オトモ装備。 【MH4G】♯12:オトモどれがいいの?

【画像有】モンハンアイスボーンの可愛い&かっこいいオトモ装備一覧

オトモ装備

初登場はMHP3。 武器、頭、胴の3部位しかない。 MHP2Gでも一応オトモの見た目を変えることは出来たが、 見た目だけであり性能そのものにはなんら影響しなかった。 MHP3以降は装備を変えることでオトモ自体の能力が変動するようになっている。 このシステム変更には、着せ替えやといったお楽しみ要素だけでなく、 MHP2Gにおけるの氾濫も影響していると思われる。 生産には主にという特殊な素材を用いる。 作品によって入手手段が異なる。 詳細はリンク先参照。 これも作品によるが、端材のみではなく角などの素材や証などのチケットを併せて要求されることもある。 尚、MH4G以前はハンターの装備とは違い MHF除いて 、 亜種・希少種及び特殊個体のモンスターの素材によるオトモ装備は存在せず、 全てが通常種のハンター版装備をモチーフとしていた。 しかし、MHXからはの装備がバリエーションとして追加され、 MHXXでは更にのオトモ装備が追加されている。 派生形式• MHP3以降のオトモ装備では、と同じように派生が存在する。 アルファベット 漢字 の命名法則はハンター用とほぼ同様である。 ハンター用の武器の見た目や名前をもじっている武器の場合、 派生した武器もアルファベット 漢字 が付かず、より上位の武器名をもじった名前になることが多い。 例えば、リオレウス素材の大剣「」を模した「レウスネコブレイド」は、 上位派生になるとハンター用の「炎剣リオレウス」に合わせて「炎剣ネコブレイド」という銘になる。 を使用した装備は、無印版の名前の前に「猛」または「獰」が付く。 素材を使用した装備はクエストのレベルに応じて無印・S・X・XXの4種類に派生する。 近年のハンター用の武具と違い、オトモ装備には武器・防具ともに強化の概念はない。 下位なら下位の端材で、上位なら上位の端材で…というようにすべて方式である。 上述したレウス武器を例に挙げると、下位で生産した「レウスネコブレイド」は 上位の「炎剣ネコブレイド」に強化することはできず、上位の端材を用いて新たに生産する必要がある。 オトモ装備の派生一覧 武器• アイルー用の小型の武器。 内包パラメーターはシリーズごとでやや変化している。 ハンターのものとは近接と遠隔が分かれているくらいで根本的には似ている。 攻撃力、属性値、会心率• オトモ装備の攻撃力は、近接攻撃力と遠隔攻撃力の二つが存在する。 属性と会心率も存在するが、シリーズによって形態が異なる。 MHP3、MHX X では近接・遠隔それぞれの数値が別のページに記載される。 属性値・会心率も同様にページごとに表記されている。 MHP3では記載されている近接と遠隔で攻撃力に大きく差があったが、 MHX X ではニャンターモードの実装に伴い、近接と遠隔の値が同程度になり、 バランス型、近接特化型、ブーメラン特化型というタイプ区分が追加され、 それに応じて近接と遠隔の差が大きく変化している。 基本的に近接の方が数値が高いがブーメラン特化型の場合遠隔攻撃力の方が高くなる。 MH4 G ではパラメーターが一つのページに纏められており、 属性値と会心率が近接・遠隔で分かれていない。 MH4G以前は属性が付かず、麻痺属性だけを扱うラングロトラの武器が 火属性になっているなど、ちぐはぐなこともあった。 MH4G以前でオトモに状態異常を持たせたい場合は、オトモスキルで属性を付与させる形態をとる。 攻撃系統• 武器ごとに斬撃か打撃かに攻撃系統が分かれている。 斬撃では尻尾等の切断が可能で、打撃では蓄積値が低いもののスタンや減気効果が狙える。 攻撃系統は近接攻撃だけでなくブーメランにも反映される。 MHX X では投げるブーメランの形が攻撃系統によって変化する。 切断ならくの字型だが、打撃なら十字の形をしている。 