ファンソル ec ショップ。 ZOZO、ロコンド、ギルトなど、人気ファッション系ECサイトまとめ

EC初心者が10分で理解するECサイトの制作の手順と費用相場

ファンソル ec ショップ

ただし、注文から7時間以内かつ発送作業に入っていない場合はキャンセルを受け付ける場合があります。 お電話またはメールでご連絡ください。 また、返品の際は納品書または払込用紙を同封ください。 条件に合うお客様で返品を希望される場合は、お客様センター(0570-089-639)までお電話にて返品の申込みをしてください。 (お電話での申込みがないまま返送されたお荷物は、再送となります。 ご注意ください。 (2)瑕疵担保責任に基づく返品等について お届けした商品が破損・汚損し、又は品質上の瑕疵がある場合(外装等商品の使用に影響を及ぼさないものを除く)、商品到着日から10日以内に「お問い合わせ先」までご連絡いただければ、当該商品の瑕疵のないものと交換対応いたします。 当社の指示した方法により、当該商品を「返送先」まで着払いにてご返送ください。 (3)お体に合わない場合について 当社の商品を使用したことで、お客様の体調に変化が生じた場合、お客様はご自身の判断で直ちに当該商品の使用を中止し、必要に応じて医師にご相談ください。 なお、お体に合わない等の理由で返品を希望される場合には、必ず医師の診断書原本をご提出ください。 (1)定期コース(自動お届けコース) の条件について 当社が提供する定期コース(自動お届けコース)は、以下のとおりです。 A.初回100円モニターコース 【購入期間又は購入量】 初回100円モニターコースは、対象商品を初回発送時に1袋(6日分)を発送し、初回発送日の6日後に2回目として4ヶ月分合計20袋(1袋あたり6日分)を一括して発送します。 2回目の発送後、4ヶ月毎に自動で対象商品4ヶ月分を一括してお届けします。 【代金】 初回100円モニターコースの初回代金は、対象商品の代金が1袋100円で送料無料(税込)、2回目以降の代金につきましては、対象商品に関する料金合計39,200円(税込。 送料が無料)となります。 【解約について】 下記の「定期コース(自動お届けコース)の解約について」をご参照ください。 なお、解約の申し込みは、原則として、初回と2回目分の請求額合計39,300円(税込)をお支払い済みのことが条件となります。 過去に一度、初回100円モニターコースを申し込まれたことがある方は、初回の1袋が100円のキャンペーンは適用されませんのでご注意ください。 また、初回注文から4ヶ月後にメールで送られるモニターアンケートにお答えください。 B.初回100円トクトクモニターコース 【購入期間又は購入量】 初回100円トクトクモニターコースは、対象商品を初回発送時に1袋(6日分)を発送し、初回発送日の6日後に2回目として2ヶ月分合計10袋(1袋あたり6日分)を一括して発送します。 2回目の発送後、2ヶ月毎に自動で対象商品2ヶ月分をお届けします。 【代金】 初回100円トクトクモニターコースの初回代金は、対象商品の代金が1袋100円で送料無料(税込)、2回目以降の代金につきましては、1回の配送につき対象商品に関する料金合計19,600円(税込。 送料が無料)となります。 【解約について】 下記の「定期コース(自動お届けコース)の解約について」をご参照ください。 なお、解約の申し込みは、原則として、3回目までの請求額合計39,300円(税込)をお支払い済みのことが条件となります。 過去に一度、初回100円トクトクモニターコースを申し込まれたことがある方は、初回の1袋が100円のキャンペーンは適用されませんのでご注意ください。 また、初回注文から4ヶ月後にメールで送られるモニターアンケートにお答えください。 次回以降の商品を受領後、次の解約受付期間中に、改めてご連絡をお願いいたします。 <定期コース(自動お届けコース)解約の受付期間について> A.初回100円モニターコース 初回100円モニターコースは、2回目注文日を起点として、4ヶ月後(120日後)に3回目の発送が行われます。 初回100円モニターコース解約をご希望のお客様は、上記3回目の発送日の7日前までにご連絡をお願いいたします。 B.初回100円トクトクモニターコース 初回100円トクトクモニターコースは、2回目注文日を起点として、2ヶ月毎(60日)に次回の発送が行われます。 初回100円トクトクモニターコース解約をご希望のお客様は、4回目の発送日の7日前までにご連絡をお願いいたします。 条件に合うお客様で返品を希望される場合は、以下の「お問い合わせ先」まで電話にて返送の申し込みをしてください。 内容を確認した上で、原則として2~3営業日内にご連絡差し上げます。 予め、ご了承ください。

