎和彦、• 演出 - 工藤浩之• 演出補 - 園田俊郎、小西寛、飯山直樹• 制作協力 - 金田武信()、柵木秀夫()• 制作 - 庄司文雄• 製作著作 - 日本テレビ 関連項目 [編集 ]• 日曜17:00枠 前番組 番組名 次番組.

次の

ウッチャン(内村光良)感染が心配?体調は大丈夫?

ウッチャン 番組

新型コロナウイルスの猛威でテレビ業界が試行錯誤している中、特に力を発揮しているのは ウッチャンナンチャンかもしれない。 内村光良は、7本のレギュラー番組のうち6本、相方の 南原清隆は『ヒルナンデス』(日本テレビ系)で早々からリモートに挑戦している。 2人の番組がリモート式にも関わらず、高視聴率かつネット上で《 ウンナンのリモートを駆使したソロ活動が面白い》、《 出演者とニヤニヤしながらやり取りするウンナン和む》などと評判が高い。 内村が司会を務める『 世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)では毎回、番組冒頭のLINE式のグループトークが話題になる。 1人だけスタジオ収録の内村に対し、レギュラーメンバーがトークを繰り広げていくわけだが、このやりとりひとつひとつが笑いを生み出していく。 本来、舞台で観客の反応を読み取りながら「笑い」を届けるはずのお笑い芸人が、画面上で文字を使って「笑い」を届けるのは難しいことなのかもしれない。 しかしながらそれが成り立つのは、やはり内村の巧みな話術によるものだろう。 一方、南原清隆は『 ヒルナンデス!』がリモート生放送に切り替わり、スタジオでリモート中継をつなぎながら獅子奮迅の活躍が高い評価を得ている。 例えば、南原がスタジオ内のどこにいるかを当てる「ナンチャンを探せ」。 ひとりしかいないことを逆手に取ったこの企画は、持ち前の南原のキャラクターも相まって視聴者参加型の新しいコーナーとして成立している。 視聴率は4月の月間平均で4.

次の

ウッチャンナンチャン

ウッチャン 番組

東京・渋谷のNHK放送センター NHKが夏の紅白と呼ばれる「思い出のメロディー」の代わりとして、8月8日に日本を元気づける大型音楽特番を企画していることが1日、分かった。 この日、東京都は休業要請などの緩和の段階を「ステップ2」に移行。 寄席や映画館が再開されるなどエンタメ業界も大きく動き出した。 今も続くコロナ禍で人々を癒す歌や音楽の力。 NHKでは日本を代表する歌手の出演する打倒コロナの大型特番企画を練り始めた。 複数の関係者によると、注目の特番は8月8日の夜、東京・渋谷のNHKホールから2時間以上の生放送となる見込み。 この時期は例年、視聴者からのリクエストをもとに多数の歌手が名曲を披露する「思い出のメロディー」を51回にわたり放送してきたが、今年は東京五輪の開催時期と重なるため、実は放送しないことが決まっていた。 だが、コロナ禍で東京五輪が来年に延期され、ポッカリ穴が開いた形に。 そこで局内から「今年は新たな歌の特番で視聴者を元気づけよう」との声が持ち上がったという。 リモート出演する歌手も出そうで、会場は無観客となる。 司会の候補には紅白の総合司会でもおなじみの内村光良(55)と桑子真帆アナウンサー(33)の名が挙がっている。 関係者の1人は「医療従事者への感謝も込め、チャリティーの要素も入れたらどうかという話もある」と指摘。 別の関係者は「世代を超えて楽しめるポップスが中心となり、コロナに負けるな、頑張れニッポンというテーマは、他の音楽番組や紅白にも随所でつながっていく。 その先駆けになる」と語る。 今年も紅白が例年通り行われるかどうかは確定していないが、この特番が紅白モデルとなりそう。 番組内容や出演者が決まり次第、正式に発表されるとみられる。

次の