ラプンツェル 兄弟。 『塔の上のラプンツェル』グリム原作は怖い?ディズニーにない9つの違い

ディズニー映画「塔の上のラプンツェル」あらすじ&ネタバレ・原作・登場人物

ラプンツェル 兄弟

概要 CV:ドナ・マーフィ(日本語吹替:剣幸) 『』に登場する女性。 主人公・が暮らすに出入りできる ただ一人の人間。 塔に出入りする時は歌うように彼女に語り掛けて長い髪を下ろしてもらい、それを昇降機代わりに使っている。 外の世界に憧れるラプンツェルには歌を交えて" 外の世界がどんなに恐ろしいことに満ちているか、 自分が娘をどれほど大事に思っているか、そして ラプンツェル自身がどんなに無力か"などと言い含め、彼女を塔から出すのを避けている。 本人が言うように娘が心配だからか、それとも何か隠し事があるのか…。 「また来るわね、私のお花ちゃん!」 ネタバレ注意 「そうやって私を悪者にするのね。 その正体は太陽からこぼれ落ちた雫によって誕生したという 「どんな病気や怪我も治す金色の花」の力で何度も若返り、生き続けてきた魔女。 本作の(といっても冒頭に登場しているため、その正体は丸わかりなのだが…)。 ちなみに実年齢は400歳。 ある日、ラプンツェルを身籠った王妃が病気を患い、魔法の花を探していた国中の人々によって花が見つかり、摘まれてしまう事態が起こる。 そこで、ゴーテルは"金色の花"の力を髪に宿して生まれた王女・ラプンツェルの存在を知り、城に忍び込んだ。 最初は髪の一部を切ったが、髪を切った途端に力が失われてしまったため、ラプンツェルを 誘拐してしまう。 そして、18歳になった彼女が逃げ出すまで、塔に閉じ込めて世話をしていた。 と偽ってラプンツェルを育てたのも、その髪に宿った花の能力を利用するためだった。 ラプンツェルの髪の毛が一房だけになっているのは、上記のようにゴーテルが切ったため。 城に忍び込んだ描写から、元々誘拐するつもりではなく、髪の毛だけを回収して立ち去るつもりだったようだ。 尚、ゴーテルは度々ラプンツェルにしている描写があったが、 キスしているのはあくまで髪の方であって、一度も額にした事はない。 『塔の外には怖い人がいるのよ』『髪の力を狙っている悪人から守っている』等と言っていたが、である。 既に内容を知っているものからすればと思っただろう。 18歳の誕生日を迎えたラプンツェルに入手に3日かかる絵の具の材料をねだられて了承するが、しばらくしてラプンツェルが塔から消えたことに気付く。 塔の中でラプンツェルのティアラとフリンの手配書を見つけて後を追い、フリンへの復讐に燃えるスタビントン兄弟にラプンツェルの髪の力を教えて手を組んだ。 序盤の若い姿に比べると白髪交じりの老け込んだ姿でラプンツェルにティアラを突きつけ、泥棒を止めようとしたフリンことユージーンを衛兵に突き出し、ラプンツェルには彼がティアラを持って逃げたように見せかけた。 そして、髪の力を目当てにラプンツェルを誘拐しようとしたスタビントン兄弟を背後からの不意打ちで倒し、ラプンツェルが信用できるのはゴーテルだけと信じさせる筋書きを仕立て上げた。 ラプンツェルに「二度と外に出てはいけない」と言い聞かせて今までと同じ生活に戻ろうとしたが、 鏡の前でティアラをかぶったことを思い出したラプンツェルは塔の壁画に描いた太陽から王国の紋章を連想し、王家の肖像画、図書館のプリンセスの物語、誘拐される前の記憶をヒントに自分の正体を導き出す。 