次の

ファンソルの王妃の恵み100円は嘘?返品やクーリングオフ・解約について

ファンソル ec ショップ

(写真:ZOZOVILLA サイトより) 商品のサイズや色合いなど、ファッションアイテムは実際に商品を手に取ってから購入するのが一番ですが、ショッピングに出掛ける時間の無い人や手軽にリラックスした状態で購入したいという人にECサイトは欠かせない存在のようです。 最近では、各社ECサイトでコメント書き込み機能や365日返品可能システム、おねだり機能など、個性的で工夫されたコンテンツが充実。 より簡単な操作で購入できるシステムなどにより、今までウェブサイトでの買い物に抵抗のあった人も試しやすくなっているのではないでしょうか。 「ZOZOTOWN」のトップページにアクセスすると中央にブランド情報やユーザーによるコメントが表示されているほか、Yahoo! JAPAN、Googleショッピング、mixi、Twitter、Facebook、Greeなど外部サイトへ直接情報共有可能。 また、国内外のデザイナーズ、ラグジュアリーブランドを取り扱う「ZOZOVILLA(ゾゾヴィラ)」、人気セレクトショップやブランドのサンプル品を展開している「ZOZOOUTRET」、世界82カ国で利用・配送が可能な「ZOZOTOWN. com」など多彩なコンテンツが用意されています。 com 「fashionwalker. com(ファッションウォーカー ドットコム)」は、250以上もの人気ブランドが参加し、「Yahoo! ショッピング」やTV通販「ショップチャンネル」と連携することで新たなファッションコマース市場を開拓し続けてきたファッションサイト。 サイト内はB1F〜7Fまでの仮想ショッピングビルになっており、フロアごとにカテゴリー分けされた商品をラインナップ。 自分の好きなスタイルから商品を選ぶことができたり、サイト上で人気ブランドの先攻受注会を開催し、話題の商品やお気に入りブランドの商品をいち早く予約することができます。 また、「東京ガールズコレクション(=TGC)」とも連動している為、ランウェイに登場したアイテムを素早くチェックしリアルタイムで購入することができるようになっています。 数千ものレディースアイテムやメンズ、ビューティー、キッズの商品をまとめて検索でき、気になる商品があればワンクリックでECサイトへアクセスして直接購入することが可能。 公開されているコーディネート案や海外セレブリティーの着こなしを参考にブランド、ショップ、セールの有無、価格やカラーなどの項目で絞って検索することができます。 また、"MYスタイルブック"ページでコーディネートを作成し、ブログにアップしたり友達に紹介することも可能。 「ShopStyle」にはウェブ上のファッションコミュニティーがあり、SNS機能で同じスタイルを持つユーザーと意見を交換したり、コーディネートを共有したりする交流の場が設けられています。 雑誌掲載商品だけではなく、ドメスティックからインポートまで850を超えるブランドを紹介。 「magaseek」独自のウェブカタログの掲載やブランドの先攻受注会なども行われています。 また、隠れたロングセラー特集やデイリーランキングで売れ筋をチェックすることもできる便利な機能付き。

次の

返品・解約等について

ファンソル ec ショップ

すでにECサイトを構築している方、あるいはこれから構築する方も、常に自社ショップに「最適なショッピングカートはどれだろう?」と、頭を悩ませていませんか? さらに昨今、検索エンジンはコンテンツの質を重視するようになっています。 そこで注目されているのが、コンテンツマーケティングをECで活用するといった動きです。 今回は、主要ショッピングカート徹底比較をお届けするとともに、コンテンツマーケティングをECへ活用するといった文脈で、代表的な19のショッピングカートを比較・検証していきたいと思います。 その実力から、「広告の費用対効果を改善させる通販(D2C)クラウドサービスNo. 1」にも選ばれています。 累計1000アカウント以上が導入され、平均で4. 2倍の広告費用対効果改善、最大で18. 0倍の広告費用対効果改善を実現し、『売れるネット広告つくーる』を利用した企業から、たくさんの100億円企業が誕生しています。 だからこそ、多くの『売れるネット広告つくーる』を利用した企業が、年商100億円超えを達成しているのですね。 実は、今の世の中のカートシステムにもある『確認画面後でアップセル』や『申込フォーム一体型ランディングページ』は、売れるネット広告社が独自で生み出した施策で、特許や商標登録をしているそうです。 カートシステムによっては、今後使用することができなくなるかもですね。 