かっこいい行動。 女性も憧れる「かっこいい女性」に共通する行動や言動(まとめ)

女性も憧れる「かっこいい女性」に共通する行動や言動(まとめ)

かっこいい行動

いつものように本屋へ出かけた。 ネタ探しである。 もう、自分の中にあるネタはとっくの昔に尽きているため、インプットをしないと記事が書けない。 「はやくバズらねえかな」などと思いながら本棚を眺めていると、目を引く本を見かけた。 「すごい!」 ・・・・ 25年生きてきて出会う新出単語だった。 普通の経済学ならなんとなく想像がつく。 しかし、今目にしているのはである。 苗字をお持ちの経済学様である。 時代が時代なら、高い身分についているだろう高貴なお方だ。 そして、なんか響きもかっこいい 「」・・・・。 「日常で使ったらかっこいいけど嫌われる言葉」できっとランキングに入る言葉だろう。 そう思うと、なんだかとても興味がわいてきた。 「これ買ってる俺かっこよくない?知的な感じでるんじゃない?」 そういうわけで、コミックスを買う時とはちがい、ちょっとかっこつけた感じでレジに向かった。 の本を学ぶ人がだらしない顔では様に申し訳ないからだ。 というわけで、今回はこの「すごい!」を読んだ感想を書いていきたいと思う。 リンク• とは? この本ではについてこのように説明している。 「」は簡単に言うと「心理学」とお金の損得を扱う「経済学」を合せた学問です。 本書より引用 本書によるとそれまでの経済学では、人が最善の選択をして行動することを前提とした、予測がされていました。 しかし、実際はそうではありませんよね? 人には感情があるので、必ずしも最善の選択をとることはない。 それを含めて、人の行動を予測してお金につなげることを考えるのがです。 本の内容 この本の内容は身近なことを例にして、社会に溶け込んでいるについて解説するというものだ。 例えば「なぜはやめられないのか?」では、人が持つ性質にうまくをあてはめて、作られていることを解説している。 また日常の生活にうまくを活かす方法なども書いてあり、勉強になる。 個人的に面白かった点 にハマる理由 この話題が、一番最初に書かれていることはおそらくが応用されていると思う・・・たぶん いきなり身近な話題がくるものだから、もうこれは楽しくてしょうがない。 しかも、書かれていることは、ドヤ顔で言えそうな単語ばかりだから、読んでいる間誰もいないのにかっこつけている自分に気が付いたくらいだ。 ふざけるのはこのくらいにして、少しこの話題について語りたい。 にハマる理由はいくつかあるが、かっこいい言葉でいうと、効果とサンクコスト効果だ! 効果とは「自分がかかわった物の評価が高くなる」というもの。 どういうことかと言うと、例えば有名な家具メーカーのは家具のパーツを販売し、買った人はそれを家で組み立てるという方式をとっている。 つまり、自分で組み立てるので、その買った家具に愛着が生まれ、結果的にその満足度が高くなる。 これをに応用すると、プレイを続けることによって、ゲームに愛着がわき、なかなかやめることができなくなるのだ。 もう一つの 「サンクコスト効果」は費やした時間がもったいなくてやめられなくなるというもの。 これは分かりやすいし、体験したことがある人も多いと思う。 のプレイ時間が多くなればなるほど、今までの時間を無にするのがもったいなくてやめられなくなる。 本書はそれ以外の理由も書かれているので、ぜひ見て欲しい。 に学ぶ目標の立て方 人は得をした喜びよりも、それを失ったり損をしたりするダメージのほうが大きいということをまず覚えて欲しい。 例えば、株価が10円上がり10円儲けたあと、次の日に10円下がりもとの値段に戻ったとしても、精神的にはネガティブなダメージを受けるというものだ。 これを目標を立てる時に役立てると、達成できる割合が多くなる。 例えば元選手のは、年間の目標を打率ではなく安打数にしたそうだ。 打率を目標にすると、月ごとに打率の変化がある。 上がった月はいいが、下がった月のダメージは精神的に大きい。 しかし、安打数を目標にすると、減ることはあり得ない。 年間の目標安打数に向かって近づくことしかないので、モチベーションを保ちやすいのだ。 これはとても読んでいて面白かった。 まとめ いかがでしたでしょうか? 普段の生活では、あまりなじみのない言葉ではあるが、使い方次第で自分の生活を豊かにできる可能性を、たくさん含んでいると感じる。 この他にも、保険について、マイホームについてなど私生活に直結する内容もたくさん書かれていた。 自分の普段陥りやすいことに実は名前がついていると分かると実際に同じことが起きたとしても、 「これは効果だ!」などと冷静になれることもある。 そういう意味でとても価値のある本だったと思う。

