イヌリン 難 消化 性 デキストリン。 難消化性デキストリン|大塚製薬

イヌリンと難消化性デキストリンはどう違う?効能や効果を比較

イヌリン 難 消化 性 デキストリン

イヌリンダイエットとは? まずはイヌリンについてですが、一言で言うと多糖類であり食物繊維に分類される物質で人間の胃では消化されずに腸まで到達する珍しい成分となっております。 一応の分類として水溶性食物繊維になりますが、腸で水分を含んでゲル状になる作用はありますので、食物繊維としての効能にも期待できるでしょう。 腸内で代謝されて善玉菌の餌になる成分としても有名でありブドウ糖の生成が抑制されるようになると言うことで、肝臓の負担も小さく糖尿病患者にとって救いとなる成分ではないのかと言われ、研究が続けられております。 このような特徴のあるイヌリンを活用して体を引き締めようというのがイヌリンダイエットです。 効果は? イヌリンはでんぷんや砂糖と同じ糖質なので、甘みを感じることはできるのですが、先ほど記載したように消化吸収ができないため腸内にまで必ず到達し、発酵分解されるようになります。 この腸内分解の段階で ほかの糖質の吸収を妨げるようになるので血糖値を上昇しにくくする作用が働き、腸内細菌であるオリゴ糖などの乳酸菌の補助効果や食物繊維としての働きも期待できるので、 便秘解消などの効果も期待できるでしょう。 人間はイヌリンを消化できる消化酵素を持っていないので胃酸や唾液で消化することができず、腸にまで到達するのですが、水溶性食物繊維なのでゲル状になる性質があることからほかの食物を吸着して消化器官系を一気に通過するようになるのです。 そのため、 ほかの食べ物の吸収率を低下させます。 このようなことからダイエット効果があると言えます。 過食傾向にあってなかなか食べる量を減らせない方には重宝されることでしょう。 難消化性デキストリンとイヌリンとの比較 そしてよく比較対象とされるのが難消化性デキストリンです。 この比較がなかなかに難しく植物性由来の多糖類なので働きもかなり似ております。 同じような作用として、整腸作用・食後の血糖値上昇抑制作用・食後の中性脂肪上昇抑制作用があるのですが、調べた限りでは 難消化性デキストリンの方がこれらの3つの作用が強いらしく、特定保健用食品として認可が下りていることから様々な商品に配合されているという違いもあります。 また、 デキストリンの方が作りやすく安価になっているので使い勝手はいいでしょう。 しかし、オリゴ糖を生産する作用やインシュリンの分泌抑制は難消化性デキストリンにはありませんので、 純粋なダイエットという視点ではイヌリンの方が上であると考えられます。 イヌリン甘味料としての作用もありますので、甘さがほしいという人にとって使い勝手がよいという差もあるでしょう。 イヌリンを含む食品 イヌリンは天然の多糖類の一種で、地下茎や根に蓄えられる性質を持っております。 具体的には 菊芋・チコリ・タンポポ・ニラ・ごぼうなどに含まれているようです。 特に菊芋に関してはジャガイモ・さつまいもなどが血糖値を上げるデンプン主体な食べ物であることから嫌われがちですが、実は 菊芋はでんぷんが含まれていないでかわりにイヌリンが含まれている特殊な芋なので覚えておかれるといいでしょう。 サプリで摂るのも効果的? イヌリンは先ほど紹介した食べ物に含まれてはいますが、その人の食生活次第ではなかなか食べないという方も出てきてしまうでしょう。 特に、ダイエット効果を発揮してもらうためにはかなりの量を摂取する必要がでてきてしまうので、 できる限りサプリで補うことも考えた方がいいです。 後に摂取量なども紹介しますが、 ゴボウや菊芋ではその数値に届くことはほぼありませんので、できる限りサプリの力を使うようにしましょう。 粉末パウダーのイヌリンも市販されているので、サプリがちょっと苦手という方はそちらを利用するのもいいでしょう。 