リクルートカード 特典。 リクルートの家族カードは損!本会員で入会特典を貰った方が100% お得

リクルートポイントからPontaポイントへ交換する

リクルートカード 特典

いちばんお得なポイントサイト紹介 本サイトからポイントサイト経由で申込みをすれば、公式キャンペーンとポイントサイトのキャンペーンと、両方のキャンペーンを同時に受け取ることもできます。 今回は100つ以上も存在する多くのポイントサイトの中から、僕がオススメする5つのポイントサイトの特典を調べてみました。 下記の表の通りです。 しっかりと確認してから申込してください。 ポイントサイト 獲得ポイント 金額換算 げん玉 25000ポイント 2500円 GetMoney! 7000ポイント 700円 ポイントタウン ポイント 2250円 モッピー 2000ポイント 2000円 Gポイント 400ポイント 400円 今月のポイントサイトのキャンペーンでいちばんポイントが多いのは「げん玉」からの申込みです。 まだ「げん玉」に登録していない方は下記のバナーから登録することができます。 公式キャンペーンは週末の申込みがお得? 上記の画像の通り、現在は 最大8000ptが獲得できるキャンペーンが行われています。 さきほどのポイントサイトのキャンペーンと同時に受け取ることもできるので、ご安心ください。 詳しいキャンペーンの内容は下記の画像をご覧ください。 3つのキャンペーンに分かれています。 ・リクルートカードの新規入会で、期間限定ポイントが2000円分プレゼント ・カード発行日の翌日から60日以内にリクルートカードで決済すると、期間限定ポイント3000円分プレゼント ・カード発行日の翌日から60日以内に、対象会社 NTTdocomo、au、SoftBank、Y! mobile の携帯電話料金を自動振替で支払うと、期間限定ポイント3000円分プレゼント 合計で8000円分のポイントが獲得できます。 しかしこのキャンペーンは週末限定です。 平日だとキャンペーンの金額が少し下がってしまいます。 リクルートカードに 新規で申込をするなら週末にポイントサイト経由が最もお得ですね。 ポイントサイト経由でカードの申込をすれば、あとは審査が通るのも待つだけです。 ポイントが加算されるまで気長にお待ちください。 僕が思うところ、このリクルートカードはあまり広告費が使われていないように感じます。 他のカードならポイントサイト経由で3000pt~15000ptがもらえるカードが多いです。 少し物足りないように感じるかもしれませんが、その代わりに公式キャンペーンで大量のポイントがGETできます。 ポイントサイトを経由するデメリットも特にないので、しっかりと両方のポイントを獲得しておいてください。 リクルートカードのメリットとお得な活用方法 ここまではお得な申し込み方法を説明してきましたが、ここからはリクルートカードのメリットや特徴について説明します。 ポイントの上手な貯め方や使い方も解説していきます。 年会費はずーっと無料だけど特典はいっぱい リクルートカードは年会費が無料のカードです。 初年度だけでなく、2年目以降も無料なので年会費の心配は要りません。 年会費が無料のカードだと特典が物足りないことが多いですが、このカードは特典も多いし、ポイント還元率も魅力です。 カード利用で1. 2%の還元率 リクルートカードはカード決済でのポイント還元率が1. 2%です。 年会費無料のカードだと0. 5%~1. 0%の還元率が一般的なので、かなりお得なカードです。 