糖 質 制限 ダイエット レシピ。 糖質制限ダイエット中におすすめ朝ごはんレシピ・和食&洋食

【医師推奨】“短期集中”糖質制限ダイエットのやり方&おすすめメニュー。効果はいつから現れる?|新R25

糖 質 制限 ダイエット レシピ

これは番組で紹介した「ケトン体」を出しすぎないためです。 「ケトン体」は糖質の量を普段の3分の1以下にしたあたりから 体内で増え始めます。 (1日の糖質摂取量を日本人平均の270gほどとした場合の計算です。 ) 「ケトン体」はその安全性について、まだはっきりとはわかっていないため、番組では「ケトン体」が出るような急激な糖質制限はおすすめしません。 そのため、糖質を減らすと、摂取カロリーも大きく減ってしまいます。 そこで、タンパク質、脂質をしっかり食べ、カロリーが減りすぎないよう にしましょう。 タンパク質と脂質は、肉・魚・大豆などをバランス良く食べることで、 摂取することができます。 タンパク質、脂質は満腹感を感じるまで食べて大丈夫だと考える研究者もいます。 そこで、緑黄色野菜やきのこ、海藻類など食物繊維を多く含む食品を 意識的に摂取するようにしましょう。 しかし、3食バランス良く減らすほうが、血糖値の上下動を抑えることができるので安全だと考えられています。

次の

糖質制限ダイエット中におすすめ朝ごはんレシピ・和食&洋食

糖 質 制限 ダイエット レシピ

豆腐を食べるとこんな良いことが!! 豆腐にはダイエット効果はもちろんのこと、このように、さまざまな健康効果があります。 免疫力を高める• 高血圧予防• 肥満予防• 肝機能を高める• コレステロールの値を下げる• 骨粗しょう症予防• 美肌効果 豆腐には、美肌や骨粗しょう症予防など、女性にも嬉しい健康効果が盛りだくさんですね〜! 豆腐に含まる栄養素とダイエット効果って? コレステロール値を減少【タンパク質】 豆腐の植物性タンパク質は、 血液中のコレステロールを低下させる効果があります。 また、その成分「ペプチド」が血圧上昇を抑制するといわれています。 脂肪代謝機能がある【レシチン】 「レシチン」とは、大豆に含まれる物質。 レシチンの効果としては、強い乳化作用があるため、 血管に付着したコレステロールを溶かし、血流の流れを良くするといわれています。 さらに、 脂肪代謝機能があり、固まるのを防ぎ付着しないようにする働きがあります。 肥満予防に【大豆サポニン】 「大豆サポニン」には 脂肪吸収を抑制する働きがあります。 さらに血管に付着した脂肪を洗い流す効果もあるため、肥満予防の効果が期待できます。 骨粗しょう症予防に【イソフラボン】 「イソフラボン」は、 女性ホルモン(エストロゲン)に似た働きがあります。 イソフラボンには、骨にカルシウムを蓄えるようにする働きがあり、 骨粗しょう症予防に効果があります。 骨粗しょう症は高齢者でなくても、女性に多い為、積極的に摂りたい成分。 善玉菌を増やす【オリゴ糖】 「オリゴ糖」は、 ビフィズス菌のエサになり、腸内の善玉菌を増やします。 ビフィズス菌は悪玉菌の増殖を抑え、腸の運動を活発にしたり、免疫力を向上させるなど多くの働きがあります。 木綿と絹ごし、どちらがダイエットに良いの? A 栄養価が高く、糖質の低いのは「木綿豆腐」です。 しかし、その数値は微量で、どちらを選んだとしても、ダイエット効果に大きな差はありません。 レシピやそのときに食べたい方を選ぶなど、使い分けた方がうまく取り入れられると思います! クックパッドで人気!豆腐レシピ12選 こんなにダイエットにも身体にも良い豆腐。 ご飯にのせても美味しい!調味料は先に混ぜておくので簡単です。 おもてなしにもぴったり。 殿堂入り感謝です。