次の

ディーン・フジオカ「社会に対してコミットして行動している人に、かっこよさを感じます」

かっこいい行動

(C)Shutterstock. com サバサバした有能な女性 サッパリした性格で、なおかつ仕事ができる人は、周囲から一目置かれるかっこいい存在です。 細かいことは気にしないため、「みんなに嫌われていないかな?」「~だと思われたらどうしよう」などと人目を考える様子はありません。 うまくいかないことがあっても、 すぐに気持ちを切り替えられます。 そのため、周囲に「いつも自信に満ちあふれていて魅力的だな」と、憧れのまなざしを向けられることも少なくありません。 女性も憧れるほどかっこいい職場の上司Aさん。 仕事やプライベートでも、周囲からの評価が高く、仕事では責任あるポジションに就き、プライベートでは「いいママ」として知られています。 (30代・山口県・子ども1人) 明るさや頼り甲斐が魅力 かっこいい女性の多くは、 前向きで面倒見のよい性格をしています。 いつも笑顔を絶やさず、ピンチのときも「一緒に頑張ろう!」と励ましてくれる姿に「この人といると安心する」と、好感を抱く人も多いはずです。 また、人情深い性格で、後輩や友人の 相談役になることも少なくありません。 仕事で失敗したときや、悩み事があったときも親身に話を聞いて、的確なアドバイスをしてくれる部署の上司。 口が堅く、相談されたことを誰かに言いふらすこともなし。 この誠実さも、かっこいい女性の魅力だと思う。 (30代・神奈川県・子ども2人) かっこいい女性の特徴 「あの人ステキだよね」「憧れちゃうな」といわれるかっこいい女性には共通点があります。 彼女たちが人を惹き付けてやまない具体的な理由をチェックしていきましょう。 責任感や決断力がある かっこいい女性は責任感が強いだけではなく、どんなことでも「自分で決められる力」を持っている場合が多い。 仕事やプライベートでトラブルがあっても、決して投げ出しません。 問題と正面から向き合い、最後まで役目を全うしようと頑張ります。 責任感や決断力は大事! かっこいい女性こそ、自分の「芯」をしっかり持っているので、重要な決断を下すときも迷いがないという印象。 普通の人なら、損得勘定や人目を気にして決断できないようなことも、 「何が正しいのか」という部分をしっかり見抜いて決める。 このぶれない姿勢こそが「かっこよさ」の理由な気がする。 (30代・千葉県・子ども2人) いきいきしている エネルギッシュな女性は、周囲の人を惹き付けます。 目標に向かってひたむきに頑張る姿を見て、「私も頑張ろう!」と感化される人も多いのではないでしょうか。 かっこいい人は、 ポジティブな言葉をチョイスすることが多く、ネガティブな発言はしません。 そのため、周りの人も「話しているだけでも元気が出る」と励まされ、気付けばすっかりファンになっているというケースもよくあります。 かっこいい人は、感情をコントロールする力も長けているような気がする。 感情論ではなく、理性的に行動し、判断するので、不機嫌になったりイライラしたりすることもなさそう。 (30代・愛知県・子ども1人) 裏表がない かっこいい女性は誰に対してもフラットな目線で、裏表なく接するため、特定の人の肩を持ったり、うわさ話を信じて他人を評価したりすることはありません。 「自分で見たもの」を信じ、それ以外は「そういう考えの人もいるよね」と捉えています。 かっこいい人ほど、人の悪口やうわさ話には参加しないケースが多い気がする。 言われた側の気持ちを考えて、意図的に参加しないようにしている「優しさ」を感じます。 (30代・神奈川県) かっこいいワーママの特徴 あなたの職場仲間や、ママ友の中で、いつもキラキラ輝いているようなステキなワーママはいませんか?かっこいいワーママの傾向を押さえて、こっそり真似してみましょう。 (C)Shutterstock. com 家事や仕事を効率良くこなす かっこいいワーママは、常に効率を重視して行動します。 家事においては、お風呂を沸かしている間に洗濯物を干したり、料理をワンプレートに盛り付けて洗い物を減らしたりするなどの 「時短テクニック」を駆使しています。 仕事でも同じです。 業務の優先順をリストアップしたり、一つの仕事にかける時間を把握してから取りかかったりなど、 生産性をアップするように心がけています。 大切なのは、「どうしたらもっと効率良くできるか?」と 工夫し続けることです。 それが習慣化されることで、家事と育児を両立できる「手際のよさ」が身に付きます。 人に頼るのがうまい できるワーママは、人に頼るのも上手です。 自分で何でもできそうなので、一見「人に頼るのが苦手そう」と思われがちですが、そんなことはありません。 かっこいい人は、何事にもバリバリ取り組みつつ、「このままだと、自分が疲れてしまう」という 危機管理能力も持ち合わせているのです。 また「1人でやるより、周りに頼った方が心配もかけずに済むし、効率もいい」ということを理解しているため、人に頼ることにあまり抵抗がありません。 周囲の人も、いつも助けられている分「任せて!」と快く頼みを引き受けてくれます。 普段の行いがよく、 いざというときに協力してくれる人が多いのもかっこい人の特徴です。 かっこいい女性になるために (C)Shutterstock. com 「家庭も仕事もしっかり両立できるステキな女性になりたい!」というワーママのために、かっこいい女性になるためのポイントをピックアップしました。 憧れのあの人に近づくために、できることから始めてみましょう。 言動に責任を持つ かっこいい女性になるためには、まず自分の言動に責任を持つことが大切です。 言葉と行動が伴っていないと、「口先だけの人」「信用できない人」と思われてしまいます。 たとえその場しのぎや社交辞令でも、 「できないこと」を軽々しく言うのはNGです。 人望が厚い人は、 有言実行を心がけています。 同時に、できないことはしっかりと「できない」と 断る勇気もあります。 中途半端に「できる」と嘘をついて、相手を傷つけないためです。 どんな小さな言葉でも、きちんと行動に移して、「芯の通った人」を目指しましょう。 自信を持つ 「自分ならできる!」と自信を持つことも大切です。 自信があればそれだけで魅力的に見えますし、自然と周りに人も集まります。 ただ、いきなり「自分はすごい!」と思うだけでは、自信は手に入りません。 自分自身を認めるために、まずは小さな 成功体験を増やしていきましょう。 例えば、毎朝ストレッチをしたり、読書の時間を1日30分作ったり、目標時間内に仕事を終わらせたりなど、 「決めたことを実践・達成する」という経験は大きな武器となります。 「あのときもうまくいったし、今度もきっとうまくいくはず!」と ポジティブな思考ができるようになり、自信に満ちあふれた女性へと成長できるはずです。 広い知識を持つ 広い視野を持つことや、どんなことにも興味を持って取り組むのもポイントです。 周囲から好かれている人は、知識が豊富で、どんな話題でもある程度、受け答えができます。 好奇心や、 常に何かを吸収しようという意欲があるからです。 知識や視野を広げるためには、いろいろな人の話を聞いたり、新しい趣味を見つけたり、たくさん本を読んだりしましょう。 移動時間にニュースや新聞に目を通すのも効果的です。 広い視野を持つことで、 教養だけでなく、さまざまな立場の人の気持ちにも寄り添える 人間力も身に付きます。 外見から入るのもアリ (C)Shutterstock. com 「形から入って心に至る」という言葉の通り、かっこいい人を目指すときは、身だしなみから真似してみるのも一つの方法です。 かっこいい人の髪型・服装・メイクを取り入れて、モチベーションを上げていきましょう。 落ち着いた髪型 かっこいい女性を目指すなら、ダークカラーの髪色と、まとめやすい髪型がおすすめです。 髪色が明るいと、地毛が伸びたときに目立ってしまいますし、落ち着かない印象になってしまうため、 暗めのアッシュや ダークブラウンなどにしましょう。 髪型は、顔周りがすっきりとした ショートヘアや、 ロングのストレートヘアをゴムやバレッタでまとめたスタイルなど、顔が見えた方が好印象になります。 