通常の買い物だけでなく、電子マネーへのチャージでも1. 2%のポイントが還元されます。 電子マネー nanaco、suica等 へのチャージで1. 2%は業界最強 クレジットカードから電子マネーへのチャージはポイントが全く付かなかったり、0. 5%程度しか付かないことがほとんどです。 リクルートカードからの 電子マネーへのチャージの1. 2%の還元率は年会費無料のカードでは最強レベルです。 nanacoやsuicaにチャージも可能なので、好きな電子マネーにチャージしてポイントを貯めましょう。 電子マネーへのチャージで税金や公共料金、パスポートの料金の支払いでもポイントが貯まる? 税金や公共料金、パスポートの料金 収入印紙の購入 の支払いには、クレジットカードが使えないのが一般的です。 しかしリクルートカードから電子マネーにチャージをすれば、電子マネーを使ってコンビニで上記の料金の支払いに使うことも可能です。 例えばnanacoにチャージしてセブンイレブンで料金を支払えば、税金や公共料金のコンビニ支払いで間接的にポイントを貯めることもできます。 チャージでポイントが貯まるのは月に3万円が上限 注意していただきたいのが、nanaco等へのチャージでポイントが貯まるのは月に3万円が上限ということです。 チャージは何万円でも可能ですが、ポイントの対象となるのは月に3万円までです。 対策として、別ブランドのリクルートカードを2枚持ちをする方法もあります。 VISAとJCBをそれぞれを作成するということです。 そうすると2枚で6万円まで可能となります。 月に3万円以上をチャージを検討している方はご注意ください。 リクルートのネットサービスの利用で最大11. 2%の還元のメリット 通常なら1. 2%のポイント還元ですが、リクルートのネットサービスなら更にポイントがお得に貯まります。 2% 通常の1. 2% 通常の1. 2% 通常の1. 2% 通常の1. 有名なサイトばかりなので効率的に利用してポイントを貯めることができます。 じゃらんネットでの旅行申込みのボーナスポイントは過去最大で10%だったこともあり、11. 2% 通常の1. Amazonギフト券の購入最大3. 7%が貯まる リクルートカードの特徴のひとつ。 それはAmazonの買い物で最大2. 5%の還元率があることです。 さきほどのnanacoへのチャージと併用すると、最大3. 7%の還元率になります。 詳しく解説します。 Amazonギフト券を購入 Amazonアカウントの残高に直接チャージ すると、最大で2. 5%のAmazonポイントのボーナスがもらえます。 ポイントの還元率は画像の通りです。 条件としては、9万円以上の購入をすること、そしてプライム会員であること。 「え、9万円も一気に買うの?」と思った方。 たしかにちょっと高額で抵抗はありますが、そもそもAmazonギフト券の有効期間って10年間あります。 まとめて購入しても、期限切れの心配はよほどのことが無い限りはなさそうです。 それよりも注意しておいてほしいのは、Amazonのアカウントを作ってから30日以内のチャージは、Amazonポイントの獲得対象外なので、必ず31日目以降にチャージするようにしてください。 最大3. 7%とお伝えしましたが、さきほど解説したように、nanaco等へのチャージでポイントが貯まるのは月に3万円が上限です。 2枚持ちにしても6万円までが上限です。 9万円を全て1. 2%還元の対象にするのは難しいです。 あなたの状況に合わせて可能な限りの高還元を目指してくださいね。 