食品から摂取する方法とパウダーやサプリメントから摂取する方法がありますが、ゴボウの場合は皮ごと食べることが必要になってしまいますのでなかなか大変でしょう。 皮に近い部分に含まれているので非常に摂取しにくいところがあります。 菊芋も手に入りにくいのでやっぱり 主要な方法はサプリとなってしまいます。 ダイエットにイヌリンを利用するという方は食物に吸着する作用を利用するということなので、 食事の前か食事中に摂取するのが良いでしょう。 食後ではその作用が働きにくくなってしまいます。 一説には、食後すぐでもまだ間に合うとのことですが、最も大きな効果を手に入れるためには食前か食事中にしてください。 副作用はある? まず言われていることは 食物性の成分なので過剰摂取をしない限りは滅多に危険なことは起こらないと言うことです。 Sponsored Link しかし、 1日の摂取量である8~14gを超えてしまった場合は腹痛や下痢などの症状を引き起こす危険性もあります。 また、アレルギーが発生する危険性もありますので、 アレルギー体質の方は一気に大量の摂取は避けた方がいいでしょう。 アナフィラキシーショックが発生する可能性があります。 なので、アレルギーが気になる人は1日3g程度の摂取をし続けて様子見をしましょう。 その後は量を増やして対応してください。 ただし、イヌリンの摂取は栄養素の吸収効率が落ちていることと同義ですので、 長期間のダイエットは避けた方がいいでしょう。 できる限り2ヶ月以内でやめるようにしてください。 口コミってあるの? イヌリンを使ったダイエットははっきり言ってかなりマイナーな部類に入るので 口コミはほとんどありません。 SNSなどで探せばちょっとした書き込み程度なら見つけることができるでしょうが、口コミを集めるのは苦労することになるでしょう。 そのため、ダイエットに使えるのかどうかを調べたいという人は別の方法で調べるしかありません。 最も簡単な方法は楽天やAmazonなどの通販サイトで売られているイヌリンが主体のサプリメントの評価や口コミを見ることです。 この場合はダイエット目的以外の方も購入しているのでその中からダイエットに関係していそうな書き込みを探す必要があるのですが、 健康面の意見が多いのでダイエット関連の記載は少ないです。 ただし、 「便秘が解消した」という記載は非常に多いので、便秘によってダイエットがうまくいっていないかったという人にとってはダイエット効果が高いということが見えてきます。 イヌリンは糖尿病にも効果的? イヌリンは腎機能の測定方法である「腎クリアランス」の検査薬として利用されております。 その最大の理由が靱帯で精製されない物質であること、体内で分解されることがなく腎臓で再吸収されることもないことです。 そんなイヌリンですが、食事などで摂取すると一部は水分を含んでゲル化して食品の糖や脂質を一緒に巻き込みつつ排出されるようになるので、 食後の血糖値上昇を抑える作用が働くのです。 この部分が 糖尿病の予防並びに糖尿病患者にも有効であるという意見が増えております。 糖尿病によいと医師に勧められて摂取したという人は、そこから血糖値の下降が始まり、体調が整ったという意見もありますので、効果は確かにあるのでしょう。 イヌリンはインスリンの大量分泌を防ぐ性質がありますので、糖尿病患者に注目される要素は大きいと言えます。 イヌリンのダイエット効果につきましては、次のサイトも参考にしてみて下さい。 Rakuten infoseek News 最後に 以上、いかがだったでしょうか。 今回はイヌリンのダイエット効果について色々と紹介して参りました。 イヌリンのダイエット効果は確かにあると思いますが、ほかの栄養素の吸収効率も下げてしまうという部分が気になります。 インシュリンの分泌を抑えることができるというのは非常に大きなことでありますし、糖尿病予防やダイエット効果は高いと言えるでしょう。 それでも、ほかの栄養素の効果が出にくくなってしまうと思われますので、長い期間は使わない方がいいと思われます。