ただ、できる女性の髪型がステキなのは、 「自分に似合っているもの」をしっかり把握しているからです。 髪型を真似するときは、憧れの人に近づけつつも、あなたに似合うスタイルを選びましょう。 シンプルな服装 デザインがシンプルで、 モノトーンの服装もおすすめです。 フリルやレースなどのガーリーな服装よりも、黒のスキニージーンズに白いTシャツなどのシンプルな服装を選びましょう。 スカートを選ぶ場合も、フレアスカートよりも タイトスカートの方が、よりクールでかっこいい印象になります。 長さは、上品さのある膝丈を目安にしましょう。 服装がシンプルすぎると思ったら、靴や腕時計、アクセサリーなどの小物でアクセントを加えるなどの工夫ができます。 引き締めメイク かっこいい雰囲気を目指すなら、キリッとしたメイクを心がけましょう。 マット系の下地は、落ち着いた印象になるのでおすすめです。 アイシャドウは、ナチュラルさと大人っぽさの両方を兼ね備えた、 ブラウン系やベージュ系を使いましょう。 キツい印象にならないよう、アイシャドウは薄めに入れるのがポイントです。 その分、目尻側にアイラインを引けば、目が大きく見えますし、クールビューティーなイメージに近づきます。 肌なじみのよいコーラル系のチークを薄く入れて、 リップはレッド系やオレンジ系など、はっきりとした色味のものを塗りましょう。 リップを際立たせることで、一気に顔が華やかになりますし、意志の強さもアピールできます。 com 女として、妻として、母として、毎日忙しいワーママが、ファッション・美容・ライフスタイル・・・、今より楽しくなれる!元気になれる!気持ちよくなれる!こと限定でお届けするWebメディアです。 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。

次の

ディーン・フジオカ「社会に対してコミットして行動している人に、かっこよさを感じます」

かっこいい行動

かっこつけるの意味 まずは、かっこつけるの意味からお話ししていきましょう。 かっこつけるとは、どのような意味があるのでしょうか。 かっこつけるの意味には、 ・できるだけサマになるように気にしながら振る舞う様子 ・体裁が良くなるように気にしている様子 などがあります。 つまり、他の人が見たときに「あの人かっこいいよね」と思ってもらえるであろう行動をすることを、かっこつけると言うのです。 ただし、あくまでも本人が「かっこいいと思われるはず」と思っているだけであり、本当に周りの人がかっこいいと思っているかは定かではありません。 かっこつける男の特徴 かっこつける男の特徴について、紹介していきます。 かっこつける男には、一体どんな特徴があるのでしょうか。 女性から「あの人、かっこつけててダサいよね」と思われてしまう男性は、こんな特徴があるようです。 早速、見ていきましょう。 1,かっこつける男はちやほやされたいと思っている かっこつける男の特徴には、かっこつける男はちやほやされたいと思っていることが挙げられます。 女性から「かっこいい!」とちやほやされる人、男性からも「あいつ、かっこいいよな」と思われる人というのは、誰から見ても魅力的で人気者であることが多いです。 人気者になるためには、ちやほやされる人になればいいわけで、ちやほやされる人になるためにはかっこいいと思われる男になればいいわけです。 つまり、ちやほやされるためにかっこつけているということ。 ちやほやされたいという気持ちからかっこつけている男の中には、子どもの頃にちやほやされてもてはやされた経験があり、そのときの快感が忘れられないという人もいます。 どちらにせよ、「ちやほやされたい」という気持ちがあるため、かっこつけているのです。 2,かっこつける男は自分の良さをアピールしたいと思っている かっこつける男の特徴には、かっこつける男は自分の良さをアピールしたいと思っていることが挙げられます。 自分の良いところを他の人にも知ってほしいという気持ちは、少なからず誰にでもあるもの。 かっこつける男はその気持ちが強く、周りの人は自分の良さをもっと理解するべきだと思っているのです。 良いところを知ってもらうため、自分の良さを多くの人にアピールしたいという気持ちから、かっこつけているのでしょう。 