斬れ味• MHP3、MHX X に存在するパラメーター。 ハンター用の近接武器と同様に、色によって攻撃の補正倍率や弾かれやすさが決まる。 近接・遠隔の両ページに記載されているものの、差異が見られることはない。 ハンターのそれとは違い斬れ味が低下することはなく、 斬れ味ゲージに相当する部分には単一色の長方形が表示されている。 武器の見た目・形態について• 武器の形態は非常に様々。 アイルーがどのように武器を振るうかなんて御構い無しである。 や、、、などの真っ当な武器は勿論、 やらやらやらやらやらやらと武器としてどうなのかというもの、 果てはや、、、など、 そもそも武器として使用すること自体が間違っているようなものまで多種多様に存在する。 ハンター用の武器にも前例が山程あるし今更ではあるが。 ……と、笑い話のネタで話が終わらせる訳には行かず 「尻尾の切断」や「打撃による部位破壊」など 目的に応じた攻撃系統だけは入念に把握しておく事。 場合によっては、防具と一式を揃えると攻撃系統が目的と合わなくなるため、 本命の攻撃系統の武器の方に防具を合わせるか、防具とのチグハグは承知で別の武器を担ぐか、 シリーズによってはを利用するか、などの妥協や工夫も必要になる。 たかがオトモの攻撃とは言え、それで部位破壊を達成できる事は侭あるため軽視はできない。 ニャンターとしてプレイヤー自身が狩猟に出るのであれば、殊更、重要となる。 如何なる見た目であってもブーメランを投げるときはどの武器も同じ形になる。 MHX X では武器によって色が変化し、上述のように形も攻撃系統によって変化する。 防具には頭防具と胴防具の二つがあり、武器同様シリーズによって違いがある。 シリーズを通して、防御力と各種耐性がありスキルポイント等が無いことは共通している。 MH4、MH4Gにのみ体力ボーナス、頭防具のみにターゲットのパラメーターが存在する。 ターゲットは小型一筋、小型優先、バランス、大型優先、大型一筋の5系統。 オトモ装備をどのような基準で選ぶのかは、結構個人の趣味が分かれる部分である。 ガチガチに固めて最強のオトモを作る人もいれば、見た目重視でロマンに走る人もいる。 ハンター自身の装備と違って、ネタ装備でもそこまで戦局に影響がないのが大きい。 MHP3、MH4、MHXでは、メインオトモは集会所 MHP3は集会浴場 までついてくる。 しかし3人以上のパーティーならオトモは狩りにはやってこないので、 完全なネタ装備にしてもなんの問題もないことになる。 このため、パーティー用に趣味装備のオトモにしている人も多い。 これまではそこまで重要視されてこなかったが、MHXでのの実装により、 プレイヤーがニャンターになる場合にプレイヤーの防御力を決める重要な要素となった。 スキルポイント等は無いものの、耐性の観点から選択肢は少なめ。 ステップしかできずやられ状態の解除に時間がかかるニャンターにはかなり重要。 防御重視・耐性重視・見た目重視と大きく3タイプに分けられるが、基本的に個人の好みで選んで問題無い。 ただし見た目を重視する余り防御力がおろそかになっては元も子もないので、そこだけは注意したい。 幸い、ハンターの防具と違い少ない端材で作ることが出来るので、使い分けも容易である。 胴装備にはゴアネコシリーズなど足が消えるものもある。 コラボ装備にというものがある。 これは胴装備だけの防具で、 装備するとアイルーがそのキャラクターそのものになり、ものによって体のバランスも完全に変わる。 頭防具は完全に見えなくなるが、性能は反映される。 オトモ防具は長らくに対応していなかったが、 MHXXにてようやく オトモ防具も着彩設定が可能となり、色彩を変更できるようになった。 色を変えられる部分の多くはハンター用のものと似通っているが、 中にはハンター用とは着彩できる部分が異なるものも存在する。 パートニャー装備• MHFに登場するも、武器・頭・胴のいわゆるオトモ装備が存在する。 