1-2『売れるネット広告つくーる』|コンテンツマーケティングに活用 ネイティブ広告を活用したコンテンツマーケティングを実施する場合にネックとなることは、申込完了までのフローが長く、離脱率が高くなることです。 通常記事広告のフローは、インフィード広告から申込完了まで概ね10個のステップがあります。 87倍改善した事例もあるということです。 の特徴 は、22,000店舗の導入実績のネットショップ開業、ショッピングカートサービスです。 SEO、集客、スマホサイト、顧客管理、販促、オリジナルデザインなど、ネットショップに必要な全てが揃っています。 Yahoo! ショッピングや価格. com、その他ECナビをはじめとした、数多くの大手媒体に商品を自動出品することでき、業界最多の31アフィリエイト業者との連携もしています。 サポート対応も充実しており、電話・メールサポートはもちろん、直接レクチャーを受けられる無料セミナーや、ショップ専用の掲示板もあります。 くわえて、開店講座テキストの無料プレゼントなども行っており、初心者フォローアップ機能が充実しているため、特に初心者の方にオススメです。 また、 には162種類のデザインテンプレートがありますので、デザインが苦手な方でも安心です。 自分のネットショップに合ったデザインを選ぶことができます。 ちなみには、ショッピングカートサービスのなかでは「No. 1」の機能数を誇ると言われています。 毎月のように、ユーザーの要望に応じて機能がつぎつぎと追加されており、今後もさらに機能が充実していくでしょう。 2-2. |コンテンツマーケティングをECへ活用? ・Wordpress連携が可能 各ショッピングカートを比較しても、現時点ではが一番ECサイトのメディア化に、先行して対応している印象があります。 2015年12月には、 で作成したECサイトと、Wordpressを連携できるオプションサービスも開始されており、同一ドメインでの運用が可能となっております。 その結果、良質なコンテンツを継続的に更新することで、ECサイト自体のドメインも強化することができるようになりました。 ・カートボタンの外部サイト設置が可能 また2015年4月には、【】がリリースされています。 これで初歩的なHTML知識があれば、カートボタンを外部サイトに設置できるようになりました。 コンテンツマーケティングで外部サイトにアクセスを集め、そのアクセスを母数として、ECサイトに顧客を誘導するといったマーケティング戦略も可能になります。 から20日間全機能無料使用申込みができます。 の特徴 の特徴は、Googleショッピングや価格. com、その他ECナビをはじめとした、数多くの大手媒体に商品を自動出品することができる点です。 また、サポート面も充実しており、専任担当者付きの無料サポートが初心者の心強い味方です。 ネットショップ開店までに必要な管理画面の使い方、ページの編集方法などを相談できるテクニカルサポートはもちろんのこと、開店後の売上アップ施策や、集客対策などのビジネスサポートも無料で相談できます。 3-2. ぽっと出のサービスではないといった点は、安心感があります。 また電話での応対をはじめとしたフォロー体制や、直感的にわかりやすい管理画面などをみる限り、初心者でも使いやすいシステムだと言えます。 ただ気になるのは、初期費用も月額費用もかかる点です。 月額1,000円はけっして高くないですが、レンタルサーバーに無料のWordpressテーマを用意すれば、1,000円以内におさまります。 また同一ドメインの取得はできませんが、コンテンツマーケティングをECに活用することに懐疑的であれば、まずは無料で試すことで、感触を掴む方が良いかもしれませんね。 ・カートボタンの外部サイト設置が可能 もMakeShop同様に、カートボタンを外部サイトに設置することができます。 ただHTMLの知識は、ある程度求められます。 参考:カートボタンの設置方法() すでにHTMLで何度かコーディングした経験がある方は、 を使って、好きなようにカスタマイズを楽しむのも選択肢の一つですが、HTMLの予備知識がない方は、学習時間が必要でしょう。 また当然ですが、外部サイトはサポート対象外なので、まわりにいる詳しい人にサポートしてもらった方が良いです。 の特徴 は、月額2,400円~という価格で電話サポートがあり、なおかつショップ運営に必要な機能がそつなく揃っています。 また月額4,800円のプランだと、商品点数が5,000点、メルマガ配信数が月3万通まで可能など、各機能のスペックも優れています。 あまり高額なプランには手を出せないけれど、機能が幅広く揃っていて、なおかつ電話サポートも欲しいという方にとって価値あるサービスとなっています。 