かっこつける男は、自分のしている「かっこつけている行為」をすべて「かっこいい」と思っていますので、自分にはこんなにかっこいいところ(良いところ)があるんだ、ということをアピールしたくて仕方がないのです。 周りの人に知ってもらうため、普段以上にかっこつける行為に拍車がかかることも珍しくありません。 3,かっこつける男は女性の気持ちを引きたいと思っている かっこつける男の特徴には、かっこつける男は女性の気持ちを引きたいと思っていることが挙げられます。 好きな人やちょっと気になる女性がいるときのみ、かっこつける男は「女性の気持ちを引きたい」と思っている可能性が非常に高いと言えます。 このタイプのかっこつける男は、誰の前でもかっこつけるわけではありません。 好きな人にかっこいいと思われたい、いいなと思っている女性に好意をもってほしいという気持ちから、かっこつけているのです。 そのため、自分にとってかっこいいと思われたいという対象の女性が近くにいないときには、かっこつけることもないでしょう。 女性の気持ちを引きたくてかっこつけている男には、好きな人がいることもありますが、女性なら誰でもいいので「すべての女性にかっこいいと思われたい」と思っているタイプも。 どちらにせよ、女性の気持ちを引きたくてかっこつけている男は、気持ちが先走ってしまい、結果として「かっこつける男」になってしまっているだけということも多いです。 好きな人に良く思われたいという気持ちは誰にでもあるものですが、その気持ちが強くなりすぎてしまっているのでしょうね。 スポンサーリンク 4,かっこつけるのは自己満足のため かっこつける男の特徴には、かっこつけるのは自己満足であることが挙げられます。 かっこつけることで、自分自身が満足できるため、日々かっこつけているのです。 自己満足のためにかっこつけている人は、自分のかっこよさに酔っているタイプが多いのも特徴の1つ。 そのため、鏡をよく見る人が多いとも言えるでしょう。 自己満足のためにかっこつける男は、とにかく「周りからの注目を集めたい」という願望が強いので、誰かが見ているときのみかっこつける行動をします。 誰かに見せつけるため、注目を集めるためにかっこつけているのです。 5,かっこつけるのは本来の自分を見せないようにするため かっこつける男の特徴には、かっこつけるのは本来の自分を見せないようにするためであることも挙げられます。 かっこつける男がかっこつけるのは、大抵が「自分をよく見せたい」というものですが、中には本来の自分を隠すためにかっこつける男もいます。 自分に自信がなく、ありのままの自分を見せることで周りから「あの人かわってるよね」「なんか変だよね」などと言われたくないため、かっこつけるのです。 本来の自分を見せないようにするためにかっこつける人は、過去に自分の性格などをバカにされた経験のある人であることも。 そういう嫌な経験があるからこそ、もうそういう思いをしないですむように、とかっこつけているのでしょう。 人前ではかっこつけてキャラを作っているので、疲れてしまうこともあります。 本音で自分をさらけ出せる友人ができればいいのですが、なかなかそういう友人ができないことも特徴といえそうです。 6,かっこつける男は目指すべき人の真似をしている かっこつける男の特徴には、かっこつける男は目指すべき人の真似をしていることが挙げられます。 「憧れの人」というのがいて、その人はかっこつける男にとってはものすごく「かっこいい人」なわけです。 自分もそうなりたいと思っており、憧れの人になるためにはどうすればいいか?を考えた結果、真似をするという行動に出るのです。 もちろん、自分の目標とする人の真似をすることが、必ずしも悪いこととは限りません。 しかし、かっこつける男は憧れの人の目立つところだけしか真似をしない(真似ができない)ので、見ている人が違和感を覚えることも否定できません。 「なんか変だよね」と言われてしまうのは、憧れの人にはある「こだわり」がなく、ただうわべだけを真似しているにすぎないからでしょう。 やや残念ではありますが、本人は「目指すべき人、憧れの人に近づいている」と信じて疑っていないのです。 かっこつける男の性格 続いて、かっこつける男の性格について紹介します。 