ラプンツェルに糾弾されたゴーテルは「全てはあなたを守るためにしたこと」ととぼけるが、「もうあなたには二度と髪の力を使わせない」と決意した彼女に上記の台詞を口にして 強制的にする。 ラプンツェルを救出に現れたユージーンをすかさずラプンツェルの髪でおびき寄せてで突き刺したが、ラプンツェルに「彼を助けさせてくれるなら一生逆らわない」と約束されて仕方なく了承する。 しかし、ユージーンがラプンツェルに治癒される寸前で髪を切り落としたため、髪の魔法の力は消えて止まっていたゴーテルの時間が動き出した。 急速にした自分の姿に動揺したゴーテルは、咄嗟にパスカルが引っ張った髪につまずいて塔の上から転落する。 落ちる途中で寿命が尽きたのか、肉体はと化し、地面に落ちたのは彼女が身に纏っていただけだった。 ここまで見るとゴーテルは美への固執のために人々を利用するのを厭わないらしい悪女と言える。 その一方で(髪の力を利用するためとはいえ)赤の他人の子供を世話し続けるというのは、簡単に出来ることではない。 わざわざ"自分の娘"として育てる以外にも、終盤のように監禁する道もあったはず。 切れ者の彼女が今までそうせず、ラプンツェルの好物のヘーゼルナッツのスープを作ったり、髪の魔法が切れるリスクを冒して絵の具の材料を調達しようとしたのは、少なからず愛情を感じていたからかもしれない。 しかしながら、彼女がラプンツェルにしたことは、「お母様しかあなたを愛さない。 誰も信じるな」(実際にはラプンツェルは両親に愛され、毎年王国中の人々が彼女のためにランタンを飛ばしている)と嘘を教えて外界から遮断し、 「冗談」を免罪符にラプンツェルへのを繰り返し、髪にしか価値がないと思い込ませて依存させる 精神的なのである。 ゴーテルは実際には髪目的の誘拐犯だが、ラプンツェルにとっては「」になってしまっているのだ。 まぁ彼女視点で物語を見ると、 誰のものでもない黄金の花に魅せられそのおこぼれに与っていたら 一人の女の治療のために強奪されたようなものであり、彼女は人になった花を奪い返した…とも言える。 王国や財産には興味を示さず、黄金の花以外には全く見向きもしてないことから、王妃が病気になっていなければ花が摘まれることもなく、悪事を働くことはなかっただろう。 ある意味彼女も王妃を襲った病の被害者といえる。 ちなみにゴーテルとユージーンには美しい容姿、巧みな話術、ナルシスト、嘘つき、王女に纏わるものを盗む、両親に背いて生きているという共通点があり、 自分の思い通りにラプンツェルを変えようとして閉じ込めたか、自分をより良く変えてラプンツェルを解放したかで明暗が分かれている。 映画の続編である『』によると、ラプンツェルにとってゴーテルの存在はであり、塔はパスカルとの思い出と辛い思い出がつまった場所になっていた。 ゴーテルには子供嫌いの傾向があるようで、ラプンツェルに留守番をさせていつもどこかに行っていたようだ。 余談だが、『ザ・シリーズ』ではラプンツェルが帰った王国が滅亡の危機に瀕していたり、実はラプンツェルの中から消えていなかった太陽の雫の力を狙う邪悪な魔法使いが登場するなどしているため、ゴーテルの言い分にそれなりの説得力が生まれてしまっている。 関連項目 …視点を変えれば王妃の病のとばっちりを受けたとも言える。 …声優のドナ・マーフィがラプンツェルの魔女を演じたことがある。 若返りの魔法が共通する。 関連記事 親記事.