しかし、だからといってサービス自体に魅力がないわけではなく、価格と機能のバランスが優れているのが特徴だといえます。 4-2 |コンテンツマーケティングをECへ活用? オススメはWordpressでメディアを作って商品ページを用意し、 のカゴボタンを設置する方法です。 Wordpressで作れば、オリジナリティ溢れるデザインにすることも可能ですし、SEOにも強いサイトを構築することもできます。 デザインにこだわることもでき、かつ集客面でのメリットもある点は魅力的です。 またカートボタンを外部サイトに設置する場合は、管理画面から買い物かごのHTMLソースをコピーして該当ページ内に貼り付けて設置します。 プランは、買い物かごの機能のみ使用する「レンタルカートプラン」、また、買い物かご機能に加えてレンタルサーバーとセットになった「レンタルサーバー付プラン」がありますが、レンタルサーバー付きプランは割高になりますので、「レンタルカートプラン」を使用し、レンタルサーバーは別途レンタルサーバーを使用するとおトクになります。 の特徴 最大のポイントは、低価格でネットショップの運営ができることです。 メルマガ配信やスマホ対応など、今の時代にネットショップを運営するならば必須とも言える機能を標準で備えてこの価格です。 は、自分で作ったアクセサリー小物を趣味の延長で販売するなど、とりあえずカートは作っておこうという方針で運営する場合に向いています。 メール対応、電話も予約が必要で、有料に設定することで人件費を削減し、結果安価なプランを実現しています。 またIT大手GMOインターネットグループのGMOペパボが運営しているので、その点での安心感は計り知れないものがあります。 5 -2. |コンテンツマーケティングをECへ活用? を通常プランで利用する場合、同一ドメインにWordpressをインストールすることができません。 たとえば『』のようにECサイトとメディアを同一ドメインで運用したい場合、プラチナプラン内の個別機能開発を依頼する必要があります。 予算が潤沢にあるようなら、 のような大手企業が運営しているサービスに申し込み、データベースやデザイン面なども相談しながら進めるのも選択肢の一つだと言えるでしょう。 6-1. の特徴 最大の特徴は、フリーページが無制限に作成できるということです。 フリーページは作成できるページ数が限られていることが多く、他社ではMakeShopのプレミアムプラン(1万ページ)を除けば、ほとんどのサービスが100ページ以下になっています。 その点 ならフリーページが無制限なため、商品ごとのアピールページ、キャンペーンページなど、様々なページをいくつでも自由に作成できます。 また、初期費用も月額も0円で、かわりに商品が売れたときにのみ手数料3%を支払うプランのため、導入費用も含めて完全に無料で開始できます。 また累積売上が3万円になるまでは手数料支払いも不要なため、本格的にショップ運営をするつもりはないが、維持費用をかけずに窓口だけ置いておきたい、といった場合には有用でしょう。 6-2. |コンテンツマーケティングをECへ活用? WordPressと連携や、カートボタンの外部化については、現状サービスとして準備されていないため、コンテンツマーケティングをECへ活用していきたい場合には、少し時間を置いて様子を見たほうがよいかもしれません。 まずは導入を急がず、その他のショッピングカートと比較して、 の強みや弱みを分析することをオススメします。 Xcart の特徴 Xcart(エクスカート)は豊富な決済・携帯対応・ポイント機能など、ネットショップ運営に必要な機能を全て兼ね備えながら、月額1,050円~と低価格で利用できるレンタルショッピングカートです。 サイト制作の範囲を自由に決定でき、既存サイトにカート機能のみ設置したり、TOPページから全てのページをXcartで制作したりする事も可能です。 また、少ない商品数であれば、月額1,050円から利用できます。 それでも、モバイルショップやメルマガなどの機能は標準装備しています。 商品数が限られている方、ネットショップ初心者の方は、低予算で気軽に始められる点がオススメです。 7-2. Xcart|コンテンツマーケティングをECへ活用? XcartのクラウドASPプランは、どこまでをオリジナルで作成して、どこからカートの機能を利用するか、自由に決められるという特徴があります。 既にお持ちのブログやホームページに購入ボタンだけを追加することも、サイトの顔であるトップページはオリジナルで作成して、商品一覧ページ以降はカートの自動生成機能を利用する、という使い方もできます。 どこまでこだわるか、どこまで効率化するかを自由に決められる使いやすさが最大の特徴です。 