かっこつける男の性格には、どんな共通する部分があるのでしょうか。 かっこつける男の性格について、まとめてみました。 1,かっこつける男はナルシストな性格 かっこつける男の性格には、かっこつける男はナルシストな性格であることが挙げられます。 かっこつける男は、自分がしている行為や行動を「かっこつけている」とは思っていません。 かっこつけているのではなく、かっこいいことをしていると思っているのです。 つまり、自分はかっこいいというナルシストな性格だと言えるでしょう。 鏡を見る回数が多いタイプのかっこつける男は、間違いなくナルシストな性格だと言えるでしょうね。 「自分はかっこいいんだ」と思っているのですが、残念ながら本人が思っている「かっこよさ」は、周りの人には理解されないことも多いもの。 周りの人に理解してもらえないからこそ、かっこつける男は周りの人から「ダサい」と思われてしまうのです。 2,かっこつける男は自信家な性格 かっこつける男の性格には、かっこつける男は自信家な性格ということが挙げられます。 自分のことをかっこいい人間だと思っているかっこつける男は、「自分は他の人よりも優れている」という意識が強め。 こういう気持ちを持てるということは、すなわち人よりも優れている部分、自信を持てる部分があるわけです。 これは、先ほど紹介した「自分の良さをしってほしい」という気持ちにも直結するのですが、自信を持てる部分があるからこそ、そこを知ってほしいと思うのです。 たとえば ・家が裕福である ・高学歴である ・人が羨む職業に就いている ・高給取りである ・女性からモテまくる などが、かっこつける男の自信を持てる部分としては多いでしょう。 かっこつける男の自信を持てるものというのは、内面よりも見た目など「中身がない部分」であることも特徴の1つ。 そういうところに自信を持つのもいいですが、自信を持てるのがそこだけになってしまうところが、周りから「中身がない人」「ダサい」と思われるきっかけとなるのです。 3,かっこつける男は周りの目を気にする性格 かっこつける男の性格には、かっこつける男は周りの目を気にする性格であることが挙げられます かっこつける男は、周りの人が自分のことをどう思っているのかが気になって仕方がありません。 周りの人から、少しでも「良く見られたい」「かっこいいと思われたい」と常に思っているのです。 周りからどう思われているかが気になって仕方がないので、かっこいいと思われる行動をしています。 もっとかっこいいと思われたいという気持ちが、かっこつける男がかっこつけるきっかけなのだと言えるでしょう。 スポンサーリンク 4,かっこつける男はプライドが高い かっこつける男の性格には、かっこつける男はプライドが高いことが挙げられます。 かっこつける男は、ナルシストで自信家な性格をしていますから、必然的にプライドが高いと言えるでしょう。 人より優れていると思っているわけですから、かっこつける男は人よりもすごいと言われたいのです。 そのため、自分のしていることをバカにされたり、他人と比較されることは大嫌い。 特にかっこいいと思って行っている、「かっこつける行為」に対して、「何それ?ダサくない?」なんて言われると、思わず感情が高ぶってしまうことも少なくありません。 かっこつける男は、とにかくプライドが高いので扱うのが大変なところがあるのです。 かっこつける男の言動 かっこつける男の言動について、見ていきましょう。 かっこつける男の特徴と性格について紹介しましたが、次は「かっこつける男の言動」に注目してみたいと思います。 かっこつける男には、言動にも共通するものがあるのです。 どんな言動があるのでしょうか。 1,かっこつける男は自慢話が多い かっこつける男の言動には、かっこつける男は自慢話が多いことが挙げられます。 かっこつける男というのは、自分のことが大好き。 そのため、会話はたいていが自慢話から始まります。 とはいえ、いきなり「俺ってかっこいいでしょ?」と言うことはさすがにありません。 はっきりと「俺ってかっこいいでしょ?」とは言わないものの、明らかに自慢していますよね。 かっこつける男は、こういう自慢話を毎回のようにしてくるという特徴があるのです。 2,かっこつける男は見栄を張る かっこつける男の言動には、かっこつける男は見栄を張ることが挙げられます。 