リクルートポイントのオススメの使い方 リクルートポイントの貯め方や還元率について説明をしました。 ここからは貯めたリクルートポイントの上手な使い方をお伝えします。 Ponta会員IDを登録して、貯めたリクルートポイントをPontaポイントに Ponta会員IDを登録することで、貯まったリクルートポイントをPontaポイントに交換することができます。 Pontaポイントに交換すれば、リクルートのポイント連携サイトだけでなく、Pontaのポイント提携しているお店や会社のサービスで利用が可能になります。 PontaポイントはJALマイルに交換がお得 本サイトはマイルの貯め方を教えるサイトなので、このリクルートカードから効率的にJALマイルへ交換していく方法を解説します。 つまり50%の交換レートです。 キャンペーン期間で60%の交換レートのこともありますが、基本のレートは50%で覚えておきましょう。 通常のカード決済で1. 買い物金額の0. 6%がJALマイルに交換できる計算です。 さきほどのボーナスポイントを最大まで活用すると、 11. 1%がJALマイルへ交換できることになります。 2%は極端な例だとしても、上手に貯めれば買い物金額の2~3%をJALマイルに交換することは充分に可能です。 1マイルは1円ではない? 個人的には貯めたリクルートポイントはJALマイルへの交換を推奨しています。 1マイルの価値は1円ではありません。 マイルは価値と使い方さえしっかりと理解すれば、1マイルが5円~10円以上に大化けします。 詳しくはこちらの記事をご覧ください。 リクルートポイントとリクルート期間限定ポイントは違う 上記はリクルートポイントをPontaポイントやJALマイルに交換する方法の説明をしました。 しかし今回の公式キャンペーンで獲得できるポイントは、通常のリクルートポイントではなく「リクルート期間限定ポイント」となります。 ご注意ください。 これは使用できる期間 翌月末まで が決まっているだけでなく、使用できる範囲も限定されています。 実はリクルート期間限定ポイントはPontaポイントやJALマイルに交換することができません。 以前はできたのですが、ルールの改悪によってできなくなってしまいました。 といえばリクルートのネットサービスであれば使用可能です。 ポンパレモール、じゃらんネット、ホットペッパーグルメ、ホットペッパービューティ等で使えるポイントなので、使い道に困ることは無いと思います。 リクルート期間限定ポイントの詳細は リクルート期間限定ポイントの使い道は。 リクルートカードまとめ いかがでしたでしょうか。 リクルートカードのキャンペーンや特徴、メリット、ポイントの貯め方や使い方について解説をしてきました。 ・公式キャンペーンとポイントサイト特典と、お得なキャンペーンが行われている。 両方とも受け取り可能。 ・ポイント還元が優秀で、 電子マネーのチャージやリクルートのネットサービスでお得にポイントが貯まる。 ・貯めたポイントはPontaポイントや JALマイルがオススメ。 ・期間限定ポイントの使い方には注意しよう。 ・いちばんお得なキャンペーン申込み方法はポイントサイト経由。 リクルートの公式サイトから申込みをすると、ポイントサイトのポイントはもらえません。 気を付けてください。 まだ登録していない方は下記のバナーから登録できます。 JALマイルに興味がある方はこの記事もオススメです。 ぜひお読みください。 最後までお読みいただき、ありがとうございます。 \ SNSでシェアしよう! / マイルの魔法使いの 注目記事を受け取ろう•