の特徴 商品画像を高解像度で登録できるため、今までに無い、迫力と臨場感のある商品ディテールを準備できます。 スマホなどで撮影した暗い商品写真も、驚くほどかんたんに明るくキレイになります。 また、Yahooショッピング連携 や Googleショッピング連携 、 ちょいコデ連携 といったプロモーションに活用できる連携機能も豊富にそろっています。 (ちょいコデとは、ショッピングカート連携型コーディネート提案システムで、試着機能やコーディネート機能を持っているので、アパレルECには最適です。 ) どちらかと言うと、商品点数が何万点もある大規模ネットショップではなく、個人や小売店向けに機能が充実している印象です。 8-2. |コンテンツマーケティングをECへ活用? カートボタンを設置したい場所に固有のHTML又はJavaScriptを追記するだけで、ネットショップへ早変わりさせることができます。 同様に、Facebookページにもオンラインストアの追加や、カートボタンの設置ができます。 ただWordpressを同一ドメインで連携したい方は、2016年1月時点では対応していないので、その他の対応しているショッピングカートをオススメします。 FutureShop 2 の特徴 月商1千万円を越える売上げるネットショップに成長するためには、戦略性の高いプロモーションを行い、リピーターの確保をすることが必要です。 口で言うのは簡単ですが、これには相応の時間がかかります。 FutureShop 2には、稼働2,000店舗の実績と、12年間のサポートという安心感があります。 実績を見ていただければわかる通り、FutureShop 2であれば、これらを実現することが可能です。 FutureShop 2はASPサービスでありながら、機能の豊富さはもちろんですが、デザインの自由度が高いことが特徴として言えます。 商品の見せ方、お店の印象が大事なアパレル商材は、特に利用するメリットがあるでしょう。 アパレルECは、商品をいろんな写真をつかってアピールする必要があるので、デザインの自由度が高い点は魅力的です。 9-2. FutureShop2|コンテンツマーケティングをECへ活用? ECサイトの独自ドメインを利用して、Wordpress・MovableTypeの2つのCMSを利用することができます。 このことは、FutureShop2であれば独自ドメインでオウンドメディアをつくり、コンテンツマーケティングにトライできることを意味しています。 FutureShop2のホームページを見ても、「コンテンツマーケティングを実践できる」といった文言もあるので、今後も積極的に機能拡張する期待も感じさせます。 また、外部サイトにカートボタンを設置することも可能です。 ただ、ボタンのデザインを変えたい場合は自分でhtmlを編集しなくてはならないので、初心者にとっては難易度が高い懸念はあります。 eShop-do の特徴 ネットショップ立ち上げに必要な機能は全て標準装備、タイムセールやギフト機能も充実。 クレジットカード決済の導入や多彩な配送設定など顧客満足度の高いショッピングサイトの運営が可能です。 レンタルサーバー付きで月額3,241円~から使用可能なため、気軽に始めることができます。 10-2. eShop-do コンテンツマーケティングをECへ活用? トップページやその他のページは自身で作成して、商品ページのみ公開することが可能です。 また自身で作成した商品ページに「カートに入れる」等のボタンを設置して、カートへのリンク設定をすることも可能です。 ただホームページの導入事例や、機能説明のランディングページを見る限り、コンテンツマーケティングをECに活用していくのは、これからかもしれません。 今後の機能拡張に期待したいところです。 UP Tempo の特徴 UP Tempoは多店舗運営、グローバル運営に特化しているオープンソースのEコマースプラットフォーム「Magento」のショッピングカートを採用しています。 多言語・多通貨に対応していたり、物品はもちろん、動画や音楽などのダウンロードファイルの販売が可能だったりと、時代のニーズにマッチしたショッピングカートです。 また、UP Tempoはレンタルサーバー会社だけあって、商品数が多い大規模ECサイトでもパフォーマンスの低下を招くことなく、快適な環境で運営できます。 動画や音楽、e-bookなどの電子ファイルのダウンロードの販売や、1人当たりダウンロード可能回数設定など、細かな設定も出来ます。 11-2. UP Tempo|コンテンツマーケティングをECへ活用? 現時点で、カートボタンの外部化などのサービスは提供されていないため、コンテンツマーケティングを活用するには、向いていません。 