次の

【ラプンツェル】ゴーテルの最後は?正体とかわいそうな過去を考察

ラプンツェル 兄弟

ある日、 奥さんは隣に住む 魔女の庭に生えている瑞々しくておいしそうなラプンツェルを見て、食べたくてたまらなくなりました。 手に入れることができないと分かっていながらもその思いは日に日に強くなり、 奥さんは次第にげっそりと痩せ細ってしまいました。 ラプンツェルを食べさせないと死んでしまうと思った 旦那さんは、塀を乗り越え魔法使いの庭へ侵入しラプンツェルを盗みました。 それを知った 魔女は、もし夫婦の間に子どもが生まれたらその子どもを渡すことを条件にラプンツェルを好きなだけ持たせてくれました。 それからしばらくして、夫婦の間に子どもが生まれると 魔女がやってきて子どもを連れて行きました。 魔女は子どもに「 ラプンツェル」と名づけ、育てました。 魔女は ラプンツェルが12歳になったときに、森の中にある階段も出入り口もない塔に ラプンツェルを閉じ込めました。 魔女が塔の中へ入る時には、 ラプンツェルの長い髪を下まで垂らしてもらいその髪を伝ってよじ登っていました。 ある時この国の 王子が偶然塔の前を通りかかり、塔の上から聞こえてくる歌声に聞き惚れました。 塔の上にどんな女性がいるのか気になっていると、 魔女が髪を伝ってよじ登っている姿を見て、自分も試してみようと思いました。 こうして 王子と ラプンツェルは出会い、次第に恋に落ちていきました。 王子と ラプンツェルは結婚の約束をするまでになっていました。 しかしそれを知った 魔女は怒り、 ラプンツェルの美しい髪を切り落とし、荒れた森の中へ追い出しました。 ラプンツェルに会おうと塔を登ってきた 王子に ラプンツェルを追い出し、もう2度と会えないことを使えると 王子は塔の上から飛び降りました。 そのことが原因で、 王子の目はつぶれてしまいました。 王子が見えない状態で森の中をさまよい続けていると、 ラプンツェルのいる荒れた森にたどり着いてました。 ラプンツェルは双子を生み、森の中でどうにか暮らし続けていたのです。 再会を喜んだ ラプンツェルが 王子を抱きしめ涙を流し、 王子の目を濡らしました。 すると、 王子の目はまた見えるようになりました。 王子は ラプンツェルと双子を自分の国へ連れて帰り、幸せに暮らしました。

次の

『ラプンツェル』のあらすじなど (KHM012)

ラプンツェル 兄弟

ある日、 奥さんは隣に住む 魔女の庭に生えている瑞々しくておいしそうなラプンツェルを見て、食べたくてたまらなくなりました。 手に入れることができないと分かっていながらもその思いは日に日に強くなり、 奥さんは次第にげっそりと痩せ細ってしまいました。 ラプンツェルを食べさせないと死んでしまうと思った 旦那さんは、塀を乗り越え魔法使いの庭へ侵入しラプンツェルを盗みました。 それを知った 魔女は、もし夫婦の間に子どもが生まれたらその子どもを渡すことを条件にラプンツェルを好きなだけ持たせてくれました。 それからしばらくして、夫婦の間に子どもが生まれると 魔女がやってきて子どもを連れて行きました。 魔女は子どもに「 ラプンツェル」と名づけ、育てました。 魔女は ラプンツェルが12歳になったときに、森の中にある階段も出入り口もない塔に ラプンツェルを閉じ込めました。 魔女が塔の中へ入る時には、 ラプンツェルの長い髪を下まで垂らしてもらいその髪を伝ってよじ登っていました。 ある時この国の 王子が偶然塔の前を通りかかり、塔の上から聞こえてくる歌声に聞き惚れました。 塔の上にどんな女性がいるのか気になっていると、 魔女が髪を伝ってよじ登っている姿を見て、自分も試してみようと思いました。 こうして 王子と ラプンツェルは出会い、次第に恋に落ちていきました。 王子と ラプンツェルは結婚の約束をするまでになっていました。 しかしそれを知った 魔女は怒り、 ラプンツェルの美しい髪を切り落とし、荒れた森の中へ追い出しました。 ラプンツェルに会おうと塔を登ってきた 王子に ラプンツェルを追い出し、もう2度と会えないことを使えると 王子は塔の上から飛び降りました。 そのことが原因で、 王子の目はつぶれてしまいました。 王子が見えない状態で森の中をさまよい続けていると、 ラプンツェルのいる荒れた森にたどり着いてました。 ラプンツェルは双子を生み、森の中でどうにか暮らし続けていたのです。 再会を喜んだ ラプンツェルが 王子を抱きしめ涙を流し、 王子の目を濡らしました。 すると、 王子の目はまた見えるようになりました。 王子は ラプンツェルと双子を自分の国へ連れて帰り、幸せに暮らしました。

次の