富士 フイルム コロナ。 存在感増す富士フイルム、キヤノン、ヘルスケア事業に熱視線

新型コロナウイルス 検査・試薬・キット・関連製品|試薬

富士 フイルム コロナ

は3日、新型コロナウイルスを素早く検知できる検査薬を15日に発売すると発表した。 検査時間を2~4時間と、従来よりも約2時間短縮できる。 検査に使う試薬の種類を減らし、容器を移し替える時間や手間を省いた。 各地域の衛生研究所や民間の検査機関などに販売する。 試薬は子会社の富士フイルム和光純薬(大阪市)が開発した。 唾液に含まれるウイルスの遺伝子を増やして種類を調べる「PCR法」と呼ぶ検査技術に使う。 従来の検査方法では、唾液などから抽出したRNA(リボ核酸)に試薬を混ぜてDNAに転換した後、容器を入れ替えてDNAを増幅する必要があった。 新たに開発した試薬は同じ試薬でRNAをDNAに転換し、DNAを増幅できるようにしたのが特徴。 これで容器を入れ替える時間や手間を減らした。 容器を入れ替えるときに不純物が混ざるリスクも抑えられる。 協力会社が開発したRNAを短時間で抽出するキットと一緒に使えば、従来4~6時間かかっていた検査を大幅に短縮できる。 専用の検査機械は必要なく、通常の機械で使えるという。 試薬は大阪工場(兵庫県尼崎市)で生産する。 供給量は公表していない。 富士フイルムHDは新型コロナウイルスの感染拡大を受け、2月中旬に試薬の開発に着手した。 通常は開発に3~4カ月かかるが「国立感染症研究所が開示している新型コロナの遺伝子や検査方法の情報などを使い、開発期間を短縮できた」(同社)という。 新型コロナを巡っては患者数の増加に対し、検査体制が追いついていないとの指摘がある。 ドイツやシンガポールなどでは簡易鑑定の手法を導入しているのに対し、日本ではPCR法をとっている。 PCR法は陽性・陰性の判定精度が高いが、検査に時間がかかる。 新型コロナに対応したPCR法向けの試薬はスイスのロシュなど大手企業を中心に増産し、日本ではやなどが生産規模を拡大している。 (花田幸典).

次の

【コロナ】富士フイルムHD株が大幅高、「アビガン」を新型肺炎の治療に試験投与

富士 フイルム コロナ

関連記事: 関連記事: 関連記事: 米国で実施する第2相臨床試験(米国の臨床試験のデータベースは4月9日時点で未登録)は、非盲検ランダム化多施設共同比較試験で、米Brigham and Women's Hospital、米Massachusetts General Hospital、米University of Massachusetts Medical Schoolの3施設で実施する。 第2相臨床試験の対象は、SARS-CoV-2への感染が認められ、ファビピラビルの経口投与が可能なCOVID-19の入院患者。 目標症例数は50例。 人工呼吸器を装着するなど重篤な患者は経口投与が難しいと考えられることから、事実上、重篤ではない肺炎などを呈した入院患者が対象になるとみられる。 被験者のうち、25例を抗菌薬や輸液などの標準治療にファビピラビルを上乗せする群に、25例を抗菌薬や輸液などの標準治療を行う群に割り付け、観察期間である46日間、ファビピラビルの有効性、安全性を評価する。 主要評価項目は、ウイルスが陰性化するまでに要する期間。 具体的には、投与開始からSARS-CoV-2のウイルス量をモニタリングし、RT-PCR検査でウイルスの陰性化が確認されるまでに要する日数を、ファビピラビル群と標準治療のみの群で比較する。 富士フイルムは「今週中にも米国で第2相臨床試験を開始し、2020年6月末までに終える予定」(広報担当者)。 ただ、米国ではファビピラビルは未承認であり、米国で承認申請を行うには、より大規模な患者数を対象とした第3相臨床試験を実施して、有効性を確認することが必要になるとみられる。 そのため、「第2相臨床試験を完了後、データを解析して、できるだけ短期間で第3相臨床試験に移行できれば」と広報担当者は話していた。 ファビピラビルは、日本で2014年3月、新型または再興型インフルエンザウイルス感染症を効能・効果として承認された。 ただし、既存の抗インフルエンザ薬には無い作用メカニズムを有していることや、動物実験の結果から催奇形性のリスクが懸念されることなどから、ファビピラビルは「既存の抗インフルエンザ薬に耐性を有し、かつ高病原性のインフルエンザ感染症のまん延に備える医薬品」と位置付けられ、厚生労働大臣の要請が無い限りは、製造などを行わないことなどの承認条件が課されている。 なお、日本以外では、承認されている国・地域は無い。 ファビピラビルの作用機序は、宿主(ヒト)の細胞でリボシル三リン酸体(ファビピラビルRTP)に代謝され、1本鎖マイナス鎖RNAウイルスであるインフルエンザウイルスの複製に関与するRNA依存性RNAポリメラーゼを選択的に阻害すると考えられている。 加えて、これまでに様々な研究が実施され、インフルエンザウイルス以外にも、エボラ出血熱やマールブルグ病など複数の感染症へ有効性を示す可能性が示唆されてきた。 世界的に流行が広がっている新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)は、1本鎖プラス鎖RNAウイルスだが、同ウイルスに対しても、ファビピラビルがRNA依存性RNAポリメラーゼを阻害するのではないかと期待され、中国や日本で複数の臨床試験や臨床研究、観察研究が実施されているところだ。 ただし、ファビピラビルの物質特許は2019年に失効しており、現在は製造特許だけが有効な状況。 そのため、中国では中国企業がファビピラビルの後発医薬品を製造・提供している。