また、2015年9月25日時点でサービスの新規受付を終了しているので、受付の再開を待つ必要があります。 コレカゴplus の特徴 コレカゴplusの特徴は、新規・リピーター、性別・年齢など、顧客に合わせてページの表示内容を切り替える接客機能にあります。 たとえば新しい顧客とお得意様、別々に接客したり、購入1回経験者の顧客だけに2回目(リピート)購入を促したりするなど、幅広い接客をすることができるでしょう。 12-2. コレカゴplus|コンテンツマーケティングをECへ活用? 現時点では、Wordpressをサブドメインで運用することは可能です。 techorus. 」と書いてあるので、今後はサブディレクトリでの運用も可能になるかもしれません。 どちらにしてもコレカゴplusのように、運営会社がコンテンツマーケティングの潮流を捉えて、機能拡張をしていく方針を打ち出しているショッピングカートを使うのが良いでしょう。 aishipR の特徴 Googleが推奨する「レスポンシブECサイト」の構築運用を容易に実現する国内初・導入実績No. 1の次世代クラウド型ASPです。 他社ASPではPC向けページとは別に、スマホ向けにはスマホ用ページを構成する旧来型の「分離構成」が多いため、デバイス毎にページ作成する手間が膨大に発生します。 aishipRは、この「分離構成」を凌駕する「レスポンシブ 1つのページであらゆるデバイスに対応する構成 」のECサイトが実現し、これまでの運用手間を大幅に低減させ、あらゆるデバイスで満足度高いページ提供が実現できます。 レスポンシブWEBサイトの運用合理性メリットは「どのようなデバイスでも同じコンテンツ 画像やテキスト を最適にレイアウト」することです。 しかしECサイトではCVRを追求するため、例えば「ランディングページをデバイス毎に変えて、訴求性を高める」といった施策が重要となり、デバイスごとにデザインを変えられるCMSが求められます。 aishipRは、売れるレスポンシブECサイトを追求したCMSで、デバイスごとにこだわったデザイン表現を実現できます。 13 -2. aishipR|コンテンツマーケティングをECへ活用? 現在Wordpressを使ってブログを積極的に運用している方も、簡単にaishipRドメイン配下へ移行が可能です。 aishipRのオプションプランなら、aishipRで運用しているECサイトのドメイン配下にブログを構築できるので、SEO対策にも効果的です。 ただ、カートボタンの外部化は現状難しいので、コンテンツマーケティングをECへ活用したい場合は積極的にオススメしません。 たまごリピート の特徴 国内にはリピート通販市場を行う会社は3,000社~4,000社あるといわれていますが、そのうちの約600社がたまごリピートを利用しています。 金額でいうと、たまごリピートを利用している会社の年間流通額は数百億円にものぼります。 その約600社の運用を通じて蓄積されるノウハウが、随時システムに反映されていくので、どんどんリピート率が高いカートになっています。 他社と比較すると金額は高いですが 定期通販は売り切り型と違って色々なシステムが必要です。 そうした様々なシステムを個別に運用しようとすると、数十万円はかかるので、オールインワンでこの金額なら安いと考えるべきです。 14-2. たまごリピート|コンテンツマーケティングをECへ活用? たまごリピートは、現状Wordpressには対応しておりません。 しかしカートボタンは外部化できます。 リンク形式、画像形式、ボタン形式などすでにテンプレートが存在していますので、htmlの知識がなくとも簡単に設置可能です。 ただWordpressを使ったコンテンツマーケティングを考えている方は、現時点では他のショッピングカートを使う方が良いでしょう。 ・初期費用:14,800円~ ・月額料金:29,800円~ 15-1. の特徴 定期的に商品をお届けできる定期購入ネットショップが簡単に開設でき、基本機能が充実しています。 (特に販売機能、広告分析機能に優れています。 )また、月額料金が0円から始められるので、ネットショップ運営が初めてという方でも、気軽に始められます。 もし使いやすければ、グレードを上げていけばいいので、初心者から上級者まで利用できるカートシステムです。 もちろん上のグレードにいけば料金は高くなりますが、それに見合ったサービスが受けられます。 定期通販カートとしての機能に留まらず、WEBからのCVRを圧倒的に向上させるランディングページ一体型フォームや、コールセンター向けの代理注文機能や、広告分析、定期継続率分析など必要な機能が実装されています。 15-2. |コンテンツマーケティングをECへ活用? リピストは、調査したところ、WordpressをはじめとするCMSとの連携や、カートボタンの外部サイトへの設置も現時点では対応していないようです。 