次の

難消化性デキストリンの飲み方!飲むタイミングが悪いと・・・

イヌリン 難 消化 性 デキストリン

血糖値の上昇を穏やかにする• 食後の中性脂肪の上昇を穏やかにする• 整腸作用 水溶性食物繊維がダイエットに効果的だといわれるのは、この3つの効果のおかげ。 「糖と脂肪に効く」というキャッチフレーズ通り、太る原因となる糖と脂肪の両方に働きかけてくれるのです。 イヌリンはこの3つの作用に加えて、 難消化性デキストリンにはないこんな効果が期待できるといわれています。 消化できないから血糖値が上がりにくい イヌリンは人間の消化酵素では分解できないため、 難消化性デキストリンよりも血糖値が上がりにくいといわれています。 2015年に放映された、NHKの人気番組という回で紹介されたことで、人気が火がつきました。 腸でオリゴ糖に変化するから便秘解消効果が期待できる 消化されずに腸までたどり着いたイヌリンは、発酵して分解され、フラクトオリゴ糖になります。 オリゴ糖は、腸内にいる善玉菌の大好物。 善玉菌が優勢になり、腸内環境が整いやすくなります。 イヌリンにデメリットはあるの? 難消化性デキストリンよりも血糖値が上がりにくく、腸内環境を整えてくれる効果が期待できるイヌリン。 いいことづくめのようですが、難消化性デキストリンよりも使いにくい点ももちろんあります。 イヌリンはトクホではない 難消化性デキストリンは、安全性と効能が消費者庁に認められた特定保健用食品 トクホ です。 対してイヌリンは、糖尿病の改善や予防効果が期待されていますが、厚労省は人体への効果は否定しているそうです。 似たような天然由来の水溶性食物繊維ですが、安全性を重視する人は特定保健用食品の難消化性デキストリンを選んだほうがいいかもしれません。 溶けにくいから飲み方が限定される イヌリンは難消化性デキストリンよりも、溶けにくくダマになりやすいです。 また、甘みも強く、甘味料として使われることもあるほど。 冷たい水でも溶けやすく、ほとんど味もない難消化性デキストリンに比べると、飲み方が限定されてしまいます。 利便性を求める人には不向きかもしれません。 おならが出やすくなる 消化されずに腸にたどり着いたイヌリンは、発酵してオリゴ糖へと分解されるため、おなかにガスが溜まりやすくなります。 にも「おならが出やすくなった!」というコメントが多く見られました。 外出時間が長い人にはコレ、大きな問題ですよね 汗.

