ストーム スリンガー 装備。 【MHWI】ストームスリンガー(逸品)のおすすめ装備:ストームボルト特化型

【MHW:IB】ストームスリンガー(逸品)の入手方法解説【ライトボウガン】

ストーム スリンガー 装備

ムフェト・ジーヴァの防具「 EX龍紋シリーズ」を5箇所装備することにより、シリーズスキル「 真・龍脈覚醒」を発動。 ストームスリンガー(逸品)に必要なスキルは以下の3つ。 カスタム強化• 回復能力付与II• 属性・状態異常強化I 真・龍脈覚醒の自傷ダメージを緩和させるために「 回復能力付与II」を採用。 回復カスタムを2つ積むことで「逆恨み」を発動させつつ、自傷ダメージ分を回復することができます。 連続発射中は徐々に発射間隔が短くなり、弾の威力も上昇していきます。 しかし、連射しすぎると暴発し、ハンターの体力が1まで低下してしまうので気を付けましょう。 ストームボルトを使用する場合は、暴発させないように弾を撃つ工夫が必要です。 暴発までの弾数は照準で確認することが可能で、時間経過と共に暴発までの弾数が回復していきます。 9発連続で発射すると暴発するので、連射は8発で抑えましょう。 画像の赤矢印の部分(連射6発目)まで弾数が回復したら7、8発目を撃つ感覚です。 最後の3発は特に威力が高いので、連射を維持することができればかなりのダメージを与えることができるでしょう。 特殊弾を撃ち尽くしたらリロードが完了するまで「電撃弾」で戦うことになります。 EXシールドウィーバーとの相性はあまり良くない? 同じくホライゾンコラボ装備「EXシールドウィーバー」が登場しましたが、ストームスリンガー(逸品)用装備としてはあまり相性が良くないかもしれません。 シリーズスキル「原動力」の効果により、ストームボルトが暴発しても受けるダメージ量を半分に抑えることができます。 しかし、1回の暴発でシールドの効果が消えてしまい、シールドがない状態では他の装備と同じダメージを受けてしまいます。 シールドの効果を得るためには時間経過を待たなくてはいけません。 暴発を1回しか抑えることができないので、他の防具を装備した方が良いと感じました。 ストームスリンガー(逸品)を暴発させないように立ち回った方が強いです。 まとめ 以上、ストームスリンガー(逸品)の装備紹介でした。 ストームボルト暴発のリスク、真・龍脈覚醒による自傷ダメージなど、とても扱いやすいとは言えない装備ですが、使いこなすことができてば装飾品集めの周回などが一気に捗ると思います。 雷属性が弱点のモンスター「リオレイア希少種」などを周回する時におすすめ。

次の

[MHW アイスボーン]ストームスリンガー(逸品)のおすすめ装備と立ち回り方

ストーム スリンガー 装備

防具は ムフェト・ジーヴァの防具を5つ使っています。 ストームスリンガーは、メインで特殊弾「 ストームボルト」を使うので 特殊射撃強化をつけています。 あとはシリーズスキルの「 真・龍脈覚醒」は攻撃時にダメージを受けるので、 逆恨みでHPが赤ゲージを維持しやすいので、火力がUPします。 特殊弾のストームボルトですが、攻撃力が高い分、 こちら側に跳ね返ってくるダメージ量も多いので、 体力増強と体力回復量UPで誤って乙らないようにしています。 立ち回り 基本的に特殊弾「ストームボルト」を使って立ち回ります。 赤丸のところがゲージ。 このゲージがMAXまで撃ってしまうと、乙ってしまうので、上手く6〜8くらいのゲージを維持しながら撃っていく必要があります。 最初はトレーニングエリアで練習してみて、加減を知ってから実践したほうがいいです。 特にマルチで行く場合は、 加減を分からずにずっと撃っていると簡単に乙ってしまうので、マルチで使う場合は練習してからいきましょう。 ストームボルトは雷属性の攻撃なので 、雷属性が弱点のモンスターやムフェト・ジーヴァに有効です。 ストームスリンガー(逸品)のおすすめ装備と立ち回り方:まとめ 今回はストームスリンガー(逸品)のおすすめ装備と立ち回り方を解説しました。 この武器はかなりの高火力ですが、 一方で諸刃の剣にもなるので、使う場合はしっかりと練習してから使いましょう。

次の

【アイスボーン】ストームスリンガーの性能と装備!カスタム強化とムフェトでのポイントも解説【アイスボーン】

ストーム スリンガー 装備

ストームスリンガー 逸品 のおすすめ装備を紹介しています。 ストームスリンガー(逸品)の装備やスキル構成の参考にお役立て下さい。 ストームスリンガー(逸品)のおすすめ装備動画などで「地雷」というコメントを目にしましたが、 低体力を維持するわけではないのでリスクが低い割にリターンの大きい装備です。 個人的にはストームスリンガー(逸品)の基本操作に慣れてコツさえ掴めば、実用は十分可能です。 さらにここで紹介するストームスリンガー(逸品)装備は生存スキルも完備。 今のライトボウガンの流行に合わせ「ひるみ軽減」で立ち位置が被った場合も安心です。 「属性やられ耐性」は雷属性が弱点であるイビルジョーやジンオウガ亜種が龍属性やられにする攻撃を所持しており、 龍属性やられ状態ではストームボルトの火力が大きく落ちるためレベル3にしています。 集中のスキル効果は個人的に活かしたいからなので、お好みで 「治癒珠」や 「逆上珠」などに変えてみてください。 『ストームスリンガー(逸品)』ムフェト一式装備のおすすめスキル紹介 上記で紹介したスキル以外のスキル効果の部分をまとめています。 レベル6にする意味があるとしたらサブウェポンである「電撃弾」ですが、レベル5でも十分に感じました。 力の解放 9発目まで撃ち切る(自傷する)ことで、「力の解放」が即発動可能です。 モンスターと対峙した瞬間やひるみ中に能動的に発動させ、会心率100%の時間をできるだけ伸ばします。 自傷は赤ゲージが残るので回復には秘薬だけでなく、「アステラジャーキー」の使用もおすすめです。 回復薬グレートは時間が勿体ないのでおすすめではありません。 アイテムボックス中の回復薬は全て売却しましょう。 精霊の加護 ストームスリンガーの9発目などの自傷ダメージに精霊の加護や装衣のダメージ軽減効果は発動しません。 遠距離からも当てられるため、余程なことがなければ体力が減り過ぎることもありません。 「地雷」という意見を見かけることがそこそこあったので、「運任せでも死にたくない」という思いから採用しました。 7、8発目を維持できる撃ち方やコツさえ覚えれば問題ないです。 特殊射撃強化 ストームスリンガー(逸品)のストームボルトは特殊射撃強化のスキル効果が発動・適用します。 ダメージの大きな上昇に繋がりますので、装備しましょう。 ひるみ軽減 ムフェトジーヴァ登場後、水ライトボウガンが一世風靡。 ライトボウガン同士だと立ち位置が被ることもあり、「何だか速射が鬱陶しい…」と思った方もいるのではないでしょうか? 徹甲榴弾型も合わせて 今はライトボウガンが非常に多いので付けておくと快適ですし、付けるだけの余裕がある装備だと思いますが、ここも 削れるスキルです。 モンハンは対人射撃ゲームではないので、いわゆる「レレレ撃ち」は意味が全くありません。 ダウン後の頭部前では味方の射線上に入ることもあるので、腰を据えてブレを修正しながら撃つだけでOKです。

次の