ただ、リピストは単品リピート通販をはじめるショッピングカートとしてオススメです。 単品リピート通販をメイン事業とする場合は、リピストの機能拡張に期待したいところです。 FC2カート の特徴 FC2では「zip・lzh・mp3・wmv・wma・mpg・mid」といった形式の商品が扱えます。 拡張子に制限があるようにも見えますが、zipやlzhなどの圧縮形式が利用できますので、そのなかにファイルを入れれば、PDFや画像などの形式にも対応できます。 最近はPDFやEPUBといったファイル形式で電子書籍が販売されることも増えてきましたが、FC2であれば自分のショップでこうした作品を直接販売することが可能です。 集客が難しいという問題点はありますが、かわりに販売手数料が一切不要になります。 また、無料プランであれば初期費用・月額・販売手数料すべて完全無料で利用できます。 今後継続するかわからないけど、ECサイトを手始めに作ってみたいと考える方は、FC2カートの無料プランを試してみるのも良いでしょう。 注意点について述べると、メール配信が自動返信およびメルマガ配信機能しかありません。 そのため個別に問合せを受け付けて返信するといった対応ができません。 もしこうした対応がしたい場合、別途レンタルサーバーなどを契約して、メールアドレスを持つ必要があります。 あくまで簡易のネットショップであるため、機能制限はありますが、本来の自分のサイトやブログを別に持っているという方には、利用価値のあるサービスです。 16-2. FC2カート|コンテンツマーケティングをECへ活用? 現状Wordpressとの連携もできず、カートボタンの外部化も対応しないためコンテンツマーケティングをECに活用するには適していないショッピングカートだと言えます。 簡易ショッピングカートとしての役割以上のものを求め、かつコンテンツマーケティングにチャレンジしたい方は、先に挙げてきたショッピングカートを導入することをオススメします。 16-1. の特徴 はNHN comico株式会社の100出資子会社、NHN テコラス株式会社が運営するショッピングカート。 導入サイト1,000サイトを超える豊富な実績をもつマルチドメインカートがベース。 色柄・サイズなどのSKUが豊富なファッション・アパレル、単品を中心とした美容、コスメ、ギフトや、定期購入が必要とされるフード・ドリンクから総合通販まで全ジャンルの店舗様に幅広い業種に対応している。 自由度の高さと多彩な機能を上場企業ECサイトから有名ネットショップの本店サイトまで、 幅広く導入されている。 レスポンシブwebデザインに対応で1ソースでマルチ媒体へ対応できる。 また、個別デザインに対応しておりスマートフォン、タブレット、PCそれぞれの媒体毎に一つのURLで独自デザインのショップ構築ができる。 チャット機能やユーザー様の属性(性別、購入回数、最終購入日、顧客ランクなど)に合わせたページデザインの使い分けなど転換率を向上させる機能も充実している。 の特徴 基本プランは商品登録数5,000点まで、受注管理、会員機能、などの基本機能はもちろん、ポイントやクーポン機能も実装されている。 カスタマイズできる商品を販売している場合には嬉しい機能です。 在庫管理、会員機能、 SNS 連携機能など、一般的にショッピングカートに実装されている機能は、一通り網羅しています。 これを使えば、納品書、請求書、領収書、出荷指示書はもちろん、ヤマトB2、佐川 e飛伝、ゆうぱっくプリントR等の送り状csv出力ができます。 また、顧客データを購入履歴、購入日時などの条件で絞り込みができる。 戦略的なメルマガ、ステップメール配信でマーケティングに活用できます。 ランニングコストを抑えて手軽にショップ運営を始めたい方向けのショッピングカートシステムという印象です。 ひとつは 、外部ブログサイトにカートを設置できる機能が実装されていることです。 ショップマネージャー内で発行されるコードを貼り付けるだけで、カートに入れるボタンを設置可能です。 デザインテンプレートが複数用意されていますので、設置したいブログサイトにマッチしたデザインのボタンが選べるので、違和感なく溶け込みます。 商品詳細ページにリンクさせることも出来ますので、さらに詳細な商品スペックを知りたい顧客の要望にも応えられます。 さり気なく商品の開発ストーリーや利用シーンの紹介記事に設置することで、販売機会を増やすことが出来ます。 また、自由にデザインできるフリーページが用意されています。 記事ページを用意し、ECサイトそのものを自社メディアとして活用することも出来ます。 