次の

【新型コロナ】富士フイルムが続落、メリルが投資判断下げ

富士 フイルム コロナ

新型肺炎(COVID-19)は中国から世界各地に感染が広がり、日本国内でも感染拡大が心配されています。 そこで、新型コロナウイルス感染症の症状、潜伏期間、感染経路、感染の予防・対策などをまとめました。 <目次>• 新型コロナウイルスとは? 重度の肺炎などを引き起こす新型コロナウイルスは、SARS(サーズ)やMERS(マーズ)と同じコロナウイルスの仲間です。 コロナウイルスはヒトや動物の間で広く感染症を引き起こすウイルスですが、今回のウイルスは既知のウイルスと一致しない新型のコロナウイルスでした。 ヒトに感染するコロナウイルスは、すでに6種類が知られています。 そのうち4種類は、一般的な風邪の原因となるウイルスで、ヒトに日常的に感染し、風邪の原因の10~15%(流行期は35%)を占めるといわれています。 残りの2種類は、重度の肺炎の原因となるSARS(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス)とMERS(中東呼吸器症候群コロナウイルス)です。 中国で見つかった新型コロナウイルスは、これら6種類には当てはまらない新しい型です。 世界保健機関(WHO)では一時的に「2019-nCoV」と命名しました。 ちなみにコロナウイルスを顕微鏡でみると、表面に突起がみられます。 これが王冠に似ていることから、ギリシャ語で王冠を表す「コロナ」にちなんで名づけられました。 新型肺炎の症状 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のおもな症状は、以下のようなものが確認されています。 全身倦怠感• 乾いた咳• 呼吸困難(入院患者など重症例)• <そのほか>上記以外にも、のどの痛み、鼻水、嘔吐や下痢など消火器系の症状、筋肉痛などを訴えることもあるようです。 新型コロナウイルスの潜伏期間 現時点では調査中ですが、によると、潜伏期間は1~12. 5日(多くは5~6日)とされ、他のコロナウイルスの情報などから、感染者は14日間の健康状態の観察が推奨されています。 なお、初期症状が軽い人や無症状とみられる患者もいることから、感染しているかどうかの見分けがつきにくいケースもありますが、通常、肺炎などを起こすウイルス感染症の場合、強い症状が表れる時期にほかの人へウイルスを感染させるリスクがもっとも高くなると言われています。 新型コロナウイルスの感染経路 コロナウイルスは、ヒトや動物の間で感染症を引き起こすウイルスですが、「動物からヒト」あるいは「動物から別の種の動物」へ感染することはほとんどありません。 しかし例外もあり、それが過去に大流行したSARSやMERSです。 SARSはコウモリからヒトへ、MERSはヒトコブラクダからヒトへと感染。 さらにそれがヒトからヒトへと感染していきました。 どちらも感染者の中に、一人から十数人に感染を広げる「スーパー・スプレッダー」がいたことが感染を広げました。 新型コロナウイルスの感染源は明らかではありませんが、おもな感染経路は「飛沫感染」「接触感染」と考えられています。 飛沫感染……感染した人が咳やくしゃみをしたときにウイルスが飛び散り、周囲の人がそのウイルスを口や鼻から吸い込み、体内に入ることで感染する。 接触感染……感染した人の咳やくしゃみ、またはそれらが付いた手で触れることで身の回りのものにウイルスが付着し、それを健康な人が触り、その手で目や口、鼻を触ることでウイルスが体内に入って感染する。 咳や発熱がある人はマスクをするのがエチケット。 マスクは取扱説明書のとおりにつけ、鼻からあごまで覆ってすきまがないように着用します。 <屋外でのマスクの効果は?> 一般に屋内、電車・バスなど換気が不十分な場所では、マスクも感染予防策のひとつとなりますが、屋外ではマスク着用の効果はあまり認められていません。 それよりも、感染の可能性が高い場所に行かない、手洗いの徹底、アルコール消毒といった感染予防策を取りましょう。 外から帰ったら流水と石鹸で丁寧に手を洗い、清潔に保つようにします。 さらなる対策として、手洗い後に手指消毒用のアルコールを使うのもよいでしょう。 一般的にエンベロープのあるウイルスには、アルコール消毒が有効であると考えられているので、身の回りを消毒しておくとよいでしょう。 エンベロープウイルスの代表例:新型コロナウイルス、インフルエンザウイルス、風疹ウイルス、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)、エボラウイルス など によると、<アルコール消毒には60%以上の高濃度アルコールが推奨>されています。 自宅やオフィスの消毒には、アルコール濃度60%以上の除菌効果のある除菌スプレーや除菌シートを使って、手でよく触るドアノブやテーブル、リモコン、電気のスイッチなどをこまめに拭いて除菌・消毒をしておくとよいでしょう。 持続効果のあるアルコール除菌スプレーを使えば、除菌効果が長持ちし、感染リスクをおさえることができます。 新型コロナウイルスについては、その特徴や有効な治療方法などわかっていないことも多いです。 最新情報をチェックしながら、できることからはじめることが大切です。 新型肺炎の治療方法 治療方法は現時点ではわかっておらず、有効な治療薬やワクチンもありません。 そのため、感染した場合は対症療法で治療するしかありません。 現時点では致死率は2~3%程度と推測されていますが、今後の患者数の増加によって変わる可能性があります。 新型コロナウイルス感染症の流行状況 新型肺炎の感染者数は増えており、2月13日時点で28の国や地域で感染が確認されており、現時点ではまだ収束の兆しはありません。 世界保健機関(WHO)は、「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」を宣言し、日本政府は新型肺炎を強制入院や就業制限を可能とする「指定感染症」に指定しました。 新型コロナウイルスの最新の発生状況や相談窓口については、公的機関の情報を参照ください。•

次の