本家シリーズに登場したオトモ装備のデザインはそのまま使用されており、 その他にもMHFオリジナルのものや、本家には無い亜種防具も存在する。 武器のパラメーターはMHP3のそれに近く、斬撃と打撃が分かれており、 攻撃力 近接 に比べてブーメラン攻撃力はかなり低く表記されている。 会心率もあり、状態異常属性はなく、斬れ味の代わりに「するどさ」というパラメーターがある。 オリジナルの要素として装備ごとに最大三つのスロットがあり、 そこに「ネコの装飾品」というアイテムをつけることでスキルポイントのように パートニャーにスキルを覚えさせる事ができる。 こちらはハンター装備同様にモンスター素材を 主に 使って作成することとなる。 か行 - カイザーネコシリーズについての記載あり。 - 骸装甲ネコシリーズについての記載あり。 - ジャンプコラボのオトモ装備4種についての記載あり。 - ガノスネコシリーズについての記載あり。 - カブラネコシリーズについての記載あり。 - ガムートネコシリーズ、銀嶺ネコシリーズについての記載あり。 - ガララネコシリーズについての記載あり。 - ガルルガネコシリーズ、隻眼ネコシリーズについての記載あり。 - ガレオスネコシリーズについての記載あり。 - ガンキンネコシリーズ、宝纏ネコシリーズについての記載あり。 - ギザミネコシリーズ、鎧裂ネコシリーズについての記載あり。 - キリンネコシリーズについての記載あり。 - クシャナネコシリーズについての記載あり。 - クックネコシリーズについての記載あり。 - グラビネコシリーズについての記載あり。 - ケチャネコシリーズについての記載あり。 - ゲリョスネコシリーズについての記載あり。 - ゴアネコシリーズ、ケイオスネコシリーズについての記載あり。 - ニャン天シリーズについての記載あり。 - ニャゴグシリーズについての記載あり。 - コンガネコシリーズについての記載あり。 - 黒子ネコノシリーズについての記載あり。 - 混沌ネコシリーズについての記載あり。 は行 - バサルネコシリーズについての記載あり。 - ハプルネコシリーズについての記載あり。 - バルクネコシリーズについての記載あり。 - ハントネコシリーズについての記載あり。 - バンギスネコシリーズ、グリードネコシリーズについての記載あり。 - ファンゴネコシリーズについての記載あり。 - ブナハネコシリーズについての記載あり。 - ブラキネコシリーズについての記載あり。 - ブランゴネコシリーズについての記載あり。 - フルフルネコシリーズについての記載あり。 - ブレイブネコシリーズについての記載あり。 - フロギィネコシリーズについての記載あり。 - ペッコネコシリーズについての記載あり。 - べリオネコシリーズについての記載あり。 - ベルダーネコシリーズについての記載あり。 - ボーンネコシリーズについての記載あり。 - ボロスネコシリーズについての記載あり。 - ホロロネコシリーズについての記載あり。 や行・ら行・英数字 - 旗本ネコシリーズについての記載あり。 - ユニクロネコシリーズ、モンクロネコシリーズについての記載あり。 - ユクモノネコシリーズについての記載あり。 - ラヴァネコシリーズについての記載あり。 - ラギアネコシリーズについての記載あり。 - ラングロネコシリーズについての記載あり。 - ランポスネコシリーズについての記載あり。 - リノプロネコシリーズについての記載あり。 - スパルタンネコシリーズ、オリンポスネコシリーズについての記載あり。 - ルドロスネコシリーズについての記載あり。 - レイアネコシリーズ、紫毒姫ネコシリーズについての記載あり。 - レウスネコシリーズ、黒炎王ネコシリーズについての記載あり。 - レギオスネコシリーズについての記載あり。 - レックスネコシリーズについての記載あり。 - スターネコシリーズ、マジカルネコシリーズについての記載あり。