次の

2020年最新!リクルートカードの評判、メリット・デメリットを解説

リクルートカード 特典

リクルートカード入会特典がポイントサイトで高騰中! リクルートカードの新規入会で獲得できる特典が高騰しています。 合計ではなんと「16,500円相当」のポイントを獲得することができます。 これまでも週末限定で10,000円を超えることはありましたが、ここまでの大還元は初めてです。 過去最大級のお得さとなっています。 獲得できる特典の内訳は以下になっています。 今回はポイントサイトの「モッピー」を利用します。 <獲得できる特典の内訳>• ポイントサイト(モッピー):4,500円相当のポイント• リクルートカード:12,000円相当のポイント• 合計:16,500円相当のポイント リクルートカードは年会費無料でポイント還元率「1. 2%」の非常に優秀なクレジットカードです。 しかも、国際ブランドも「VISA」「Mastercard」「JCB」から自由に選択することができます。 これだけの好条件が揃うことはなかなかありませんね。 以下で詳しくご紹介していきたいと思います。 リクルートカードとは 「リクルートカード」とはその名前のとおり、リクルートが発行するクレジットカードです。 リクルートカードの特徴 年会費無料でありながら、ポイント還元率がクレジットカード界最強レベルの「1. 2%」となっている点が特徴となっています。 また、「じゃらん」や「ホットペッパービューティー」、「ボンパレモール」などのリクルートのサービスでカードを利用することで、 最大4. 2%のポイント還元を受けることができます。 獲得したリクルートポイントは、前述のリクルートのサービスで利用することもできますし、 「Pontaポイント」に交換することで、Ponta提携店舗で利用することもできます。 つまりは、効率良くポイントを貯めて、便利にポイントを使える、とても優秀なクレジットカード、ということが言えます。 リクルートカードのスペック 「リクルートカード」は以下になります。 国際ブランドは「Master」「VISA」「JCB」の3大ブランドから選択することができます。 年会費は繰り返しになりますが、永年無料となります。 旅行傷害保険については、利用付帯にはなりますが、海外、国内で、それぞれ2,000万円、1,000万円となっています。 年会費無料のクレジットカードとしては、手厚い補償となっています。 ショッピング保険が付帯しているのも嬉しいポイントですね。 リクルートカードの入会キャンペーンで利用するポイントサイト さて、そんな優秀なクレジットカードである「リクルートカード」ですが、 入会するなら、ポイントサイト経由が断然お得です。 ポイントサイトを経由することで、 「リクルートカード」側のキャンペーンとは別枠でポイントを獲得することができます。 今回ご紹介するポイントサイトは「モッピー」です。 ポイントサイトのモッピー(moppy)とは モッピー(moppy)は、 株式会社「セレス」が運営するポイントサイトです。 内職や副業、お小遣い稼ぎを目的としたポイントサイトとして人気が高く、 累計会員数700万人以上を誇る、日本最大級のポイントサイトです。 2005年設立ということで、 12年以上の歴史があります。 モッピーは規模も大きく、歴史もあるポイントサイトですが、最近、ホームページやポイント還元制度を次々にリニューアルしています。 また、 魅力あるキャンペーンを連発するなど、今一番勢いのあるポイントサイトと言っても過言ではなく、陸マイラー御用達のポイントサイトとなっています。 当ブログでも、様々なポイントサイトと比較の結果、と位置付けています。 リクルートカードの入会キャンペーン:モッピー側 リクルートカードの入会キャンペーン:案件概要 さて、まずは、ポイントサイトの「モッピー」で募集中の「リクルートカード」の入会キャンペーンの内容を確認したいと思います。 案件の概要としては、 じゃらんnet会員登録(ログイン)後、 「リクルートカード」の新規発行で、モッピーの4,500ポイントを獲得できるという内容になっています。 モッピーのポイントは、 1ポイント=1円の価値がありますので、 4,500円分のポイントを獲得できるという計算になります。 これまでも「リクルートカード」はポイントサイトの登場していましたが、 「じゃらんnet会員登録(ログイン)後」、というのが新しい条件になります。 ここに注意が必要ですね。 ただ、 4,500円相当のポイント還元というのは、リクルートカードの入会キャンペーンとして、ポイントサイト単体としても過去最大級のお得さとなっています。 リクルートカードの入会キャンペーン:案件詳細 今回の案件の「獲得条件」および「獲得外条件」は以下になります。 重要な点は赤字にしてあります。 今回の入会キャンペーンは「 じゃらんnet会員登録 ログイン 後、新規クレジットカード発行」が対象となります。 「じゃらんnet会員のみ対象」となりますが、 新規に登録した場合も、既存会員も両方が対象になるため安心です。 ただし、 既に「リクルートカード」をお持ちの方は対象外となりますのでご注意ください。 