他のショッピングカート同様、カート、会員管理、売上集計などネットショップを運営する上で欠かせない多数の機能を標準搭載しています。 特にリピート客を増やすための機能として最近は必須になっている定期購入機能が標準装備されていることがポイントです。 また、コンバージョン率を向上させる、LPO機能が実装されていることも大きな特徴。 顧客の検索語句に合わせてページバナーコンテンツを切り替え標示させることができるため、商品ページへのアクセスが増え、売上アップ効果が期待できます。 また、Facebook連携機能も実装されており、ECドルフィンに登録した商品を自動的にFacebookページに反映させることができ、販売機会を増やすことができます。 その他、割引クーポン発行機能も実装されており、割引による売上げアップに活用できます。 19-2, コンテンツマーケティングをECへ活用 をコンテンツマーケティングに活用するための特徴は2つあります。 ひとつは、ほぼ自由にショップをデザインできることです。 システム的な制限がないため、スクラッチ開発とほぼ同様に制作することができます。 ですから、自社メディア的なデザインや記事ページ風の商品ページを作ることができます。 また、Facebookページ連携機能を活用し、Facebookページをメディアとして位置づけ、会社の理念やビジョン、商品の開発ストーリーや利用シーン、活用方法の提案などを発信するといった活用法が考えられます。 まとめ ショッピングカートを比較しつつ今後を予測する 今後EC市場はますます活況を見せていくことは間違いないでしょう。 総売上は右肩上がりですが、事業者にとっては競合が増え続けているのも事実です。 Web広告の予算拡大、デザインの刷新なども必要かもしれませんが、低予算で、かつ永続的にアクセスを集めることが可能なコンテンツマーケティングは、ECサイトにも求められているのかもしれません。 コンテンツマーケティングをECに活用する一番のメリットは、質の高い顧客を集客できることです。 顧客は興味をもったコンテンツを読むためにECサイトに訪れ、継続的にコンテンツを読み、興味関心をもったのちに購入します。 このことは、コンテンツを通じて読者が自然と頭の中にその商品の良さや品質の高さ、こだわりなどを認知して、だんだんと「生活者」から「顧客」へ、そして「ファン」になっていくことを意味しています。 また、コンテンツマーケティングによって、ECサイトに流入するまでのハードルが下がります。 従来は、ECサイトに訪れる顧客は「商品を買う」というモチベーションでしたが、コンテンツマーケティングの効果で、その限りではなくなりました。 顧客に商品を押し売りするのではなく、あくまで良質なコンテンツを通じて、顧客に商品を見つけてもらい、好感をもってもらうことで、顧客は以降もリピートしてくれる可能性が高くなります。 今回は、19個のショッピングカートを比較してきました。 もちろん今後も、CMSとの連携やカートボタンの外部化など、コンテンツマーケティングをECへ活用する潮流は、ますます強くなっていくでしょう。 しっかりと流れを感じて、早い段階から試行錯誤を繰り返すことが、EC事業成功への近道になるかもしれません。 関連記事 ・ ・ ・ ネットショップ開設時、合わせて準備すべき便利なツール 月間受注件数が500〜600件くらいになって売上が伸びてくると、注文処理に追われてコア業務に手が回らないといったことが起きがちです。 色やサイズ違いが多く管理が複雑で発送までのタイムラグがあると、在庫の引き当てが上手く行かず、売り越してしまうという問題もよくあります。 また、複数ショップを運営している場合、各モール担当者が在庫を取り合うなどのトラブルが起きることも。 いざという時に、あわてることなく、スムースに売上を伸ばすためにネットショップ立ち上げと同時に導入しておくと後々安心できるツールが、ネットショップ一元管理ツール。 複数ネットショップの注文、商品、在庫をまとめて管理する一元管理システムです。 たとえば、在庫を連携していると、楽天市場で商品Aが1個売れたら、Yahoo! ショッピングやAmazonの商品Aの在庫も自動で1個減る、といったことが可能になります。 SKUがすごく多いとか、人気商品の在庫が一瞬で減るといったことが起きても大丈夫。 EC運営の早い段階で導入し、受注件数が増えても対応できる体制を整えておけば、「売れちゃって人を増やしたのはいいけど儲からない」ということがなくなります。 最近はクレーマーのお客様も多く、その対応ですごく時間をとられてしまうという話も聞きます。 お店によっては、要注意リストを持っていたり。 そういったお客様から注文が入った際に、アラートが出るといった機能があるシステムもあります。 ・機会損失が減り、売上1. 5倍、粗利はそれ以上!.

次の