かっこつけるためには、見栄を張ることは少なくありません。 あからさまにバレることを言うのではなく、本当にあったことを「やや大げさに言う」「やや話を盛る」ことがかっこつける男の特徴。 旅行先でちょっとだけいいホテルに泊まったことをスイートホテルに泊まったと言ったり、初めて女性に声をかけられたのに「毎回逆ナンされて困る」と言ったりするわけです。 見栄を張るというのは誰にでもあることですが、かっこつける男は「毎回見栄を張る」ので、ちょっと厄介かもしれません。 だんだんと話が大げさになっていくので、聞いている方もだんだん「また話を盛っているな」とシラケてしまうことでしょう。 3,かっこつける男は誰かの受け売りが多い かっこつける男の言動には、かっこつける男は誰かの受け売りが多いことが挙げられます。 かっこつける男は、「かっこいいな」と思ったセリフなどは常に取り入れていきます。 そのため、 ・本で読んだセリフ ・ドラマで聞いたセリフ などを、あたかも自分の言葉のように言うことも少なくありません。 すべてが誰かの受け売りというわけではないのですが、決めゼリフはどこかから持ってきた言葉であることが多いのです。 誰もが知っているようなセリフをそのまま取り入れてしまうので、周りの人も「どこかで聞いたことあるな…」と思ってしまうことでしょう。 スポンサーリンク 4,かっこつける男は口だけで行動しない かっこつける男の言動には、かっこつける男は口だけで行動しないことが挙げられます。 かっこつける男というのは、口ではかっこいいことを言います。 周りの信頼や評価を得るためにどうすればいいのか?ということを、かっこつける男は分かっているので、その場だけのつもりで言いたい放題。 その場だけのつもりで言っていますので、実際に行動することはありません。 かっこつける男には、自分で言ったことを実現するだけの能力は持っていないのです。 実際、仕事において大きなことを言ってしまい、やむなく行動した結果大失敗してしまった、という人もいるそうです。 5,かっこつける男は粗が見える かっこつける男の言動には、かっこつける男は粗が見えることが挙げられます。 かっこつける男は、常にかっこよくいたいと思っているのですが、それは裏を返せば「実際はかっこよくない」ということ。 誰かの真似をしていても、見た目しか真似をすることができていないため、本物のかっこいい男とは違う、カッコ悪さがどこかににじみ出てしまうことでしょう。 かっこつける男のかっこよさは、雑なのです。 たとえばビシッとスーツを決めているのに靴は汚れていたり、髪型やファッションは決めているのに財布はボロボロであったり。 本物のかっこいい男にはあるこだわりがかっこつける男にはないので、簡単に見破られてしまうのです。 かっこつける男のかっこよさには粗がありますから、見破るのは簡単かもしれませんね。 かっこつける男の行動や仕草 続いて、かっこつける男の行動や仕草について紹介します。 かっこつける男の行動や仕草には、どんな特徴があるのでしょうか。 1,かっこつける男は回りくどい かっこつける男の行動や仕草には、かっこつける男は回りくどいことが挙げられます。 かっこつける男は、何をするにも「回りくどい」のです。 たとえばまっすぐ歩けばいいのにフラフラ歩いたり、物をとるだけなのに大げさに腕を振ったり…。 これらは手足を長く見せたいからなのか分かりませんが、かっこつける男は回りくどい行動が「かっこいい」と勘違いしているのです。 すぐにやらないで回りくどくすることで、周りから注目してもらいたいと思っているのかもしれません。 自分では回りくどい行動をしているという自覚がない場合も多く、周りから「ウザイ」と思われていることにも気づいていないことも多いです。 2,かっこつける男は相手によって態度を変える かっこつける男の言動には、かっこつける男は相手によって態度を変えることが挙げられます。 かっこつける男は、誰の前でもかっこつけているわけではありません。 好きな女性がいるときといないときとでは、態度や行動が180度違うなんてことも。 ついさっきまでかっこつけていたのに、好きな女性がいなくなった途端に態度が変わることも珍しくはないんですよ。 相手によって態度を変えるというのは、見ている方からすると「何?