また、 以下の例では国際ブランドは「VISA」と「MasterCard」が対象となっていますが、今回の案件では「JCB」も選択することができます。 ただし、 「VISA」と「MasterCard」、「JCB」では申し込み先のリンクが異なるため注意が必要です。 リンクについては後半で再度ご紹介します。 【獲得条件】• じゃらんnet会員登録 ログイン 後、新規クレジットカード発行• 対象カード:リクルートカード (VISA、MasterCard) <=別リンクからの申し込みでJCBも選択可能!• し込みください。 通常、 クレジットカード案件の場合、利用条件(何ヶ月以内にいくら使わないといけない)などが設定されている場合がありますが、こちらの案件の場合は、利用条件が設定されていません。 そういう意味では、非常に取り組みやすい案件とも言えますね。 ポイント付与NG条件は以下となります。 「 リクルートカードプラスの申し込み」および「 すでにリクルートカード・プラスをお持ちの方」は対象外となりますのでご注意ください。 【獲得対象外】• また、国際ブランドとして 「JCB」を選択する場合は以下のリンクをご利用ください。 リクルートカードの入会キャンペーン:リクルートカード側 続いては、リクルートカード側のキャンペーンになります。 「リクルートカード」側では、 最大で12 ,000円分相当のポイントを獲得できるキャンペーンを実施中です。 キャンペーン特典は、以下のように4つの特典の合わせ技で構成されています。 <キャンペーン特典>• 1:エントリー&新規入会で 2,000ポイント <=エントリー必要!• 2:新規入会特典で 4,000ポイント• 3:カード初回利用特典で 2,000ポイント• 4:携帯電話料金決済特典で 4,000ポイント• 合計(1+2+3+4):12,000ポイント! 特典1を獲得するには、ポイントサイトのリンク先から進むキャンペーンページで事前エントリーが必要になりますのでご注意ください。 こちらのキャンペーンは週末限定、2020年2月14日10:00から 2月17日9:59までの期間限定となっていますね。 どの特典の獲得条件も難しくはありませんので、楽々12,000円分のポイントを獲得することができます。 年会費無料のクレジットカードでこれだけの特典を獲得できるというのは、とってもお得ですね。 リクルートカードの入会キャンペーン:獲得できるポイントとマイル数 リクルートカードの入会キャンペーン:獲得できるポイント数 こちらの案件で獲得できるのは、モッピーの4,500ポイントと、リクルートの12,000ポイントでした。 モッピーの 1ポイントは1円の価値、リクルートの 1ポイントは1円の価値がありますので、合計で 16,500円相当のポイントを獲得できるということになります。 <獲得できるポイント数>• モッピーの4,500ポイント(= 4,500円相当)• リクルートの12,000ポイント(= 12,000円相当)• 合計:16,500円相当! リクルートカードの入会キャンペーン:獲得できるANAマイル数 また、 モッピーは陸マイラー御用達の「TOKYUルート」にも対応しています。 TOKYUルートに獲得したポイント乗せると、 75%の交換レートでANAマイルに交換可能となります。 <獲得できるANAマイル数>• 獲得できるANAマイル数:4,500円分のポイント x0. まとめ 今回は、「リクルートカード」の入会キャンペーンをご紹介しました。 新規入会でモッピーから4,500円相当、その後の条件クリアでリクルートカード側から最大12,000円相当のポイント還元を受けることができます。 両方合わせると、なんと16,500円相当の価値を獲得することができるということになります。 「リクルートカード」といえば、雑誌などで「最強のクレジットカード」とも言われている大人気のクレジットカードです。 これだけ大量のポイントを獲得できるチャンスはなかなかありませんので、興味はあったけどきっかけがなかった、という方は、ぜひこのお得なタイミングでご検討ください。 当ブログからモッピー にご入会、新規登録いただくことで、 500円分のポイントがプレゼントされます。 <=2020年3月31日までの期間限定で 1,000円分に増額中です! 陸マイラー注目記事 各ポイントサイトではお得な入会キャンペーンを実施中です。 当ブログでは、複数のポイントサイトと協業させていただいており、特別な入会特典を多数ご提供しております。 陸マイラーとは?という基本はこちらにまとめております。 これから陸マイラーを始めるという方はぜひここからスタートしてください。 ANAマイルの貯め方はこちらの記事でまとめております。 誰でもコツさえ掴めば、 年20万マイルを超えるような大量ANAマイルを獲得できるようになります。 JALマイルの貯め方はこちらの記事でまとめております。 基本は前述のANAマイルの貯め方と同じになりますが、JALマイル独自のルートが存在します。 長らく JALマイルは貯めづらいと言われてきましたが、近年はぐっと貯め易い状況となっています。 アメックスでは現在、紹介プログラムによって獲得できる特典が高騰中です。 利用金額に応じて大量ポイントを獲得することができます。