次の

糖質制限レシピ!簡単でおいしい17品

糖 質 制限 ダイエット レシピ

脂質制限ダイエットとは? まず脂質とは炭素・水素・酸素で構成されており「生物から単離される水に溶けない物質」を意味しております。 人間を軸に考えると脂質は三大栄養素の一つとして数えられており、体内で1gあたり9kcalとなるという性質を持ち 高いエネルギー源となってくれます。 この脂質はエネルギー源になるという働き以外に、 細胞膜の主要な構成成分になるという働きや、ビタミンAやビタミンDといった脂溶性ビタミンやカロテノイドの吸収を促進して、ホルモンやビタミンDの前駆体になるという性質があります。 そしてこの脂質には化学構造の違いから単純脂質・複合脂質・誘導脂質に別けることができます。 また、3種類に分けられた脂質を構成している要素に脂肪酸が存在しており、それぞれ役割が異なります。 具体的には飽和脂肪酸・一価不飽和脂肪酸・多価不飽和脂肪酸が存在し、一価不飽和脂肪酸にはシス型脂肪酸やトランス脂肪酸が該当して、多価不飽和脂肪酸にはn-6系脂肪酸とn-3系脂肪酸が該当します。 このように一言で脂質といってもいろんな区分けや種類分けができます。 この脂質をダイエット面で捉えた場合、高いエネルギー源ということもあり摂取量をコントロールしないと太る可能性が高まります。 そこで 脂質の摂取を調整して体を引き締めていこうというのが脂質制限ダイエットとなります。 やり方は? 脂質制限ダイエットのやり方はシンプルです。 脂質をできる限り制限するだけになります。 これだけではあまりにも味気ないので他にも役立つ豆知識を紹介いたしますが、 糖質をエネルギーに変えるためにはビタミンB1が役立ちますが、脂質をエネルギーに変えるのはビタミンB2の役目なので、できる限りビタミンB2を摂取することで脂肪にならずにエネルギーとして消費されるようになります。 あとは、脂質にも色々と種類があるので特に体に良い油と言われている オメガ3の脂質であるEPAやDHAを摂取するといいでしょう。 脂質制限ダイエットの敵?脂質の多い食材 脂質にも色々と種類があるので、「量が多い=悪」と直結させることは難しいです。 実際にどれだけ脂質が含まれているのかを調べてみるとオリーブ油といった油は植物油脂類に該当しますので、そういった油は抜きで食べ物でお話しします。 脂質の多い食べ物は マーガリン・バター・マヨネーズ・牛バラ肉・フォアグラ・牛肉のサーロイン・生クリーム・ベーコン・牛肉の肩ロース・卵・油揚げ・クリームチーズ・ウィンナー・マグロのトロ・フライドポテトなどです。 こうやって見ると多くの方々が「おいしい」と声だかに叫ぶような代物が脂質がとっても高いものに該当していると言うことがわかります。 マーガリンやバターやマヨネーズが大好きという人は特に注意しましょう。 外食する場合のメニューの選び方は? 極論は 外食しないことが正解なのですが、どうしても外食が必要な場合の1例は バラ肉よりヒレ肉を選んで、とんかつではなくしゃぶしゃぶを選ぶといった工夫が必要になります。 同じ肉でも部位によって脂質の量は非常に大きく変わりますので、お肉屋に行っても選び方一つである程度しのげます。 あとは、 最初にクエン酸を含んでいる酢の物を摂ることで血糖値の上昇を緩やかにすれば、それだけ体脂肪の蓄積も減らせるので有効活用しましょう。 揚げ物や炒め物は避けるべきでしょう。 脂質の摂り過ぎの影響は? 脂質が多く含まれている食べ物は基本的に脂っこい高カロリー食品が主体です。 そのため、脂質をたくさん摂取する人はどうしてもカロリーオーバーになってしまいます。 特に トランス脂肪酸を多く摂取することで悪玉コレステロールがたくさん発生するようになるので、血管の流れが著しく悪くなり動脈硬化といった病気になる確率を一気に引き上げます。 トランス脂肪酸はマーガリンやスナック菓子に多く含まれている脂質です。 また、サーロインや生クリームやバターに多く含まれている 飽和脂肪酸を多く摂取するとこちらも悪玉コレステロールをたくさん出現させてしまい、さらには中性脂肪を増やしてしまうので、心疾患といったリスクが高まってしまうのです。 脂質の摂り過ぎはカロリー摂取オーバーによる肥満体質になる以外にも、このように突然死の原因になりかねませんので注意しましょう。 悪玉コレステロールを増やしてしまうので体に良いことはありません。 内臓脂肪となって蓄積されるようになってしまうと、この脂肪細胞から悪玉物質が大量に分泌されるようになってしまいますので、血管が収縮するといわれております。 インスリンの働きも低下するとのことなので、高血糖状態になってしまいさらに太りやすくなるでしょう。 脂質不足の影響は? 現代社会において脂質が不足することはほとんどありません。 仮に不足するようになった場合は、かなりキツイ食事制限を実行している人たちでしょう。 少しでも多く痩せたいという人にとって脂質や糖質は敵に見えますので、必然的に避けられて脂質不足になります。 前述したように、脂質は体内でエネルギーに変換されて使われるようになりますので、脂質場不足するとエネルギー不足になります。 エネルギーが不足するようになると体が思ったように動けなくなりますし、脳の働きも鈍くなるので集中力が低下することもあるでしょう。 脂質制限ダイエット向け食事レシピ3選 最後に脂質制限ダイエットに使えるレシピを3種類ほどご紹介いたします。 脂質制限ダイエットは糖質制限ダイエットよりもかなり知識が必要なダイエットであり、健康面でプラスになる作用が強い脂質と摂取しすぎることでマイナス作用を働かせてしまう脂質を見極める必要があるのです。 食事制限系のダイエットはどうしてもタンパク質が不足しがちですが、これはタンパク質も多めに摂取できるのがポイントとなります。 今回はサフランを炊き込みました。 ターメリックでも似た色になる。 できる限り脂質を削りたいという方は使っているバターにもこだわれば良いでしょう。 出典:レシピブログ 最後に 以上、いかがだったでしょうか。 今回は脂質制限ダイエットについてお伝えいたしました。 脂質制限ダイエットは非常にシンプルではありますが、前提条件としてある程度の知識が必要になるので難易度は高いでしょう。 しかし、ダイエットにおいてはある程度の脂質コントロールはかなり効果的であることは間違いないので、意識して減らすことができればより健康的な体にすることが可能なのです。 食事制限系のダイエットをする方は、意識して糖質と脂質をコントロールしましょう。

次の