この人」と感じてしまうきっかけの1つ。 女性がかっこつける男をダサいと感じる理由も、まさにここにあると言えるでしょう。 3,かっこつける男はどこかで見たテレビや映画の俳優の真似をする かっこつける男の言動には、かっこつける男はどこかで見たテレビや映画の俳優の真似をすることが挙げられます。 テレビや映画の俳優の真似をすることは、別に悪いことではありません。 ただし、かっこつける男は「参考にしている」というレベルではなく、「そのまま真似する」ためダサいと思われてしまうのです。 テレビや映画の俳優がやっていたかっこいいことを、かっこいい自分がやればもっとかっこよくなるはずだと思っているため、そのまま真似してしまうのでしょう。 こちらも、女性がかっこつける男をダサいと感じてしまう理由と言えそうです。 4,かっこつける男はハイブランドのものを身に着ける かっこつける男の言動には、かっこつける男はハイブランドのものを身に着けることが挙げられます。 かっこつける男は、ハイブランドのほうがかっこいいと思っているので、とりあえずハイブランドを身に着ければいいと思っているところがあるのです。 収入に見合っていないということは、言うまでもありませんね。 かっこつける男は「ハイブランドを身に着ければいい」と思っているため、コーディネートは苦手であることも。 どこか浮いている、違和感があるというのもかっこつける男の特徴と言えるでしょう。 ハイブランドを身に着けることで、更に自分に自信を持ちたいという気持ちもあるようです。 5,かっこつける男は流行に流されまくり かっこつける男の言動には、かっこつける男は流行に流されまくりなことが挙げられます。 かっこつける男は、雑誌やテレビなどのメディアの情報を鵜呑みにします。 自分の意思ややり方というものはないので、自分には何が似合うのか、自分の雰囲気に合っているかどうかというのは気にしません。 そのため、流行に流されまくりで違和感があることは否めませんね。 流行をほどよく取り入れるのはいいのですが、流行に流されまくりで中身がないのは女性からダサいと思われてしまう理由の1つです。 6,かっこつける男はSNS大好き かっこつける男の言動には、かっこつける男はSNS大好きなことが挙げられます。 かっこつける男は、「かっこいいところを誰かに見せたい」という気持ちが強め。 自分のかっこよさをたくさんの人に見てもらえるSNSは、かっこつける男にとって自分の良さを知ってもらうための最高のツールでもあるのです。 ・他人から羨ましがられたい ・他人から素敵と言われたい こんな願望があるかっこつける男にとって、SNSは絶好の見せ場ですよね。 SNSをやっている人すべてがかっこつける男というわけではありませんが、SNSを頻繁に更新していたり、自分が購入したものの写真をアップしている場合は「かっこつける男」である可能性が高いと言えるでしょう。 かっこつける男はモテない? ここまでかっこつける男の特徴、性格、言動、仕草、行動について紹介しましたが、かっこつける男はモテないのでしょうか。 確かにかっこつける男は「ダサい」と思われがちですが、かっこつける男=モテないというわけではありません。 本当にかっこいい男であれば、かっこつける行動をしていてもモテることはあるのです。 むしろ、かっこつける方が素敵と思われることもあるでしょう。 女性が「かっこいい」と思う男性の特徴には、 ・清潔感がある ・常識やマナーがある ・さりげない優しさがある などがあります。 かっこつける男はダサいと思われることのほうが圧倒的に多いのですが、本当にかっこいい男性であるのなら、モテないこともないようですよ。 まとめ かっこつける男の特徴や性格、言動、仕草、行動について紹介しました。 女性からダサいと思われてしまうかっこつける男ですが、かっこつける男には様々な特徴があることが分かりました。 かっこつける男は「自分はかっこいい」と思っていることが多いのですが、その行動は空回りしていることが多いと言えるでしょう。 本当にかっこいい男性であるならかっこつけていてもモテるのですが、たいていはモテることはありません。 かっこつける男の特徴に当てはまるなぁと感じた人は、一度自分の言動や仕草などを見直してみるといいかもしれませんね。 【関連記事】.

次の