次の

オトモ装備

オトモ装備

使用するとフィールドに生息する獣人族やオトモダチモンスターを即座に呼び出すことができ、一緒に戦ってもらえます。 HPを回復できるミツムシを呼び寄せてくれるので、被ダメージを受けやすい初心者や近接武器をよく使う方におすすめです。 熟練度が上がるたびに回復量が増え、熟練度5になると設置型ミツムシが使えるようになります。 好きなタイミングで回復ができるので非常に便利なオトモ道具です。 あしどめの虫かご 効果 虫かごが使えるようになる 熟練度5 痺れ虫かごが使える 入手方法 1,古代樹の森エリア17でテトルーに会う 2,逃げ出したテトルーを追いかける 3,テトルーの住処でテトルーに話しかけて入手 あしどめの虫かごは、モンスターをめまい状態にする閃光虫かごが使えます。 熟練度5からは周囲のモンスターを麻痺状態にする痺れ虫かごも使えるようになります。 モンスターに攻撃できるチャンスが生まれやすいので素早く討伐がしたい方におすすめのオトモ道具です。 まもりの大盾 効果 大盾挑発が使えるようになる 熟練度5 大盾バッシュが使える 入手方法 1,大蟻塚の荒地エリア15のテトルーの住処に向かう 2,テトルーに話しかける 3,迷子のテトルー3匹を捕獲用ネットで捕獲 エリア5、7、10,11にランダム出現 4,エリア15に戻りテトルーに話しかけて入手 まもりの大盾は、大盾挑発でモンスターのターゲットをオトモが取ってくれます。 熟練度5からは大盾バッシュが使えるようになり、反撃と確率で発動する弾き返しができるようになります。 熟練度5以降は解毒や麻痺無効などの耐性効果も付与してくれます。 サポート性能が高く、どのクエストに連れて行っても使えるオトモ道具です。 ぶんどり刀 効果 ぶんどり突撃が使えるようになる 熟練度5 落っことし投擲が使える 入手方法 1,瘴気の谷のエリア13でテトルーが現れるまで待機 2,近づいて逃げたテトルーを追いかける 3,マップ15にいるテトルーの近くに生肉を置く 4,集まってきた仲間と踊りだしたら話しかけて入手 ぶんどり刀で使えるようになるぶんどり突撃は、モンスターに突撃して素材を盗むことができます。 熟練度5から使用できる落っことし投擲はモンスターに落とし物をさせる効果があります。 効率よくモンスターの素材を集めたい時に重宝するオトモ道具です。 「ガジャブーの言語調査」で集める必要がある言語痕跡は、各マップの老練の獣人族学者がいる場所の近くで集めましょう。 「続・ガジャブーの言語調査」では、夜まで待ってから龍結晶の地エリア8で老練の獣人族学者に話しかける必要があります。 抜け穴に入る際には、隠れ身の装衣を使用するのがおすすめです。 ガジャブーの壺爆弾自体は、壺爆弾をモンスターに与えてダメージを与えられる効果を持ちます。 モンスターにダメージを与えられる数少ないオトモ道具なので、ガンガンモンスターを攻めたい方におすすめです。 おすすめのオトモ道具 剣士におすすめのオトモ道具 剣士におすすめのオトモ道具は「ミツムシ寄せのお香」と「あしどめの虫かご」です。 モンスターに近づいて攻撃をする剣士は攻撃を受けやすいので、回復ができる「ミツムシ寄せのお香」はどのクエストでも役立ちます。 「あしどめの虫かご」はモンスターに攻撃を当てやすくなり、剣士で効率よく狩りをする際に使えます。 ガンナーにおすすめのオトモ道具 ガンナーにおすすめのオトモ道具は「まもりの大盾」と「あしどめの虫かご」です。 「まもりの大盾」はモンスターのターゲットを取ってくれるので、ガンナーの場合に攻撃を当てやすくなる他、回復などのタイミングが作りやすいです。 素材集めは「ぶんどり刀」がおすすめ ぶんどり刀を装備させるとモンスターの素材を剥いでくれるだけでなく、落とし物を落とす頻度も目に見えて増すため、素材集めが捗ります。 特に「導きの地」ではモンスターからカスタム強化素材を得られるため、効率化を図れます。 おすすめ装備• 防具データベース• 特殊装具•

次の

MHW『アイスボーン』マスターランクでおすすめのオトモ装備【超有能】

オトモ装備

コピー禁止 モンスターハンターダブルクロス攻略 オトモ防具合成 G4級クリア後、オトモの胴装備の 防具合成も可能になります。 以下、性能と見た目で合成してみました。 G4級のキークエは記事下にあります。 性能 ネセト一式 今回の性能は[RARE10]ネセト一式です。 端材はアトラル・カです。 [頭]ネセトネコカウザ 閣蟷螂の重端材 2 [胴]ネセトネコディルア 閣蟷螂の重端材 3 [防御力] 426 [耐性] 火 5 水 -5 雷 -7 氷 1 龍 5 見た目 おすすめ 頭、胴装備ともに入手しやすいです。 色彩は黒にしました。 やはり、オトモは顔を出したほうが 可愛いと思います。 クロネコが真っ黒すぎてごめんなさい [頭]ガムートネコカラ-[RARE3] 巨獣の端材 2 雪甲塊 1 [胴]プナハネコスーツ[RARE2] 飛甲虫の端材 2 防具合成結果 RARE10の防具の性能を 好きな見た目にできます。 オトモの色 古い記事ですが、オトモのカラーを 選ぶ方法です。 オトモ防具合成 二つ名 以下、最強可愛いpart4超特殊許可編 に詳細があります。 防具合成関連 超特殊許可クリア後 防具着彩、二つ名防具合成 コラボ装備 二つ名装備見た目 防具合成 超特殊許可クリアで開放 G級関連 関連 TOPページでは上記リンクに 補足をつけてまとめています。 以下、モンハンクロスからPICKUP.

次の