次の

難消化性デキストリンの飲み方!飲むタイミングが悪いと・・・

イヌリン 難 消化 性 デキストリン

難消化性デキストリンは食物繊維不足を補うためにトウモロコシのでんぷんから作られました。 消費者庁から特定保健用食品(トクホ)の関与成分としても許可されています。 難消化性デキストリンとは、読んで字のごとく「消化しにくいデキストリン」というわけですが、どういうものでしょう? まず、トウモロコシのデンプンを焙焼し、アミラーゼ(食物として摂取したデンプンを消化する酵素)で加水分解します。 その中の難消化性成分を取り出して調製した水溶性食物繊維が難消化性デキストリンです。 日本人の食生活が欧米化し、食物繊維の役割が重視されるようになったため、不足しがちな食物繊維を補う目的で作られました。 難消化性デキストリンは、低粘性・低甘味で溶けやすく、水に溶かした場合はほぼ透明、耐熱性・耐酸性に優れている食品素材です。 いろいろな生理機能をたくさんもっているため、さまざまな食品に利用されています。 1グリコシド結合・・・多糖の糖単位を連結している構造のひとつ。 2重合・・・簡単な構造をもつ分子化合物が2つ以上結合して分子量の大きな別の化合物を生成すること。 難消化性デキストリンは安全? 安全性はどうでしょうか。 難消化性デキストリンについて、米国FDA(食品医薬品局)は、1日の摂取量の上限値を明確に定める必要がないほど、安全な食品素材であると認めています。 また、消費者庁長官が許可する特定保健用食品(トクホ)の関与成分となっています。 過去の安全性を調べたヒト試験では、難消化性デキストリンを1日3回毎食前に10gを16週間にわたり摂取した結果、血圧などの生理学的検査値は変化を認めず、またその他の臨床検査値、特に血清タンパク質およびCa(カルシウム)、Mg(マグネシウム)、Fe(鉄)などのミネラル濃度について、難消化性デキストリン摂取が原因となる変化は認められなかったと報告されています。 さらに、試験期間中、下痢などの消化器症状をはじめ、とくに問題となる症状はみられず、安全であると報告されています。 出典 臨床栄養 83,301-305 (1993) 難消化性デキストリンの体内での働き 難消化性デキストリンには主に5つの作用があります。 糖の吸収スピードの遅延作用(食後血糖の上昇抑制作用) 食事から摂った糖質は小腸で消化され、吸収されて肝臓に送られます。 単糖類や二糖類と一緒に難消化性デキストリンを摂取させたラットおよびヒトを対象としたいくつかの試験では、難消化性デキストリンは単糖類のブドウ糖(グルコース)や果糖(フルクトース)の吸収には影響を及ぼさないが、二糖類の麦芽糖(マルトース)の消化・吸収には影響を及ぼし、食後血糖値の上昇を抑えました。 食事と一緒に難消化性デキストリンを摂取させたヒト試験では、でんぷんの消化過程で生成される麦芽糖の消化を抑制することで食後の血糖値の急激な上昇を抑えることが確認されています。 日本内分泌学会雑誌、68,623-635(1992) 日本栄養・食糧学会誌、46,131-137(1993) 糖尿病、35,873-880(1992) 栄養学雑誌、53,361-368(1995) 日本食物繊維研究会誌、3,13-19(1999) 出典:健康・栄養食品研究2, No. 4(1999) 被験者36人に対して、難消化性デキストリン5g配合したお茶と一緒にうどん定食を食べると、難消化性デキストリンを配合していないお茶と一緒にうどん定食を食べた時と比べ、血糖値の上昇が食後30分と60分の時点では有意に抑制されました。 整腸作用 難消化性デキストリンは、腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)を改善するなど、整腸作用と関わりのある生理作用があることもわかっています。 難消化性デキストリン摂取により糞便量および排便回数が増加したことが、ヒト試験では報告されています。 難消化性デキストリンを1日5gまたは10g摂取することで、排便回数と糞便量が増加し、便の性状と排便後の感覚が良好になったという結果も報告されています。 出典 栄養学雑誌 51,31-37(1993) 3. 脂肪の吸収スピードの遅延作用(食後血中中性脂肪の上昇抑制作用) 難消化性デキストリンを食事とともに摂取すると、食事に含まれる脂肪の吸収は遅延し、食後血中中性脂肪の上昇は緩やかになりました。 出典 薬理と治療 36,445-451(2008) 4. 内臓脂肪の低減作用 BMI 23以上の成人男性36名が難消化性デキストリン9gを含む茶飲料あるいは含まない茶飲料を摂取した試験で、難消化性デキストリンを摂取した場合、内臓の脂肪量および食後の血中中性脂肪値は有意に抑えました。 出典 肥満研究 13,34-41(2007) 5. ミネラルの吸収促進作用 難消化性デキストリンはCa(カルシウム)、Mg(マグネシウム)、Fe(鉄)、Zn(亜鉛)の吸収を促進することが動物実験で確認されました。 また、血液中の鉄成分が低値の女子大生が難消化性デキストリンを4週間毎日15g摂取した試験では、血清鉄の値が上昇し、改善が認められました。 よく食品素材として使用される水溶性食物繊維•

次の