次の

リクルートカード脅威の還元率1.2%は伊達じゃない!年会費も永年無料|金融Lab.

リクルートカード 特典

リクルートカードのETCカードの費用 税込 ブランド 年会費 新規発行手数料 JCB 無料 無料 VISA 無料 1100円 MasterCard 無料 1100円 ETCカードの年会費とは、その名の通り 毎年かかる年会費のこと。 ETCカードの新規発行手数料とは、ETCカードを最初に 新規発行してもらった時にだけ請求される手数料のこと。 ETCカードと費用の請求年 年会費 新規発行手数料 請求は? 毎年 新規発行年のみ ですから、あなたがリクルートカードをVISAやマスターカードで作ってETCカードの有効期限が近づいて 有効期限が更新されたETCカードがあなたの手元に届いた場合には、新規発行手数料はかかりません。 あくまでETCカードを最初に発行してもらった時に1回だけかかる費用が新規発行手数料ですから。 具体的には、リクルートカードのVISAとマスターカードを発行しているカード会社は三菱UFJニコス。 それに対しリクルートカードのJCBをを発行しているカード会社が株式会社ジェーシービーです。 リクルートカードと発行カード会社 ブランド 新規発行手数料 カード会社 JCB 無料 ジェーシービー VISA 1100円 三菱UFJニコス MasterCard 1100円 三菱UFJニコス 発行するカード会社がそもそも別。 だからリクルートカードの国際ブランドの違いによってETCカードの新規発行手数料の有無が変わってくるわけです。 リクルートカードのETCカードの費用 税込 ブランド 年会費 新規発行手数料 JCB 無料 無料 VISA 無料 1100円 MasterCard 無料 1100円 あなたがもし、高還元率のETCカードがほしくてリクルートカードを検討しているなら年会費も無料!新規発行手数料も無料!のJCBでリクルートカードを申し込みすれば大丈夫です! もちろんリクルートカードのETCカードを使って高速道路料金を支払えば1. 2%の高還元率を高速道路代でも味わうことができます! なおリクルートカードのETCカードについて、もっと詳しく知りたい方はをご覧下さい。 日本国内では、他の国際ブランドのVISAやマスターカードよりもお得なケースも…たまにあったりします。 しかし日本発の国際ブランドゆえに、海外ではあまり使えない。 つまり海外でリクルートカード(JCB)で支払いしようと店員に渡しても「このクレジットカードは当店では使えません」と断られるケースがあるんです。 リクルートカードをVISAやマスターカードで作った場合は、こういったケースにはまずお目にかかりません。 なぜならクレジットカードが使えることとVISAやマスターカードが使えることは、ほぼイコールです。 むしろJCBのほうがVISAやマスターカードより手厚いサービスを提供している観光地だってあります。 ようは日本人のあまり行かない穴場の海外の観光地に行く場合には、リクルートカード(JCB)が使えないケースがあることを知っておいてほしいんです。 別々のカード会社ですからリクルートカードは2枚作れるんです!そして、どちらのリクルートカードも年会費無料です!だからリクルートカードは気軽に2枚持ちできるんです! リクルートカードと発行カード会社 ETCカードの手数料 ブランド 新規発行手数料 カード会社 JCB 無料 ジェーシービー VISA 1100円 三菱UFJニコス MasterCard 1100円 三菱UFJニコス かく言う私もETCカードは年会費も発行手数料も無料のJCBのリクルートカード、普段の買い物や楽天Edyのチャージには世界シェアNo.

次の